前回大会4位のスイス代表がメンバー発表! ジャカらが招集《UEFAネーションズリーグ》

2020.08.28 22:24 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スイスサッカー協会(SFV)は28日、来月に行われるUEFAネーションズリーグ2020-21に向けたスイス代表メンバー23名を発表した。前回大会を4位フィニッシュしたスイスを率いるウラジミール・ペトコビッチ監督は、MFグラニト・ジャカ(アーセナル)やGKヤン・ゾンマー(ボルシアMG)、DFマヌエル・アカンジ(ドルトムント)ら主力を順当に選出。

また、チューリッヒのDFベチル・オメラギッチ(FCチューリッヒ所属)とMFジモン・ゾーム(FCチューリッヒ所属)が初選出となった。

その一方で、MFジェルダン・シャキリ(リバプール)やMFレモ・フロイラー(アタランタ)、MFデニス・ザカリア(ボルシアMG)など一部主力がメンバーを外れている。

今大会でリーグA・グループ4に属するスイスは、9月3日にアウェイでウクライナ代表と対戦。その後、6日にドイツとのホームゲームに臨む。今回発表されたスイス代表メンバーは以下の通り。

◆スイス代表メンバー23名
GK
ヤン・ゾンマー(ボルシアMG/ドイツ)
イボン・ムボゴ(PSV/オランダ)
ヨナス・オムリン(モンペリエ/フランス)

DF
ベチル・オメラギッチ(チューリッヒ)
シルヴァン・ヴィドマー(バーゼル)
ロリス・ベニート(ボルドー/フランス)
ケビン・ムバブ(ヴォルフスブルク/ドイツ)
マヌエル・アカンジ(ドルトムント/ドイツ)
ニコ・エルベディ(ボルシアMG/ドイツ)
ミヒャエル・ラング(ブレーメン/ドイツ)
リカルドロドリゲス(トリノ/イタリア)

MF
ジモン・ゾーム(チューリッヒ)
ミシェル・エビシェール(ヤング・ボーイズ)
ジブリル・ソウ(フランクフルト/ドイツ)
シュテファン・ツバー(フランクフルト/ドイツ)
レナト・シュテッフェン(ヴォルフスブルク/ドイツ)
グラニト・ジャカ(アーセナル/イングランド)

FW
ハリス・セフェロビッチ(ベンフィカ/ポルトガル)
ブリール・エンボロ(ボルシアMG/ドイツ)
ルベンバルガス(アウグスブルク/ドイツ)
マリオ・ガブラノビッチ(ディナモ・ザグレブ/クロアチア)
アルビアン・アイエティ(セルティック/スコットランド)
クリスティアン・ファスナハト(ヤング・ボーイズ)
コメント
関連ニュース
thumb

ウクライナのクラスター発生によりスイスvsウクライナが延期に《UEFAネーションズリーグ》

欧州サッカー連盟(UEFA)は17日、同日に行われる予定だったUEFAネーションズリーグ2020-21・リーグA・グループ4最終節、スイス代表vsウクライナ代表を延期することを発表した。 ウクライナ代表では新型コロナウイルスの陽性者を複数抱え、13日にはFWアンドリー・ヤルモレンコら4選手が、16日にはDFエフヘン・マカレンコら3選手が、そして17日にはMFルスラン・マリノフスキーら3選手が新たに感染していた。 ドイツ代表、スペイン代表が同居するグループ4でウクライナ(勝ち点6)は3位、スイス(勝ち点3)は最下位となっている。なお、両チーム共にプレーオフ進出の可能性は絶たれている。 2020.11.18 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスのPKを2度止めたゾンマー「少し運が味方しただけ」

スイス代表GKヤン・ゾンマーが、スペイン代表戦での連続PKストップを振り返っている。フランス『レキップ』がコメントを伝えている。 14日に行われたUEFAネーションズリーグ・グループ第5節でスペインと対戦したスイス。この試合で守護神のゾンマーは、相手DFセルヒオ・ラモスが蹴った2度のPKを止める大活躍を披露した。 セルヒオ・ラモスにとってはクラブレベルから数えて25本連続で成功中だったが、好調のボルシアMGでも正GKを務めるゾンマーが、その記録にピリオドを打った。 試合は終盤の失点で1-1の引き分けとなったものの、ゾンマーは劣勢の中でもコンパクトに上手く戦えたチームに満足感を示した。そして、PKストップに関しては、キッカーの特徴は頭に入れておいたものの、やはり運が味方してくれたと謙虚な姿勢を見せた。 「ラモスの蹴り方は事前にチェックしてたんだけど、ホームというのもあってやっぱり緊張したよ。彼は左に一回、右に一回と常に蹴る方向を変えてくるんだ。今日は多少の運にも助けられたよ」 現在リーグAグループ3で最下位に沈むスイスは、リーグBへの降格回避をかけて17日に最終節でウクライナ代表と対戦する。背水の陣で臨むゾンマーは「勝たなければならない。難しいグループなのはわかっていた。ウクライナ相手に良いパフォーマンスを示さなければ」と、意気込みを語った。 2020.11.15 18:14 Sun
twitterfacebook
thumb

2度のPK失敗が響き10人のスイスにドローのスペインが首位陥落…《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4第5節のスイス代表vsスペイン代表が14日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 11日に行われた国際親善試合のベルギー代表戦を惜敗したグループ4位のスイス(勝ち点2)は、その試合から先発メンバーを7人変更。2トップにセフェロビッチとエンボロを据えた[3-4-1-2]を採用し、トップ下にシャキリ、中盤は右からE・フェルナンデス、フロイラー、ジャカ、ツバーと並べた。 一方、4日前に行われたオランダ代表との国際親善試合を1-1の引き分けで終えたグループ首位のスペイン(勝ち点7)は、その試合から先発メンバーからGKウナイ・シモン以外の10人変更。最前線にオヤルサバルを据えた[4-2-3-1]を採用し、2列目は右からフェラン・トーレス、ファビアン・ルイス、ダニ・オルモと並べた。 序盤からがボールを支配するスペインがペースを握るも、アタッキングサードでのアイデアと精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。すると、26分にスイスの反撃に遭う。 E・フェルナンデスの縦パスで右サイドを抜け出したエンボロのクロスをボックス内に走り込んだフロイラーが絶妙なハーフボレーで合わせると、このシュートがゴール左に突き刺さった。 先制を許したスペインは前半終了間際に決定機。前半アディショナルタイム1分、レギロンの左CKをメリノがフリックするとゴールエリア右でフリーのフェラン・トーレスが右足で合わせたが、このシュートは枠を外れた。 1点のリードするスイスは、後半立ち上がりに相手のミスからチャンスを迎える。55分、シャキリのロングパスに対応しようと飛び出したGKウナイ・シモンが目測を誤りクリアミス。これを拾ったセフェロビッチがボックス右から切り込み左足を振り抜いたが、シュートはゴールカバーに入ったセルヒオ・ラモスに阻まれた。 ゴールが遠いスペインは、56分にファビアン・ルイスを下げてモラタを投入。すると、直後に同点のチャンスを迎える。ダニ・オルモの右CKをセルヒオ・ラモスが頭で合わせると、このシュートがR・ロドリゲスの腕に当たりPKを獲得。しかし、セルヒオ・ラモスのPKは完璧にコースを読んだGKゾンマーのビッグセーブに阻まれた。 同点のチャンスを逃したスペインは、73分にブスケッツ、ダニ・オルモ、オヤルサバルを下げてコケ、カナレス、アダマ・トラオレを投入する3枚替えを敢行。すると79分、コケのパスをボックス内で受けたモラタがエルベディに倒され、この試合2度目のPKを獲得。さらにこのプレーで2枚目のイエローカードを受けたエルベディが退場となった。 数的優位となったスペインだが、セルヒオ・ラモスのPKは再びGKゾンマーに止められてしまい、チャンスを活かせない。 その後、80分にジェラール・モレーノを投入したスペインは、試合終了間際に同点に追い付く。89分、左サイドをオーバーラップしたレギロンのクロスをジェラール・モレーノが流し込んだ。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。終盤の同点弾で追いつくも2度のPK失敗で勝ち点3を逃したスペインは、グループ首位から陥落した。 2020.11.15 07:08 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーコンビ活躍もドイツとスイスの派手な打ち合いは3-3決着!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4第4節のドイツ代表vsスイス代表が13日に行われ、3-3で引き分けた。 3日前に行われた前節ウクライナ代表戦を2-1と逃げ切ってUNL初勝利としたドイツは、ウクライナ戦のスタメンから3選手を変更。ドラクスラー、ジューレ、ハルステンベルクに代えてヴェルナー、ハヴァーツ、ゴセンズが先発となった。 一方、スペイン代表戦を0-1と敗れて1分け2敗となったスイスは、スペイン戦のスタメンから3選手を変更。ジャカやフロイラー、GKゾンマーらが引き続き先発となってシャキリがスタメンとなった。 ウクライナ戦の3バックから[4-3-3]に変更したドイツは3トップに右からハヴァーツ、ヴェルナー、ニャブリと並べた。 そのドイツに対し、[3-4-2-1]で臨んだスイスがハイプレスをかける入りとなると、開始5分にシャキリがボックス右から決定的なシュートを浴びせる。これはGKノイアーのセーブに阻まれるも、直後のCKから先制した。ルーズボールをフロイラーが頭で前方に繫ぎ、ボックス右のガブラノビッチがヘッドで押し込んだ。 続く15分にもGKノイアーのキックミスからチャンスを作ったスイスは、27分に追加点を奪う。クロースのミスパスをカットしてショートカウンターに転じると、セフェロビッチのラストパスをボックス右に走り込んだフロイラーがチップキックシュートでお洒落に流し込んだ。 それでも1分後、ドイツがすかさず1点を返す。ヴェルナーがドリブルで仕掛け、ボックス左へ侵入。左足でのシュートでゴール右へ流し込んだ。 ヴェルナーの個人技で息を吹き返したドイツは35分にゴンセズの左足アウトでのシュートが枠を捉えたが、GKゾンマーの好守に阻まれる。さらに44分にはクロースが際どいミドルシュートを浴びせるもわずかに枠を外れ、スイスのプレスがハマッた前半はスイスが2-1とリードして終えた。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢に出たドイツは開始4分にハヴァーツのシュートが右ポストに直撃するビッグチャンスを演出すると、55分に追いついた。相手のミスパスをカットしたハヴァーツがボックス右に侵入し、右足でねじ込んだ。 しかし56分、スイスがすかさず勝ち越す。ボックス右に抜け出したセフェロビッチのシュートはGKノイアーにセーブされるも、ルーズボールをガブラノビッチが押し込んだ。 それでも60分、ドイツが再び追いつく。ショートカウンターに転じた流れから、右サイドをヴェルナーが仕掛けてクロスを送り、ニャブリがヒールでお洒落に流し込んだ。 3-3となって以降はドイツが押し込む展開としたものの、チャンスは生み出せずに引き分けで終了。派手な打ち合いとなった一戦は、勝ち点1を分け合う結果となっている。 2020.10.14 05:48 Wed
twitterfacebook
thumb

オヤルサバル弾で逃げ切ったスペインが連勝でグループ首位をキープ!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4の第3節、スペイン代表vsスイス代表が10日に行われ、1-0でスペインが勝利した。 3日前に行われた国際親善試合のポルトガル代表戦をゴールレスドローで終えたスペインは、その試合からブスケッツとダニ・オルモ以外のスタメン9人を変更。GKデ・ヘアやセルヒオ・ラモス、フェラン・トーレス、アンス・ファティらがスタメンに名を連ねた。 一方、3日前に行われた国際親善試合でクロアチア代表に1-2と惜敗したスイスは、その試合からスタメンを5人変更。ガブラノビッチやE・フェルナンデス、GKオムリンらに代えてセフェロビッチやフロイラー、GKゾンマーらをスタメンで起用。新型コロナウイルスの陽性反応でクロアチア戦を欠場したシャキリはベンチスタートとなった。 立ち上がりから主導権争いが繰り広げられる中、スイスが先に決定機を迎える。11分、右サイドを持ち上がったヴィドマーがグラウンダーのクロスを供給すると、が逆サイドまで流れると、ボックス左のベニートが合わせたが、このシュートはGKデ・ヘアの好セーブに阻まれた。 ピンチを凌いだスペインは、すぐに反撃に出る。14分、自陣ボックス内でボールを回すスイスに対してオヤルサバルがプレッシャーをかけると、相手GKのミスパスを誘発。これを奪ったメリノのパスを最後はゴール前のオヤルサバルが流し込んだ 先制したスペインは、28分にもヘスス・ナバスの右クロスからフェラン・トーレスが強烈なヘディングシュートを放ったが、これは相手GKのファインセーブに阻まれた。 迎えた後半、リードするスペインは52分に決定機を迎える。ヘスス・ナバスが相手GKとDFの間に絶妙なクロスを供給すると、飛び出したGKがキャッチできずファーサイドに走り込んだオヤルサバルが左足で合わせたが、このシュートは左サイドネットに外れた。 その後、1点を追うスイスは、シャキリやバルガス、ガブラノビッチなど攻撃的な選手を立て続けに投入し攻撃に厚みを加えたが、スペインの牙城を最後まで崩すことが出来ず。試合は1-0でタイムアップ。オヤルサバル弾で逃げ切ったスペインは、UNL2連勝でグループ首位をキープしている。 2020.10.11 05:50 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly