久保建英にベティスも興味? 来季はどこでプレー?

2020.07.23 11:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペインでの1年目を終えたマジョルカの日本代表MF久保建英。チームを降格の危機から救うことはできなかったが、スペインでの評価は上がっている。レアル・マドリーへ復帰する久保だが、2020-21シーズンは再びレンタル移籍で武者修行を積むことが濃厚となっている。そんな中、新たなクラブが獲得に名乗りを挙げたようだ。

◆バルサ下部組織時代の久保建英の超絶プレー!

久保は、レアル・ソシエダへの移籍が濃厚と見られる中、スペイン『ElDesmarque Sevilla』によるとレアル・ベティスが獲得を目指しているようだ。

豊富な資金を要しないベティスは、マドリーに所属する選手をレンタル移籍で獲得したい見込みとのこと。そこで名前が挙がっているのが、スペイン人MFオスカル・ロドリゲス(22)と久保のようだ。

オスカル・ロドリゲスは、2019-20シーズンはレガネスへレンタル移籍。ラ・リーガで30試合に出場し9ゴール2アシストを記録したが、チームは最終節で2部に降格していた。

オスカル・ロドリゲスに関しては、ビジャレアル行きが近づいているとのこと。さらに1500〜2000万ユーロ()の移籍金がかかるため、ベティスは支払うことが不可能に。そのため、久保にターゲットを絞っているようだ。

久保は、マドリーが買い取りオプションをつけないレンタル移籍を望んでおり、ベティスにとっても手を出しやすいとのこと。マジョルカではラ・リーガで35試合4ゴール5アシストと結果を残しており、戦力として考えられるようだ。

ベティスは、MF乾貴士(エイバル)が2018-2019シーズンに1年間在籍した過去があり、女子チームでは元なでしこジャパンのGK山根恵里奈も2017年から2019年まで在籍したことがある。
コメント
関連ニュース
thumb

乾&武藤出場のエイバル、好調カディスの堅守を破れず完敗…《ラ・リーガ》

エイバルは30日、ラ・リーガ第8節でカディスと対戦し0-2で敗戦した。エイバルのMF乾貴士は前半のみプレー、FW武藤嘉紀は82分からプレーした。 前節セビージャから金星を挙げたエイバルは、その試合と同じスタメンを採用。乾は左MFで開幕6試合連続のスタメンとなった。 リーグ戦4試合無敗中のカディスに対し、立ち上がりから攻勢に出るエイバルは3分に敵陣でボールを奪ったブライアン・ヒルがドリブルでボックス左まで持ち上がりシュート。しかし、これは枠の上に外れた。 一進一退の展開が続く中、エイバルは33分に決定機。右サイドを持ち上がったセルヒオ・アルバレスのクロスをゴールエリア左横に走り込んだ乾が頭で合わせたが、このシュートはGKレデスマの右足ブロックに防がれた。 先制のチャンスを逃したエイバルは、36分に失点を許す。A・フェルナンデスのスルーパスで左サイドを抜け出したエスピノがボックス左からクロスを上げると、中央のネグレドがヘディングシュートでゴール左隅に流し込んだ。 反撃に出たいエイバルだったが、再びスコアを動かしたのはカディス。39分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとネグレドのスルーパスに抜け出したサルビがボックス右から侵入。冷静にGKドミトロビッチの股下を抜くシュートでゴールネットを揺らした。 迎えた後半、2点を追うエイバルは乾とパペ・ディオプを下げてセルジ・エンリクとエスポジトを投入。しかし、開始早々にチャンスを迎えたのはカディス。46分、ネグレドのミドルシュートのこぼれ球に反応したロサーノがGKをかわしてシュートを流し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 後半もボールを支配するエイバルだが、堅固な守備ブロックを築くカディスを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。78分には、カジョルのパスで右サイド深くまで駆け上がったポソのクロスがDFにディフレクトしゴールに向かったが、これもGKレデスマに弾かれた。 ゴールが遠いエイバルは、82分にキケ・ガルシアとブルゴスを下げて武藤とラファ・ソアレスを投入。すると88分、ソアレスの左クロスのこぼれ球をボックス左手前のエスポジトがダイレクトクロス。これがゴール前の武藤に繋がるも、相手DFの素早い寄せにシュートを打てず決定機を逃してしまう。 結局、試合はそのまま0-2でタイムアップ。終始ボールを支配したエイバルだったが、最後までカディスの牙城を破れず4試合ぶりの黒星を喫した。 2020.10.31 07:07 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルトが2試合連続ドロー…不調シャルケは未勝利が続く《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは30日、ブンデスリーガ第6節でシャルケとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。遠藤はフル出場した。 前節ケルン戦を1-1のドローで終えたシュツットガルトは、その試合からスタメンを2人変更。ディダヴィとワマンギトゥカに代えてソサとクリモビッツをスタメンで起用。遠藤もボランチで6試合連続のスタメンとなった。 開幕から未勝利が続くシャルケに対し、シュツットガルトは4分、カストロとのパス交換でペナルティアーク内に侵入したクリモビッツがワントラップから右足を振り抜いたが、これはゴール左に外れた。 一進一退の展開が続く中、シュツットガルトはセットプレーから失点を許す。30分、バイタルエリア右手前で獲得したFKからアリがクロスを供給すると、ファーサイドの走り込んだチアウがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 先制を許したシュツットガルトは、ハーフタイムにかけて何度かアタッキングサードまでボールを運んだが、自陣で集中した守備を見せるシャルケの牙城を崩せず。前半はシャルケのリードで終了した。 迎えた後半、1点を追うシュツットガルトはカラジッチを下げてニコラス・ゴンサレスを投入。すると55分、中盤で獲得したFKからソサがクロスを上げるとニコラス・ゴンサレスのヘディンシュートがS・サネの手に当たる。これがVARの末にPKとなると、ニコラス・ゴンサレスがゴール右へシュートを沈めた。 同点に追い付いたシュツットガルトは67分、ボックス左から侵入したソサがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートはGKレノウがセーブ。さらに86分にも、ペナルティアーク右横でパスを受けたカストロがミドルシュートで狙ったが、これも相手GKの好守に阻まれた。 シュツットガルトは試合終了間際にピンチ。91分、中盤からのFKをボックス右のS・サネが折り返すとラマンがシュート。マンガラがブロックしたボールがゴール前の遠藤に当たりあわやオウンゴールになりそうになるも、これはGKコベルのファインセーブで難を逃れた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。シュツットガルトは押し込みながらも追加点が奪えず、2試合連続のドローとなった。 2020.10.31 06:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ブレーメン戦に臨む長谷部誠、来季欧州の舞台に立つためには「改善しなければならない」

フランクフルトのMF長谷部誠が、ブレーメン戦に向けた記者会見に出席した。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズンの開幕戦から無敗を続けていたフランクフルトだが、24日に行われた第5節のバイエルン戦では5-0で完敗。シーズン初黒星を喫していた。 長谷部は全5試合に先発出場している中で、このバイエルン戦の5失点についてコメント。「5失点は明らかに多すぎました。ちょっとした打撃でした。すでに試合を分析済みで、ネガティブな面とポジティブな面の両方を特定するとができました。重要なのは土曜日でそれを実行し、より良い結果を出すことです」と語り、すでに分析済みであると語った。 長谷部は開幕から5試合で先発し、今シーズンが現役ラストシーズンの可能性もささやかれている。コンディションも良い状況だが、それは試合数が少なくなったことが影響しているようだ。 「もちろん今シーズンの試合数は過去2年間よりも大幅に少ないです。体への負担も低くなっています。僕の体力だけじゃなく、メンタルにも影響を及ぼしますし、試合の間に回復する時間もあります」 現在は8位に位置しているフランクフルト。まずまずのスタートだが、この先の戦いが来季のヨーロッパの大会への出場権に影響すると考えているようだ。 「5試合で8ポイントを獲得しています。今の状態ではバイエルンに負けてもおかしくはありません。ただ、ビーレフェルトとケルンに対して4ポイントを落としてしまいました。だから、ある程度順調に進んでいると思います」 「ただ、来年ヨーロッパの舞台で戦いたいのであれば、改善しなければなりません。ブレーメンとシュツットガルトに対しては、可能であれば6ポイントを獲得したいです」 そのフランクフルトは、同じ勝ち点で並び日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンと31日に対戦する。フロリアン・コーフェルト監督に率いられるチームは2019-20シーズンはプレーオフも戦ったが、今シーズンは良いスタートを切ったと分析。長谷部は警戒した。 「ブレーメンはとても良いスタートを切ったと思います。彼らも最初の5試合で8ポイントを獲得しました。昨シーズンはブレーメンにとってとても難しい状況でしたが、彼らは今シーズンすでにそのクオリティを証明しています。だから簡単なゲームだとは思っていません」 「若い監督もいます。ほぼ同じ年齢です(コーフェルト監督は38歳、長谷部は36歳)。でも僕もまだ若いですね(笑)。フロリアン・コーフェルトはとても感情的で、ゲーム中はじっと見ているので、この感情が試合に反映されると思います」 ブンデスリーガは11月2日から再び無観客試合になることが決定した。会見時点では発表されていなかったものの、ブレーメン戦はフランクフルトの保健所から無観客開催を求められていた中、再び無観客試合となることについて、長谷部が見解を語った。 「とても残念です。僕たちにとってもちろんすごく悪いことです。サポーターがいない中でプレーすると、感情や情熱など多くの要素を欠くことになります。ただ、今まで10試合以上、無観客試合でプレーしました。サポーターがいなくても、執念を見せ、感情を持ってプレーしなければいけません」 2020.10.30 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのアントワープDF、トッテナム撃破は「今夜の僕らからすれば当然の勝利」

アントワープの元ベルギー代表DFリッチー・デ・ラエトが強敵撃破に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。 アントワープは29日に本拠地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループJ第2節でトッテナムと対戦して、カウンターに転じた29分に先制。右ウイングバックの位置で58分まで出場の日本代表MF三好康児も随所に攻撃のタクトを振るい、グループ最大の強敵を1-0で下した。 3バックの右でフル出場を果たして、トッテナム攻撃陣の完封に貢献したデ・ラエト。元マンチェスター・ユナイテッドDFは試合後、「当然の勝利」だと勝ち誇った。 「僕らが今日のピッチ上でやったことはインクレディブルなものだった。懸命にファイトして、あらゆるデュエルに勝つために命を捧げたんだ。今夜の僕らからすれば、当然の勝利に他ならない」 「先週と同じような姿勢で今回の試合に入った。相手をリスペクトし過ぎず、自分たちのゲームをしようとね。次のラウンドに勝ち進むのが目標だったが、今やさらに僕らが目指すゴールになった」 グループステージ2連勝でトッテナムを抑えて、首位に立つアントワープは11月5日に行われる次節、1勝1敗で3位につけるLASKをホームに迎え撃つ。 2020.10.30 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「久保とサムもよくやった」終盤逆転勝利のエメリ監督がELの狙いを語る「若い選手が責任を持てるように」

ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が、カラバフとのアウェイゲームを振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 ビジャレアルは29日、ヨーロッパリーグ(EL)グループI第2節でアゼルバイジャンのカラバフと対戦。試合は拮抗した展開の中ゴールレスで推移する。 [4-5-1]の左サイドでスタメン出場した日本代表MF久保建英は、開幕節のスィヴァススポル戦で1ゴール2アシストを記録した勢いそのままに好プレーを連発。シュートやクロスで決定機を演出した。 しかし、ゴールを奪えないビジャレアルは75分に久保やカルロス・バッカをさげてテコ入れするも、78分に先制を許す展開に。 それでも80分にジェレミ・ピノが同点ゴールを奪うと、85分に久保に代わって入ったパコ・アルカセルが逆転ゴール。アディショナルタイムにもPKで加点し、1-3で勝利した。 終盤に畳み掛けて逆転勝利を収めたエメリ監督は苦戦を認めながらも、先制されたことで目が覚めたと語った。 「特に前半は拮抗した試合となった。彼らはチャンスを作ることなく自分たちの試合をプレーした。我々は悪くなり、思ったよりコントロールできなかった」 「後半はプレッシャーが増していったが、最終的に目的を達成した。彼らのゴールは、我々が80分間やってきたことをを20分で加速させ、そして正当に勝利した」 アーセナル時代にもカラバフと対戦した経験があるエメリ監督だが、その経験は少し役だったようだ。 「2シーズン前で、彼らは似たようなチームだったと思う。明るいゲームとクオリティの高い選手が揃っている。2年前にアーセナルでバクーで試合をしたように、プレスに適応することに苦労した。我々は冷静さを保つ方法は知っていた」 ラ・リーガでもまずまずのスタートを切ったビジャレアル。ELでは若手選手を積極的に起用している中、エメリ監督としての狙いがあるとコメント。結果こそ残せなかったものの、久保やサムエル・チュクウェゼも評価した。 「この大会に関しては、多くの選手を組み合わせ、若い選手が責任を持てるようにしたいと思っている」 「彼らはトレーニングで準備をし、こう言ったゲームは非常に高いレベルでプレーするという中でとても上手くやっている」 「バエナとジェレミはとても良かった。久保とサム(サムエル・チュクウェゼ)も試合でよくやってくれた」 連勝スタートとなったビジャレアルはグループ首位に。次節は同じく連勝で2位のマッカビ・テルアビブ(イスラエル)と対戦する。 2020.10.30 10:20 Fri
twitterfacebook