モナコ、コバチ監督がヨビッチらフランクフルト時代の教え子獲得を希望か?

2020.08.04 14:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新シーズンからモナコを率いるニコ・コバチ監督は、教え子を中心とする今夏の補強プランを持っているようだ。『フランス・フットボール』が報じている。昨季途中にバイエルンの指揮官を解任され、新天地にモナコを選択したクロアチア人指揮官。現在は、自身と同様に新任のスポーツ・ディレクターを務めるポールミッチェル氏らと共に捲土重来を期す新シーズンに向けた準備を進めている。

『フランス・フットボール』が伝えるところによれば、コバチ監督はレスター・シティへレンタルバックしたアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)に加え、去就が不透明なフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(29)の流出が危惧される前線の補強として、フランクフルト時代の教え子の獲得を希望しているという。

とりわけ、レアル・マドリー1年目でピッチ内外で不興を買ったセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)の獲得を熱望しており、すでに選手本人との直接コンタクトによって合意を引き出したようだ。

ただ、あくまでコバチ監督とヨビッチの間での合意であり、今後に向けてはクラブとヨビッチの交渉やクラブ間での交渉など、多くの障害を残している。

また、コバチ監督は今季のチーム得点王だったベン・イェデルが他クラブに引き抜かれた場合、その後釜としてウェストハムのフランス人FWセバスティアン・アラー(26)の獲得を希望しているという。

さらに、モナコは新指揮官のリクエストに応え、ホッフェンハイムのドイツ人DFケビン・フォクト(28)、ドルトムントのドイツ人FWマリウス・ヴォルフ(25)の獲得にも動いている模様。

コバチ監督は以前からフォクトを高く評価しており、バイエルン指揮官時代に獲得をリクエストしたこともあった。また、ヴォルフはフランクフルトで1年間指導した教え子だ。
コメント
関連ニュース
thumb

セビージャで大ブレイクのウインガー、オカンポスがモナコで決めたリーグ・アン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセビージャのアルゼンチン代表FWルーカス・オカンポスがモナコで決めたリーグ・アン初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆オカンポスのリーグ・アン初ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHS0w1M3FVYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> アルゼンチンの名門リーベル・プレートでプロデビューを飾ったオカンポスは、2012年夏に当時フランス2部のモナコに加入。主力として活躍し、チームのリーグ・アン昇格に貢献した。 モナコでは公式戦96試合で15ゴールを記録したオカンポスだが、その記念すべきリーグ・アン初ゴールは、2013年10月5日に行われたリーグ・アン第9節のサンテチェンヌ戦で決めたゴールだった。 前半にMFヤニク・フェレイラ・カラスコのゴールで先制したモナコだが、後半早々に同点に追いつかれる。しかし、82分にカラスコに代わってオカンポスがピッチに立つと、直後の87分、ボックス手前右でボールを受けたMFハメス・ロドリゲスがクロスを上げる。GKとDFの間を通る絶妙なボールにファーポストに走り込んだオカンポスが合わせ、劇的な勝ち越しゴールを決めた。 このゴールで2-1としたモナコが、そのまま試合に勝利している。 2020.12.29 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスの点取り屋、ダビド・トレゼゲがブレイクのきっかけを掴んだモナコで決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表FWダビド・トレゼゲ氏がモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆稀代の点取り屋、トレゼゲのプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwbkVrNzZWUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代にストライカーとしてモナコやユベントス、フランス代表で活躍したトレゼゲ氏は、キャリア通算265ゴールをマーク。ユベントスでは10年間で171ゴールを挙げ、外国人選手における最多得点者となっている。また、フランス代表では自国開催の1998年ワールドカップと、ユーロ2000で優勝メンバーの一員となっていた。 ゴールへの嗅覚に優れた点取り屋として活躍したトレゼゲ氏だが、ブレイクのきっかけを掴んだモナコでは、公式戦123試合で62ゴールをマーク。その記念すべきモナコ初ゴールは、1997年9月5日に行われたリーグ・アン第6節のカンヌ戦で決めたゴールだった。 1-1の同点で迎えた83分、左サイドからパスを受けた味方がボックス左の角付近でボールを持つと、低い弾道のクロスを上げる。このクロスをゴール前に走り込んだトレゼゲが頭で合わせると、シュートは相手DFにディフレクトしつつもゴール右に決まり、待望の勝ち越しゴールが決まった。 トレゼゲのゴールで2-1としたモナコがそのまま逃げ切り、勝利を収めている。 2020.12.20 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

モロッコのサイドアタッカー、ディラルが決めた、浮き上がるような強烈なシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフェネルバフチェのモロッコ代表MFナビル・ディラルがモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ディラルの浮き上がるような弾丸シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBSE42aXdxUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベルギーリーグでキャリアをスタートさせたディラルは、2012年1月にクラブ・ブルージュからモナコに加入。主力選手として活躍を見せた。 モナコでは、公式戦167試合に出場し、12ゴール33アシストを記録したディラルだが、2013年2月25日に行われたリーグ・ドゥ第26節のRCランス戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた38分、モナコが中央突破からチャンスを作ると、MFムニル・オバディからのパスを、ディラルがボックス内で受け、コンパクトな振りからシュートを放つ。右足で放たれた強烈なシュートは、浮き上がるような弾道でニアポストの上部を抜き、見事な先制点となった。 試合は、その後両チームに得点が生まれたが、モナコがリードを守り、2-1で勝利している。 2020.12.17 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

コロンビアのスター、ハメス・ロドリゲスのモナコ初ゴールは美しい直接FK弾!【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はエバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コロンビアの天才・ハメスの技ありFK弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJES1RaaWxBeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くして加入したポルトで頭角を現したハメス・ロドリゲスは、2013年夏に、新オーナーの下で積極補強を行っていたモナコに移籍。エース級の活躍を見せ、翌年レアル・マドリーに引き抜かれている。 抜群のテクニックで、ゴールに絡むプレーを得意とするハメス・ロドリゲスだが、その記念すべきモナコでの初ゴールは、2013年11月30日に行われたリーグ・アン第15節のスタッド・レンヌ戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた20分、ボックス手前、やや右でモナコがFKを獲得すると、ハメス・ロドリゲスが低い弾道の鋭いシュートを蹴り込む。壁を大外から避けてカーブするシュートは、ゴール左に決まり、見事な先制点を挙げた。 低い弾道のシュートが上手く壁に隠れており、相手GKは全く動けず。お手上げといった仕草を見せている。試合はその後追加点を奪ったモナコが2-0で勝利している。 2020.12.16 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! “エル・ティグレ”ファルカオが見せた相手の意表を突く超ロングシュート!

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月12日にご紹介するのは、今から3年前にコロンビア代表FWラダメル・ファルカオが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ファルカオが見せた相手の意表を突く超ロングシュート!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJtSkhLMmF5QSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 相手の意表を突くロングシュート。中々決めることが難しいシュートですが、その分決めたときの興奮が大きいゴールです。 ◆“エル・ティグレ” 名門リーベル・プレートで名を上げ、ヨーロッパへ移籍してからはポルトやアトレティコ・マドリーでゴールを量産し、2013年にモナコへ移籍したファルカオ。その類稀な得点能力は、対戦相手にとって常に脅威であり、“エル・ティグレ(スペイン語で虎の意)”の異名を持つ典型的な9番タイプのストライカーです。 ボックス内での決定力が強みですが、2017年12月12日のクープ・ドゥ・ラ・リーグ、ラウンド16のカーン戦では、相手の意表を突く超ロングシュートも記録しています。 1-0とモナコがリードする展開の中迎えた85分、センターサークル付近で味方のボールを受けたファルカオは、反転しながら素早く相手GKの位置を確認すると、素早い振りでロングシュート。完全に意表を突かれた相手GKは慌ててゴールマウスへ走るも、ファルカオのシュートは少しカーブしながらゴールの中央へと吸い込まれていきました。 ボックスの外からでも相手の脅威になり得ることを示したファルカオ。モナコでは公式戦140試合に出場し、83ゴールをマークしています。 2020.12.12 07:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly