CLバルサ戦控えるナポリ、DFマノラスがメッシ止めに意気込み「彼は世界で最高」

2020.08.06 22:17 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリのギリシャ代表DFコスタス・マノラスが、週末に控えるバルセロナ戦に向けてコメントした。ナポリは、シーズン序盤からつまづき、カルロ・アンチェロッティ監督を解任。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督を迎えてからは復調を見せたものの、安定し戦いを見せることができなかった。

シーズン終盤も勝ち点を伸ばせないでいると、セリエA7位でシーズンが終了。近年では最も悪い成績で難しいシーズンを終えていた。

一歩で、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト16に残っており、ラウンド16ではバルセロナと対戦。2月の1stレグではホームで1-1のドローとなっており、8日にはアウェイでの2ndレグが控えている。

ベスト8に進むためにはバルセロナを倒さなくてはいけないナポリ。マノラスは、ローマ時代の2017-18シーズンにバルセロナを敗った経験がある。

イタリア『ラ・レプブリカ』でマノラスはバルセロナ戦についてコメント。かつてのチームメイトであったフランチェスコ・トッティに会い、当時の再現をするように言われたと明かした。

「トッティに会ったよ。そして彼は、「勇気のコスタス、もう一度やりなさい」って言ったんだ」

「メッシの才能を恐れることなく、チームとして止める。僕の考えでは、彼は世界で最高だ。クオリティとサッカーインテリジェンスを持っている」

ナポリは、ロレンツォ・インシーニェが負傷中。試合まで復帰できるかは不透明な状況だ。自身も負傷がある中、チームメイトの復帰を願った。

「プレッシャーは全てにある。インシーニェが戻ってくることを願うよ」

「僕は元気だ。肋骨の痛みは無くなった」

バルセロナvsナポリは8日に開催。ベスト8にコマを進めるのはどちらだろうか。

関連ニュース
thumb

カップ戦敗退のナポリ…スパレッティ監督は落胆 「我々はすべきことをしなかった」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督が、カップ戦敗退を嘆いた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ナポリは13日に行われたコッパ・イタリア5回戦でフィオレンティーナと対戦した。前半に先制点を許すも、直後にFWドリエス・メルテンスのゴールで追いつくと相手に退場者も出る有利な展開に。しかし、後半にも失点を喫すると終盤にはFWイルビング・ロサーノ、MFファビアン・ルイスが立て続けに退場。9人となりながらも試合終了間際にFWアンドレア・ペターニャのゴールで追いついたが、延長戦では数的不利の状況を打開できず失点を重ね、2-5で敗れた。 コッパ・イタリア敗退となった結果について、試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督も落胆。審判の判定には疑問を呈しつつ、敗戦の言い訳にはならないと語った。 「我々はすべきことをせず、数的有利となった際にも試合をコントロールできなかった。その一方で、フィオレンティーナはこの状況にうまく対処したと思う。ラッキーな出来事によって、リードを奪っていた」 「レッドカードの場面は説明するのが難しいので、ここでは触れない。ファビアンのイエローカードとアルフレッド・ダンカンのファールが同じように扱われることについて、私は理解できないがね」 「とはいえ、試合の半分を数的有利な状況で戦えたのに、それをコントロールできなかったのだ。だから、第一に我々の責任となるだろう」 また、スパレッティ監督は過密日程と離脱者の多さに苦慮していると告白。選手の疲労が溜まっていることを嘆いた。 「今日は何も得るものがない。とてもお粗末な内容だった。我々は3日前と同じ選手たちがプレーをしている。10日ぶりに戻ってきた選手もいるが、3日後にまた同じメンバーで戦わなければならない。試合は山積みであり、今はフレッシュな脚がチームにないんだ」 2022.01.14 14:26 Fri
twitterfacebook
thumb

9人ナポリ、土壇場弾で延長戦に持ち込むもヴィオラの前に敗退《コッパ・イタリア》

ナポリは13日、コッパ・イタリア5回戦でフィオレンティーナをホームに迎え、延長戦の末2-5で敗戦した。 準々決勝進出を懸けた一戦。ナポリはペターニャを最前線に、2列目に右からポリターノ、メルテンス、エルマスと並べた。 ヴラホビッチやニコラス・ゴンサレスをスタメンで起用してきたフィオレンティーナに対し、互角の攻防で立ち上がった中、12分にヴラホビッチのミドルシュートでゴールを脅かされたナポリは、続く18分にはCKからミレンコビッチのヘディングシュートがバーに直撃した。 そして41分に押し切られる。サポナーラのパスを受けたボックス左のヴラホビッチにシュートを決められた。 しかし、2分後にすかさず追いつく。ペターニャのパスを受けたボックス左のメルテンスが見事なコントロールシュートをゴール右に流し込んだ。 そして追加タイムにはミレンコビッチのバックパスミスからGKドラゴウスキがゴールに向かって入れ替わられそうになったエルマスを倒して一発退場。ナポリは数的優位となって前半を終えた。 迎えた後半、ナポリがゴールに迫っていたが、58分に失点する。ビラギのFKは壁に当たったものの、ルーズボールを拾ったペナルティアーク右のビラギにコントロールシュートをゴール左隅に流し込まれた。 失点を受けてファビアン・ルイス、ロサーノを投入したナポリだったが、攻めあぐねてしまう。そして84分にはロサーノが、追加タイム3分にはファビアン・ルイスが退場となって万事休すかに思われたが、追加タイム5分にドラマが。 右サイドからのマルキュイのクロスが流れ、ゴール前のペターニャが蹴り込んだ。このまま2-2で90分を終了。ナポリが土壇場弾で延長戦にもつれ込んだ。 しかしその延長戦では数的不利ということもあって押し込まれたナポリは同前半16分に失点する。左サイドからのマレフのクロスをヴェヌッティにボレーで決められた。 そして同後半3分にはピョンテクに移籍後初ゴールを許して万事休す。試合終了間際にはマレフにもゴールを奪われたナポリは2-5で敗退となった。 2022.01.14 04:41 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナと顔面骨折で長期離脱していたオシムヘンが復帰へ

ナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが17日に行われるセリエA第22節ボローニャ戦で復帰するようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 11月に顔面を骨折し、12月には新型コロナウイルスに感染してしまったオシムヘン。11月21日のインテル戦を最後に戦列を離れていたが、復帰が目前となったようだ。 コロナの感染によりアフリカネーションズカップ参加を辞退したオシムヘンは、12日の午前練習よりフルトレーニングを消化。そのオシムヘンは今季、公式戦14試合に出場して9ゴール2アシストを記録していた。 2022.01.13 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

復帰目前のオシムヘン、ツイッターでユーベサポーターの揶揄に過激コメント

大ケガからの復帰が間近に迫っているナポリのナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンだが、ツイッターでの過剰な発言が物議を醸しているようだ。 11月に左頬骨と眼窩底骨折の大ケガを負ったオシムヘン。当初は3カ月の離脱と見られていたが、驚異的な回復を遂げ、現在行われているアフリカ・ネーションズカップのメンバーに選ばれるまでに至っていた。 ところが、年末に新型コロナウイルスに感染。代表メンバーからの辞退を余儀なくされ、大きな失望を味わうことになった。一方でナポリでの復帰が間近となり、その失望を晴らすチャンスを迎える矢先、SNSでマイナスな発言が注目されることになった。 あるユベントスサポーターの自身を揶揄するツイートを引用し、「お前の親父は、お前のような尻の穴を生むために精子を無駄にしたんだ(笑)」とコメント。現在、ユベントスサポーターの当該ツイートは削除され確認することはできないが、どれほどの内容であれ、このオシムヘンの発言は看過できないという意見が溢れている。 ツイッターの積極的な投稿がファンから親しまれているオシムヘンだが、今回のような過激な発言は誰も望んでいないだろう。 2022.01.12 15:12 Wed
twitterfacebook
thumb

インシーニェが右内転筋を負傷…公式戦3試合欠場か?

ナポリは11日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェの負傷を報告した。 インシーニェは9日に行われたセリエA第21節のサンプドリア戦(1-0で勝利)に先発出場。しかし、前半半ばに右足を痛めてイタリア代表FWマッテオ・ポリターノとの交代でピッチを後にしていた。 クラブが11日に発表した最新のレポートによると、インシーニェは右内転筋に軽度のケガを負っていることが判明。現在は復帰に向けたリハビリのプロセスを踏んでいる。 ナポリは離脱期間に関して言及していないが、イタリアメディアは少なくともボローニャ、サレルニターナのセリエA2試合とコッパ・イタリアのフィオレンティーナ戦の合計3試合を欠場すると報じている。 2022.01.11 23:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly