C・パレス、俊英ワン=ビサカの売値設定 移籍実現ならPL史最高額のSB

2019.05.20 17:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『デイリー・メール』は、クリスタル・パレスがU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)の売値を定めたと報じた。クリスタル・パレス下部組織出身のワン=ビサカは、2018年にトップチームデビュー。推進力抜群のドリブルと、長い足を生かしたしなやかな体つきから繰り出す対人守備が魅力の右サイドバックであり、プレミアリーグでプレーする若き注目株の1人だ。

そのワン=ビサカを注視しているのが、マンチェスター・ユナイテッド。だが、コートジボワール代表FWウィルフリード・ザハが今夏移籍の希望をするクリスタル・パレスは、あと3年間の契約を残しているワン=ビサカとのダブル流失を嫌っている模様だ。

そこで、クリスタル・パレスはワン=ビサカの希望売却額を6000万ポンド(約84億1000万円)に引き上げ、同額以下の移籍金しか用意できていないユナイテッドをけん制。同額での移籍となれば、サイドバックの選手としてイングランド史上最高額となる。

なお、現在の最高額記録者は、マンチェスター・シティに所属するフランス代表DFバンジャマン・メンディで、2017年夏にモナコから加入する際に記録した5200万ポンド(現レートで約72億9000万円)だ。
関連ニュース
thumb

クリスタル・パレス、チェルシーからU-21イングランド代表MFギャラガーをレンタルで獲得

クリスタル・パレスは30日、チェルシーからU-21イングランド代表MFコナー・ギャラガー(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ギャラガーはチェルシーのアカデミー出身で、2019-20シーズンはチャールトン、スウォンジーへの武者修行を経験すると、ここでの活躍が評価され、昨季はウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)へレンタル移籍で加入。自身初となったプレミアリーグでは、30試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。 クリスタル・パレス加入の決まったギャラガーは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「契約を結ぶことができてうれしい。ここに来ることができて興奮しているし、早くここで仕事がしたね」 「僕は監督とクラブが目指しているスタイルや求めれるプレーについて話し合って、自分に合うと思うし最適だと感じた。監督やチームメイトから多くを学べると思っているよ」 2021.07.31 07:10 Sat
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス、リヨンのデンマーク代表DFアンデルセンを獲得

クリスタル・パレスは28日、リヨンのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの5年間となっている。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、移籍金は2200万ユーロ+ボーナス500万ユーロの総額2700万ユーロ(約35億1000万円)とのことだ。 コペンハーゲンやミッティランの下部組織で育ったセンターバックのアンデルセンは、トゥベンテでプロデビュー。2017年にサンプドリアに移籍した後、2019年にリヨンに加入。ただリヨンでは出場機会を得られず、昨季はフルアムにレンタルで移籍していた。 そのフルアムではプレミアリーグ31試合に出場。先のユーロ2020ではベスト4まで進出したデンマーク代表の一員として3試合に途中出場していた。 トッテナムやマンチェスター・ユナイテッドも獲得に関心を示していたようだが、新天地はクリスタル・パレスとなった。 2021.07.29 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ、オランダ代表DFファン・アーンホルトを獲得

ガラタサライは28日、フリーのオランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルト(30)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月までの3年間となっている。 先のユーロ2020でオランダ代表の一員として4試合に先発していたファン・アーンホルト。かつてはチェルシーの下部組織に在籍し、将来が嘱望されていたファン・アーンホルトは、2009年から2014年にかけてニューカッスルやレスター・シティ、フィテッセなど5つのクラブをレンタルで渡り歩いたが、最後までトップチーム昇格は叶わず、2014年夏にサンダーランドへ完全移籍した。 その後、2017年1月にはクリスタル・パレスへ移籍。キャリアの大半を過ごしてきたプレミアリーグでは、通算213試合21ゴール15アシストの成績を残していた。 2021.07.29 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

元フランス代表DFサコー、モンペリエと3年契約

モンペリエは27日、クリスタル・パレスを退団していた元フランス代表DFママドゥ・サコー(31)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月までの3年間となっている。 フランス代表として29試合の出場歴を持つサコーは、パリ・サンジェルマンでプロデビュー。2013年にリバプールに移籍するも主力には定着できず、2017年冬にクリスタル・パレスに加入した。 そのクリスタル・パレスでは度重なるケガに泣かされ、公式戦75試合の出場に留まり、昨季に至ってはプレミアリーグ4試合の出場に終わっていた。 2021.07.28 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

デンマーク代表DFアンデルセンの新天地はC・パレス! 近日中に正式決定へ

クリスタル・パレスがリヨンのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(25)の獲得に成功したようだ。フランス『LE PROGRES』など複数メディアが報じている。 トゥベンテやサンプドリアでの活躍を経て、昨年10月にリヨンから1年レンタルでプレミアリーグ昇格のフルアムに加わったアンデルセン。1年での降格が決まったチームのなかで、192cmの長身センターバックは公式戦31試合に出場し、3バックと4バックを併用するチームの中でソリッドな守備と安定したビルドアップで個人としては評価を高めていた。 そのアンデルセンに関してはトッテナムとマンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられていた。 しかし、『LE PROGRES』や移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、新天地はパトリック・ヴィエラ監督が率いるパレスとなるようだ。 リヨンとパレスは2200万ユーロ+ボーナス500万ユーロという総額2700万ユーロ(約35億1000万円)という条件で合意に至っており、すでに個人間で合意に至っているアンデルセンはメディカルチェック受診後に2026年までの5年契約にサインすることになるようだ。 2021.07.25 17:22 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly