【日本代表プレビュー】最大の難敵・イランに、ベストメンバーで挑む《AFCアジアカップ2019》

2019.01.28 15:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は28日(月)、UAEで行われているアジアカップ2019の準決勝でイラン代表戦と対戦する。

準々決勝のベトナム代表戦では、このラウンドから導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が使用。DF吉田麻也(サウサンプトン)のゴールが取り消された一方で、MF堂安律(フローニンヘン)がPKを獲得。そのPKを堂安が沈め、1-0で勝利を収めた。

2大会ぶりのアジア王者をかけて、次なる相手はイラン代表。現在アジアNo.1とも言える最強の敵が立ちはだかる。

◆抜群の安定感を誇るイラン
Getty Images
これまでの5試合を全て1点差で勝ち上がってきた日本代表。その日本の決勝進出に待ったをかけるのが、アジア最強のイランだ。

最新のFIFAランキングでは、29位でアジア最高位。日本は50位でアジア3位と大きく差を開けられている。

2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)にも出場しポルトガル代表、スペイン代表、モロッコ代表と同居。初戦のモロッコ代表戦で0-1と勝利し、1998年大会以来のW杯勝利。ポルトガル代表とは引き分けるなど、世界の舞台でも結果を残している。

なお、ロシアW杯アジア予選では、全18試合を無敗で終え、2015年11月のトルクメニスタン代表選以降、1121分無失点の予選新記録も作っており、アジアで敵なしというのを結果でも示している。

◆鉄壁のイラン
Getty Images
チームを率いるのは、かつてポルトガル代表やレアル・マドリーなどを指揮したこともあるカルロス・ケイロス監督だ。

2011年4月にイラン代表監督に就任し、もうすぐ8年目を迎える。チームの成熟度は、前述のロシアW杯予選でも結果として表れており、今回のアジアカップでも驚異的な成績を残している。

イラク代表、ベトナム代表、イエメン代表と同居したグループステージでは、2勝1分けで首位通過。さらに7得点無失点と圧倒的な成績を残している。

さらに、ラウンド16ではオマーン代表と対戦し2-0、準々決勝の中国代表戦は3-0で勝利しており、5試合を無失点で勝ち上がってきている。

守備を固める戦い方ではなく、強固な守備を形成しながら、攻撃に転じられるイラン。ケイロス監督も「自分たちのサッカーをしなければ意味がない」と前日会見で語ったように、ストロングポイントを出して日本戦に臨んでくるだろう。
Getty Images
また攻撃陣では、FWサルダール・アズムーン(ルビン・カザン)やMFアシュカン・デヤガー(トラークトゥール)が健在。アズムーンはここまで4ゴールを記録しており、日本にとっても脅威となるだろう。GKアリ・レザ・ビランヴァンド(ペルセ・ポリス)もAFCチャンピオンズリーグでは決勝まで進出。驚異的なロングスローを持っており、守備の要としてだけでなく、攻撃の起点としてもきになる存在だ。

◆大迫先発が勝機に、守備でのミスは禁物
Getty Images
1点差で勝ち上がってきた日本代表にとって、今大会最強の相手となるイラン。しかし、ここまでの課題を克服し、しっかりと戦うことができれば勝機も見えてくる。

この5試合で明らかな課題となっているのは攻撃陣だ。それは、FW大迫勇也(ブレーメン)の存在。初戦のトルクメニスタン戦は低調な入りを見せたが、大迫の活躍もあり勝利。2戦目、3戦目、4戦目とケガで大迫を起用できないと、チャンスを作ることすらままならない状況が生まれた。

ベトナム戦では、後半途中から大迫が入ると、ゴールこそ生まれなかったものの攻撃は活性化。イラン戦においては、大迫が先発復帰することで、日本らしさを出すことができるだろう。

一方で、守備面もしっかりと対応する必要がある。イランは、準々決勝の中国代表戦でも見せたように、相手のミスを見逃さず、しっかりとモノにしている。ベトナム戦では、DF吉田麻也(サウサンプトン)、GK権田修一(サガン鳥栖)の連携ミスから、あわやというシーンも作られてしまった。

イランの守備陣は、繋ぐのか、クリアするのかをしっかりと判断し、ここまで無失点で戦ってきた。一瞬の判断ミスが失点につながる可能性があるだけに、守備陣にはハッキリとしたプレーの判断を見せてもらいたい。

★予想フォーメーション[4-2-3-1]
(C)CWS Brains,LTD.
◆日本代表
GK:権田修一
DF:酒井宏樹冨安健洋、吉田麻也、長友佑都
MF:柴崎岳遠藤航
MF:堂安律、南野拓実原口元気
FW:大迫勇也
これまでの最大の敵を迎える日本だが、スタメンはベトナム戦をベースとしてくるだろう。

GKは継続して権田が起用されると予想する。ベトナム戦の対応の不味さは気になり、高さという点でGKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)を起用したいところでもある。しかし、ここまでゴールを守り続けてきた権田をこのタイミングで外すことは考えにくく、クリーンシートを期待したい。

最終ラインはこれまでの4名が並ぶだろう。右からDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF冨安健洋(シント=トロイデン)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF長友佑都(ガラタサライ)になると予想する。経験を積み、成長を見せている冨安のプレーには注目だ。

中盤のボランチは、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF遠藤航(シント=トロイデン)のコンビが継続して出場と予想。柴崎は試合を重ねるごとにコンディションが上がり、遠藤も攻守にわたって良さを出している。中盤の守備はイラン戦のカギにもなり、2人が攻守で活躍することが必要だ。

2列目は右サイドにMF堂安律(フローニンヘン)、左サイドにはMF原口元気(ハノーファー)、トップ下にMF南野拓実(ザルツブルク)を起用すると考える。南野は今大会無得点。この辺りでゴールが見たいところだ。

そして1トップには大迫が復帰すると予想。攻撃の核となる大迫が復帰することで、しっかりと前線でタメを作り、日本の形を作ることができるだろう。エースとして、大一番での勝利を掴むには、大迫の復帰が不可欠だろう。

◆我慢強さを継続し、イニシアチブを取れるか

イランが強国であることは確か。日本としては、いかに冷静なプレーを見せ、これまで1点差で勝ち上がってきた我慢強さを見せられるかが重要だ。

現状のベストメンバーで臨んだのは初戦のみとなっており、それ以来の11人がピッチに立つ可能性がある。今大会を通じて見つかった課題を克服し、しっかりと日本らしさを出せるかが勝敗のカギだろう。

中盤の攻防でイニシアチブを取り、サイドとハーフスペースの使い方、大迫と南野の盾関係と、形を作ることができれば勝機はある。

アジア王者まであと2つ。最大の敵・イラン代表戦は、28日(月)の23時にキックオフを迎える。


関連ニュース
thumb

湘南GK谷晃生もケガで代表合宿を不参加…尚志高DFチェイス・アンリら3名招集

日本サッカー協会(JFA)は16日、湘南ベルマーレに所属するGK谷晃生の日本代表候補トレーニングキャンプ不参加を発表した。 理由は負傷のため。これまでに北海道コンサドーレ札幌のFW小柏剛やセレッソ大阪のDF瀬古歩夢もケガと体調不良を理由に不参加が発表されており、それに続く形となった。 また、トレーニングパートナーとして、流通経済大学のGK北川空、尚志高校のDFチェイス・アンリ、明治大学のFW佐藤恵允をキャンプに帯同することを併せて発表している。 日本代表は17日から千葉県内で国内組のみのトレーニングキャンプを実施。21日までの5日間を予定している。 2022.01.16 17:20 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪のDF瀬古歩夢が体調不良で日本代表候補キャンプに不参加

日本サッカー協会(JFA)は15日、日本代表候補トレーニングキャンプに参加予定だった、セレッソ大阪のDF瀬古歩夢が不参加となることを発表した。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦が実施予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でウズベキスタン代表チームの入国ができず、試合が中止となっていた。 一方で、トレーニングキャンプは予定通り実施される中、瀬古は体調不良のために不参加となった。 日本代表は1月27日に中国代表、2月1日にサウジアラビア代表とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦う。 2022.01.15 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

あ〜もう今年の優勝チーム分かっちゃいましたよね!? の巻/倉井史也のJリーグ

17日からは日本代表候補の合宿スタート!! 何か全然そんな雰囲気ないけどワールドカップの年なんですよ。選手はここで呼ばれて一気に本大会までっていうのを考えてるんだろうけど、でもこの候補合宿が終わってワールドカップアジア最終予選に呼ばれちゃうと隔離期間がある!! もしかしたら短縮されるかもしれないけど、チームが最終的に仕上がる時期に合流できない!! そりゃ選手も困るけど、代表クラスの選手がいなくなったら開幕ダッシュに響いちゃうってクラブも困ってるでしょ。やっぱり優勝のために大切なのはスタートダッシュですからね。 ってことで、この代表候補に取られている選手の多さと、その選手たちがいるチームと対戦する開幕戦のカードを掛け合わせてみると……。 まず今回招集されているメンバーをクラブ別に分けると、 谷口彰悟(川崎) 山根視来(川崎) 脇坂泰斗(川崎) 権田修一(清水) 鈴木唯人(清水) 松岡大起(清水) 中谷進之介(名古屋) 稲垣祥(名古屋) 相馬勇紀(名古屋) 上田綺世(鹿島) 荒木遼太郎(鹿島) 酒井宏樹(浦和) 江坂任(浦和) 瀬古歩夢(C大阪) 西尾隆矢(C大阪) 大迫勇也(神戸) 武藤嘉紀(神戸) 長友佑都(FC東京) 渡辺皓太(横浜FM) 谷晃生(湘南) 佐々木翔(広島) で開幕戦カードは…… 【第1節】 2月18日 川崎(3人) vs FC東京(1人) 2月19日または20日 横浜FM(1人) vs C大阪(2人) 湘南(1人) vs 柏(0人) 清水(3人) vs 札幌(0人) 名古屋(3人) vs 神戸(2人) 京都(0人) vs 浦和(2人) G大阪(0人) vs 鹿島(2人) 広島(1人) vs 鳥栖(0人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) ついでに第9節、第2節のカードは…… 【第9節】 2月23日 浦和(2人) vs 神戸(2人) 【第2節】 2月26日または27日 札幌(0人) vs 広島(1人) 鹿島(2人) vs 川崎(3人) 柏(0人) vs 横浜FM(1人) FC東京(1人) vs 名古屋(3人) 磐田(0人) vs 清水(3人) C大阪(1人) vs 京都(0人) 神戸(1人) vs 福岡(0人) 鳥栖(0人) vs 湘南(1人) ってことで代表(候補)選手がいないチームは2節まででこんなことに。 清水(3人) vs 札幌(0人) 札幌(0人) vs 広島(1人) 湘南(1人) vs 柏(0人) 柏(0人) vs 横浜FM(1人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) 磐田(0人) vs 清水(3人) 京都(0人) vs 浦和(2人) C大阪(1人) vs 京都(0人) 福岡(0人) vs 磐田(0人) 神戸(1人) vs 福岡(0人) 広島(1人) vs 鳥栖(0人) 鳥栖(0人) vs 湘南(1人) 2節までに対戦するの相手の代表(候補)選手の数を足すと、札幌の4人が最多。ってことは札幌は相手の調子が整わないうちに戦えるってことじゃないですか。 となると、今年の開幕ダッシュに成功し優勝までひた走るのは札幌!! ドヤ!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2022.01.15 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表GK権田修一が清水のキャプテンに! 2年連続で今季は1人で務める

清水エスパルスは13日、2022シーズンのキャプテンを発表した。 新シーズンのキャプテンを務めるのは、ポルティモネンセから完全移籍で加入した日本代表GK権田修一が務める。 権田はFC東京やSVホルン、サガン鳥栖、ポルティモネンセでプレー。2021シーズンは期限付き移籍で清水に加入し正守護神としてチームを支えた。 キャプテンに主任した権田は、クラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンのキャプテンを務めることになりました。僕がキャプテンを務めますが、エスパルスを引っ張るのは35人の全選手です。選手全員が日々の三保での練習から最高のパフォーマンスを出せるよう、責任を持ってサポートしていこうと思います」 権田は昨シーズンもキャプテンを務め、MF竹内涼、DF鈴木義宜との3人体制だったが、今シーズンは1人でキャプテンを務めることとなる。なお、竹内は4年連続でキャプテンを務めていたが、歴代最多タイとなる5度目はならなかった。 ◆清水エスパルス 歴代キャプテンおよび副キャプテン [1992年]三浦泰年 [1993年]三浦泰年 [1994年]三浦泰年 [1995年]長谷川健太 [1996年]澤登正朗 [1997年]澤登正朗 [1998年]澤登正朗 [1999年]澤登正朗 [2000年]澤登正朗 [2001年]伊東輝悦 [2002年]伊東輝悦(副キャプテン=森岡隆三) [2003年]三都主アレサンドロ(副キャプテン=森岡隆三・市川大祐) [2004年]森岡隆三 [2005年]森岡隆三 [2006年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道) [2007年]山西尊裕(副キャプテン=高木和道・兵働昭弘) [2008年]高木和道(副キャプテン=西部洋平・兵働昭弘) [2009年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岡崎慎司) [2010年]兵働昭弘(副キャプテン=児玉新・岩下敬輔) [2011年]小野伸二(副キャプテン=高原直泰・ボスナー) [2012年]小野伸二 [2013年]杉山浩太 [2014年]杉山浩太(10月~副キャプテン=本田拓也) [2015年]本田拓也(副キャプテン=長沢駿・大前元紀) [2016年]大前元紀(副キャプテン=西部洋平・犬飼智也) [2017年]鄭大世(副キャプテン=西部洋平・河井陽介・犬飼智也) [2018年]竹内涼(副キャプテン=鄭大世・六反勇治・河井陽介) [2019年]竹内涼(副キャプテン=河井陽介・立田悠悟) [2020年]竹内涼・金子翔太・立田悠悟 [2021年]権田修一・竹内涼・鈴木義宜 [2022年]権田修一 2022.01.13 13:49 Thu
twitterfacebook
thumb

札幌FW小柏剛が日本代表のトレーニングキャンプ不参加…ケガで辞退

日本サッカー協会(JFA)は13日、北海道コンサドーレ札幌のFW小柏剛が不参加となることを発表した。 日本代表は、1月21日にキリンチャレンジカップ2022でウズベキスタン代表と対戦する予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大の影響もあり、ウズベキスタン代表の入国が日本政府に認められなかったため、中止となっていた。 トレーニングキャンプ自体は実施する予定となっていたが、初招集を受けていた小柏はケガにより不参加となることが決定した。なお、追加招集は行わないとしている。 小柏は2021シーズンの明治安田生命J1リーグで30試合に出場しチーム最多の7得点を記録していた。 2022.01.13 12:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly