マドリーにCL登録枠のジレンマ…バスケス&マリアーノ2選手の同時放出は困難か2019.07.12 18:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場で大幅なスカッド刷新を行っているレアル・マドリーだが、ここにきてチャンピオンズリーグ(CL)登録枠のジレンマを抱えているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。マドリーは今夏の移籍市場においてMFエデン・アザール、DFフェルラン・メンディ、DFエデル・ミリトン、FWルカ・ヨビッチの4選手を獲得。

その一方でMFマルコス・ジョレンテ、DFセルヒオ・レギロンの2選手と、昨季レンタルに出されていたMFマテオ・コバチッチ、DFテオ・エルナンデスなど数人の選手を放出している。

ここまではジネディーヌ・ジダン監督が望むマンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバの獲得交渉、ウェールズ代表MFガレス・ベイルの放出交渉こそ停滞しているものの、概ねスカッド刷新は順調に進んでいる。

ただ、ここにきて売却候補の数選手に関してCL登録枠の問題が浮上しているようだ。

近年、ホームグロウンを重視する欧州サッカー連盟(UEFA)では、UEFA主催大会のAリスト(通常25名)において8人の自国リーグ(ここではスペインサッカー連盟管轄)で育成された選手、その内の4人は自クラブのアカデミーで育成された選手の登録が義務付けられている。

後者に関しては「15歳から21歳までの3年間、いずれかのカテゴリーに在籍していた選手」と定義されており、現時点のマドリーでその基準を満たしているのは、DFダニ・カルバハル、DFナチョ・フェルナンデス、MFルーカス・バスケス、FWマリアーノ・ディアスの4選手のみとなっている。

なお、レアル・マドリー・カスティージャでプレー経験のあるMFカゼミロ、MFフェデリコ・バルベルデの2選手に関しては在籍年数の問題でその扱いとはならない。

そのため、今夏の移籍市場で放出候補に挙がるルーカス・バスケス、マリアーノのいずれか1選手を放出した場合、GKケイロル・ナバスとGKアンドリー・ルニンのいずれかを登録メンバー外とし、本来Bリスト要員も前述の自クラブのアカデミーで育成された選手の基準を満たす若手GKディエゴ・アルトゥーベをAリストに加えるという手段がある。

ただ、2選手を放出した場合に関してはさらにGKに本来Bリストの選手を登録するか、フィールドプレーヤーに本来Bリストの若手をAリストに加え、外国人選手などホームグロウン枠を満たさない選手を登録外にする対応が求められる。
コメント
関連ニュース
thumb

久保、カスティージャでもなくフベニル登録へ? なぜ?

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英は、フベニルA(U-19以下のカテゴリー)に登録されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏、FC東京からマドリーに加入した久保。新シーズンは同クラブのBチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャ(スペイン3部)でのプレーが見込まれている中、そのポテンシャルが評価され、現在はトップチーム選手とともにアメリカでのプレシーズンツアーに参加している。 日本のみならず、スペイン国内でも日に日に注目を集める久保だが、フベニルAに登録されたとのこと。しかし、これは久保がトップチームでもカスティージャでもプレーしやすくなるためのものだそうだ。 リーガエスパニョーラは、スペイン人とEU加盟国以外の選手による外国人枠が3名までと決められている。現在、マドリーにはブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール、ブラジル代表DFエデル・ミリトン、U-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスらが在籍しており、通常なら久保はこれらの選手たちと外国人枠を争わなくてはならなくなる。 しかし、ユースチームの選手であれば、トップチームとカスティージャで外国人枠にカウントされずにプレーすることが可能に。これは昨シーズン、序盤はBチームでプレーし、途中からトップチームでの出場機会を増やしていったヴィニシウスにも使われていた方法だ。 当面はカスティージャでプレーすることになっている久保だが、今回の方法で外国人枠に関係なくトップチームでの出場が可能となれば、早い段階で久保がトップチームの選手としてピッチに立つ時が訪れる可能性は高まると言えるだろう。 2019.07.18 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英のスペイン語力にナチョも絶賛「僕たちよりも上手」

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英のスペイン語力にスペイン代表ナチョ・フェルナンデス(29)が冗談交じりに絶賛している。 今夏にFC東京からマドリーに完全移籍を果たした久保。現在、行われているカナダのモントリオールでのトレーニングキャンプでは、クラブ公式ツイッターなどによって紹介される練習動画の中で、生き生きとした姿を見せており、充実したプレシーズンを送っている。 その中で、久保は度々、マドリーの選手の中に混じっても引けを取らないほどのテクニックを披露しているのだが、プレー面の他、スペイン語力でも高い評価を受けている。クラブ公式ツイッター(@realmadridjapan)が投稿した動画の中で、以下のやり取りが紹介されている。 ――ナチョ、久保はあるから・デ・エナーレスの人みたいにスペイン語を上手に話すね ナチョ「僕たちよりも上手だよ。本当に」 ――久保、褒められてるけどどう? ナチョが自分たちよりも上手にスペイン語がしゃべれてるって 久保「まさか」 ──でも本当にスペイン語が上手いね 久保「あ、そう」 2019.07.18 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、モドリッチ獲りに関心? 代理人と接触

ミランが、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 マルコ・ジャンパオロ新監督の下で新たなシーズンに臨むミランは、中盤の補強を画策。ここまではエンポリからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチ(25)を獲得しているが、さらにエンポリのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル、フィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥといったイタリア国内のタレントへの触手を伸ばしている。 その一方でクラブは、新生ミランの象徴となるようなスーパースターの獲得にも関心を示しており、レアル・マドリーの背番号10に接触を図ったようだ。ミランはモドリッチや多くの若手タレントを顧客に持つセルビア人代理人のブラド・レミッチ氏と16日に会談を行い、その際にモドリッチの近況に関して問い合わせをしていたようだ。 ミランにとってモドリッチをマドリーから引き抜くことは非常に困難なオペレーションとなるが、フロンティーノ・ペレス会長はスカッドの刷新に動いており、1250万ユーロ(約15億1000万円)+ボーナスと言われるクロアチア代表MFの高額な年俸を残り2年間支払い続けることに前向きではないようだ。そのため、オファー次第で放出に動く可能性は十分に模様だ。 ただ、財政面に問題を抱えるミランにとってモドリッチの獲得はあくまで夢であり、今回の代理人との接触に関しては今後獲得のチャンスがある場合に備えた下調べ程度とのことだ。 2019.07.17 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人、スパーズ復帰の噂を一蹴 「ゴミみたいな噂にコメントしない」

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(30)の代理人が古巣トッテナム復帰の噂を一蹴した。同選手の代理人を務めるジョナサン・バーネット氏が、イギリス『talkSPORT』で語った。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。本人は残留の意思を示しているが、それに反して売却を望むマドリーは他クラブからのオファーを待っている状況とみられる。 だが、ベイルの高額給与や移籍金がネックとなり、現時点で上海申花からの関心にとどまっている様子。スペイン『マルカ』はそのベイルに対して、以前にも移籍先として浮上したトッテナムが再び誘いの手を差し伸ばしていると報じた。 同記事はトッテナムが、マドリーにベイルの移籍金として5000万~6000万ユーロ(約60億7000万~72億9000万円)を支払う意思を表明し、ベイルもトッテナム復帰に肯定的だと伝えていた。 さらに、トッテナムは同時にベイルの年俸1700万ユーロ(約20億6000万円)を支払う難しさを選手の代理人に伝え、給与の減額を売れ入れる必要性があるとも伝えていた。 同選手の代理人を務めるバーネット氏は、『talkSPORT』で前述の噂に関してのコメントを求められると、「ゴミみたいな噂にコメントしない」と『マルカ』の報道が根拠のない憶測であることを主張した。 また、イギリス『デイリー・メール』の取材に対して、「これまでと何ら変化はない」と、以前から主張しているようにベイルがマドリーに残留する見込みであることを改めて強調している。 なお、トッテナムの地元メディア『ロンドン・イブニング・スタンダード』も現時点でトッテナムがベイル獲得の意思がないことを確認している。 2019.07.17 17:10 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、セバージョス獲得に迫る! 買取OPなしの1年レンタルか

アーセナルが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に迫っているようだ。スペイン『アス』やイギリス『タイムズ』が伝えている。 今夏の移籍が決定的と見られるセバージョスに関してはトッテナム、アーセナル、ミランの3クラブが獲得に関心を示している。 一時は完全移籍での獲得を目指すトッテナム行きが有力視されたものの、トッテナムがここにきてデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンに残留の可能性が強まってきたこと、セバージョスが将来的にマドリーでプレーを望んでいる事情もあり、アーセナルへのレンタル移籍の可能性が濃厚となっているようだ。 同胞ウナイ・エメリ監督との仕事に興味を示しているセバージョスの移籍形態に関しては、買い取りオプションが付かない1年間のレンタル移籍となる見込みだ。 なお、スペイン『マルカ』によると、アーセナルは300万ユーロ(約3億6000万円)といわれるセバージョスの年俸を全額負担することになる。 2017年にベティスからマドリーへ加入したセバージョスは2年目となった昨シーズン、公式戦34試合に出場。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外と見られており、先日に「40試合は出場したい」と移籍をほのめかすコメントを残していた。 2019.07.17 16:00 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース