ダイアー、原点回帰のCB起用を歓迎 「最も優れたパフォーマンスを見せられる」

2020.06.29 19:25 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムに所属するイングランド代表MFエリック・ダイアーが、ジョゼ・モウリーニョ監督の下で継続されるセンターバック起用について言及している。

ここまでのプロキャリアを通じて、センターバック、セントラルMF、右サイドバックをメインポジションとしてきたダイアー。トッテナムではマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下、加入1年目は右サイドバックとセンターバックでプレーしたが、2015-16シーズン以降は有事や3バック採用時を除き、セントラルMFを主戦場としてきた。

しかし、昨年11月半ばにモウリーニョ監督が就任して以降は、ベルギー代表DFヤン・ヴェルトンゲンが今シーズン限りで退団する可能性が濃厚ということなどもあり、センターバックでの起用が急増。

とりわけ、長期に渡る中断期間を通じて、ポルトガル人指揮官の戦術の落とし込みが図られた再開後のマンチェスター・ユナイテッド戦、ウェストハム戦ではコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスと2センターバックのファーストチョイスとして起用されている。

ユナイテッド戦では相手の同点ゴールに繋がる痛恨のPKを献上したものの、2試合を通じてソリッドなパフォーマンスを披露し、モウリーニョ監督の評価も上々だ。

過去にトッテナムのレジェンドである元イングランド代表DFのレドリー・キング氏が、「将来的にセンターバックとして長い間プレーすることになる」と予想していた通り、26歳にして原点回帰の雰囲気が漂う。

そして、ダイアーはクラブ公式サイトのインタビューを通じて、センターバックでのプレーに手応えを感じていることを認めている。

「僕にとっては一晩で考えが変わったわけではなく、長い間感じていたことだったんだ」

「以前からセンターバックでプレーしたいと思っていたよ。客観的に分析したとき、自分が最も優れたパフォーマンスを見せられると思っていた」んだ」

「そこで自分自身を証明するチャンスを得られたことを、心から嬉しく思っているよ。良いプレーをできる感覚があるからね」

「もちろん、多くの部分で改善すべき点があることは理解しているよ。だけど、ウェストハム戦でクリーンシートを達成できたことは嬉しいよ」

「マンチェスター・ユナイテッド戦に関しても、クリーンシートに値するパフォーマンスだったと感じている。チームのパフォーマンスは良かっただけに、自分のプレー(PK献上)を残念に思うよ」

「ユナイテッド戦では僕自身の拙い対応もあったけど、試合を通して良い守備ができていたと思っているんだ。だから、ウェストハム戦でクリーンシートを達成できたことを嬉しく思うよ」

なお、トッテナムは今シーズン、2試合連続でクリーンシートを達成したことは一度もなく、7月2日に行われるプレミアリーグ第32節のシェフィールド・ユナイテッド戦ではダイアーを中心とする守備陣の更なる奮起に期待が集まるところだ。

関連ニュース
thumb

引く手数多のエクアドル代表DF、ナポリ、トッテナム、ミランの興味も移籍に興味なし?

レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)は今夏の移籍市場で引く手数多だが、移籍する気はないようだ。 インカピエは母国のインデペンディエンテの下部組織育ち。アルゼンチンのタレレスに移籍すると、2021年8月に完全移籍で加入した。 ブンデスリーガ1年目を戦ったインカピエは、センターバックとして27試合に出場し1ゴール1アシストを記録。安定したパフォーマンスを見せていた。 そのインカピエに関しては、ナポリやトッテナムが獲得に関心を示していた中、ミランも獲得に興味を示すことに。多くのオファーが舞い込む中、移籍する気はないようだ。 インカピエの代理人であるマヌエル・シアラ氏がイタリア『Stop&Goal.com』で語った。 「ピエロは現時点でレバークーゼン、そしてドイツでの生活にとても満足している」 「ミランから彼に関心があることは確認しているが、彼はレバークーゼンと話し合い、どのように一緒に成長できるかを確認している」 移籍する意思がないというインカピエ。仮に今夏獲得となれば、3000万ユーロ(約43億円)は必要になると見られている。 トッテナムは3500万ユーロ(約50億3000万円)までは検討しているようだが、果たしてどうなるだろうか。 2022.06.29 20:24 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがセットプレーのスペシャリスト獲得へ! 4830種類を操る敏腕

トッテナムがセットプレーの専門家の招へいに迫っているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じている。 アントニオ・コンテ監督の下、今シーズンのプレミアリーグを4位でフィニッシュしたトッテナム。新シーズンに向けては久々のチャンピオンズリーグ(CL)での戦いを楽しみつつ、リーグ戦ではマンチェスター・シティ、リバプールの2強が主役を演じる優勝争いへ挑戦する。 ここまですでに3選手を獲得するなど、積極的な移籍市場を過ごす一方、近年攻守両面でウィークポイントとなっているセットプレー改善に向け、スペシャリストの招へいに動いているようだ。 『フットボール・ロンドン』によると、トッテナムはイタリア代表や、ミラン、リーズ、ブレントフォード、フィオレンティーナなどで、セットプレーの専門コーチとして確かな手腕を発揮してきたジャンニ・ヴィオ氏(69)の招へいに近づいているという。 元銀行員で、過去にセットプレーに関する論文や著書を発表したことでも知られるヴィオ氏は、4830種類のセットプレーを操るスペシャリスト。 『That Extra 30 Per Cent』というセットプレーに関する著書が元イタリア代表GKのワルテル・ゼンガ氏の目に留まり、2008年にカターニャに招へいされた際にはチームの総得点44点の内、セットプレーから17得点を記録し、残留に導いた実績は広く知られるところだ。 また、過去のイギリス『ガーディアン』のインタビューでは、「自分のチームが抱えているプレーヤーを分析し、彼らのスキルセットに合わせた解決策を見つける必要がある」と、自身のコーチングスタイルに関しても言及していた。 トッテナムではデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの退団以降、韓国代表FWソン・フンミンらがメインのプレースキッカーを務めてきたが、セットプレーでの得点が課題となっている。 ヴィオ氏の招へいによって、ゴールの可能性が著しく低く、サポーターの不興を買うイングランド代表FWハリー・ケインの直接FKを含め、セットプレーの改善が期待されるところだ。 2022.06.29 18:38 Wed
twitterfacebook
thumb

FFP抵触の恐れがあるエバートン…主力売却を検討もA・ゴードンは死守の構えか

エバートンはU-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)の売却には応じない構えのようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 今季は残留争いに巻き込まれ、最終的にプレミアリーグ16位で終える失意のシーズンとなったエバートン。ピッチ内だけでなく外でも問題を抱えており、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)が定める基準をクリアするためには、年度末となる6月末までに主力売却によってまとまった資金を得る必要があると報じられている。 ただし、クラブはトッテナムから強い関心を示されるA・ゴードンの売却は検討していないようだ。リバプール生まれ、エバートンの下部組織育ちのA・ゴードンは、2020年1月にプレミアリーグデビューを飾ると、今季は公式戦40試合に出場して4ゴール3アシストを記録。地元出身ということもあり、サポーターからの人気も高い選手だ。 クラブはA・ゴードンを非売品と考えており、そのほかの主力選手を売却することでFFPへの抵触を回避したい考えだという。そこで高額な移籍金が期待されるのが、ブラジル代表FWリシャルリソン(25)だ。今季低迷するチームにあってプレミアリーグ10ゴール5アシストと気を吐く活躍を見せた選手には、トッテナムやチェルシーが獲得に関心を示している。 しかし、エバートンはリシャルリソンに5000万ポンド(約82億8000万円)の移籍金を設定するなかで、現在まで要求に見合ったオファーはなし。6月末まで一刻の猶予もないなかで、このままリシャルリソンに満足なオファーが届かない場合、A・ゴードンの売却に応じざるを得ない可能性が出てくるかもしれない。 2022.06.29 16:48 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがリシャルリソン&A・ゴードンの両獲りへ! 今週にエバートンにオファー掲示

トッテナムがブラジル代表FWリシャルリソン(25)に加え、U-21イングランド代表MFアンソニー・ゴードン(21)をエバートンから獲得するプランを構想しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 トッテナムは今夏の移籍市場で、左右のウイングに加え、イングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーも務められるリシャルリソンを前線のトップターゲットに設定。 相手方が望むイングランド代表MFハリー・ウィンクスの交渉と並行する形で、トフィーズのエース獲得に向けた動きを進めている。 さらに、『スカイ・スポーツ』が報じるところによれば、トッテナムは前述の交渉の中で、エバートン生え抜きのアタッカーであるゴードンの獲得にも動いているという。 16歳でトップチームデビューを果たした早熟のアタッカーは、2列目を主戦場に相手の逆を突く巧みなドリブル、視野の広さと正確なキックを生かしたラストパスで異才を放ち、今季のプレミアリーグでは35試合4ゴール2アシストと主力の活躍を果たした。 ミドルズブラのU-21イングランド代表DFジェド・スペンスの獲得に動いているように、トッテナムはイングランド産の若手選手獲得を補強プランに掲げている。さらに、前エバートンのグレタル・スタインソン氏をパフォーマンス・ディレクターとして招へいしており、同氏による推薦があった可能性も考えられる。 なお、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の問題を抱えるエバートンは、今月末までに主力の売却を検討しているとも言われており、トッテナムは今週中に両選手に対する公式オファーを掲示する見込みだという。 2022.06.27 22:08 Mon
twitterfacebook
thumb

エメルソン、コンテのしごき語る 「死んだようにトレーニングを終える…」

トッテナムのブラジル代表DFエメルソン・ロイヤルがアントニオ・コンテ監督の下での厳しいトレーニング事情について語った。ブラジル『ESPN』が伝えている。 昨夏、バルセロナからトッテナムに加入したエメルソンは、加入初年度にプレミアリーグ31試合に出場し、1ゴール1アシストを記録。当初のターゲットがアーセナルで印象的なパフォーマンスを見せた日本代表DF冨安健洋だったこともあり、シーズンを通じて攻撃の精度や、守備時の軽率な判断が批判されたものの、終盤戦では徐々にポテンシャルを発揮。チームのトップ4フィニッシュに貢献した。 今夏の移籍市場ではアトレティコ・マドリーらからの関心が伝えられる一方、イタリア人指揮官がさらなる成長を期待して来季も構想に入れているとも言われる。 そのブラジル代表DFは『ESPN』でコンテ監督の下での厳しいトレーニング事情に言及。「死んだようにトレーニングを終える」とその過酷さを明かしつつ、同監督のしごきから愛情や期待を感じ取っているという。 「フィジカルトレーニングがあり、ときには高強度のトレーニングもあるんだ。それが終わるとき、僕は死んだようにトレーニングを終えるんだ」 「次の日にトレーニングに到着すると、彼(コンテ)が『エメルソン、昨日のトレーニングは気に入らなかったよ』って言うんだ。ありえないだろ、そうなると僕も怒りがわいてくるんだ。昨日のトレーニングが気に入らなかったって、マジかよ? 僕は命を懸けて、死んだようにトレーニングを終えたんだってね」 「だけど、GPSで確認すると、多くの人よりも良い数字を出していて、ベストの中にさえいるんだ」 「だから、彼に『僕のGPSの結果を見てほしい』って言うんだ。だけど、彼は『いや、もっとできるはずだ』って言い返してくるんだ」 「それから僕はイライラしながらトレーニングを終える。その後に彼は、『ほら、そうやってトレーニングするんだ』って言うんだ」 「フィジカルトレーニングをやるとき、彼はいつでも僕の名前を叫び続ける。だけど、実際のところは自分にとって良いことだと捉えているよ。僕を助けたいという彼の気持ちが伝わってくるんだ」 コンテ監督がエースFWハリー・ケインやその他の主力選手に対して、どういった対応を見せているかは不明だが、少なくとも少々気分屋で反骨精神も持っているエメルソンのパフォーマンスを引き出す上では、このやり方がベストなのかもしれない。 2022.06.27 16:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly