カーン&クリンスマンら4人がドイツサッカー殿堂入り!

2019.10.12 14:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは11日、クラブOBである元ドイツ代表GKオリヴァー・カーン氏と同FWユルゲン・クリンスマン氏がドイツサッカー殿堂入りを果たしたことを発表した。

ドルトムントにあるドイツサッカーミュージアムの常設展示の一部として2018年に創設された賞だ。

ドイツ国内に住む28人のスポーツ・ジャーナリストによって選定された2019年の同賞には、バイエルンとドイツ代表で輝かしい成績を残したカーン氏とクリンスマン氏の2人に加えて、元ドイツ代表DFのハンス=ユルゲン・デルナー氏、同MFヴォルフガング・オヴェラートの合計4人が新たに選ばれている。

なお、昨年に初めて選ばれた殿堂入りの11人にはフランツ・ベッケンバウアー氏やローター・マテウス氏、ゲルト・ミュラー氏など錚々たるレジェンドが名を連ねていた。


関連ニュース
thumb

早くも「セーブ・オブ・ザ・イヤー」誕生か、後半ATの至近距離ボレーをテア・シュテーゲンが見事にストップ!

バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンが、チームに勝ち点3をもたらした。 2日に行われたラ・リーガ第19節でマジョルカとのアウェイゲームに臨んだバルセロナ。2022年最初のゲームも、テア・シュテーゲンがゴールマウスを守った。 新型コロナウイルス感染のため日本代表MF久保建英が欠場したマジョルカ相手に主導権を握るバルセロナは、前半終了間際の45分に先制点を奪取。DFオスカル・ミンゲサのクロスからFWルーク・デ・ヨングがヘディングを沈めて試合を動かした。 追加点こそ奪えないものの、後半に入ってもバルセロナペースで試合は進み、アディショナルタイムに突入。だが、勝ち点3が目前に迫るところであわやの場面を迎えてしまう。 92分、右からのクロスに大外からFWエスタニス・ペドロラの背後を突いてマジョルカDFハウメ・コスタが飛び込み、至近距離から強烈なボレー。絶体絶命かと思われたこのピンチを救ったのが、テア・シュテーゲンだ。 肩口を抜かれそうなシュートに対して右手で反応。腕を伸ばして見事にはじき返すと、マジョルカサポーターから大きなため息が漏れた。 威力、コースも申し分のないシュートだったが、偶然ではなくしっかりと反応したテア・シュテーゲンは見事。サポーターからも「セーブ・オブ・ザ・イヤー」、「今夜ばかりは専門家からの中傷は聞こえてこない」、「ドイツの壁が戻ってきた!!」など、絶賛する声が相次いだ。 このまま1-0で試合は終了。テア・シュテーゲンがスーパーセーブでバルセロナに新年最初の白星をもたらした。 <span class="paragraph-title">【動画】至近距離ボレーに反応するテア・シュテーゲン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYPmvj_Fyvg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYPmvj_Fyvg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYPmvj_Fyvg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.03 20:52 Mon
twitterfacebook
thumb

UEFAネーションズリーグ2022-23の組み合わせが決定! ユーロ王者イタリアはドイツ、イングランド、ハンガリーと対戦

欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、2022年6月にスタートするUEFAネーションズリーグ2022-23のグループリーグ分け抽選会を行った。 2022年11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)の影響で、例年より早い6月~9月に開催されるUEFAネイションズリーグ。既に、レギュレーションや出場する55カ国のリーグ分けが発表されており、今回はリーグ内でのグループ分けが決められた。 最上位のリーグAでは、前回王者フランスがデンマークやクロアチア、オーストリアと同じグループ1に入り、グループ2には初代王者のポルトガル、スペイン、スイス、チェコが同居。 また、グループ3に入ったユーロ2020王者イタリアは、ユーロ準優勝のイングランドやドイツ、ハンガリーと同居。FIFAランク首位のベルギーは、オランダ、ポーランド、ウェールズと同じグループ4に入った。 試合は2022年6月から9月の間にホーム&アウェイで試合が6試合が開催される。また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格。 リーグCについてはリーグDから昇格するチームが2チームのため、リーグC最下位4チームによるホーム&アウェイの降格プレーオフを行ない降格2チームを決定する。各リーグ内のグループ分けは以下のとおり。 【リーグA】 ◆グループ1 フランス、デンマーク、クロアチア、オーストリア ◆グループ2 スペイン、ポルトガル、スイス、チェコ ◆グループ3 イタリア、ドイツ、イングランド、ハンガリー ◆グループ4 ベルギー、オランダ、ポーランド、ウェールズ 【リーグB】 ◆グループ1 ウクライナ、スコットランド、アイルランド、アルメニア ◆グループ2 アイスランド、ロシア、イスラエル、アルバニア ◆グループ3 ボスニア・ヘルツェゴビナ、フィンランド、ルーマニア、モンテネグロ ◆グループ4 スウェーデン、ノルウェー、セルビア、スロベニア 【リーグC】 ◆グループ1 トルコ、ルクセンブルク、リトアニア、フェロー諸島 ◆グループ2 北アイルランド、ギリシャ、コソボ、キプロスorエストニア ◆グループ3 スロバキア、ベラルーシ、アゼルバイジャン、カザフスタンorモルドバ ◆グループ4 ブルガリア、北マケドニア、ジョージア、ジブラルタル 【リーグD】 ◆グループ1 リヒテンシュタインカザフスタンorモルドバ、アンドラ、ラトビア、リヒテンシュタイン ◆グループ2 マルタ、キプロスorエストニア、サンマリノ ※2020-21シーズンでリーグCの最下位となったカザフスタン、モルドバ、キプロス、エストニアについては2022年3月に行われる降格プレーアウトでリーグC残留かリーグD降格かが決定する。 2021.12.17 02:52 Fri
twitterfacebook
thumb

世界最高の選手とは…DFでただ1人バロンドールを2度受賞した“皇帝”フランツ・ベッケンバウアー

いつの時代であっても、“最高のサッカー選手”というのはファンの間で話題になる。 一番ゴールを決めた選手なのか、最もテクニックがある選手なのか、それともタイトルを一番獲っている選手なのか。見る人1人1人の好みもあり、“最高”という言葉で括るには基準がたくさんありすぎる状況だ。 そんな中、1956年にフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』によって創設されたのが、世界の年間最優秀選手に送られる“バロンドール”だ。 11月29日には2021年の受賞者が発表され、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞した。史上最多の7度目、2位のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)の5回に2つ差をつけることとなった。 この選出には、多くの意見が噴出。2位に終わったバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがふさわしいという声が多く、事前の予想でもレヴァンドフスキが受賞するという声も多かったが、メッシへと手渡され、レヴァンドフスキは新設された「ストライカー・オブ・ザ・イヤー」を受賞することとなった。 <span class="paragraph-title">◆攻撃的な選手が有利な傾向</span> 創設当初から、“バロンドール”の受賞対象は欧州の国籍を持つ選手のみだった。投票も欧州の52カ国の記者によって行われていた。 その後1995年には、欧州クラブに在籍している選手が対象となり、国籍は問われないことに。さらに2007年からは、全世界でプレーするサッカー選手に拡大されることとなり、投票権を持つ記者も欧州以外に広がることとなった。 そのバロンドールだが、最多受賞のメッシ、2番目に受賞しているC・ロナウドのように攻撃の選手が受賞する傾向が強い。1956年から、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で選考されなかった2020年を除いて今年で65回目となった“バロンドール”だが、GKとDFの選手が受賞したのは、たったの4回しかない。明確な数字で成績を残せないため、評価がされにくいということが多い。 その中で、初めてDFとして受賞し、守備的な選手として唯一2度の“バロンドール”を受賞しているのが、元西ドイツ代表のフランツ・ベッケンバウアーだ。 <span class="paragraph-title">◆“皇帝”と呼ばれたレジェンド</span> ベッケンバウアーはミュンヘン出身で、バイエルンの下部組織で育ち、1964年から1977年までバイエルンでプレーした。 背筋をピンと伸ばして視野を広く取り、常に冷静な判断力を武器にピッチ上で試合をコントロール。ディフェンスラインをしっかりと統率するキャプテンとして活躍したベッケンバウアーだが、元はストライカーやウインガーとしてプレーしていた。 若くしてその素質を見出された一方で、フィジカル面の弱さが指摘されることも多く、鍛えることをズラトコ・チャイコフスキー監督に指示された。実力のある若手である一方で、将来を心配しての指導だったが、この指導が大きくキャリアを変えることに。プロデビューはウインガーだったが、徐々にポジションを後ろに下げていくこととなった。 最終的にベッケンバウアーは“リベロ”というポジションを確立。攻撃に積極的に参加するという、自身の本質を生かしながら、守備を統率し、優れたストライカーたちを抑えるという役割を務めていた。ユーティリティ性を兼ね備えていたことに加え、強いキャプテンシーも発揮していたこともあり、ベッケンバウアーありきのバイエルンは「FCベッケンバウアー」とも呼ばれるほどだった。 そのバイエルンでは名誉会長を務めているベッケンバウアーだが、初めてバロンドールを受賞したのは1972年だった。 この頃バイエルンは、ブンデスリーガで3連覇をする一方で、チャンピオンズカップ(現:チャンピオンズリーグ)も3連覇。西ドイツ代表としても1972年のユーロと1974年のワールドカップを制しており、ベッケンバウアーはどちらも中心選手として活躍。1974年、1975年は2位に、そして1976年に2度目の受賞となった。 <span class="paragraph-title">◆ベッケンバウアーですら悩んだ受賞</span> サッカー界を代表するレジェンドでもあり、一時代を築くだけでなく、“リベロ”というシステムの概念を変えてしまったほどのベッケンバウアーだが、それでも“バロンドール”には悩んでいた。 それは1974年。ベッケンバウアーが2位に終わった年だが、この年の受賞者はアヤックスで活躍し、ベッケンバウアーと同世代のFWヨハン・クライフだった。 クライフは説明するまでもないが、言わずと知れたサッカー界の指折りのレジェンドの1人。その卓越したテクニックやプレースタイルから「空飛ぶオランダ人(フライング・ダッチマン)」も呼ばれていた。 一方、ベッケンバウアーは1974年に西ドイツ代表のキャプテンとしてワールドカップを優勝。バイエルンのキャプテンとしてチャンピオンズカップを優勝していた。しかし、受賞したのはクライフ。2人の得票数の差は「11」となっていたため、僅差であることに違いないが、クライフが選ばれることとなった。 「私はこれ以上何をすればいいんだ」と当時嘆いていたベッケンバウアー。世界最高の選手とは一体なんなのか。ベッケンバウアーですらその悩みを抱えていただけに、その答えは見つかりそうもない。 <div id="cws_ad"><hr>西ドイツ代表でも活躍し、バイエルンのレジェンドとしてもしられ、DFとして2度のバロンドールを受賞しているベッケンバウアーが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>現役時代に魅せた卓越したプレーが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。<a href="https://ryan.onelink.me/C7cD?pid=worldsoccer2110&c=worldsoccer2110&is_retargeting=true&af_inactivity_window=3d&af_dp=ryan.app%3A%2F%2F&af_web_dp=http%3A%2F%2Fsakatsuku-rtw.sega.com%2F" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/900/img/2021/sega20211215.jpg" style="max-width:100%;"></div></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】これがセンターバック!? ベッケンバウアーの圧巻ゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQRkFmM2dQUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD?pid=worldsoccer2110&c=worldsoccer2110&is_retargeting=true&af_inactivity_window=3d&af_dp=ryan.app%3A%2F%2F&af_web_dp=http%3A%2F%2Fsakatsuku-rtw.sega.com%2F" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/900/img/2021/sega20211215.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> 2021.12.15 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

元神戸のポドルスキが『ヒュンメル』と来年から5年契約「100周年に参画できることを心待ちにしています」

デンマークのスポーツブランド『hummel(ヒュンメル)』は、元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキと契約したことを発表した。 契約期間は、2022年1月1日からの5年契約。ブランドアンバサダーとして『ヒュンメル』に加わることとなる。 19歳でドイツ代表デビューを果たしたポドルスキは、2017年に代表引退をするまでの13年間で130試合に出場し49ゴールを記録。2006年、2010年とW杯で2大会連続3位となると、2014年は優勝を果たしていた。 クラブレベルではケルンでキャリアをスタート。バイエルンやアーセナル、ガラタサライでプレーし、2017年からヴィッセル神戸でプレー。数多くのタイトル獲得に貢献してきた。 ヒュンメルのCEOであるアラン・ヴァド・ニールセン氏は、「多くのことを成し遂げてきたポドルスキですが、彼はサッカーだけではなく、特にドイツにおける若者文化に強い影響力を持っています。彼がヒュンメルのアンバサダーになることは、私たちのフットボール戦略において重要なステップになります。私たちは、可能性を卓越性に変えるための相互の努力を共有し、ピッチの内外で彼と共に取り組めることを楽しみにしています」と語っている。 またポドルスキは、現在ポーランドリーグのグールニク・ザブジェでプレー。契約については、「キャリアのこの段階で、ブランドにとって大事な時期に、ヒュンメルファミリーに加われることを嬉しく思っています。私たちは共通の価値観を多く共有しており、サッカー以外の分野でも、協働できると強く感じています。そして、2023年のヒュンメル100周年に参画できることを心待ちにしています」とコメントしている。 <span class="paragraph-title">【動画】ポドルスキの今シーズン3ゴール目は“らしい”豪快弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">Tę bramkę możemy oglądać do samego rana ... podobnie zresztą, jak pozostałe<br><br>Skrót meczu dostępny jest na stronie oficjalnej Górnika <a href="https://t.co/aktTZmEQiQ">https://t.co/aktTZmEQiQ</a> <a href="https://t.co/kJRQziUPf1">pic.twitter.com/kJRQziUPf1</a></p>&mdash; Górnik Zabrze (@GornikZabrzeSSA) <a href="https://twitter.com/GornikZabrzeSSA/status/1466915157678899207?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.10 11:40 Fri
twitterfacebook
thumb

広島が来季の新監督にドイツ人指揮官のスキッべ氏を招へい、ドルトムントやフランクフルト、ギリシャ代表なども指揮

サンフレッチェ広島は25日、2022シーズンの新監督にドイツ人のミヒャエル・スキッべ氏(56)が就任することを発表した。 スキッベ氏は、シャルケで現役時代を過ごし、U-18ドイツ代表としても活躍。22歳から指導者の道を歩みシャルケU-19の監督でキャリアをスタート。その後、ドルトムントのU-19やセカンドチームで監督を務め、ファーストチームの監督も務めた。 その後、ドイツ代表のコーチ、U-18ドイツ代表、U-20ドイツ代表の監督を務めた他、レバークーゼン、ガラタサライ、フランクフルト、エスキシェヒルスポル、ヘルタ・ベルリン、カルデミル・デミル・チェリク・カラビュックスポル、グラスホッパー、ギリシャ代表でも監督を務めた。 2020年からはサウジアラビアのアル・アインで監督を務めていた。 スキッベ監督はクラブを通じてコメントしている。 「サンフレッチェ広島での時間を本当に楽しみにしています!このチームで成功すること、素晴らしいファンからのサポートを受けられること、そして日本の人々や文化を知る機会を得られることは私にとって大きな名誉です」 「サンフレッチェ広島の歴史に名を残せるような素晴らしいチームを作り上げ、皆さまと共に喜びを分かち合いたいと思っています」 広島は、10月26日に城福浩監督が退任。ヘッドコーチを務めていた沢田謙太郎氏が監督に就任したが、3試合を戦い1分け2敗と勝利がまだない状況となっている。 2021.11.25 11:21 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly