2点先行しながらも追いつかれたサッリ監督「浮き沈みの問題を解決しなければ」

2020.07.16 10:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスのマウリツィオ・サッリ監督が、引き分けに終わったセリエA第33節のサッスオーロ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

15日に敵地でサッスオーロと対戦したユベントスは、15分までにDFダニーロとFWゴンサロ・イグアインがゴールを奪い2点先行。しかし、29分にMFフィリップ・ジュリチッチに1点を返されると、後半立ち上がりにFWドメニコ・ベラルディ、FWフランチェスコ・カプートと立て続けにゴールを奪われ逆転を許す。それでも64分にアレックス・サンドロのゴールで同点に追いつき、3-3の引き分けに終わった。

前節のアタランタ戦でも引き分け(2-2)、前々節のミラン戦では2-4で敗れ、これで3試合未勝利となったユベントス。サッリ監督は試合後、過密日程による疲労を嘆き、波が激しいパフォーマンスの改善を求めた。

「監督として、チーム継続性を要求しているが、今はフィジカル的にもメンタル的にも維持するのに苦労している」

「理解するのが難しいほど受け身になる時と、非常に良い時が交互に来ている。アタランタや今夜のサッスオーロが素晴らしいチームだと言わなければいけない。こういった浮き沈みの問題を解決する必要がある。ただ、ほとんど例外なく全てのチームが現在抱えている状況だ。この問題を解決したならば、正しい道を行っていることになる」

「失速を避けるために、試合の中では一定の適応が必要だ。非常に高いポテンシャルを時に見せれば、とても脆弱に見える時もあった。2-0にした後、相手陣内にドリブルで持ち運び、押し上げるべきだった。しかし、欲張れず、スペースを与えてしまった。今は計算せずに1試合ずつ考える必要がある」

また、ハーフタイム明けに交代したDFジョルジョ・キエッリーニについて問われると「彼はここ数日は状態が良かった。今日はふくらはぎが硬くなってしまった。おそらく彼を起用するのが少し早かったのだろう。ただ、ボヌッチが起用できなかったので、彼のキャラクターが必要だった」と述べている。
コメント
関連ニュース
thumb

サッリ解任のユーベ、監督未経験のピルロを新指揮官に任命!

ユベントスは8日、新指揮官にアンドレア・ピルロ氏(41)を任命したことを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。 ユベントスでは8日、前日のチャンピオンズリーグ・ラウンド16でリヨンの前に敗退したことを受けてマウリツィオ・サッリ前監督が電撃解任されていた。 2018年1月に現役を引退したピルロ氏は選手時代、ユベントスのスクデット4連覇に大きく貢献。先月30日にU-23チームの指揮官としてユベントスに復帰したばかりだった。U-23チームでは指揮を執らず、監督未経験のままトップチーム指揮となる。 ピルロ氏の他、前トッテナム監督のマウリシオ・ポチェッティーノ氏も後任候補に挙がっていたが、サッリ前監督の高額な違約金に加え、1200万ユーロ(約15億円)とされるポチェッティーノ氏の給与に難色を示し、折り合いがつかなかったと現地メディアでは報じられている。 2020.08.09 03:28 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ新指揮官候補、ポチェッティーノがポールポジションか

ユベントスの新指揮官候補の筆頭にマウリシオ・ポチェッティーノ氏(48)の名前が挙がっているようだ。イタリア『Sportitalia』が報じている。 ユベントスでは8日に前日のチャンピオンズリーグ敗退を受けてマウリツィオ・サッリ監督を電撃解任していた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ポチェッティーノ氏の年俸はサッリ監督の2倍にあたる1000万ユーロ(約12億5000万円)から1200万ユーロ(約15億円)とのことで、その点がネックになる可能性があると伝えている。 一方でイタリア『スカイ・スポーツ』は先日、ユベントスのU-23チームの監督に就任したアンドレア・ピルロ氏(41)を後任候補筆頭に挙げている。ただ、ピルロは監督未経験のため、現実味は薄いようだ。 両者以外ではアンドレア・アニェッリ会長と現在も良好な関係を築いている、昨季まで指揮を執っていたマッシミリアーノ・アッレグリ氏(52)の名前などが上がっているが、解任を促したとされるスポーツ・ディレクター(SD)のファビオ・パラティッチ氏と、パベル・ネドベド副会長の存在が足かせになるのではないかと報じられている。 2020.08.09 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

セリエA9連覇のユベントス、CL敗退翌日にサッリ監督を電撃解任! 本人は前日に否定的な見解

ユベントスは8日、マウリツィオ・サッリ監督(61)の解任を発表した。 サッリ監督は、これまでペスカーラやエンポリ、ナポリなどを指揮。2018-19シーズンは自身初の海外挑戦となるチェルシーで指揮を執ると、ヨーロッパリーグを制し監督キャリアとして初のタイトルを獲得していた。 今シーズンからマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任としてユベントスの監督に就任すると、セリエAでは26勝5分け6敗の成績で9連覇を達成。セリエA史上最年長での優勝監督となった一方で、これまでの圧倒的な強さを見せることはできていなかった。 また、7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのリヨン戦では、2-1で勝利したものの、アウェイゴール差で敗退。試合後には「トップレベルの監督が1試合の結果だけで判断されるとは思わない。彼らはシーズン全体を含めて評価してくれるだろう」と解任はないと試合後にコメントしていたが、一夜明け解任されることとなってしまった。 2020.08.08 22:06 Sat
twitterfacebook
thumb

“ゴールマッキナ”の異名を持つヴィアリの完璧なオーバーヘッドが炸裂【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWジャンルカ・ヴィアリ氏がユベントス時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ヴィアリの完璧なオーバーヘッドが炸裂<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6VGFQMVdlaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> クレモネーゼ、そしてサンプドリアで活躍したヴィアリ氏は1992年に当時世界最高額の移籍金でユベントスへ移籍。セリアA制覇やコッパ・イタリア、チャンピオンズリーグのタイトル獲得に貢献した。 オーバーヘッドなどアクロバティックなゴールも多く、1994年10月23日に行われたセリエA第7節のクレモネーゼ戦でも見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた39分、ユベントスはボックス内のFWファブリツィオ・ラヴァネッリをターゲットに浮き球のパスを送る。ラヴァネッリが頭で触るとボールは高く上がり、ボックス内のヴィアリのもとへ。 落下点に入ったヴィアリはマーカーを抑え、大胆なオーバーヘッドシュートを選択。しっかりと捉えたシュートは相手GKに触れられながらもゴールとなった。 そんなヴィアリ氏だが、2018年11月に膵臓がんを患っていることを告白。それから約17カ月にわたって膵臓がんと闘病し、2020年4月に克服している。 サンプドリアとユベントスでスクデットを勝ち取り、チェルシーではプレーイングマネジャーとしてFAカップを勝ち取ったヴィアリ氏は、病との闘いにも打ち勝って見せた。 2020.08.08 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今季CL優勝はアトレティコで決定? ユーベ敗退であのジンクスが…

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を優勝するのは、アトレティコ・マドリーとなるかもしれない。 7日に行われたユベントスとリヨンのCLラウンド16・2ndレグは、ホームのユベントスが2-1で勝利。だが、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったリヨンのベスト8進出が決定した。 そして、このユベントス敗退によってアトレティコのCL初優勝の可能性が大きく高まっている。 ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコは、2013-14シーズン以降、グループステージ敗退となった2017-18シーズンを除き、ほぼ毎年のようにCL決勝トーナメントに進出。その間に2度のファイナル進出を果たすなど、多くのビッグクラブを撃破している。 ただ、唯一の天敵がポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだった。アトレティコは、レアル・マドリー在籍時のC・ロナウドに2度のファイナルでの敗戦を含む4年連続で敗北を強いられると、昨シーズンはラウンド16で対峙した際、ユベントスのC・ロナウドに撃破されていた。 しかし、決勝トーナメントで敗れたのは、あくまで天敵が在籍するレアル・マドリーとユベントスの2チームのみ。それ以外ではバイエルン、バルセロナ、チェルシーと錚々たるビッグクラブに土を付けている。 そして、今シーズンも前回大会王者リバプールを相手に劇的な勝ち上がりを見せている。13日に予定される準々決勝ではRBライプツィヒとの対戦が決定しているが、ここを乗り越えた場合、いよいよジンクス発動か…。 ◆シメオネ監督のCL成績 2013-14シーズン/準優勝(レアル・マドリーに敗戦) 2014-15シーズン/ベスト8(レアル・マドリーに敗戦) 2015-16シーズン/準優勝(レアル・マドリーに敗戦) 2016-17シーズン/ベスト4(レアル・マドリーに敗戦) 2017-18シーズン/グループステージ敗退 2018-19シーズン/ベスト16(ユベントスに敗戦) 2020.08.08 15:00 Sat
twitterfacebook