ニューカッスルで構想外のFW武藤嘉紀、新天地は乾貴士が所属するエイバルか

2020.09.14 10:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チームで構想外となっているニューカッスルのFW武藤嘉紀(28)だが、新天地はスペインになりそうだ。イギリス『Football Insider』が伝えた。2018年にマインツからニューカッスルに加わり、憧れのプレミアリーグ挑戦を果たした武藤。マインツ時代の公式戦72試合23ゴールという実績を引っさげてイングランドへ上陸したが、ニューカッスルでは公式戦28試合で2ゴールと不本意なシーズンが続いている。

そんな中、スティーブ・ブルース監督は「ヨシは素晴らしい選手」と武藤を評価しながらも、「彼は思いどおりにいっていないが、究極のプロフェッショナルだ。どこかへ行き、プレーする必要があるだろう。彼が試合に出られないのは健全じゃない」とコメントし、ニューカッスルでは十分な出番がないことを示唆し、移籍を進めていた。

構想外ともとれる監督の発言を受けた武藤だが、新天地はスペインになるとのこと。その移籍先は、MF乾貴士が所属するエイバルが有力だという。

『Football Insider』によれば、エイバルはレンタル移籍で武藤を獲得したい意向とのこと。2019-20シーズンはラ・リーガで39ゴールと得点力不足に悩み、特にFW登録選手によるゴールが「12」と寂しい状況。チームとしてはFWのゴールを増やしたいと考えているようだ。

さらに、昨シーズンのチーム2位となる6ゴールを記録していたFWシャルレスが退団。ディナモ・ザグレブからFWダミアン・カジョルを獲得したが、さらに補強を行いたいようだ。

チームに乾がいることも大きな手助けとなるとなるが、武藤のラ・リーガ挑戦は実現するだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

エイバルFW武藤嘉紀がラ・リーガ初ゴールに歓喜「一喜一憂せず、頑張ります!」

エイバルのFW武藤嘉紀が移籍後初ゴールを喜んだ。 エイバルは11月30日、ラ・リーガ第11節でベティスと対戦。武藤は乾貴士とともにこの試合に先発出場を果たした。 ゴールレスで迎えた49分、エイバルが右CKを得ると、ニアサイドでエステバン・ブルゴスがフリック。これに武藤が飛び込んで合わせ、エイバルが先制。武藤は移籍後初ゴールとなった。なお、試合は0-2でエイバルが勝利している。 武藤は自身のツイッター(@yoshimuto18)を更新。エイバル加入後初ゴール、自身のラ・リーガでの初ゴールを喜んだ。 「リーガ初ゴール!やっと。本当に長かった」 「どんなに苦しくてもやり続けると報われると再確認しました。応援し続けて下さった方々、本当にありがとうございました」 「一喜一憂せず、頑張ります!」 <div id="cws_ad">◆武藤が初ゴールに歓喜<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">リーガ初ゴール!<br>やっと。本当に長かった。<br>どんなに苦しくてもやり続けると報われると再確認しました。応援し続けて下さった方々、本当にありがとうございました。<br>一喜一憂せず、頑張ります! <a href="https://t.co/pFgAy2pOoE">pic.twitter.com/pFgAy2pOoE</a></p>&mdash; Yoshinori Muto/武藤 嘉紀 (@yoshimuto18) <a href="https://twitter.com/yoshimuto18/status/1333595296199106562?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.01 12:27 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤に初ゴール許し3連敗のベティス、ペジェグリーニも嘆き節「解決策が見つからない」

レアル・ベティスのマヌエル・ペジェグリーニ監督は、不振に陥ったチームの改善に苦戦していると認めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ベティスは11月30日に行われたラ・リーガ第11節でエイバルと対戦。前節4失点の大敗を喫している連敗中のチームにとって、16位に低迷しているエイバル戦は、調子を取り戻す絶好の機会となる一戦だった。 しかし、ホームで相手を迎え撃ったこの試合、圧力をかけてきたエイバル相手に劣勢を強いられる。何とか前半を無失点で終えたベティスだが、後半早々、FW武藤嘉紀にリーグ初ゴールを許し失点すると、直後にPKを献上し瞬く間に2失点。その後ベティスは反撃を試みるが、エイバルの守備を最後まで崩せず0-2のスコアで敗北した。 無得点、複数失点、3連敗と課題が山積みの敗戦になったことを受け、試合後のインタビューに臨んだペジェグリーニ監督は、解決策が見つからないと力なく語っている。 「私は心配している。監督として解決策を見つけられず、結果が期待したものでないときは、心配するべきだ。我々はこの試合で前節から変更を加えたが、残念ながらまだいくつかの重要なミスを続けている状態だ」 なかなか不調を脱するきっかけがつかめないベティスだが、ペジェグリーニ監督はチームの団結を強調しており、この状態を抜け出せると意気込んだ。 「我々は今まで以上に強く、団結力も高まっていると思う。自分たちの中で、解決策を見つけていく必要がある。もう少し自信を持てるようになれば、チームはまたシーズンの初めのような姿を見せられるはずだ」 2020.12.01 12:07 Tue
twitterfacebook
thumb

ラ・リーガ初ゴールの武藤嘉紀、岡崎慎司を上回り日本人初の快挙達成!

エイバルのFW武藤嘉紀が偉業を達成した。 エイバルは11月30日、ラ・リーガ第11節でベティスと対戦。武藤はこの試合に先発出場を果たした。 ゴールレスで迎えた49分、エイバルが右CKを得ると、ニアサイドでエステバン・ブルゴスがフリック。これに武藤が飛び込んで合わせ、エイバルが先制。武藤は移籍後初ゴールとなった。なお、試合は0-2でエイバルが勝利している。 ニューカッスルで戦力外となっていた武藤は、シーズン開幕後にレンタル移籍でエイバルに加入。ここまで7試合に出場していたがゴールを決められずにいたが、8試合目でついにゴールを奪った。 この武藤のゴールは、ラ・リーガでの初ゴールとなったが、日本人で初めてブンデスリーガ、プレミアリーグ、ラ・リーガでゴールを決めた選手となった。 武藤はマインツ時代にブンデスリーガで66試合に出場し20ゴールを記録。ニューカッスル時代にはプレミアリーグ25試合に出場し1ゴールを記録。そして、ラ・リーガで1ゴールを記録した。 なお、ウエスカの日本代表FW岡崎慎司にもそのチャンスがあったが、今シーズンは7試合に出場して無得点。ブンデスリーガでは37ゴール(128試合)、プレミアリーグでは14ゴール(114試合)を記録していた。 2020.12.01 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

エイバル指揮官、無駄なタッチでオフサイドとなった乾貴士に苦言「ゴール前ではもっと活躍しなければ」

エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督が、レアル・ベティス戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 エイバルは11月30日、ラ・リーガ第11節でベティスと対戦。乾貴士、武藤嘉紀がともに先発した試合は0-2で勝利した。 エイバルは立ち上がりからプレスをかけてベティスのパスワークを封じていくとゴールレスで迎えた49分、CKから武藤が押し込み先制。移籍後初ゴールでチームが勢いづくと、53分に獲得したPKをエステバン・ブルゴスが決めてリードを2点に。そのまま逃げ切り、0-2で勝利を収めた。 試合を振り返ったメンディリバル監督は、自身が欠けていたチームに発破をかけたとコメントした。 「我々は自分たちができることへの信念が欠けていた。試合前に選手たちには自分たちの可能性を確信しろ、信じなければならないと言った。彼らはそれを見せてくれた。試合を通して、我々は彼らのゴールに近づきたいと思っていた」 エイバルは今季これで3勝目。しかし、全てがアウェイゲームでの勝利であり、ホームではまだ勝てていない。次節はホームにバレンシアを迎えるが、そこで勝利することが必要だと語った。 「勝利は安心感を与えてくれるが、月曜日に行われる次の試合、ホームでバレンシアと対戦することはすでに考えなくてはいけない。勝利は他の試合に勝つために役には立たない」 また、この試合では前半34分にクロスをブライアン・ヒルがファーサイドでダイビングヘッド。これをGKが弾くもボールはゴールへ。ゴールライン寸前のところで乾が押し込み、エイバルが先制したかに見えた。 しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。長めのチェックが入った中、乾がオフサイドポジションとなり、ノーゴールの判定となった。 メンディリバル監督はこのシーンについて「試合全体を失った」と語り、触らなくても入ったボールを触って得点を無効にしたことに言及。「彼は守備をよくやっている。ただ、ゴール前ではもっと活躍しなければならない」と、攻撃面でアクセントになりチャンスを迎えながらも今季ノーゴールの乾に苦言を呈した。 2020.12.01 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀がラ・リーガ初ゴール!乾は幻弾もエイバルがベティスに快勝し4戦ぶり白星《ラ・リーガ》

11月30日、ラ・リーガ第11節のレアル・ベティスvsエイバルが行われ、0-2でエイバルが勝利した。 なお、MF乾貴士とFW武藤嘉紀は共に先発出場。武藤はラ・リーガでの初ゴールを記録した。乾にとっては古巣対戦となる。 勝ち点12で13位のベティスが勝ち点10で16位のエイバルを迎えた一戦。序盤から勢いを持ってプレーしたのはアウェイのエイバルだった。 1トップの武藤を頂点に前線からのハイプレスをかけるエイバル。ベティスのポゼッションを寸断する動きを見せ、中盤でも簡単にボールを繋がせない展開となる。 それでも20分にはベティスが決定機。スルーパスに抜け出したテージョがGKと一対一に。ボックス内でテージョがフリーでシュートも、GKドミトロビッチが足でしっかりとセーブして得点を許さない。 エイバルのプレスに窮屈な戦いを強いられるベティスは、徐々にビルドアップにズレが。エイバルはブライアン・ヒルがボックス内でチャンスを作るなど、徐々にゴールの匂いを感じさせていく。 するとエイバルは34分、前線からプレスをかけると、後方からのビルドアップからボールを奪うと、こぼれ球をディオプがボックス手前右からクロス。これをファーサイドでブライアン・ヒルがダイビングヘッドで折り返すと、GKが弾いたボールを乾が押し込んでゴールを奪った。 しかし、このゴールにはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。チェックのためにしばらく中断すると、最終的にはノーゴールの判定。乾がオフサイドを取られてしまった。 ゴールレスで迎えた後半。立ち上がりからエイバルが攻めると、49分に右CKを獲得。ブライアン・ヒルからのクロスをニアサイドでブルゴスがフリック。これに武藤が飛び込んで合わせ、エイバルが先制。武藤にとっては加入後初ゴールとなった。 先制したエイバルはその後もペースを握る。すると53分、武藤が起点となりボールを繋ぐと、スルーパスに抜け出したコレアがGKにボックス内で倒されPKを獲得。これをブルゴスがしっかりと決めてエイバルが追加点を奪う。 エイバルは敵地でしっかりと戦い続けると、87分にはボックス内でパスをカットしたバルトラのトラップが大きくなると、後方から猛然と奪いに行った乾が倒されPKを獲得。これをセルジ・エンリクがけるが、GKロブレスが完璧にセーブし、追加点を許さない。 その後も2点ビハインドのベティスがエイバルゴールに迫るが、最後まで集中を切らさずに守備を固めて試合終了。エイバルは2試合連続クリーンシートで今季3勝目、ベティスは3連敗となった。 2020.12.01 07:05 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly