本田圭佑の真下を射抜くスナイデルの強烈FK【ビューティフル・フリーキック】

2020.07.17 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は元オランダ代表MFのヴェスレイ・スナイデル氏がインテル時代に決めたフリーキックだ。

本田圭佑の真下を射抜く

2009年にレアル・マドリーからインテルへ移籍したスナイデル氏。インテルでは2009-10シーズンにイタリア史上初の3冠(チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリア優勝)獲得に貢献。バロンドール級の活躍を見せた。

そのシーズンのCL準々決勝、CSKAモスクワとの2ndレグでは、チームを準決勝進出に導く見事なFKを決めている。

ホームでの1stレグを1-0で勝利したインテルは、アウェイで行われた2ndレグの6分、いきなりFKのチャンスを獲得する。

スナイデルとFWゴラン・パンデフがボールを囲むが、蹴ったのはスナイデル。思い切り右足を振り抜いて繰り出した強烈なシュートは、壁を構成していたMF本田圭佑の股を抜け、相手GKイゴール・アキンフェエフに襲い掛かり、ゴールネットを揺らした。

貴重なアウェイゴールを獲得したインテルはそのままウノゼロで勝利。バルセロナが待つ準決勝へと駒を進めた。

コメント
関連ニュース
thumb

逸材と呼ばれた頃のジョビンコがミラン相手に沈めたパーフェクトFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、サウジアラビアのアル・ヒラルに所属する元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコがユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ジョビンコがミラン相手に沈めたパーフェクトFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpRjRxUWlPeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスの下部組織出身のジョビンコは、エンポリやパルマでもプレー。2015年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCへと移籍すると、そこで結果を残し、2019年1月からはサウジアラビアのアル・ヒラルへと活躍の場を移している。 ユベントス時代には160cmと小柄ながら、そのテクニックと戦術理解度を高く評価され、名手アンドレア・ピルロにも匹敵するフリーキックを持つとまで言われた。 実際に、2013年1月9日に行われたコッパ・イタリア準決勝のミラン戦では素晴らしいFKを沈めている。 試合開始早々に失点を許したユベントスだったが、13分にゴールほぼ正面の絶好の位置でFKを獲得する。 入念に壁の調整をした後、ジョビンコはシュートモーションへと入る。しっかりと抑えが利きながらも、スピードもあるシュートは、壁を越えると瞬く間にゴールネットを揺らした。 今は昨年のアジア王者であるアル・ヒラルで活躍中のジョビンコ。33歳を迎えた今、イタリア復帰の噂も報じられるが、またヨーロッパでそのプレーを観ることは叶うだろうか。 2020.08.14 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

敢えてのファーサイド!雨中のエリクセンが予想外の高精度ショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、インテルに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがトッテナム時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆雨中のエリクセンが予想外の高精度ショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwazJYSnNWOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にアヤックスからトッテナムへ加入したエリクセン。2020年1月にインテルに移籍するまで、絶対的な司令塔に君臨し、公式戦通算305試合69得点89アシストを記録した。 プレースキックのキッカーも担っていたエリクセンだが、2015年1月28日に行われたキャピタルワン・カップ準決勝、シェフィールド・ユナイテッドとの2ndレグでは、予測できないFKから素晴らしいゴールを決めた。 1-2と1点ビハインドで迎えた試合終了間際の88分、トッテナムはゴール斜め右の位置でFKを獲得する。 キッカーのエリクセンは右利きのため、直接狙うならゴール右側が定石と言う位置だったが、エリクセンは何の違和感も感じさせないモーションからまさかのファーサイドを狙う。 相手GKも完全に反応が遅れると、シュートはゴール左上隅の完璧な位置へと吸い込まれるように入っていった。 GKの予想を上回る天才的なひらめきと、それを実現する右足の精度の高さを併せ持つエリクセンにしかできない芸当だった。 2020.08.14 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

尋常じゃない変化!フランク・デ・ブールの驚愕FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元オランダ代表DFフランク・デ・ブール氏がアヤックス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆尋常じゃない変化!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJMEk3bmVVaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現役時代はアヤックスやバルセロナなどでプレーし、オランダ代表としても活躍したデ・ブール氏。アヤックス時代には双子の兄弟であるロナルドとともにチャンピオンズリーグ(CL)優勝も経験している。 ロナルドとは違い守備的なポジションを得意としたデ・ブール氏は正確な左足のキックを武器としており、1995年4月16日に行われたオランダリーグ第29節のフローニンヘン戦では、素晴らしいFKを見せている。 1点を先制したアヤックスは、ゴールほぼ正面の好位置でFKを獲得すると、キッカーを務めたデ・ブールは、凛としたフォームから左足を振り抜く。 壁のわずかな隙間を縫っていったシュートは、そこから尋常ではない変化を見せ、相手GKから逃げるようにゴール右のポストに当たってゴールネットを揺らした。 このシーズンのデ・ブール氏はDFながら公式戦48試合12ゴールと二桁得点をマーク。チームも圧巻の強さでCL&国内リーグ戴冠を達成した。 2020.08.13 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

凄いのに凄くない!バッジョが平然と決めた文句なしの一撃【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イタリア代表FWロベルト・バッジョ氏がインテル時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆バッジョが平然と決めた文句なしの一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvV2ozUmF4VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1998年にインテルへと移籍したバッジョ氏。すでに全盛期は過ぎており、負傷欠場も少なくなかったが、出番があればしっかりと結果を残した。2000年5月23日のCL出場権プレーオフ、パルマ戦の大活躍でイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』で10点満点を叩き出したこともあった。 1999年1月24日に行われたセリエA第18節のカリアリ戦では、全盛期と変わらぬ見事なFKを決めている。 アウェイのカリアリに先制を許したインテルだったが、30分にボックス外右でFKを獲得する。キッカーのバッジョは小刻みな助走から丁寧に右足を振り抜くと、ボールは壁を越え、ゴール右上へとそのまま入っていった。スーパーなゴールなのだが凄いのは、いとも簡単に決めてしまっているところだ。 このゴールで追いついたインテルは試合に主導権をつかむと、そこからゴールを量産。バッジョも追加点を奪い、5-1で快勝している。 2020.08.13 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

フランスで輝きを取り戻したデパイ CL出場権を手繰り寄せた壁の下を通す技ありFK 【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆デパイの壁の下を通す技ありFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSQmUxZzNMVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドでの挫折の後、2017年にリヨンに加入してからはチームの主砲としてゴールを量産してきたデパイ。今季は左ヒザ前十字じん帯を断裂する大ケガを負い、昨年12月から戦線離脱を余儀なくされたものの、リーグ戦での成績は13試合9ゴール2アシストと、高い得点関与率を誇っている。 その活躍は移籍初年度から続いており、2018年5月19日に行われたリーグ・アン最終節のニース戦では技ありのFKを決めている。 この試合で勝利すればリーグ3位となり、翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するリヨンだが、ニース相手に先制を許す。 それでも48分、デパイのゴールで同点に追いつくと、さらに65分にはペナルティアーク左の位置でFKのチャンスを迎える。 決めればCL出場権が大きく近づく状況の中、デパイは完全に相手の意表を突く、壁の下を通すFKを選択。これには相手DFだけでなくGKまで騙され、反応が遅れると、グラウンダーのシュートは、左ポストに当たってゴールネットを揺らした。 試合はその後、両チームが1点を加え、3-2でリヨンが勝利。デパイは3ゴールでハットトリックを達成し、チームのCL出場権獲得と立役者となった。 2020.08.12 07:00 Wed
twitterfacebook