アヤックスが5シーズンぶり34度目のリーグ優勝で国内2冠を達成!《エールディビジ》2019.05.16 04:38 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エールディビジ第33節の延期分の9試合が各地で行われた。

アヤックスがチャンピオンズリーグ(CL)準決勝に進出したことで延期となり、先週末に行われた最終節以降に行われることとなった第33節。



現在首位に立つアヤックス(勝ち点83)は、アウェイでデ・フラーフスハップと対戦し、4-1で快勝した。大量失点での敗戦以外で優勝となるアヤックスは、37分にペナルティアーク手前でFKを獲得すると、ラッセ・シェーネが直接ゴール左へ突き刺した。

40分にエル・ジェブリのゴールで失点したアヤックスだったが、44分にドリブルでボックス左から侵入したジイェフの折り返しをタグリアフィコが流し込み、勝ち越しに成功した。

1点のリードで後半に入ったアヤックスは67分、F・デ・ヨングがボックス内でマツシワに倒されてPKを獲得。このPKをタディッチが確実に沈め、3点目。さらにアヤックスは、87分にも左サイドから持ち上がったタディッチがボックス左から豪快なシュートをゴールに突き刺し、試合を決定づける4点目を奪った。

結局、試合はそのまま4-1で終了。今季最終戦を勝利したアヤックスが、5シーズンぶり34度目のリーグ優勝を飾り、KNVBカップとの国内2冠を達成した。

日本代表MF堂安律とU-23日本代表DF板倉滉の所属するフローニンヘンは、アウェイでエメンと対戦し、0-1で敗戦した。堂安はフル出場、板倉はベンチ入りも出場機会はなかった。また、日本人MF小林祐希の所属するヘーレンフェーンは、アウェイでユトレヒトと対戦し、1-3で敗戦。小林は81分までプレーした。その他、日本人DF中山雄太の所属するズウォレは、アウェイでNACと対戦し、0-0の引き分けに終わった。中山はフル出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

デ・リフト争奪戦、ポールポジションにユナイテッドか

マンチェスター・ユナイテッドがアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の争奪戦を制するかもしれない。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で躍進を遂げたアヤックスのなかで、バルセロナ移籍内定のオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングらとともに、大いに存在感を示したデ・リフト。今夏の人気銘柄として大きな注目を集め、欧州の錚々たるクラブの関心報道が相次いでいるが、相思相愛の関係にあるバルセロナ行きの見方が強まっている状況だ。 しかし、デ・リフト争奪戦のポールポジションに立っているのは、ユナイテッドだというのだ。バルセロナはアヤックスと金銭面で取引成立の様相を呈したが、同選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏が仲介手数料1200万ポンド(約16億6000万円)を要求していることで動きが鈍り、ユナイテッドに付け入る隙を与えてしまった模様だ。 そのユナイテッドはデ・リフトの獲得に向け、アヤックスに対して移籍金7000万ポンド(約97億2000万円)のオファーで入札。さらに、バルセロナと異なり、ライオラ代理人の要求をのむことで、一気に争奪戦のトップに立ったという。 来シーズンのCL出場権を逃したことで、ビッグネーム獲得の困難が予想されたユナイテッド。だが、デ・リフトのほかにも、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン獲得も取り沙汰されている。 2019.05.26 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

タディッチ、CL敗退後明かす「家に帰ってから…」

アヤックスに所属するセルビア代表MFドゥシャン・タディッチ(30)が、チャンピオンズリーグ(CL)のトッテナム戦後の出来事を明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。 CLで台風の目となったアヤックス。決勝トーナメント1回戦でレアル・マドリー、ベスト8でユベントスといった優勝候補を撃破した。そして、23年ぶりの決勝進出を目指し準決勝ではトッテナムと激突したが、3-3でアウェイゴールの差で敗退となってしまった。 快進撃を見せたヤング・アヤックスの中でもひと際目立った活躍を見せたベテランアタッカーが、オランダ『Ajax Life』のインタビューで当時の敗戦について振り返った。 「家についてから、しんみりするセルビアン音楽を流してソファーに座ったよ。それからベッドに横になったんだ」 「その夜は一晩中本気で泣いていたと思う。翌朝子供たちに助けてもらったよ」 2019.05.25 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

やはりバルサに? デ・リフト「他のチームでもデ・ヨングとプレーできたら良いね」

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)が、バルセロナへの移籍が決定している同僚との共演を希望している。スペイン『マルカ』がオランダ『Voetbal Primeur』を引用して伝えている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトにはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールといったメガクラブが注目。金銭面などで他クラブへの移籍も囁かれている中、バルセロナへの移籍が既定路線とされている。 そうした中、デ・リフトは、すでにバルセロナ行きが決定している同胞のMFフレンキー・デ・ヨングについて言及。同選手を称賛すると共に、自身もバルセロナ加入を望んでいるかのようなコメントを残した。 「(デ・ヨングは)素晴らしいシーズンを送ったと思う。デ・ヨングはバルセロナでプレーするのに値しているね」 「他のチームでもフレンキー(・ヨング)とプレーできたら良いね。でも現時点では、そうならないよ」 2019.05.22 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール撤退でデ・リフトのバルセロナ移籍決定的に!

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナ移籍の可能性がより一層高まっている。イギリス『スカイ・スポーツ』や『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たしたアヤックス。その若きチームを攻守両面でけん引したのが、19歳の若きキャプテンのデ・リフト。 強靭なフィジカルと抜群の判断力、テクニックを武器に、近未来の世界最高のセンターバックと評される同選手にはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ユベントスなどのメガクラブの注目を集めている。 6500万ポンド(約91億円)の値付けがされている逸材に関しては、選手自身が望むバルセロナ行きが有力視される一方、バルセロナの資金面の問題もあってより資金力のあるユナイテッド、リバプール行きの可能性も伝えられている。 しかし、『デイリー・メール』が伝えるところによれば、オランダ代表でコンビを組むDFヴィルヒル・ファン・ダイクの相棒として同選手の獲得を目指していると言われるリバプールは、今夏のセンターバック補強を優先事項としておらず、すでに獲得レースから撤退しているという。 また、『スカイ・スポーツ』も同様の見立てをしており、デ・リフトのバルセロナ移籍を既定路線と伝えている。 2019.05.21 14:28 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、アルゼンチン代表の左利きCB加入が正式決定! デ・リフト後釜ではなくブリントのバックアップか

アヤックスは20日、アルゼンチンのデフェンサ・イ・フスティシアからアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間の契約延長オプション付きの2023年6月30日までの4年契約となる。 アヤックスでスポーツ・ディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏は、左利きのセンターバックの加入に際して以下のようなコメントを残している。 「マルティネスは最終ラインの複数ポジションをこなせる左利きのプレーヤーだ。同時に彼はチームを前向きに戦わせることができるディフェンダーでもある」 「彼は同胞のニコ・タグリアフィコが示してきたものと同様に適切なメンタリティをこのクラブにもたらしてくれるはずだ。また、リサンドロは若く今後我々と共により良いプレーヤーに成長し続けると確信している」 178cmの小柄なセンターバックであるリサンドロ・マルティネスは、ニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織出身。2017年8月にレンタル移籍でデフェンサに加入すると、2018年7月に完全移籍で加入していた。 2017-18シーズンはプリメーラ・ディビシオンで21試合に出場し1ゴールを記録。完全移籍で加入した2018-19シーズンは、25試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 マルティネスは、U-20アルゼンチン代表に選出された経験があり、2017年に韓国で行われたU-20ワールドカップのメンバー入りしていた。また、今シーズンの国内リーグでの活躍が認められたマルティネスは、2019年3月にアルゼンチン代表に選出。ベネズエラ代表との試合でデビューを果たしている。 なお、一部では今夏の退団が確実視されているDFマタイス・デ・リフトの後釜を担うと伝えられているが、180cm未満のサイズと左サイドバックでプレー可能なことを考えると、DFダレイ・ブリントやDFニコラス・タグリアフィコのバックアッパーと考えた方が良さそうだ。 2019.05.21 13:49 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース