ジェノアが今季2度目の監督交代! ユリッチ解任で元イタリア代表監督のプランデッリ招へい

2018.12.08 00:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェノアは7日、イバン・ユリッチ監督(43)の解任を発表。また、後任として1月までアル・ナスルを率いていたチェーザレ・プランデッリ氏(61)を招へいしたことを伝えている。

▽10月に成績不振で解任されたダビデ・バッラルディーニ前監督の後任として、ジェノア指揮官に復帰したユリッチ監督。巻き返しが期待されたものの、就任後は公式戦8試合で3分け5敗とチームを立て直すことができず。6日に行われたコッパ・イタリア4回戦でも、セリエC(イタリア3部)に所属するヴィルトゥスにPK戦の末に敗戦を喫していた。

▽後任としてジェノア指揮官に就任したプランデッリ氏は、パルマやローマ、フィオレンティーナなどセリエAクラブで監督を務めると、2010年7月からはイタリア代表を指揮。2014年のブラジル・ワールドカップで指揮を執っていた。その後はガラタサライ、バレンシア、アル・ナスルの監督を務めていたが、1月にアル・ナスルの監督を解任されフリーとなっていた。

関連ニュース
thumb

U-20伊代表MFポルタノーバがレイプ容疑で拘束…今冬ユーベからジェノアに移籍

ジェノアに所属するU-20イタリア代表MFマノーロ・ポルタノーバ(21)がレイプ容疑によって自宅で拘束されていることが判明した。『ロイター通信』が報じている。 『ロイター通信』が伝えるところによれば、事件は5月31日にシエナの中心街で発生したという。23歳の女性がレストランでのディナーを終えた後、シエナ中心街のアパートにて21歳から24歳の4人の男にレイプされたとして、警察に通報していた。 そして、ポルタノーバと友人と思われる2人の男は警察による捜査の結果、逮捕されており没収された携帯電話も捜査対象となっているようだ。 また、ポルタノーバを含む3名は14日に警察による聴取を受けるまで自宅での拘束状態にある。 ラツィオとユベントスの下部組織出身のポルタノーバは2018-19シーズンにユベントスでセリエAデビュー。今シーズンもユベントスで公式戦3試合に出場していたが、今年1月末にジェノアに完全移籍していた。 2021.06.11 22:38 Fri
twitterfacebook
thumb

スカマッカ、疎遠な父親の暴挙に動揺隠せず…「どう説明していいのかわからない」

ジェノアのU-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(22)は、古巣ローマのトレーニング施設での実の父親の逮捕劇にひどく動揺している。 スカマッカの父親であるエミリアーノ(45)は、17日夜にローマのトレーニング施設があるトリゴリアに自身が運転する自動車で向かった。そこで門に車をぶつけて強行突破して駐車場に侵入すると、タイヤレバー(タイヤ着脱用の金属のバー)で武装し、ゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏やディレクターを務めるモルガン・デ・サンクティス氏が所有すると思われる4、5台の車両の窓ガラス、大理石でできたクラブのシンボルであるオオカミの像を破壊。 さらに、ユースチームが練習していたグラウンドに向かい、選手やコーチングスタッフに対して威圧的な言葉を叫んでいたとのことだ。 その後、ローマの通報によって駆け付けた地元警察に現行犯逮捕となったエミリアーノは、逮捕時にサッスオーロのスウェットを着用していたことも確認されていた。 今回の犯行の動機に関しては不明となっていたが、『La Repubblica』の最新情報によると、エミリアーノは同クラブのレジェンドであり、1982年のスペイン・ワールドカップのイタリア代表の優勝メンバーであるブルーノ・コンティ氏に金銭を要求する目的でクラブハウスを訪れていたようだ。 現時点で両者の間に面識があったのか、過去に金銭のやり取りがあったのかを含めて不明な部分が多く、警察はエミリアーノに対する精神鑑定を行うために病院に搬送したとのことだ。 これを受けて、スカマッカはイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の取材を受けるも、「どう説明していいのかわからない」と、疎遠だった実の父親の信じがたい行動に動揺を見せている。 「起こったこと、読んだことにひどく動揺している。どう説明していいのかわからないよ」 「この話をするのはつらいけど、必要なことなのかもしれない。僕の父は、とても長い間、母と一緒に暮らしていなかった。二人は結婚しておらず、離婚はしていない。僕自身は母と姉に育てられたんだ。だから、彼女たちが僕の家族なんだ」 「僕と父はたまにしか関係を持たない。それに、ごくまれにしか会うことはない。ただ、これは家族の問題であり、自分の中に留めておきたいことだから、僕のプライバシーを尊重してほしいと思っている」 「父は僕のキャリアに何の関わりもなく、特に近年はそうだった。今回の出来事にはとても失望しているし、心が揺れているけど、父とはほとんど連絡を取っていないので、本当に何と言っていいのかわからないよ」 スカマッカは、2012年にラツィオのアカデミーからローマの下部組織に加入。2015年にPSVのユースに移籍するまで3年間在籍。その後、2017年にサッスオーロに完全移籍すると、今シーズンはジェノアにレンタル移籍している。 今シーズンのセリエAで26試合8ゴールを挙げる195cmの大型ストライカーは、ユベントスやミランといった国内強豪クラブの関心を集める逸材であり、ローマも呼び戻しの可能性を探っているとの報道もあった。 2021.05.19 23:39 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ練習場襲撃のU-21伊代表スカマッカ父の犯行動機はブルーノ・コンティ氏? 金銭問題主張も精神鑑定へ

ローマのトレーニング施設での暴挙によって現行犯逮捕となったジェノアのU-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(22)の父親の犯行動機は、同クラブでディレクターを務めるブルーノ・コンティ氏に関するものだったようだ。イタリア『La Repubblica』が報じている。 スカマッカの父親であるエミリアーノ(45)は、17日夜にローマのトレーニング施設があるトリゴリアに自身が運転する自動車で向かったという。そこで門に車をぶつけて強行突破して駐車場に侵入すると、タイヤレバー(タイヤ着脱用の金属のバー)で武装し、ゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏やディレクターを務めるモルガン・デ・サンクティス氏が所有すると思われる4、5台の車両の窓ガラス、大理石でできたクラブのシンボルであるオオカミの像を破壊。 さらに、ユースチームが練習していたグラウンドに向かい、選手やコーチングスタッフに対して威圧的な言葉を叫んでいたとのことだ。 その後、ローマの通報によって駆け付けた地元警察に現行犯逮捕となったエミリアーノは、逮捕時にサッスオーロのスウェットを着用していたことも確認されていた。 今回の犯行の動機に関しては不明となっていたが、『La Repubblica』の最新情報によると、エミリアーノは同クラブのレジェンドであり、1982年のスペイン・ワールドカップのイタリア代表の優勝メンバーであるコンティ氏に金銭を要求する目的でクラブハウスを訪れていたようだ。 現時点で両者の間に面識があったのか、過去に金銭のやり取りがあったのかを含めて不明な部分が多く、警察はエミリアーノに対する精神鑑定を行うために病院に搬送したとのことだ。 スカマッカは、2012年にラツィオのアカデミーからローマの下部組織に加入。2015年にPSVのユースに移籍するまで3年間在籍。その後、2017年にサッスオーロに完全移籍すると、今シーズンはジェノアにレンタル移籍している。 今シーズンのセリエAで26試合8ゴールを挙げる195cmの大型ストライカーは、ユベントスやミランといった国内強豪クラブの関心を集める逸材であり、ローマも呼び戻しの可能性を探っているとの報道もあった。 2021.05.19 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

U-21伊代表スカマッカ父が古巣ローマの練習場で暴挙! 車破壊にユース選手たちに罵声

ジェノアに所属するU-21イタリア代表FWジャンルカ・スカマッカ(22)の父親が同選手の古巣であるローマのトレーニング施設での暴挙によって現行犯逮捕された。イタリア『Il Messaggero』など複数メディアが報じている。 『Il Messaggero』によると、スカマッカの父親であるエミリアーノは、17日夜にローマのトレーニング施設があるトリゴリアに自身が運転する自動車で向かったという。そこで受付を強行突破して駐車場に侵入すると、タイヤレバー(タイヤ着脱用の金属のバー)で武装し、ゼネラルマネージャーのチアゴ・ピント氏やディレクターを務めるモルガン・デ・サンクティス氏が所有すると思われる4、5台の車両の窓ガラスを破壊する暴挙に出たという。 さらに、ユースチームが練習していたグラウンドに向かい、選手やコーチングスタッフに対して威圧的な言葉を叫んでいたとのことだ。 その後、ローマの通報によって駆け付けた地元警察に現行犯逮捕となったエミリアーノだが、現時点で犯行の動機は全く不明だという。 スカマッカは、2012年にラツィオのアカデミーからローマの下部組織に加入。2015年にPSVのユースに移籍するまで3年間在籍。その後、2017年にサッスオーロに完全移籍すると、今シーズンはジェノアにレンタル移籍している。 今シーズンのセリエAで26試合8ゴールを挙げる195cmの大型ストライカーは、ユベントスやミランといった国内強豪クラブの関心を集める逸材であり、ローマも呼び戻しの可能性を探っているとの報道もあった。 エミリアーノの暴挙の動機に関しては今後語られることになるが、移籍に向けた話し合いでの軋轢、あるいは犯行時にサッスオーロのスウェットを着用していたことから、ローマとサッスオーロのヨーロッパコンティション出場権争いの最中での嫌がらせなど、様々な憶測が出ている。 2021.05.18 23:16 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタが来季CL出場権確保! ジェノアとの壮絶打ち合い制してユベントスとのコッパ決勝にも弾み《セリエA》

セリエA第37節、ジェノアvsアタランタが15日にルイジ・フェラリスで行われ、アウェイのアタランタが3-4で勝利した。   2位死守を狙うアタランタ(勝ち点75)は、すでに残留を決めている14位のジェノア(勝ち点39)とのアウェイゲームで3連勝を狙った。   来週ミッドウィークにユベントスとのコッパ・イタリア決勝を控える中、この試合の勝利で来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権確保となるガスペリーニ率いるチームは、4バックを採用した前節のベネヴェント戦から先発3人を変更。パロミーノ、ムリエル、ペッシーナに代えてトロイ、ディムスティ、アレクセイ・ミランチュクを起用し、通常の[3-4-2-1]の布陣に戻した。   開始直後の2分にロベッラのフィードに完璧に抜け出したメレゴーニにいきなりGKとの一対一のピンチを招いたアタランタだが、ここはGKゴッリーニの好守で凌ぐ。さらに、このプレーで与えた右CKの流れからマッジエッロに左ポスト直撃のシュートを打たれるなど、バタつく入りとなった。   それでも、このピンチを辛くも凌いだアウェイチームは9分、ボックス手前中央でボールを収めたドゥバン・サパタが右のマリノフスキーに一度ボールを預けてゴール前に抜け出すと、絶妙なリターンパスを冷静に足元へ収めて右足のシュートを流し込んだ。   ファーストチャンスを生かして敵地で先制に成功したアタランタは、以降は普段通りのリズムで試合を進めていく。前線で強さを見せるサパタがことごとくボールを収めて味方の攻撃参加を促すと、21分にはそのサパタとのコンビネーションからゴール左に抜け出したゴセンズに2点目のチャンスも、ここは相手GKの好守に阻まれた。   それでも、直後の26分にはサパタがボックス右のゴールラインぎりぎりで相手DFとの球際を制して中央に折り返したボールをドフリーのマリノフスキーがワンタッチで合わせてゴールネットを揺らす。当初、サパタの折り返しの場面でラインを割っていたとの判定でゴールキックでのプレー再開となったが、VARのレビューの結果、ギリギリでボールが残っていたとの判定でゴールが認められた。   これで完全に試合の流れを掴んだアタランタは以降も攻守に相手を圧倒。すると、前半終了間際の44分には左サイド深くでマリノフスキーが上げたクロスをファーのハテブールが丁寧に頭で中央へ折り返すと、これをゴール前フリーのゴセンズが頭で流し込み、両ウイングバックのコンビネーションで試合を決定づける3点目とした。   3点リードで試合を折り返したアタランタはサパタとフロイラーを下げてパシャリッチ、ペッシーナをハーフタイム明けに投入し、早くもコッパ決勝を見据えた戦い方にシフト。   すると、一瞬の油断から最後尾のディムスティが後半から投入されたショムドロフにボールを奪われて開始早々の48分に1点を返される。これによって嫌な空気が漂うも、失点直後の51分には右サイドのハテブールの突破から中央で溜めたミランチュクのラストパスをボックス左で受けたパシャリッチがボックス左から丁寧な右足のシュートを流し込み、瞬く間に点差を戻した。   この4点目で試合を落ち着かせることに成功したアタランタだったが、サパタがベンチに下がったことで前線での収まりが悪く徐々に相手の攻勢に晒される。そして、66分にはゴセンズがやや不運なハンドで与えたPKをパンデフに決められて点差を2点に縮められる。さらに、85分には自陣でのボールロストから浴びたショートカウンターを再びショムロドフに決められてしまい、ついに1点差まで迫られる。   これを受けてガスペリーニ監督は有事に備え、89分に切り札のムリエルを投入するスクランブル態勢に入ったが、何とか守備陣がこれ以上の失点を許さずに試合をクローズ。この結果、後半はだいぶバタついたものの、ジェノアとの壮絶な打ち合いを制したアタランタがミランとの最終節を前に来シーズンのCL出場権を確保。ユベントスとのコッパ決勝に大きな弾みを付けている。 2021.05.16 00:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly