Jリーガー6名が招集、札幌GKク・ソンユンは1年半ぶり復帰! 韓国代表27名が発表《国際親善試合》

2019.03.11 12:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
韓国サッカー協会(KFA)は11日、国際親善試合に向けた韓国代表メンバー27名を発表した。

韓国代表を率いるパウロ・ベント監督は、JリーグからGKキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)、DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)、DFチョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ)、MFナ・サンホ(FC東京)、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)を招集。ク・ソンユンは2017年9月以来、1年1年半ぶりの復帰となる。

また、ジローナのMFペク・スンホとバレンシアのMFイ・カンインが初招集。18歳のイ・カンインは歴代7位の若さでの招集となった。

韓国代表は22日にボリビア代表と、26日にコロンビア代表と対戦する。今回発表された韓国代表メンバー27名は以下の通り。

◆韓国代表メンバー27名
GK
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸/日本)
ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌/日本)
チョ・ヒョヌ(大邱FC)

DF
キム・ヨングォン(ガンバ大阪/日本)
キム・ミンジェ(北京国安/中国)
チョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ/日本)
クォン・ギョンウォン(天津天海/中国)
パク・ジス(広州恒大/中国)
ホン・チョル(水原三星ブルーウィングス)
キム・ジンス(全北現代モータース)
チェ・チョルスン(全北現代モータース)
キム・ムンファン(釜山アイパーク)

MF
チョン・ウヨン(アル・サッド/カタール)
チュ・セジョン(牙山ムグンファ)
ファン・インボム(バンクーバー・ホワイトキャップス/アメリカ)
イ・ジンヒョン(浦項スティーラーズ)
キム・ジョンミン(FCリーフェリング/オーストリア)
ペク・スンホ(ジローナ/スペイン)
イ・ジェソン(ホルシュタイン・キール/ドイツ)
イ・スンウ(エラス・ヴェローナ/イタリア)
ソン・フンミン(トッテナム/イングランド)
クオン・チャンフン(ディジョン/フランス)
イ・チョンヨン(ボーフム/ドイツ)
イ・カンイン(バレンシア)
ナ・サンホ(FC東京/日本)

FW
チ・ドンウォン(アウグスブルク/ドイツ)
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪/日本)

関連ニュース
thumb

韓国代表FWファン・ウィジョにポルトが関心? 移籍金は11億4500万円か

ボルドーに所属する韓国代表FWファン・ウィジョ(29)だが、ポルトに移籍する可能性が浮上した。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 ガンバ大阪でもプレーしたファン・ウィジョは、2019年7月にボルドーへと完全移籍する。 ボルドーでもゴールを量産。公式戦96試合で29ゴール7アシストを記録。今シーズンもリーグ・アンで32試合に出場し11ゴール2アシストを記録していたが、チームは最下位でリーグ・ドゥへと降格していた。 ボルドーとは1年契約を残しているファン・ウィジョだが、ブンデスリーガのシャルケやマインツ、リーグ・アンのマルセイユやナントが興味。移籍金は800万ユーロ(約11億4500万円)とされている。 そんな中、ポルトも獲得に興味を示していると報じられた。 韓国代表としてカタール・ワールドカップにも出場すると見られるファン・ウィジョだが、残りの5カ月はちゃんとプレーしたいところ。どこに移籍するのだろうか。 2022.06.27 22:03 Mon
twitterfacebook
thumb

「日本は予想以上に強い」ベスト4を初めて逃した韓国、ファン・ソンホン監督が日本戦敗戦を謝罪「今後は死力を尽くして走る」

U-23韓国代表のファン・ソンホン監督が、U-21日本代表戦後に謝罪した。 現在ウズベキスタンで行われているAFC U23アジアカップ。準々決勝では日韓戦が行われた。 2つ下の世代の日本と対戦する韓国は、MFイ・ガンイン(マジョルカ/スペイン)を中心としたメンバーに。ディフェンディングチャンピオンとしても負けられない一戦だったが、日本は鈴木唯人(清水エスパルス)の2ゴールなどで3-0で勝利を収めた。 アジアカップで準決勝に韓国が進めなかったのは初めてのこと。さらに連覇が潰え、2つ下の世代の日本に負けたことなど、失望させることが多い試合となってしまった。 ファン・ソンホン監督は試合後に謝罪。敗戦は自分の責任だとし、日本は思っていたよりも強かったと語った。 「遅い時間まで見てもらった国民の皆さんを失望させてしまい、申し訳なく思う」 「メンバー構成、試合への準備、モチベーションなど、全ての面で不足していた。理由はともかく、監督の責任だ」 「選手たちは最善を尽くしたが、若い選手たちであり、より細心の準備をして、気を遣うべきだったがそうでhなかった」 「日本は予想以上に強く、とても準備をした印象を受けた」 「準備万端の相手と、あらゆる面で準備不足だった我々の差が結果に繋がった」 「今後は絶対に失望させないように、死力を尽くして走る」 <span class="paragraph-title">【動画】鈴木唯人の圧巻FK弾も!韓国戦の日本代表のゴールシーンをチェック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vgya_qWu1yQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.14 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「考えて守備をしないと」チェイス・アンリは自身のプレーを反省も「成長を感じている部分もある」

U-21日本代表DFチェイス・アンリ(シュツットガルト/ドイツ)が、AFC U-23アジアカップの韓国戦を振り返った。 ウズベキスタンで開催中のAFC U-23アジアカップに参戦しているU-21日本代表は、12日に行われた準々決勝でU-23韓国代表に3-0の快勝。開催国であるU-23ウズベキスタン代表との準決勝に駒を進めている。 この一戦でセンターバックとしてフル出場を果たしたチェイス・アンリは、試合を振り返り反省の弁を口にした。 「前半13分でイエローカードを受けてしまい、(2枚目で退場となる)怖さがありました。特に後半は自分のスタイルである潰しに行く役割をこなせず、馬場(晴也)選手と声を掛け合って、自分が前へ圧力をかけられない分、馬場選手のカバーに入ることを意識していました」 「前半から考えて守備をしないと、あれが一発レッドカードになる可能性もあるので、味方のセンターバックとコミュニケーションをとりつつ、時にはカバーに徹したりして、常にピンチを救えるようにならないといけないです」 センターバックでコンビを組んだ馬場晴也(東京ヴェルディ)とともに無失点勝利に貢献するも、自身のプレーの改善点を挙げ、さらなる成長を予感させたチェイス・アンリ。その一方で、今大会を通じて自身が成長を重ねてきていることも実感しているようだ。 「ここへ来る前に、シュツットガルトでは約1ヶ月しか練習できていなかったんですけれど、この大会を通してパスやビルドアップなどに自分の成長を感じていますし、センターバックとしてより冷静なプレー、シンプルなプレー、声がけなどができるように、もっともっと経験を積んでいきたいです」 「以前は(自分がミスなどした場合に)、取り返さなきゃという焦りがあったのですが、センターバックである自分が崩れるとチーム全体も崩れてしまうので、常に冷静でいなければいけないと考えています」 また、今大会の目標について聞かれると迷うことなく「優勝しかないです」と答えたチェイス・アンリは、「自分にとってはプロとしての最初の大会で、とても緊張感があります。でも、こういう大会だからこそ楽しくプレーしたいです。大岩監督は信頼して起用してくれているので、ミスを恐れず、期待に応えるプレーを続けたいです」と語り、謙虚な姿勢で自分自身と向き合いながらも、ほどよいリラックス状態で大会に臨んでいる様子も伺わせた。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-21日本代表 2022年6月15日(水)25時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.13 19:09 Mon
twitterfacebook
thumb

「チームに迷惑かけた分をプレーで返したい」藤尾翔太がゴールへの意欲語る「チャンスを決め切れるように」

U-21日本代表のFW藤尾翔太(徳島ヴォルティス)が、AFC U23アジアカップの韓国戦を振り返った。 ウズベキスタンで開催されているAFC U23アジアカップに参加している日本。グループDを2位で突破すると、12日に行われた準々決勝ではU-23韓国代表を相手に3-0と圧勝し、ベスト4進出を決めた。 グループリーグ第2節のU-23サウジアラビア代表戦でレッドカードを受け、最終節は出場停止となっていた藤尾は、韓国戦で先発復帰。得点こそ奪えなかったものの、要所で存在感を示し、チームの快勝に貢献した。 オンラインでのメディア取材に応じた藤尾は、「チームとしては3-0で勝つことができて、次に進むことができたのはすごく良かったと思います」と、準決勝進出を喜んだ。 出場停止処分明けの一戦になったことについては「同じことは繰り返さないようにというのは、ちゃんと考えながらやっていましたし、チームに迷惑かけた分をプレーでしっかり取り返したいです」としつつ、「ゴールという部分で結果を出している選手がいるので、僕も負けられないなと刺激を貰っています。チャンスを決め切れるように意識しています」と、得点での挽回を誓った。 また、今大会では本職のストライカーではなく、右ワイドでの起用が続く藤尾。経験のないポジションでのプレーとなっているものの、本人はポジティブなチャレンジと捉えているようだ。 「僕はドリブラーじゃないので。ボールを収めることであったりとか、ロングボールの処理っていうのは、自信もあります。そういった普通のサイド(の選手)ではできないプレーというのを僕が出るときは、やっていきたいです」 「サイドの選手の動きだったりとか、視野の確保といったところとかは真ん中でも活きてくると思うので、今の経験をチームに持って帰りたいです」 15日に行われる準決勝では開催国のU-23ウズベキスタン代表と激突する日本。藤尾の今大会初ゴールにも期待が懸かる。 [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-21日本代表 2022年6月15日(水)25時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.13 18:44 Mon
twitterfacebook
thumb

全得点に絡んだ鈴木の活躍などでU-21日本代表がU-23韓国代表に3発完勝!《AFC U-23アジアカップ》

U-21日本代表は12日、AFC U-23アジアカップ準々決勝でU-23韓国代表と対戦し、3-0で完勝した。 3日前のU-23タジキスタン代表戦を3-0で快勝しグループDを2位で通過した日本は、最終節のスタメンから馬場晴也と山本理仁以外の9選手を変更。グループ第1節、第2節を戦った基本メンバーに近い形に戻してきた。 ◆U-21日本代表(スターティングメンバー) GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、馬場晴也(東京V)、チェイス・アンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎) MF:山本理仁(東京V)、藤田譲瑠チマ(横浜FM) MF:藤尾翔太(徳島)、鈴木唯人(清水)、斉藤光毅(ロンメルSK) FW:細谷真大(柏) グループCを首位通過した韓国との日韓対決は、立ち上がりから互いに素早い攻守の切り替えを披露しボールが落ち着かないハイテンポな主導権争いが続く。 一進一退の攻防が展開される中、日本が先に決定機を創出する。19分、馬場のロングフィードからボックス右に抜け出した細谷にチャンスが生まれたが、シュートは相手GKのセーブに防がれた。 さらに日本は21分、山本が敵陣でのインターセプトに成功すると、こぼれ球を拾った鈴木がバイタルエリア中央左で倒されFKを獲得。鈴木の直接FKは壁に当たるもそのままゴールに吸い込まれた。 徐々にボールの主導権を握る日本は、38分にも斉藤のパスを受けた細谷がボックス左まで切り込みシュート。これが相手GKに弾かれると、こぼれ球を再び拾った細谷の折り返しから藤尾が狙ったが、シュートは相手DFのブロックに弾かれた。 日本は前半アディショナルに立て続けにチャンスを迎える。46分、半田のパスからボックス右深くまで侵入した藤尾の折り返しを細谷が詰めたが、シュートはゴールライン手前でキム・ヒョヌがクリア。さらに48分には、鈴木のパスをボックス内で受けた斉藤が決定機を迎えたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 迎えた後半、日本は斉藤を下げて佐藤恵允を投入。対する韓国はキム・テファンとパク・ジョンインを下げてチョ・ヨンウク、クォン・ヒョクギュをピッチに送り出した。 1点を追う韓国が積極的な入りを見せると、日本は立ち上がりにピンチを迎える。49分、ドリブルで中央を持ち上がったイ・ガンインのパスをボックス左で受けたヤン・ヒョンジュンが折り返すと、半田に当たったこぼれ球をホン・ヒョンソクがシュート。しかし、これは山本が右足でブロックし枠の上に外れた。 後半は韓国にややペースを握られる状況が続いたが、再びゴールネットを揺らしたのは日本だった。65分、ドリブルでボックス右まで切り込んだ鈴木がシュートを放つと、相手GKの弾いたこぼれ球を細谷が身体ごとゴールへ押し込んだ。 リードを広げた日本は、80分にも内野からのパスをボックス右手前で受けた鈴木が反転から中に切り込むと、冷静にゴール左隅へシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま3-0で日本が完勝。3大会ぶりの4強入りを決めた日本は、準決勝で開催国ウズベキスタンと対戦する。 U-23韓国代表 0-3 U-21日本代表 【日本】 鈴木唯人(前22) 細谷真大(後20) 鈴木唯人(後35) ◆U-21日本代表(スターティングメンバー) GK:鈴木彩艶(浦和) DF:半田陸(山形)、馬場晴也(東京V)、チェイス・アンリ(シュツットガルト)、加藤聖(長崎) MF:山本理仁(東京V)[→松岡大起(清水)]、藤田譲瑠チマ(横浜FM) MF:藤尾翔太(徳島)[→内野貴史(デュッセルドルフ)]、鈴木唯人(清水)[→中島大嘉(札幌)]、斉藤光毅(ロンメルSK)[→佐藤恵允(明治大学)] FW:細谷真大(柏)[→松木玖生(FC東京)] [試合情報] AFC U23アジアカップ2022 準決勝 U-23ウズベキスタン代表 vs U-21日本代表 2022年6月15日(水)25時キックオフ DAZN独占配信 2022.06.13 00:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly