【Jリーグ移籍情報/12月20日】J1復帰の柏、鳥栖DF高橋祐治と磐田DF大南拓磨の両獲り

2019.12.21 06:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグ移籍情報まとめ。12月20日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。【J1】
◆ベガルタ仙台
《契約更新》
DF平岡康裕(33)
DF照山颯人(19)

◆FC東京
《契約更新》
DF森重真人(32)

◆横浜F・マリノス
《契約更新》
DF高野遼(25)
MF喜田拓也(25)
MF渡辺皓太(21)

《完全移籍》
[IN]
MF仙頭啓矢(24)←京都サンガF.C.

◆川崎フロンターレ
《期限付き移籍》
[OUT]
FW知念慶(24)→大分トリニータ

◆湘南ベルマーレ
《契約満了》
FW野田隆之介(31)

◆ジュビロ磐田
《完全移籍》
[OUT]
DF大南拓磨(22)→柏レイソル

◆名古屋グランパス
《続投》
マッシモ・フィッカデンティ監督(52)

◆サガン鳥栖
《完全移籍》
[OUT]
DF高橋祐治(26)→柏レイソル

◆大分トリニータ
《期限付き移籍》
[IN]
FW知念慶(24)←川崎フロンターレ

【J2】
◆栃木SC
《完全移籍》
[OUT]
MF枝村匠馬(33)→藤枝MYFC

《引退》
DF坂田良太(27)

◆柏レイソル
《完全移籍》
[IN]
DF高橋祐治(26)←サガン鳥栖
DF大南拓磨(22)←ジュビロ磐田

◆ジェフユナイテッド千葉
《完全移籍》
[IN]
FWクレーベ(29)←エストリル(ポルトガル)

◆FC町田ゼルビア
《契約更新》
DF大谷尚輝(24)
FW中島裕希(35)

◆大宮アルディージャ
《契約更新》
MF酒井宣福(27)
FW吉永昇偉(19)

◆アルビレックス新潟
《完全移籍》
[OUT]
FW平松宗(27)→カターレ富山

◆FC岐阜
《契約更新》
GK岡本享也(24)
DF藤谷匠(24)
MF三島頌平(24)
MF永島悠史(23)
FW村田透馬(19)

◆ツエーゲン金沢
《契約満了》
FW谷口遼弥(20)

《契約更新》
MF大橋尚志(23)
MF島津頼盛(20)

◆京都サンガF.C.
《完全移籍》
[IN]
DFヨルディ・バイス(30)←V・ファーレン長崎

[OUT]
MF仙頭啓矢(24)→横浜F・マリノス

《契約更新》
DF石櫃洋祐(36)

◆ファジアーノ岡山
《契約更新》
FW三村真(30)

◆レノファ山口FC
《契約更新》
DF起海斗(19)
MF清永丈瑠(25)

◆徳島ヴォルティス
《期限付き満了》
DFヨルディ・バイス(30)→V・ファーレン長崎

◆V・ファーレン長崎
《復帰》
DFヨルディ・バイス(30)←徳島ヴォルティス

《完全移籍》
[OUT]
DFヨルディ・バイス(30)→京都サンガF.C.

《契約更新》
DF徳永悠平(36)

◆鹿児島ユナイテッドFC
《契約更新》
GK大西勝俉(29)

【J3】
◆ヴァンラーレ八戸
《契約更新》
MF河津良一(27)
MF中村太一(26)
MF國分将(24)
FW谷尾昂也(27)

◆いわてグルージャ盛岡
《完全移籍》
[IN]
MF脇本晃成(25)←カターレ富山

◆ブラウブリッツ秋田
《契約更新》
GK渡辺泰広(27)
GK小池大喜(23)
MF青島拓馬(26)

《完全移籍》
[IN]
FW三上陽輔(27)←AC長野パルセイロ

◆福島ユナイテッドFC
《契約満了》
DF東隼也(22)

◆SC相模原
《内定》
MF上野賢人(22)←東京国際大学

◆Y.S.C.C.横浜
《契約更新》
MF土館賢人(27)


◆AC長野パルセイロ
《契約更新》
GK阿部伸行(35)
FW木村裕(25)

《完全移籍》
[OUT]
FW三上陽輔(27)→ブラウブリッツ秋田

◆カターレ富山
《完全移籍》
[IN]
FW平松宗(27)←アルビレックス新潟

[OUT]
MF脇本晃成(25)→いわてグルージャ盛岡

◆藤枝MYFC
《完全移籍》
[IN]
MF枝村匠馬(33)←栃木SC
《新加入》
MF横山暁之(22)

◆カマタマーレ讃岐
《契約更新》
MF林友哉(20)
MF澤田健太(19)

◆ロアッソ熊本
《契約更新》
MF上村周平(24)
MF坂本広大(24)
関連ニュース
thumb

鹿島がコーチ2人の退任を発表、ギリェルメ氏はザーゴ監督の下へ

鹿島アントラーズは27日、トップチームの熊谷浩二コーチ、ギリェルメ フィジカルコーチの退任を発表した。 熊谷コーチは、三本木農業高校から1994年に鹿島へ入団。2004年にベガルタ仙台へと移籍し、2005年に現役引退。引退後は鹿島へ戻り、強化部のスカウトやユースコーチ、ユース監督を務め、2019年はスカウトを務め、2020年1月からコーチに就任していた。 ギリェルメ フィジカルコーチも2020年1月に鹿島に加入。アントニオ・カルロス・ザーゴ監督とともに就任した。 なお、クラブの発表によると熊谷コーチは本人からの申し出があり、双方合意の下での契約解除となったとのことだ。 また、ギリェルメ フィジカルコーチは、ボリビアのクルブ・ボリバウからオファーを受け、契約解除後に就任するとのこと。クルブ・ボリバウは14日にザーゴ監督の就任を発表しており、再びザーゴ監督とタッグを組むこととなる。 2021.07.27 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖の18歳FW二田理央がオーストリア2部のヴァッカー・インスブルックへ期限付き移籍、日本人MF財前淳も所属

サガン鳥栖は27日、FW二田理央(18)がオーストリアのヴァッカー・インスブルック へ期限付き移籍することを発表した。 なお、二田はU-23チームに加入することとなる。期限付き移籍期間は2021年7月15日から2022年6月30日までとなり、すでにチームのトレーニングに合流しているとのことだ。 二田は大分県出身で、鳥栖のU-18に在籍し、今シーズンは6月に2種登録。6月23日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節の横浜F・マリノス戦でデビューし、6月30日にプロ契約を結んでいた。その後、7月1日から練習参加していたとのことだ。 二田はクラブを通じてコメントしている。 「この度、オーストリアのFC Wacker Innsbruckへ期限付き移籍することになりました。サガン鳥栖ではたくさんのことを経験させてもらい、選手としても人間としても成長をさせてもらいました。そうして学んだ全てを生かして頑張ってきます」 「これまで自分に携わってくださった全ての方々への感謝の気持ちを忘れずに、サッカーを楽しみたいと思います。オーストリアという新たな環境で更に成長できるよう、全力を尽くします」 ヴァッカー・インスブルックはオーストリア2部に所属するクラブ。U-23チームは3部に所属している。 これまでオーストリア・ブンデスリーガで10度の優勝を誇っているが、ここ2シーズンは2部で戦っている。 チームには日本人MFの財前淳(22)が所属。財前は京都サンガF.C.のU-18出身で、トップチーム昇格は叶わなかったものの、練習参加していたヴァッカー・インスブルックに加入した。財前はここまでオーストリア・ブンデスリーガ2部で78試合に出場し19ゴール12アシストを記録していた。 2021.07.27 17:12 Tue
twitterfacebook
thumb

山口の高卒3年目、起海斗が福井ユナイテッドFCに武者修行

レノファ山口FCは27日、DF起海斗(20)が北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCに期限付き移籍で加わると発表した。2022年1月31日までとなる。 起は興国高校から2019年に入団。ルーキーイヤーから出番がなく、プロ3年目の今季を迎えたが、引き続き出場機会がなかった。 シーズン途中で出場機会を求め、新天地行きを決断した起は山口の公式サイトを通じて、成長した姿での復帰を誓った。 「約2年半ありがとうございました。良い経験して帰ってきます。これからも応援よろしくお願いします!」 2021.07.27 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

広島、C大阪に期限付き移籍のMF松本泰志が半年で復帰!

サンフレッチェ広島は26日、セレッソ大阪に期限付き移籍していたMF松本泰志(22)の復帰を発表した。 松本は昌平高校から2017年に広島へ加入。なかなか出場機会に恵まれない中で、2019年はリーグ戦15試合に出場したものの、2020年は再び出番を失い、8月にアビスパ福岡に期限付き移籍。その福岡ではすぐさまレギュラーを掴み、J1昇格に大きく貢献していた。 そして、今シーズンは再び期限付き移籍という形でC大阪に加入した中、AFCチャンピオンズリーグのグループJ第5節の広州FC戦では2ゴールを挙げる活躍で勝利に貢献したものの、明治安田生命J1リーグではわずか2試合の出場に留まっていた。 また、日本代表MF川辺駿のグラスホッパー移籍によって中盤の選手層に不安を抱える広島のチーム事情などもあり、2022年1月末までとなっていた期限付き移籍期間を満了することなく、移籍から半年のタイミングでの帰還となった。 広島での再挑戦を決断した松本は両クラブの公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 ◆サンフレッチェ広島 「1年ぶりに復帰することになりました。約1年間、いろんな状況の中で移籍させていただいたクラブには深く感謝しています」 「うまくいく時期もあれば、悔しい時期もあり、いろんな面でこの1年間成長できました」 「ここからは広島のために自分の持っている力を100%表現して、周りにプラスの何かを引き出させるようなプレーをしたいと思います」 「一緒に戦いましょう。最後に、「ただいま」」 ◆セレッソ大阪 「サンフレッチェ広島に移籍することになりました。半年間という短い期間でしたがセレッソ大阪の一員としてプレーできたことを誇りに思います」 「ピッチの上でなかなか貢献できなかったのは悔しいですが、個々のスキルが高いチームで過ごせたことは自分の成長に繋がったと思います。このチームでなにも残せていないまま移籍してもいいのかと悩みましたが、自分を信じてまた広島で挑戦することに決めました」 「セレッソ大阪の関係者の皆様、ファン・サポーターの皆様、短い間でしたが本当にありがとうございました。これからもセレッソ大阪を応援しています!」 2021.07.26 16:25 Mon
twitterfacebook
thumb

J2最下位の相模原が6人目の補強! FC東京のDF木村誠二を育成型期限付き移籍で獲得…今季は京都でプレー

SC相模原は26日、FC東京のDF木村誠二(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日までとなる。 木村はFC東京の下部組織出身。2020年にトップチームへ昇格すると、昨シーズンは明治安田J1で3試合に出場。今シーズンは京都サンガF.C.へと育成型期限付き移籍し、明治安田J2で1試合の出場に終わっていた。 木村はクラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「この度、FC東京から育成型期限付き移籍で加入することになりました。今の自分の力を精一杯発揮して、チームの力になれるよう闘います。応援よろしくお願いします!」 ◆FC東京 「この度、SC相模原に育成型期限付き移籍する事になりました。もう一度自分を見つめ直し、成長できるよう全力で戦ってきます」 ◆京都サンガF.C, 「この度、育成型期限付き移籍を終了し、京都サンガF.C.を離れる事になりました。ピッチで戦って京都サンガF.C.の勝利に貢献するという当初の目標を達成できなかったことは残念です。ファン・サポーターの皆様にプレーを見せることができなかったことも悔しく思っています」 「半年という短い間でしたが、たくさんの事を学び、良い時間を過ごすことができました。ご声援ありがとうございました」 現在明治安田生命J2リーグで最下位の相模原は、高木琢也監督が6月に就任。今夏の移籍市場では、サガン鳥栖のFW兒玉澪王斗、浦和レッズのDF藤原優大、大分トリニータのMF高山薫、セレッソ大阪のFW澤上竜二、清水エスパルスのMF成岡輝瑠と期限付き移籍で6名を補強している。 2021.07.26 14:38 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly