38歳ベテランFWパンデフ、セリエBのパルマに移籍

2022.02.01 05:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジェノアは1月31日、マケドニア代表FWゴラン・パンデフ(38)がセリエBのパルマに完全移籍することを発表した。

2015年夏にジェノアに加入したベテランFWのパンデフはこれまでジェノアで公式戦187試合に出場して32ゴールを記録。今季はセリエAで20試合に出場していたが、ゴールは奪えていなかった。

セリエA通算493試合出場で101ゴールを挙げている経験豊富なアタッカーが、セリエBで現在12位と苦戦しているパルマの起爆剤となれるかに注目だ。

関連ニュース
thumb

ジェノアが前指揮官シェフチェンコ氏との契約終了を発表、今年1月解任も契約が有効のままに

セリエBのジェノアは22日、前指揮官アンドリュー・シェフチェンコ氏(45)との契約を完全に解除したことを発表した。 シェフチェンコ氏は現役時代にディナモ・キーウやミラン、チェルシーなどで活躍し、引退後はウクライナ代表監督を経て、2021年11月に当時セリエAのジェノアの監督に就任した。 しかし、下位に低迷していたチームを立て直すことはできず、在任期間わずか2か月ほどで今年1月に解任されていた。ジェノアは現在、アレクサンダー・ブレシン監督が指揮を執っているものの、シェフチェンコ氏との契約も有効のままとなっていた。 なお、シェフチェンコ氏の母国ウクライナは今年2月以降、ロシアによる侵攻が続いており、同氏は欧州各国を訪問し、早期の終戦に向けた活動を行っている。 2022.09.22 21:52 Thu
twitterfacebook
thumb

39歳パンデフが引退宣言…「これからは家族のために自分を捧げたい」

元北マケドニア代表FWゴラン・パンデフ(39)が、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで引退する意向を明らかにした。 2002年のインテルでのプロデビューから、ラツィオやナポリで活躍してきたパンデフ。2014年夏からガラタサライでプレーした1年間を除けば、その後もジェノアやパルマなど、キャリアのほとんどをイタリアで過ごした。 セリエAでは通算493試合101ゴール58アシストを記録。2009-10シーズンにはインテルでスクデットを掲げており、冬の移籍市場で途中加入した同シーズンは、後半戦だけで公式戦29試合に出場し、伝説の三冠達成に大きく貢献した。 ラツィオやナポリ、ジェノアでも概ね主力として活躍し、在籍した全クラブを通じた成績では644試合139ゴール75アシストを誇る。また、5度のコッパ・イタリア制覇や2011年のクラブ・ワールドカップ優勝など、獲得した主要タイトルは12個を数えた。 北マケドニア代表でも輝かしい成果を残したパンデフ。2001年6月のトルコ戦で17歳でデビューして以降、歴代トップの122試合に出場。記録した39ゴールも無論歴代最多だ。母国では年間最優秀選手に5回選出されている。 直近では今冬にジェノアからパルマに移籍し、初めてセリエBを経験。11試合で1ゴール1アシストを記録し、夏の退団以降はフリーの状態が続いていた。 そして、この度応じた取材でスパイクを脱ぐ意向を明らかにした。 「20年か…。長男はもう13歳になるけど、シーズンとシーズンの間の休暇しか会うことができなかった。今は家族のために自分を捧げたい」 「でも何をすればいいかわからなかったから、いずれまたサッカーに関わっていくことになると思う」 「この夏はサッカーについて何一つ考えなかった。リラックスして、食事をして、少しだけ体を動かして。もうトレーニングを始めるつもりは全くないんだ」 2022.09.22 13:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、ジェノアFWカロンをレンタルで獲得

ヴェローナは26日、ジェノアのシエラレオネ人FWヤヤ・カロン(21)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 シエラレオネ出身で2015年にイタリアへ亡命したカロンは、2019年からジェノアに在籍。ウイングを本職とし、ジェノアでは公式戦18試合に出場して1ゴール3アシストを記録。昨季はセリエAで15試合に出場していた。 2022.08.27 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ストロートマンが古巣ジェノアに1年半ぶりの復帰! セリエBで再起図る

セリエBのジェノアは24日、マルセイユから元オランダ代表MFケビン・ストロートマン(32)を獲得したことを発表した。 契約に関する詳細は明かされていないが、1年間のレンタル移籍となる模様だ。 2018年夏にローマからマルセイユに加入したストロートマン。加入から2シーズンは公式戦30試合以上に出場していたが、3年目となった2020-21シーズンは出場時間が大幅に減少し、シーズン後半はジェノアへのレンタルを経験。 昨シーズンはカリアリにレンタル移籍するも、チームが買い取りを見送ったことで、今夏にマルセイユへ復帰していた。ホルヘ・サンパオリ前監督からイゴール・トゥドール監督と体制が変更したものの、フランスの名門での構想外という立場は変わらず。 そのため、新天地を探していた元オランダ代表MFは、1年でのセリエA復帰を目指す古巣へ1年半ぶりの復帰を果たすことになった。 2022.08.25 02:02 Thu
twitterfacebook
thumb

マルセイユで戦力外のストロートマン、ジェノアが再びアプローチ

マルセイユの元オランダ代表MFケビン・ストロートマン(32)にジェノアがアプローチしているようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 2018年夏にローマから2500万ユーロの移籍金でマルセイユに加入したストロートマン。加入から2シーズンは公式戦30試合以上に出場していたが、3年目となった2020-21シーズンは出場時間が大幅に減少し、シーズン後半はジェノアにレンタルした。 昨季もレンタルでカリアリに移籍するなど、すでにマルセイユから戦力として見られていないストロートマン。昨年末にヒザを手術したこともあり、高額なサラリーを払っている32歳の放出はやぶさかではないようだ。 『スカイ』によれば、ジェノアはすでに個人的に連絡を取り始めているようで、再びのイタリア復帰が現実味を帯びてきている。 2022.08.24 22:28 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly