ファン・ダイクがUEFA最優秀選手に初選出! C・ロナウド&メッシを抑えて初受賞

2019.08.30 02:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFA(欧州サッカー連盟)は29日、リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(28)が2018-19シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞に選出されたことを発表した。なお、今回の受賞はファン・ダイクにとって、初の受賞となる。今回の選考は、これまでと同様にUEFA加盟協会の55人のジャーナリストたちによって行われた。最終候補3名には、前述したファン・ダイクと共に、最多3度の受賞歴があるユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)、2度の受賞歴があるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)が選出されていた。

ファン・ダイクは、2018-19シーズンにリバプールで公式戦50試合、オランダ代表で9試合に出場。14年ぶり6度目のチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献した。さらにオランダ代表としてもUEFAネーションズリーグで準優勝に貢献していた。なお、最終順位とポイントは以下の通り。

1位:ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ)-305pt
2位:リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)-207pt
3位:クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)-74pt
4位:アリソン・ベッカー(リバプール/ブラジル)-57pt
5位:サディオ・マネ(リバプール/セネガル)-51pt
6位:モハメド・サラー(リバプール/エジプト)-49pt
7位:エデン・アザール(チェルシー/ベルギー)-38pt
8位タイ:マタイス・デ・リフト(アヤックス/オランダ)-27pt
8位タイ:フレンキー・デ・ヨング(アヤックス/オランダ)-27pt
10位:ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)-12pt
コメント
関連ニュース
thumb

1年延期のユーロ2020、3都市が開催に問題、12都市開催がなくなる可能性

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響を受け、1年間の延期が決定しているユーロ2020。欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長が、開催都市について語った。 本来であれば、今年開催される予定だったユーロ2020。UEFA創設60周年記念の特別大会として行われ、ヨーロッパの各国で分散開催することが決定していた。 12カ国での分散開催というこれまでにない規模での大会となる予定だったが、1年間延期されたことで、元々2021年に予定されていたイベントなどとのバッティングが発生。そのため、UEFAは改めて開催都市との協議を進めるとしていた。 チェフェリン会長は『beIN Sports』に対し、2021年に行われるユーロについてコメント。12都市開催が行えなくなる可能性にも言及した。 「我々は9つの都市と会話をしてきた。そして、彼らは次の夏に向けた準備ができている。3つの都市については問題があり、これについては今後説明する」 「原則としては12都市で開催するが、そうでない場合は8〜10都市で開催する準備が進んでいる」 チェフェリン会長は、現時点でどこの都市が開催不可能かを明かすことはなかった。以前は、ツール・ド・フランスの開催と重なることから、デンマークでの開催が難しいと見られたが、その問題は解決していた。 なお、スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、スペインではビルバオのサン・マメスが開催地となっていたものの、問題なく開催する方向で動いているとのことだ。 2020.05.18 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

UEFA、サッカー活動再開のため加盟55カ国に総額275億円を支援

欧州サッカー連盟(UEFA)は27日、55の加盟国に対して支援を行うことを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、ヨーロッパではベラルーシを除いてサッカー活動が停止状態に。クラブとしての活動も行えておらず、多くのクラブが財政面で問題を抱えている。 また、終息が見えていない状況もあり、各国リーグの再開時期が話されているものの、現時点では全てが未定。ベルギーのジュピラー・プロ・リーグ、オランダのエールディビジなどは、早期に2019-20シーズンの終了を発表する事態となった。 そんな中、UEFAは「HatTrickプログラム」を通じて、55の加盟国を支援。そのために、2億3650万ユーロ(約275億円)を支払うことを発表した。 「HatTrickプログラム」は、通常ランニングコストをカバーするために使用され、国内リーグの特定した領域(アマチュアサッカーなど)の発展を支援するために、各国協会に配分されるものだ。 しかし、現状はすべてのレベルでのサッカー活動が、新型コロナウイルスにより影響を受けており、各協会が独自で優先順位を設定することができるようにしたとのことだ。 UEFAのアレクサンダー・チェフェリン会長は、今回の決定についてコメント。サッカーの危機を救ってもらいたいと目的を語った。 「我々のスポーツは、COVID-19の危機によって引き起こされた前例のない課題に直面している。UEFAは、メンバーが特定の状況に適した方法で対応できるよう、支援したいと考えている」 「その結果、各協会あたり最大で430万ユーロ(約5億円)、連盟メンバーがサッカーコミュニティを再構築するのにふさわしいと思うこと、今シーズンの残りと、来シーズン、および投資資金の一部に使用される」 「これは我々ができる限りの助けとなる、責任ある決断だと信じている。サッカーがこの危機を通じて示されている統一性を誇りに思っている」 「間違いなく、サッカーは通常の生活の中心に戻る。その時が来たら、サッカーはその呼びかけに答える準備ができていなければならない」 2020.04.28 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ2020、大会名存続…新型コロナで来夏開催に

今年6月12日に欧州12都市の共同開催で幕開けとなる予定だったユーロ2020だが、大会名は変更しない方針だという。 新型コロナウイルスの感染拡大により、先月3月に2021年夏の開催時期変更が決定したユーロ2020。欧州サッカー連盟(UEFA)は内部協議の結果、大会名を変更せず、来夏に開催する方向性で一致した。 UEFAは「60周年を祝う大会当初のビジョンを忘れないため」や、「欧州や世界全土の異常な状況と戦うフットボール・ファミリー全員の団結を記憶するための」ものになると記した。 また、ユーロ2020の大会に先駆けた製品の廃棄や再製造の必要性をなくすための決定でもあると綴っている。 なお、ユーロ2020の新たな開催時期は2021年6月11〜7月11日までとなる。 2020.04.24 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA、1年間延期のユーロの名称は変更せず!「ユーロ2020」で継続

欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、2021年6月に延期されたユーロの名称を『ユーロ2020』のまま実施すると発表した。 ユーロ2020は当初、今年6月12日に欧州12都市の共同開催で幕開けとなる予定だったが、世界的に感染が拡大した新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、1年間の延期を余儀なくされた。 2021年の開催となったユーロだが、UEFA実行委員会は同大会の名称変更をしないこと決めたようだ。 「この選択は、ユーロ2020の名称を継続することで新たな廃棄物を発生させないというUEFAの取り組みにより決定した。大会の延期決定までにユーロ2020の名称を使った多くの商品が生産された。名称を変更することは、そのような商品を廃棄し、再生産することになる」 2020.04.24 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

来季のCL&EL出場権についてUEFAがガイドラインを承認…UEFA係数ではなく「スポーツのメリット」を採用

欧州サッカー連盟(UEFA)は23日、2020-21シーズンのヨーロッパの大会の出場権について、ガイドラインを承認したと発表した。 UEFA実行委員会は、23日にビデオ会議を実施。全55の加盟国協会が参加し、欧州クラブ協会(ECA)、ヨーロピアンリーグ、国際プロサッカー選手会(FIFpro)が提携して設立されたワーキングループの最新情報が共有された。 焦点となったのは、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)および、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権だ。 UEFAは、各協会へ自然な形で出場権を決めてもらうため、各国のトップリーグを再開させるための様々なオプションを検討するように要請。しかし、選手や観客、サッカーに関わる全ての人や一般人の健康が最も優先した上でとしている。 最も理想的なシナリオは、全てのリーグが再開して問題なくシーズンを終え、レギュレーション通り順位が決定することだが、試合日程の問題もあり、シーズンが終了できない可能性も大いに予想される。そのため、UEFAは出場権について、「スポーツのメリット」に基づいて決定することを求めると発表した。 まず、出場権については、「客観的で透明性があり、差別のない原則に基づくこと」とし、「各協会とリーグは、各リーグの特定の状況を考慮し、国内リーグの最終順位を決定する必要がある」としている。 イギリス『BBC』によると、スペインサッカー連盟(RFEF)は、この会議中にUEFA係数を基に出場権を決めるという提案をしていた。 UEFA係数は、ヨーロッパの大会でのランキングとシードに採用され、過去5年間の成績を基に計算されたものだ。 これを参考にした場合、ラ・リーガでは4位のレアル・ソシエダではなく、6位のアトレティコ・マドリーに出場権が行くことに。プレミアリーグでは3位のレスター・シティではなく5位のマンチェスター・ユナイテッドがCLに出場することとな。しかし、UEFAはこの基準を採用しないことを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、世界中のサッカー活動が停止。国内リーグの再開の目処はどの国も立っていない状況は変わっていない。 ベルギーのジュピラー・プロ・リーグはシーズン途中で終了。また、オランダも9月1日まで政府が大規模イベントの実施を制限したことで、エールディビジが実質開催不可となった。 また、スコティッシュ・プレミアシップは今回の決定を受けてシーズンの進め方を検討するとしていた。 UEFAが決めた「スポーツのメリット」の詳細は発表されていないが、何れにしても2019-20シーズンの成績を基に出場権が与えられることになることが決定した。 2020.04.23 23:35 Thu
twitterfacebook