吉田麻也の同僚MFスティーブン・デイビスがレンジャーズへレンタル…6年半ぶりに復帰2019.01.07 12:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズは6日、サウサンプトンの北アイルランド代表MFスティーブン・デイビス(34)がレンタル移籍で加入することを発表した。今シーズン終了までのレンタルとなる。

デイビスは、アストン・ビラの下部組織出身で、2007年にフルアムへと移籍。2008年1月から半年間レンジャーズへレンタル移籍すると、2008年8月に完全移籍を果たした。

2012年7月にサウサンプトンへと完全移籍すると、公式戦226試合に出場し14ゴール26アシストを記録。キャプテンとして昨シーズンまでレギュラーとしてプレーしていたが、今シーズンはここまでリーグ戦3試合、EFLカップで3試合の出場に終わっていた。

6年半ぶりに古巣レンジャーズへと復帰するデイビスについてスティーブン・ジェラード監督は「スティーブンは我々のチームへの素晴らしい補強の1人だ。クラブに戻ってくれたことを歓迎する」とコメント。また、「彼はクラブレベルでも、国際レベルでも非常に経験が豊富で、レンジャーズのジャージがとても似合うことはクラブもファンも知っているだろう」と歓迎した。
コメント
関連ニュース
thumb

「この話はもう終わりだ」ジェラード、今季5度目の退場を謝罪したモレロスの成長を期待

レンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督が、今シーズン5度目の退場について謝罪し、改善を誓ったコロンビア代表FWアルフレッド・モレロスについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 31日のスコティッシュ・プレミアリーグ第31節のセルティックとのオールド・ファームで、左手でブラウンの顔面を殴打したモレロス。この行為で一発退場となり、チームも1-2で敗北。今シーズン5度目の退場処分にジェラード監督も内部的な処分があることを明かしたうえで、「十分にアルフレッドを擁護してきたが、もう彼を守ることはできない」と呆れた様子を見せていた。 そんな中、モレロスはセルティック戦から2日後、ツイッター(@morelos2106)でオールド・ファームでの行為を謝罪。「このようなことは2度と起こさない」と約束もした。 自身の過ちを認めたモレロス。これをジェラード監督は受け入れ、同選手の成長に期待した。 「彼は悔い改め、処分を受け入れた。その罰金がどうなるかは、上の人間が決めることになっている」 「アルフレッドは、それを受け入れて、謝罪をした。公に謝罪したことは、正しいことだと思う。この話はもう終わりだ。我々は彼が我慢を学んでくれることを望んでいる。彼がチームを助けるために、最後の一押しに貢献してくれるために戻ってきてくれることを待っている」 2019.04.03 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ダービーで今季5度目の退場…ジェラードに呆れられたモレロスが謝罪「2度と起こさないことを約束する」

レンジャーズに所属するコロンビア代表FWアルフレッド・モレロスが、ダービーマッチでの退場を謝罪し、改善を誓っている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 レンジャーズは31日、スコティッシュ・プレミアリーグの第31節でセルティックとの“オールド・ファーム”に臨んだ。先制点を与えて迎えた31分、この日、相手DFのスコット・ブラウンに再三、挑発を受けていたモレロスが自身の左手でブラウンの顔面を殴打。この行為で一発退場となり、チームも1-2で敗れた。 ここまで公式戦45試合29ゴール11アシストと目覚ましい活躍でチームをけん引する一方、今シーズンの公式戦で5度の退場処分を受け、迷惑もかけているモレロス。これにはレンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督も「明らかに彼は挑発されていたが、このような事が多く起きすぎている。十分にアルフレッドを擁護してきたが、もう彼を守ることはできない」と呆れた様子を見せていた。 セルティック戦から2日後、モレロスはツイッター(@morelos2106)を更新。自身が犯した過ちを謝罪し、「このようなことは2度と起こさない」と約束した。 「昨日の試合で起こしてしまったことについて全てのファン、チームメイト、そしてコーチ陣に謝罪したい」 「僕は全力を尽くし、このようなことを2度と起こさず、クラブやファンの方々にすべてを与えることを約束する。常にサポートと愛情を与えてくれてありがとう」 2019.04.02 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今季リーグ戦4度目の退場…呆れたジェラード監督がエースに最後通告「もう守ることはできない」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、エースに最後通告を突きつけた。イギリス『BBC』が報じた。 レンジャーズは31日、スコティッシュ・プレミアリーグの第31節でセルティックとの“オールド・ファーム”に臨んだ。 試合は27分にカウンターからドリブルで持ち込んだオドソンヌ・エドゥアールがネットを揺らしセルティックが先制。すると31分にレンジャーズにアクシデントが起こる。 再三相手DFのスコット・ブラウンに挑発を受けていたコロンビア代表FWアルフレッド・モレロスは、自身の左手でブラウンの顔面を殴打。これをアシスタントレフェリーが見逃さず、1発退場となった。なお、試合は2-1でセルティックが勝利した。 モレロスは、今シーズンのリーグ戦で27試合に出場し17ゴール8アシストとチームの攻撃を牽引。その一方で、今回がリーグ戦でシーズン通算4度目、公式戦では5度目の退場となり、1発退場は3度目とチームに大きな迷惑をかけていた。 試合後、ジェラード監督はモレロスの退場について言及。挑発を受けていたことを認めながらも、反省できないモレロスの行動に最後通告を突きつけていた。 「彼は内部的な処分を下されることになる。そして、我々は前進する」 「現実的に、腕を上げれば、大きく広げることができる。明らかに彼は挑発されていたが、このような事が多く起きすぎている」 「私は十分にアルフレッドを擁護してきたが、もう彼を守ることはできない」 なお、試合後にもピッチ上で揉めていた両者だったが、レンジャーズのアンディー・ハリデイがブラウンに手を挙げたことで退場処分を受けている。 2019.04.01 13:50 Mon
twitterfacebook
thumb

元スコットランド代表MFマカリスター氏が路上で襲撃に遭う…リーズやリバプールで活躍

かつてレスター・シティやリーズ・ユナイテッド、リバプールで活躍した元スコットランド代表MFガリー・マカリスター氏(54)が24日にリーズ市内で襲撃事件に遭い、入院を余儀なくされたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』が伝えるところによれば、現在レンジャーズで元同僚のスティーブン・ジェラード監督をチームスタッフとして支えているマカリスター氏は24日、妻と共にかつて在籍したリーズ・ユナイテッドの本拠地があるリーズ市内を訪れた際、町の中心部で襲撃事件に巻き込まれたという。 そして、顔を強かに殴りつけられた同氏は近くの病院に緊急搬送されて唇を10針縫うなどの治療を受けたという。 『サン』が伝える事件の詳細に関しては、同氏が妻のヘイリーさんとタクシー乗り場でタクシーを待っていた際に、何者かの襲撃を受けると罵詈雑言を浴びながら何発もの打撃を顔面に受けたという。また、犯人は警察や周囲の助けが来る前にその場から逃亡を図っており、現時点でその行方はわかっていないとのことだ。 なお、現場に居合わせた匿名の情報提供者によると、犯人はマカリスター氏が元プロフットボーラーだったことを知っており、そのことを理由に犯行に及んだ可能性があるようだ。 現役時代にテクニカルなセントラルMFとして活躍したマカリスター氏は、リーズのリーグ優勝やリバプールのカップ・トレブルなどにも貢献した名選手。現役引退後は古巣コヴェントリーやリーズ、アストン・ビラで短期間ながら監督を務めた経験もある。 2019.03.25 17:21 Mon
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、今季16G8Aのコロンビア代表FWモレロスと2023年まで契約延長

レンジャーズは8日、コロンビア代表FWアルフレッド・モレロス(22)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。 2014年に母国コロンビアのクラブでプロデビューしたモレロスは、2016年の冬にフィンランドの強豪ヘルシンキへレンタル移籍で加入すると、2016シーズンにリーグ戦30試合で16得点をマーク。この活躍が認められ、翌年に完全移籍で加入すると2017年シーズンにも得点を量産し、同年6月にレンジャーズへ3年契約で加入。 レンジャーズでは、加入初年度からレギュラーを獲得すると、リーグ戦31試合でリーグ2位の14ゴールをマーク。今シーズンもここまでリーグ戦24試合でリーグトップの16ゴールを記録している。また、U-17から選出されてきたコロンビア代表では、2018年9月に行われたベネズエラ代表戦でフル代表デビューを飾っている。 2019.03.09 00:56 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース