ホーム連敗フィニッシュのドルト、ファブレ「誰か一人でも100%の力を出さなければ…」

2020.06.28 16:27 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントを率いるルシアン・ファブレ監督は、大敗に終わったホッフェンハイムとの今季最終戦を振り返っている。クラブ公式サイトが会見コメントを伝えている。

前節、RBライプツィヒとの直接対決を制し、今シーズンのリーグ戦2位フィニッシュを確定させたドルトムント。そして、消化試合となったブンデスリーガ最終節ではホームにホッフェンハイムを迎えた。

同試合にDFレオナルド・バレルディ、DFマテウ・モレイ、MFジョバンニ・レイナと先発経験の少ない数選手を起用したドルトムントは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に勝ち点3が必要なアウェイチームの攻勢に晒される。

開始早々の8分にFWアンドレイ・クラマリッチに先制点を奪われると、後半立ち上がりまでに、そのクラマリッチ一人に4ゴールを献上するなど、守備が崩壊。後半はMFジェイドン・サンチョの投入などで巻き返しを図るが、自慢の攻撃陣は最後まで不発。攻守に全く良いところを出せないまま、今シーズンの戦いを0-4の大敗で終えることになった。

ドルトムントは直近のホームゲームでも残留を争うマインツに0-2で完敗しており、観客を入れた状態であれば、無敵ともいえるジグナル・イドゥナ・パルクでまさかの連敗フィニッシュとなった。

同試合後、ファブレ監督はモチベーションの面で大きな差が見られたことも含め、ホッフェンハイム相手の完敗を受け入れている。

「試合内容が良くなかった。相手にチャンスをプレゼントし過ぎた。我々はボールの奪い合いにも参加していなかった」

「誰か一人でも100%の力を出さなければ、他のプレーヤーに負担がかかる。今日はその点が不十分だった。そして、もっと我慢強く戦う必要があったし、全員で守ることを忘れてはいけない」

「今日は何人かメンバーを入れ替え、非常に若いチームで戦わなければならなかった。ホッフェンハイムは今日、明確な目標を持って試合に臨んでいた。彼らの気合いは見ていてわかったし、ウチのチームにはそれが足りなかった」

最終戦でのパフォーマンスに苦言を呈したスイス人指揮官だが、最低限のノルマである2位フィニッシュを成し遂げたシーズン全体のパフォーマンスには満足している。

「今日のことはすぐに忘れなければならない。我々は1週間前のライプツィヒで見事な試合をし、シーズンの目標も達成した。それが何より重要だ。良いシーズンを過ごしたよ」

また、同試合にフル出場したGKロマン・ビュルキとMFアクセル・ヴィツェルのベテラン2選手も、「こんな形でシーズンを終わらせたくなかった」、「一方は勝利を求め、もう一方のチームはあまり意欲が感じられなかった」と、ファブレ監督同様に低調なパフォーマンスに憤りを感じている。

とりわけ、大量失点を喫した守護神は、「僕ら全員、ここでプレーできることに幸せを感じるべきだ。僕らは勝者のメンタリティーを持ち続けなければならない。それがバイエルンより劣っている点だ」と、同じ消化試合にも関わらず、大勝でシーズンを締めくくった8連覇中の王者から学ぶべきことがあると主張している。
コメント
関連ニュース
thumb

トルガン・アザールがドルトムントの新10番に! 23番はジャンが着用

ドルトムントは2日、ベルギー代表MFトルガン・アザールの背番号が「10」に変わったことを公式ツイッターで発表した。 昨夏にボルシアMGからドルトムントに完全移籍したトルガン・アザール。今シーズンは、元日本代表MF香川真司らが背負った「23」を着用しプレーすると、公式戦43試合の出場で7ゴール13アシストと主力として活躍した。 加入初年度から素晴らしい活躍を見せたベルギー代表MFの背番号について、ドルトムントは公式ツイッター(@BVB)で「トルガン・アザールは来シーズンから10番のジャージを着用する」と発表。 また、ドルトムントはこれまでトルガン・アザールが着用していた背番号「23」を今冬にユベントスから加入したドイツ代表MFエムレ・ジャンが着用すると併せて発表した。 なお、背番号「10」は、今シーズンまでドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが着用。だが、今シーズン限りでドルトムントとの契約が終了したため、空き番になっていた。 2020.07.03 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ペップ、サンチョ復帰可能性を否定! 「意味がない」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、ドルトムントに所属するイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(20)の復帰に否定的な考えを示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 シティの下部組織出身のサンチョは、将来の主力候補としてクラブが慰留に努めながらもトップチームデビューすることなく、2017年夏にドルトムントへ旅立った。すると、ドイツの地でその才能を完全に開花させると、今シーズンは公式戦44試合20得点20アシストの傑出した数字をマーク。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆イングランドが誇る新たな“ワンダー・キッド”、ジェイドン・サンチョ<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwdWV6QjlVVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ステップアップが噂される今夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーなど、多くのビッグクラブから注目を集めている。 一方、シティではドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)のバイエルン移籍が今週中にも決定する見込みで、その場合は左右のウイングのポジションが新たな補強ポイントとなる。 そして、サンチョ売却時に優先交渉権を契約に盛り込んでいたこともあり、今後シティが買い戻しに動く可能性が一部メディアの間で伝えられている。 そういった中、2日に行われるプレミアリーグ第32節、リバプール戦の前日会見の場ではサンチョ復帰の可能性に関する質問が飛んだが、グアルディオラ監督は「意味がない」と、現時点でクラブとして呼び戻しの意思がないことを明らかにした。 「ノー、ノー、ノーだ。彼は過去に去ることを決めた。なぜ戻ってくることを決断するんだ?」 「我々はエリック・ガルシアやフィル(・フォーデン)と同じように彼に残ってほしかった。だが、今のレロイや過去に他の国で指揮を執ることを決めた私のように移籍を希望した」 「彼がドルトムントへの移籍を決めたのは、1年後に戻ってくることを念頭に置いたものではない。それは意味がないことだ」 「当時、彼はここにいたくないと思っていたのだから、復帰を望んでいないと思う」 2020.07.02 15:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ハキミがドルトムントに別れの言葉「またいつか、それぞれの道が交わることを願って」

今シーズン限りでドルトムントを退団するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミが、自身のインスタグラムを通じて別れの言葉を残した。 2018年夏にレアル・マドリーからレンタルで加入し、2シーズンで公式戦73試合に出場したハキミ。契約は今年6月30日で切れるためドルトムントが買い取る噂もあったが、現在はインテル入りが秒読み段階となっている。 公式発表も間もなくとなったハキミが30日にインスタグラムを更新。ドルトムントやファンに別れの挨拶を残した。 「僕の人生の素晴らしい1ページを終える時が来てしまった。2年の時が経って、たくさんの喜びを与えてくれたクラブを去る準備が出来た」 「初めて来た瞬間からこのクラブやこの街の歓迎や思いやりは信じられないものだった。今考えると、2年前にドルトムントを選んだのは正しい決断だったね」 「チームメイトやスタッフ、コーチのみんなから受けた愛と信頼に感謝してるよ。そして、毎試合サポートしてくれた素晴らしいファンにもね。あのイエロー・ウォールは一生忘れられないよ」 「最後に、いつでも支えてくれた家族と友人にも感謝の気持ちを送りたい」 「またいつか、それぞれの道が交差する日が来ることを願っているよ。またね、ドルトムント!」 2020.07.01 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ハキミがインテル移籍秒読み! 現地ミラノに到着

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)がインテル移籍に向け、現地入りした。 イタリア『スカイ』によると、ハキミは本日30日午前10時頃にミラノ入り。午前中にメディカルチェックを受けた後、午後にインテルとの契約にサインを交わす見通しだ。インテルとレアル・マドリーの合意額は移籍金4000万ユーロ(約48億3000万円)+成果ボーナス500万ユーロ(約6億円)。ハキミは年俸500万ユーロの5年契約でインテル入りとなるという。 レアル・マドリーのアカデミー出身者であるハキミは2018-19シーズンから今季にかけて2年レンタルでドルトムント入りすると、攻撃力が魅力のサイドバックとして公式戦28試合3得点7アシストをマーク。今季はより攻撃性能に磨きがかかり、45試合に出場して9得点10アシストの好成績を収めた。 そんなハキミを巡ってはレンタル先のドルトムントに買い取りの動きも指摘されたが、スポーティングディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が27日のブンデスリーガ最終戦後にハキミの獲得レースから撤退を明言。バイエルンやマンチェスター・シティも獲得に乗り出しているとされてきたが、インテルが人気株のモロッコ人サイドバック獲得にこぎつけた格好だ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ÚLTIMA HORA | <a href="https://twitter.com/AchrafHakimi?ref_src=twsrc%5Etfw">@AchrafHakimi</a> ya está en MILÁN para firmar por el INTER.<br><br>SportItalia <a href="https://t.co/CfolDs8BfB">pic.twitter.com/CfolDs8BfB</a></p>&mdash; El Chiringuito TV (@elchiringuitotv) <a href="https://twitter.com/elchiringuitotv/status/1277892718077902849?ref_src=twsrc%5Etfw">June 30, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.06.30 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、ドルトムントDFトルヤンのレンタル期間延長を発表

サッスオーロは29日、ドルトムントのドイツ人DFジェレミー・トルヤン(25)のレンタル延長を発表した。期間は2021年6月30日までとなっている。 両サイドバックでプレー可能なユーティリティプレーヤーのトルヤンは、2017年夏にホッフェンハイムからドルトムントに加入。移籍初年度は公式戦27試合に出場したが、2018-19シーズンはルシアン・ファブレ監督の構想外となり、2019年1月に出場機会を求めてセルティックへレンタル移籍。 半年間のレンタル移籍を経て、ドルトムントへ復帰すると思われたが昨年7月にサッスオーロへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。今シーズンは右サイドを主戦場に公式戦25試合に出場し1ゴール2アシストを記録している。 2020.06.30 08:30 Tue
twitterfacebook