ユナイテッドがレビッチ獲得へ! ベイルやペリシッチ、ウィリアン獲得難航で第4候補に落ち着く2018.07.26 14:34 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドが、フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(24)の獲得を最優先事項に定めたようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。

▽今夏の移籍市場で右ウイングの獲得を目指すユナイテッドではジョゼ・モウリーニョ監督のリクエストからレアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル、インテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ、チェルシーのブラジル代表FWウィリアンの獲得に動いてきた。

▽しかし、フレン・ロペテギ新監督との話し合いでマドリー残留に傾いたベイルに加え、相手クラブが徹底抗戦の構えを見せるペリシッチとウィリアンの交渉に関しても完全に暗礁に乗り上げている。

▽この状況を受けて、ユナイテッドは当初第4候補としていたレビッチ獲得を最優先事項に定めたようだ。

▽2017-18シーズンに公式戦28試合9ゴール3アシストを記録していたレビッチは、クロアチア代表としてロシア・ワールドカップ(W杯)に6試合出場。グループステージ第2節のアルゼンチン代表戦のゴールをはじめ、同国史上初の決勝進出に貢献した。

▽当初、レビッチに関してはフランクフルトと同じブンデスリーガに所属する盟主バイエルン行きが濃厚と伝えられていたものの、ニコ・コバチ監督を引き抜く際にクラブ間で決めた“同クラブからの引き抜きを行わない”という協定によってその実現の可能性はない模様だ。

▽また、数週間前にイギリス『ミラー』はユナイテッドが4400万ポンド(約64億3000万円)でレビッチ獲得の入札を開始したと伝えており、この金額を基本線に今後より具体的な交渉へと進めていく構えだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、新設テクニカル・ディレクターにフェランか

マンチェスター・ユナイテッドが新たに創設するテクニカル・ディレクターにマイク・フェラン氏(56)を任命するという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 近年、エド・ウッドワード最高経営責任者(CEO)主導の補強により、チームを強化してきたユナイテッド。だが、ことごとく補強が失敗し続けるセンターバックの強化をはじめ、ターゲットとされる新戦力の取り逃しが散見され、新たにテクニカル・ディレクター職を設ける動きが指摘されてきた。 そこで、新たな候補として名前が挙がったのが、現アシスタントコーチのフェラン氏だ。かつてアレックス・ファーガソン元監督の下でコーチを務めたフェラン氏はオーレ・グンナー・スールシャール監督と共に今シーズン途中から復帰。スールシャール監督らチーム内で厚い信頼を集める人物だ。 そのフェラン氏はまだ契約に至っていないが、既にクラブ首脳陣とテクニカル・ディレクター就任に向けて会談。エド・ウッドワードCEOも、セントラルコースト・マリナーズ時代にテクニカル・ディレクター職を務めた経験があるフェラン氏に託すことに熱心とみられる。 なお、フェラン氏がテクニカル・ディレクター就任となれば、アシスタントコーチとして、コーチのマイケル・キャリック氏(37)を昇格させる模様だ。 2019.04.23 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ヘア、残留切望か クラブに「方向性の明確化」求む

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(28)が新契約を結ぶ前にクラブに対する疑念を解消したがっているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2020年に失効する契約の延長交渉が滞るデ・ヘア。エド・ウッドワード最高経営責任者(CEO)がチリ代表FWアレクシス・サンチェスのクラブ最高週給3500万ポンド(約5000万円)に匹敵する昇給要求を拒み続けていることが停滞の大きな理由とされ、デ・ヘアの今後は混沌と化している。 だが、デ・ヘアは今後もユナイテッドにとどまることを切望。年齢的に最後の大型契約になり得る今回の新契約締結にあたり、長らく疑念を抱く不透明なチームとしての方向性や、エド・ウッドワード最高経営責任者(CEO)が主導の今後における補強方針を明確にするよう求めている模様だ。 例年に比べると、やや精細を欠く今シーズンだが、それでも守護神としてチームを救う場面も少なくないデ・ヘア。堅物なイメージが悪目立ちするエド・ウッドワードCEOだが、近年のチームを支えてきたデ・ヘアの思いをしっかりと受け止める心はあるのだろうか。 2019.04.23 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

優勝のためなら! ミルナーが“人生初”のユナイテッドを応援!

リバプールのイングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、24日に行われるプレミアリーグ第31節延期分のマンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティについてコメント。人生初の試みをすると明かした。イギリス『BBC』が報じた。 現在、勝ち点88でプレミアリーグの首位に立つリバプール。しかし、優勝を争うシティよりも1試合消化が多く、勝ち点差は「2」という状況。シティの自力優勝が残されている状況だ。 そんな中、延期されていた“マンチェスター・ダービー”が24日に開催。優勝を目指すシティの前に立ちはだかるのは、トップ4入りを目指すユナイテッドという熱い展開が予想される構図となっている。 この一戦について、リバプールのミルナーがコメント。ユナイテッドの勝利を願う立場だが、「僕の人生で初めてだね」と初めてユナイテッドを応援するとコメント。一方で、試合は観戦せず、自分たちが最後まで勝ち続けると意気込みを語った。 「でも、僕は観ないだろう。それは少しエネルギーを消費するし、他のゴールを喜ぶことになる。何をするかは分からないけど、多分食事に出かけるかな」 「僕たちは残りのゲームに勝つ必要がある。それをしても、十分でない場合は、両手を上げて『よくやったシティ』と言わなければならないね」 「彼らはトップチームだ。それを成し遂げているし、磨き上げている。僕たちができることは、残りの試合に勝利し、彼らにプレッシャーを与えることだけだよ」 リバプールはプレミアリーグになってからの優勝はなく、リーグ優勝は1989-90シーズンが最後。29シーズンぶりの優勝を目指している状況。古巣であるシティの優勝を阻むためには取りこぼしを期待するしかない状況だが、ミルナーの願いは届くのだろうか。 2019.04.23 10:10 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・ヘア、キャプテンマークを巻いて4失点大敗…ファンに謝罪

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが衝撃的な惨敗劇を受け、キャプテンを務めた身としてファンに謝罪した。 ユナイテッドは21日、敵地で行われたプレミアリーグ第35節でエバートンと激突。13分に先制を許すと、トップ4争いで優位に立つどころか、終わってみれば0-4の大惨敗劇を演じた。 この試合にキャプテンマークを巻いて先発したデ・ヘア。この大惨敗劇後、自身のツイッター(@D_DeGea)を通じて、ファンに対して次のようなメッセージを投じた。 「キャプテンとして、話したい。今日のチームパフォーマンス、結果はこのユニフォームを着たときに求められる水準じゃなかった」 「誰もが改善しなければならないことを理解している。でも、言葉だけじゃ何の意味もなさない。クラブに全てを捧げないといけない」 「無条件のサポート、ありがとう」 6位のユナイテッドは24日にホームで行われる延期分の第31節で宿敵マンチェスター・シティと激突。続く24日の第36節でトップ4争いのライバルであるチェルシーをホームに迎え撃つ。 2019.04.22 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド大惨敗…“経験豊富”マティッチが責任を一身に

マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチが大惨敗の全責任を負った。イギリス『Tirbal Football』が報じた。 ユナイテッドは21日、敵地で行われたプレミアリーグ第35節でエバートンと激突。13分に先制を許すと、トップ4争いで優位に立つどころか、終わってみれば0-4の大惨敗劇を演じた。 この試合、ユナイテッドの先発メンバーにおいて最年長選手だった30歳のマティッチ。惨敗劇後、『TV2』のインタビューで次のように語った。 「今日のチームにおいて、最も経験がある選手が僕だったが、うまくプレーできなかった。若手に対して、批判はできない。最も悪かったのは僕だ」 6位のユナイテッドは24日にホームで行われる延期分の第31節で宿敵マンチェスター・シティと激突。続く24日の第36節でトップ4争いのライバルであるチェルシーをホームに迎え撃つ。 2019.04.22 10:30 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース