40年ぶり3部降格のデポルティボ、2000年前後には“スーペル・デポル”として注目の的に

2020.07.21 11:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャが、1979-80シーズン以来となるセグンダB(スペイン3部)に降格した。

20日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の最終節が一斉開催。自動降格圏にいるデポルティボはフエンラブラダとの最終節に臨むはずだったが、フエンラブラダに選手やスタッフ合計12名の新型コロナウイルス(COVID-19)感染者が発生。そのため、キックオフ45分前に延期となることが決定していた。

最終節を行えなかったデポルティボだが、残留争いのライバルであるアルバセテが勝利。その結果、3部への降格が決定してしまった。

◆C・ロナウドのレアル初ゴールはデポルティボから

◆2000年前後に一世を風靡した“スーペル・デポル”
Getty Images

デポルティボは、1906年に創設されたクラブ。スペイン北西部ガリシア州のア・コルーニャに本拠地を置くクラブ。1970年代、80年代に2度の3部降格を経験する暗黒期を迎えていた。

しかし、1988年に就任した現会長のアウグスト・セサル・レンドイロ氏によりチームは復活。90年代に入り盛り返すと、1998年に監督に就任したハビエル・イルレタ監督によって黄金期を迎える。

戦術家として知られたイルレタの下、当時はまだ少数派だった[4-2-3-1]が機能。ブラジル代表MFマウロ・シウバ、MFジャウミーニャを中心とした中盤と、オランダ代表FWロイ・マカーイの得点力によりチームとしてのバランスが取られた。

1999-2000シーズンには、クラブ史上初のラ・リーガ制覇。2003-04シーズンまで3位以上をキープ(2位が2回、3位が2回)するなど、クラブは王後にを迎えた。

2000-01シーズンにはチャンピオンズリーグに初出場。そこから5シーズン連続で出場することに。2003-04シーズンにはベスト4の成績を残すなど、ヨーロッパのサッカー界で大きな注目を集めた。

◆黄金期を支えた名手たち
Getty Images

“スーペル・デポル”を支えた選手たちを数名紹介したいと思う。最も記憶に残るのは、MFフアン・カルロス・バレロンではないだろうか。2000年夏にアトレティコ・マドリーから加入したバレロンは、卓越したテクニックが売りのファンタジスタタイプ。司令塔としてデポルティボの攻撃を牽引した。

しかし、ケガに泣かされることも多く、特に左ヒザの前十字じん帯断裂の重傷を負うことに。2度の手術を行うなど、離脱することも少なくなく、チームの成績は大きく左右されていった。

また、中盤の底でチームを支えたのがMFマウロ・シウバだ。1992年夏にブラジルのブラガンチーノから加入すると、2005年に引退するまで在籍。的確な読みとポジショニングで攻撃の芽を摘む守備的な役割を果たす一方で、正確なボールさばきで試合をコントロールするなど、攻守にわたってチームを長年支えていた。

そして、生え抜きであり17シーズンの現役生活を一筋で過ごしたMFフランも忘れてはならない。初優勝したシーズンはケガもあり出場機会が限られたが、チームのキャプテンを務め、黄金期を支えた。出場試合数は505試合でクラブ最多記録となっている。

ストライカーを挙げるなら、FWロイ・マカーイ、そしてFWディエゴ・トリスタンが挙げられるだろう。マカーイは1999年にテネリフェから加入。クラブのラ・リーガ制覇に大きく貢献。2002-03シーズンには29ゴールを記録し、リーグ得点王に輝いた。

一方のトリスタンも、レアル・マドリー移籍が近づく中、方針展開により2000年にデポルティボへ加入。2001-02シーズンには21ゴールでリーグ得点王に。マカーイとのポジション争いがありながら、2人のコンビネーションも脅威となった。

守備陣では、DFマヌエル・パブロは外せない。1998年夏にクラブへ加わったマヌエル・パブロは、2016年まで在籍したクラブのレジェンド。クラブ通算448試合に出場し歴代2位の出場記録を持っている。デポルティボ加入後に評価を上げ、スペイン代表としてもプレーした。

その他にも、守護神として活躍したGKフランシスコ・モリーナやサイドバックとして活躍したDFリオネル・スカローニ、DFジョルジュ・アンドラーデ、サイドアタッカーのMFビクトル・サンチェスなど、印象深い選手が多く所属していた。

◆イルレタと共に黄金期が終了
Getty Images

2004-05シーズンはリーグ戦で8位に。チャンピオンズリーグもグループステージで敗退となり、イルレタ監督は退任。その後、チームは低迷の一途をたどった。

イルレタ監督が率いた7シーズンは、多くの選手が固定されて使われていたが、ちょうど旬を迎えていた主力選手たちの活躍により、一気に結果を残すこととなっていた。

しかし、その後は主力選手の怪我やクラブとしての方針転換もあり低迷。2010-11シーズンには18位となり2部に降格。2011-12シーズンは2部で優勝し昇格するも、2012-13シーズンは19位で再び降格。2013-14シーズンは2位で昇格とエレベータークラブに。2017-18シーズンに18位で再び2部へ降格すると、2018-19シーズンは6位で昇格を逃し、今シーズンは19位で3部へと降格した。

柴崎岳が加入したこともあり、日本でも再び注目を浴びたデポルティボだが、開幕戦でレアル・オビエドに勝利したもののその後3連敗。さらに、開幕戦以降は白星から見放され、第21節のテネリフェ戦まで勝利がないなど序盤から苦しみ最下位に。

テネリフェ戦以降は破竹の7連勝で順位を15位まで一気に上げたものの、再び勝利から見放される展開に。再開後は7戦無敗で残留も見えてきた中、7月に入り3連敗。最終節は戦わずして19位に転落し、そのまま降格となった。

3部に降格するのは40年ぶりの出来事。そして、初のラ・リーガ制覇から20シーズンという節目で屈辱を味わうこととなった。

コメント
関連ニュース
thumb

【ELグループステージ展望】4人のサムライが参戦! ノースロンドン勢にセリエA勢に注目

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが22日に開幕する。昨シーズンと同様、優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるELに、今シーズンは4人の日本人選手がグループステージから参加。また、アーセナル、トッテナム、ミラン、ナポり、ローマ、ベンフィカといった優勝候補も登場する。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 ◆優勝候補はロンドン勢とセリエA勢! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201021_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今大会の優勝候補はアーセナル、トッテナムのノースロンドン勢に加え、ミラン、ナポリ、ローマのセリエA勢だ。 昨シーズン、リーグ戦ではEL出場権を逃がすもチェルシーとのFAカップを制して今大会出場に漕ぎ着けたアーセナル。今夏の移籍市場ではMFトーマスを始め、DFガブリエウ、MFウィリアンと実力者を迎え入れ、アルテタ体制2年目は更なる進化の予感だ。今回のグループステージではラピド・ウィーン(オーストリア)、モルデ(ノルウェー)、ダンドーク(アイルランド)と実力差、移動距離を考えても、まずまずの組み分けとなっており、問題なく突破可能と思われる。そういった中、新戦力や準主力にプレー機会を与えながら、昨季のMFサカ、FWエンケティアに続く新たな若手の台頭を促したい。 そのアーセナルのライバルチームであるトッテナムは、2015-16シーズン以来となるELグループステージの参戦に。予選からの参戦となったものの、爆発的な攻撃力を武器に問題なくグループステージ進出を決めた。今夏の移籍市場ではFWベイルの7年ぶりの復帰をトピックに、DFレギロン、MFホイビュルク、FWカルロス・ヴィニシウスらとポルトガル人指揮官が求める7人の新戦力を加え、今大会出場チーム屈指の陣容を誇る。ルドゴレツ(ブルガリア)、リンツ(オーストリア)、アントワープ(ベルギー)と同居するグループJではアーセナル同様に突破へ向けて大きな問題はなく、ベイルらのコンディション調整の場に当てつつチーム内のポジション争いを盛り上げていきたい。 PK戦までもつれ込んだ薄氷のプレーオフを制してグループステージに到達したミランは、セリエAではインテルとのダービーを制するなど開幕4連勝と絶好調。セルティック(スコットランド)、スパルタ・プラハ(チェコ)、リール(フランス)と同居したグループHの戦いは、他のビッグクラブに比べて困難と見られるが、より上位を狙えるリーグ戦とのバランスを意識しながらの戦いとなる。やや選手層に不安を抱えていることもあり、攻撃陣ではFWマルディーニやFWコロンボといった生え抜きの若手の活躍に期待したい。 戦力値で前述の3チームと比肩するローマとナポリは、ローマが比較的ラクな組に入った一方、ナポリはレアル・ソシエダ(スペイン)とAZ(オランダ)と同じ組に入り、突破に向けてよりパワーを使うことになりそうだ。共にリーグ戦において比較的メンバーを固定する傾向にあるため、控え選手や新加入選手はこのELをアピールの場としたい。 その他では昨季プレミアリーグで再躍進を遂げたレスター・シティ、ベンフィカ、昨季ベスト8のレバークーゼンといった実力クラブの戦いぶりにも注目が集まるところだ。 ◆久保、北川、三好が初参戦! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201021_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになる。 今夏、レアル・マドリーからビジャレアルにレンタル加入したMF久保建英は、カラバフ(アゼルバイジャン)、マッカビ・テルアビブ(イスラエル)、スィヴァススポル(トルコ)と同居するグループIに入った。大きな期待を背負って加入した新天地では開幕から6試合連続途中出場と、守備面や規律を重視するエメリ監督から信頼を得るまでには至らず。直近のバレンシア戦では決勝点をお膳立てした一方、やや不運な形で退場処分となっている。ただ、この退場の影響により、初戦となるホームでのスィヴァススポル戦では初先発のチャンスが与えられる可能性が高い。本人としては主力が起用されるラ・リーガでスタメンを勝ち取りたいところだが、まずはELの舞台できっちり結果を残したい。 その久保と日本代表でポジションを争う一人のMF三好康児はアントワープで主力として活躍。今季ここまではリーグ戦5試合に出場し、ゴールこそ1点に留まっているものの、攻撃の起点としてチームをけん引している。自身初のELではトッテナムやルドゴレツ、リンツといずれも格上との対戦となるが、今後の更なるステップアップに向けて活躍を期待したい。 同じくELは初参戦となるラピド・ウィーンのFW北川航也は優勝候補アーセナル、モルデ、ダンドークと同じグループBに入った。今季ここまでは途中出場を中心に公式戦8試合1ゴールとポジション奪取に向けてアピールが必要な状況だ。そういった中、フランクフルトでアーセナル相手に躍動した昨季のMF鎌田大地のように注目の一戦で活躍を見せたいところだ。 前述の3選手とは異なり、EL2シーズン連続の参戦となるAZのDF菅原由勢は、ナポリ、ソシエダと同居する厳しいグループに入ったが、更なるステップアップに向けて強豪チームとの対戦は格好のアピールの場ともいえる。昨季のELでマンチェスター・ユナイテッドとの対戦も経験しているため、物怖じすることなくビッグクラブ相手にプレーできるはずだ。 ◆グループA ローマ(イタリア) ヤング・ボーイズ(スイス) クルージュ(ルーマニア) CSKAソフィア(ブルガリア) ◆グループB アーセナル(イングランド) ラピド・ウィーン(オーストリア)※北川航也 モルデ(ノルウェー) ダンドーク(アイルランド) ◆グループC レバークーゼン(ドイツ) スラビア・プラハ(チェコ) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ニース(フランス) ◆グループD ベンフィカ(ポルトガル) スタンダール・リエージュ(ベルギー) レンジャース(スコットランド) レフ・ポズナン(ポーランド) ◆グループE PSV(オランダ) PAOK(ギリシャ) グラナダ(スペイン) オモニア(キプロス) ◆グループF ナポリ(イタリア) レアル・ソシエダ(スペイン) AZ(オランダ)※菅原由勢 リエカ(クロアチア) ◆グループG ブラガ(ポルトガル) レスター・シティ(イングランド) AEKアテネ(ギリシャ) ゾリャ(ウクライナ) ◆グループH セルティック(スコットランド) スパルタ・プラハ(チェコ) ミラン(イタリア) リール(フランス) ◆グループI ビジャレアル(スペイン)※久保建英 カラバフ(アゼルバイジャン) マッカビ・テルアビブ(イスラエル) スィヴァススポル(トルコ) ◆グループJ トッテナム(イングランド) ルドゴレツ(ブルガリア) リンツ(オーストリア) アントワープ(ベルギー)※三好康児 ◆グループK CSKAモスクワ(ロシア) ディナモ・ザグレブ(クロアチア) フェイエノールト(オランダ) ヴォルフスベルガー(オーストリア) ◆グループL ヘント(ベルギー) ツルヴェナ・ズヴェズタ(セルビア) ホッフェンハイム(ドイツ) リベレツ(チェコ) 2020.10.22 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループC展望】シティ突破濃厚な中、中島ポルト、酒井&長友マルセイユが残り1枠を懸けて激突!

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループCは優勝候補マンチェスター・シティの突破が濃厚な中、FW中島翔哉を擁するポルト、DF酒井宏樹、DF長友佑都を擁するマルセイユがオリンピアコスと共に残り1枠を懸けて激突する。 ◆編集部予想 ◎本命:マンチェスター・シティ ○対抗:ポルト △連下:マルセイユ ☆大穴:オリンピアコス ◆総合力で他を圧倒。文句なしの本命~マンチェスター・シティ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのベスト8チームが文句なしの首位通過の本命だ。昨季はEFLカップこそ制覇したものの、プレミアリーグ3連覇を逃がし、CLでも伏兵リヨンに敗れて厳しいシーズンとなったシティ。捲土重来を期す今シーズンでは最重要課題となっていたセンターバックにDFアケ、DFルベン・ジアスを迎え入れ、MFサネの抜けたウイングポジションにMFフェラン・トーレスを補強。世代交代を図りつつ、よりバランスの良いスカッド構築に成功している。 ここまでのプレミアリーグでは圧倒的な戦いは見せられていないが、直近のアーセナル戦ではグアルディオラ監督の真骨頂である難解な新布陣も採用しており、更なる進化の予感を漂わせている。他のメガクラブに比べて、比較的与しやすいグループに入った中、リーグ戦と並行しながらシーズン中盤、終盤に向けて新たなオプションを模索しながら首位通過を目指す。 ◆実績十分も大幅な刷新の影響懸念…中島に出番は?~ポルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのポルトガル王者であり、シティを除き最もヨーロッパのコンペティションで実績があるポルトが2番手の扱いだ。セルジオ・コンセイソン監督の下、攻守の切り替えを徹底したソリッドなチームは各ポジションに実力者を揃ている。 ただ、今夏の移籍市場では主将MFダニーロを始め、DFアレックス・テレス、FWソアレス、FWゼ・ルイスら主力クラスがこぞって退団。代わって今夏の移籍市場終盤に、いずれもプレミアリーグからMFグルイッチ、DFサール、FWフェリペ・アンデルソンをレンタルで獲得したが、チームにフィットさせるにはある程度の時間を要するはずだ。 なお、そのポルトで10番を背負いながらもコロナ禍における様々な問題により、一時構想外となっていたFW中島翔哉だが、直近のスポルティング・リスボン戦で約7カ月ぶりのベンチ入りを果たしており、自身初となるCLの舞台でプレーする可能性は十分にあるはずだ。 ◆酒井が長友と共に初の大舞台へ! 突破のチャンスは十分あり~マルセイユ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのリーグ・アンを2位フィニッシュしたマルセイユは2013-14シーズン以来のCL参戦となる。智将ビラス=ボアス監督の下で復活を遂げたフランス屈指の名門は、今夏FFPの問題で主力流出も噂されたが、DFサール、MFマキシム・ロペスの2選手の退団に留まり、戦力維持に成功。また、ドルトムント、バイエルンから逸材DFバレルディ、MFキュイザンスをレンタルし、両サイドバックでプレー可能な百戦錬磨のDF長友佑都をフリーで獲得するなど、限られた予算の中でスカッドに厚みを加えている。 ここまでのリーグ戦ではパリ・サンジェルマンとの乱戦を制した一方、以降は攻守にチグハグな部分が目立ち取りこぼしが続いていたが、直近のボルドー戦では3-1の快勝を収め、ここに来て調子を上げている。なお、長友はインテル、ガラタサライで同大会を経験しているが、DF酒井宏樹にとっては30歳でのCLデビューとなる。 ◆2年連続出場で今季はよりチャンスあり?~オリンピアコス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_102_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予備予選を制して2年連続でグループステージ進出を果たしたギリシャ王者。昨シーズンはバイエルン、トッテナムと同居したことで3位敗退となったが、ヨーロッパリーグ(EL)ではアーセナルに金星を挙げるなど、その実力は本物だ。 今夏の移籍市場では元バイエルンDFラフィーニャ、古巣帰還のDFホレバス、MFエムビラ、FWブルマと積極的な補強も敢行しており、対戦相手のメンツを考えれば、昨季に比べて突破のチャンスはありそうだ。マルセイユと久々の古巣対戦となるMFヴァルブエナにも注目だ。 2020.10.21 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループB展望】マドリー本命揺るがずも残り1枠は混戦の予感

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループBは大会最多13度の優勝を誇るレアル・マドリーが大本命となるが、残り1枠を巡るインテル、シャフタール、ボルシアMGの3チームによる争いはし烈なものとなりそうだ。 ◆編集部予想 ◎本命:レアル・マドリー ○対抗:インテル △連下:シャフタール ☆大穴:ボルシアMG ◆スロースタートも総合力で頭一つ抜ける~レアル・マドリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 確実に勝ち点3を計算できるチームは1つもない実力拮抗の4チームが揃ったが、首位通過の大本命は最多優勝を誇るスペインの雄だ。昨季、ラ・リーガで宿敵バルセロナから覇権奪還を果たしたマドリーだが、CLではラウンド16でマンチェスター・シティに連敗で敗れ、同大会で圧倒的な勝負強さを発揮してきたジダン監督の下で初めての敗退となった。 今シーズンに向けてはコロナ禍の財政的な問題もあり、主力クラスの補強はゼロに終わり、新戦力と言えるのはレンタルバックのMFウーデゴール、DFオドリオソラのみとなっている。そのため、FWヴィニシウスやFWロドリゴの成長、加入2年目のMFアザール、FWヨビッチらの覚醒を促す継続路線のシーズンインとなったが、ここまでのリーグ戦では3勝1敗1分けとスロースタートを強いられている。 パフォーマンスは決して低調と言えるものではないが、攻撃面を中心に勝負強さやバイタリティを欠く場面も散見されている。これがシーズン序盤に起こりがちなコンディション的な問題なのか、はたまたマンネリなのか、よりモチベーションが高まるCLの舞台でハッキリするはずだ。とはいえ、実績、選手層を含め総合力では頭一つ抜け出ており、問題なく勝ち抜けを果たすはずだ。 ◆戦力十分もコンテの欧州戦の弱さは懸念材料~インテル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> マドリーの対抗は昨季セリエA2位チームのインテルだ。シーズン終了後にはクラブ幹部との衝突により、退任の噂が浮上したコンテ監督だが紆余曲折を経て続投が決定。また、今シーズンに向けてはFWラウタロ・マルティネスの残留に加え、DFアクラフ・ハキミ、DFコラロフ、DFダルミアン、MFビダルと指揮官好みのキャラクターを持つ新戦力の補強にも成功し、より穴のないスカッドの構築に成功した。 ただ、優勝候補として迎えた国内リーグでは持ち味の堅守が鳴りを潜めており、直近2試合ではラツィオとドロー、ミランとのダービーで今季初黒星を喫するなど厳しい船出となっている。単純な戦力値、昨季ヨーロッパリーグ(EL)の準決勝でシャフタール相手に5-0の勝利を収めていることを考えれば、突破の可能性は高いと思われるが、そのELで準優勝に終わるなど、コンテ監督のヨーロッパでの弱さは払拭できておらず、その点が懸念材料だ。 ◆ホームとアウェイの戦い分けが重要に~シャフタール~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ウクライナリーグ4連覇にヨーロッパでの豊富な経験を考慮して3番手の評価。昨シーズンのCLではマンチェスター・シティやアタランタ相手に善戦し、ELでもベスト4進出を果たすなど、その実力は確かだ。今シーズンは就任2年目のルイス・カストロ監督の下、主力に大きなメンバー変更もなく継続路線を突き進み、国内リーグでも3勝3分けの無敗スタートを飾っている。 昨シーズンのCLグループステージではホームでの戦績が振るわなかったものの、伝統的にホームゲームで圧倒的な戦績を誇っているため、今大会でグループステージを突破するためにはそのホームで勝ち点3を狙う戦いを見せつつ、昨季のようにアウェイでもきっちり勝ち点を持ち帰りたい。 ◆経験面で劣るもハマれば突破の可能性十分~ボルシアMG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2016-17シーズン以来の参戦となるため、評価は一番低いが、インテルとシャフタールとの間に大きな差はない。ザルツブルクで評価を高めたマルコ・ローゼ監督の下、昨季のブンデスリーガを4位フィニッシュしたドイツ屈指の名門は攻守両面でハードワークやアグレッシブさが印象的。 タレントの質では前述の3チームに劣るが、猛烈なプレス、縦に速い攻撃と自分たちの形がうまく出れば、バイエルンやドルトムントを苦しめるなど、強豪相手にも十分戦えるはずだ。攻守両面で要となるMFザカリアをケガで欠く序盤戦をしぶとく戦いながら、後半戦に勝負を懸けたい。 2020.10.21 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループH展望】今大会屈指の激戦区! 昨季準優勝PSGにユナイテッド&ライプツィヒ

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。グループHは昨季ファイナリストのパリ・サンジェルマン(PSG)、プレミアリーグ3位のマンチェスター・ユナイテッド、昨季セミファイナリストのRBライプツィヒの三つ巴の争いに、初参戦のイスタンブール・バシャクシェヒルがアウトサイダーとして絡む展開が予想される。 ◆編集部予想 ◎本命:パリ・サンジェルマン ○対抗:マンチェスター・ユナイテッド △連下:RBライプツィヒ ☆大穴:イスタンブール・バシャクシェヒル ◆戦力と熟成度で文句なしの本命~パリ・サンジェルマン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今グループステージ屈指の激戦区となったが、首位通過の本命は昨季ファイナリストだ。昨季決勝ではバイエルンに競り負けてクラブ悲願のビッグイヤー制覇を逃したパリの巨人だが、コロナ禍における特殊な形式だったとはいえ、近年壁となり続けていたベスト16、ベスト8の壁を乗り越えた成功体験はクラブにとって大きな財産となるはずだ。 今シーズンはFWムバッペやFWネイマールら主力の残留に成功したうえ、守備的MFダニーロ、右サイドバックに加えて複数のポジションをカバーできるMFフロレンツィ、新たな攻撃オプションとしてFWケアン、MFラフィーニャを確保。豊富な経験、確かな人間性でピッチ内外での貢献も大きかったDFチアゴ・シウバ、FWチュポ=モティングの退団はメンタル面において不安材料だが、そのチーム力は今大会出場チームで屈指。ここまでのリーグ戦においてはまさかの開幕連敗スタートも、直近2試合で10ゴールを挙げるなど、目下5連勝と調子を取り戻している。 三つ巴の争いとなる中、ホームゲームでの勝ち点3奪取は至上命令となるだけにユナイテッドとの初戦をきっちり白星で飾りたい。 ◆ポテンシャル十分も守備改善が必須~マンチェスター・ユナイテッド~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クラブとしての実績、選手の質を考慮してPSGの対抗としたが、RBライプツィヒとの実力は伯仲している。昨季のプレミアリーグを逆転で3位フィニッシュし、2シーズンぶりのCL参戦となる赤い悪魔。今夏の移籍市場では大型補強が見込まれたが、大本命のMFサンチョ獲得に失敗するなど大苦戦。MFファン・デ・ベークに加え、移籍市場閉幕ギリギリに元PSGのエースFWカバーニ、左サイドバックのDFテレス、若手逸材FWペリストリの獲得に漕ぎ付けたが、補強ポイントに挙がっていたセンターバックを補強できなかったことが、早くもリーグ戦の戦いに響いている印象だ。 ここまでリーグ4試合で一度もクリーンシートがなくトッテナム戦での6失点を含め、4戦12失点と守備崩壊が序盤戦の苦戦に繋がっている。CLグループステージ突破に向けては守備陣のパフォーマンス向上に加え、献身性、切り替えの意識が鈍くなっている前線の選手への守備参加を徹底させたい。 ◆安定感は抜群、突破の鍵は新攻撃陣~RBライプツィヒ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今グループの3番手の評価だが、前述の2チームとの間に大きな差はない。若き智将ナーゲルスマン監督の下、昨季のCLでクラブ史上初のベスト4進出を果たしたドイツの新興クラブは、今回のグループステージで準決勝で敗れたPSGと再び相まみえることになった。 今夏の移籍市場ではDFウパメカノを中心に主力の残留に成功しており、就任2年目を迎えるドイツ人指揮官の下で更なる戦術面の浸透が進んでおり、ブンデスリーガ開幕4試合を3勝1分けの無敗で終え、ここまでバイエルンを抑えて首位に立っている。ただ、今後に向けてはFWヴェルナー、FWシックと昨季の得点源を失い、FWファン・ヒチャン、FWセルロート、FWクライファートを新たに加えた攻撃陣の整備が重要となる。チーム力で上回る格下相手には現有戦力で十分勝ち切れるが、PSG、ユナイテッドという格上相手には前述の新たな攻撃陣の活躍が勝利を得るために重要な要素となるはずだ。 ◆初参戦で目標はまず1勝~イスタンブール・バシャクシェヒル~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンのスュペル・リグを初制覇し、CL初参戦となるイスタンブールBBだが、ひとまずの目標はグループステージ突破ではなく初勝利だ。チームのベースはMFメフメト・トパルやGKヴォルカン・ババジャンらトルコ代表にも名を連ねる国内組と、エースFWヴィスチャ、プレミアリーグで活躍したDFシュクルテル、FWデンバ・バら国外のベテラン助っ人。さらに、今夏の移籍市場では元ユナイテッドDFラファエウ、MFシャドリ、MFジュリアーノと実力者を迎え入れている。 ただ、今季ここまでのリーグ戦では1勝3敗1分けの20位と深刻な不振に陥っており、初の大舞台に向けて大きな不安を残す。 2020.10.20 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループF展望】ドルトムント本命、1枠を懸けラツィオとゼニトが激突

◆編集部予想 ◎本命:ドルトムント ○対抗:ラツィオ △連下:ゼニト ☆大穴:クラブ・ブルージュ グループFは昨季ベスト16でCL常連のドルトムントが本命、実に12シーズンぶりの本戦出場となるラツィオと2季連続のCL出場となるロシア王者ゼニトがもう1枠を懸けて争うことになりそうだ。3季連続出場のベルギー王者クラブ・ブルージュではあるが、戦力的に厳しい戦いが待っているだろう。 ◆若手スターが牽引~ドルトムント~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> FWハーランド、MFサンチョらを筆頭に若手スター選手がチームを牽引するドルトムントが突破の本命だ。昨季はファイナリストとなったパリ・サンジェルマンの前に逆転でのベスト16敗退となった中、新たに逸材MFベリンガムが加入。伸び盛りの若手たちが躍動して勢いに乗れば、グループを突破するのは容易いはずだ。3季目を迎えたファブレ監督の下、成熟さも増したドルトムントがグループFを牽引する。 ◆12季ぶり出場で実力発揮なるか~ラツィオ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はユベントスとスクデット争いを繰り広げた後、コロナ明けの失速で4位に終わったものの、12シーズンぶりとなるCL本戦への出場を決めた。そのラツィオは6季目を迎えたS・インザーギ監督の下、主力の流出なく新シーズンに臨めている。堅守速攻に磨きをかけるチームは、CLでのプレー経験が少ない主力選手が多い点が気がかりだが、欧州最高峰の舞台で本来の実力を発揮しきれれば、グループステージを突破できるチーム力は有しているはずだ。 ◆経験値で上回れるか~ゼニト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロシアリーグ2連覇を果たしたゼニトは、昨季のCLでは実力伯仲と思われたグループに組み込まれた中、ベスト4と躍進したライプツィヒとリヨンが同居したグループでベンフィカと共に敗退に終わった。新戦力ではリバプールからDFロブレンを獲得。守備力の向上を図った中、チームのストロングポイントであるFWアズムンとFWジューバの走力に長けた両アタッカーが躍動すれば、5季ぶりのグループステージ突破が見えてくる。 ◆3季連続出場のベルギー王者~クラブ・ブルージュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_27_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季はコロナによりシーズン途中で中止となったベルギーリーグで2季ぶりに優勝を果たしたクラブ・ブルージュ。元リバプールGKミニョレが守護神を務めるチームは昨季、パリ・サンジェルマンとレアル・マドリーが同居したグループでガラタサライと共に未勝利に終わり、3位で終えた。まずは2シーズンぶりの勝利を目指し、3季連続出場の経験値の差を見せたい。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook