湘南MF齊藤のJ初ゴールがJ1通算21000ゴール目を記録!同試合でイニエスタがJリーグデビュー

2018.07.22 22:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽22日に明治安田生命J1リーグ第17節のヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレが行われ、0-3で湘南が勝利した。この試合で湘南のMF齊藤未月がチーム2点目となるゴールを記録。これがJ1通算21000ゴール目となった。▽齊藤は1点リードで迎えた後半開始早々の48分、カウンターからチャンスを作ると、ボックス手前でボールを持った山崎がラストパスを右足でシュート。これがGKキム・スンギュ脇下を抜き、J1初ゴールを記録した。

▽また、この試合では今夏に神戸へ加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、59分からFW渡邉千真との交代でピッチに送られ、Jリーグデビューを飾った。

<div style="font-size:13px;">◆J1メモリアルゴール達成者
1ゴール:マイヤー(ヴェルディ川崎) vs横浜マリノス/1993年5月15日
500ゴール:水沼貴史(横浜マリノス) vs名古屋グランパス/1993年12月1日
1000ゴール:メディナベージョ(横浜マリノス) vs鹿島アントラーズ/1994年8月17日
1500ゴール:城彰二(ジェフユナイテッド市原) vs清水エスパルス/1995年4月5日
2000ゴール:エジソン(ベルマーレ平塚) vsヴェルディ川崎/1995年8月12日
2500ゴール:江尻篤彦(ジェフユナイテッド市原) vsベルマーレ平塚/1995年11月15日
3000ゴール:三浦泰年(ヴェルディ川崎) vsセレッソ大阪/1996年8月28日
3500ゴール:高木琢也(サンフレッチェ広島) vs京都パープルサンガ/1997年5月3日
4000ゴール:横山貴之(セレッソ大阪) vsガンバ大阪/1997年8月23日
4500ゴール:レディアコフ(横浜フリューゲルス) vsジェフユナイテッド市原/1998年4月25日
5000ゴール:バジーリオ(柏レイソル) vsコンサドーレ札幌/1998年9月23日
5500ゴール:佐藤一樹(横浜F・マリノス) vs鹿島アントラーズ/1999年4月24日
6000ゴール:鈴木秀人(ジュビロ磐田) vsサンフレッチェ広島/1999年11月7日
6500ゴール:長谷川祥之(鹿島アントラーズ) vs川崎フロンターレ/2000年7月1日
7000ゴール:久保竜彦(サンフレッチェ広島) vsセレッソ大阪/2001年5月12日
7500ゴール:久保山由清(清水エスパルス) vsジェフユナイテッド市原/2001年11月3日
8000ゴール:崔龍洙(ジェフユナイテッド市原) vs名古屋グランパス/2002年9月14日
8500ゴール:ヴァスティッチ(名古屋グランパス) vsベガルタ仙台/2003年5月18日
9000ゴール:斎藤大輔(ジェフユナイテッド市原) vsヴィッセル神戸/2004年3月13日
9500ゴール:安貞桓(横浜F・マリノス) vsヴィッセル神戸/2004年9月23日
10000ゴール:前田雅文(ガンバ大阪) vs名古屋グランパス/2005年5月8日
10500ゴール:今野泰幸(FC東京) vs鹿島アントラーズ/2005年11月12日
11000ゴール:アンドレ(京都パープルサンガ) vs清水エスパルス/2006年7月23日
11500ゴール:田中佑昌(アビスパ福岡) vs川崎フロンターレ/2006年11月18日
12000ゴール:ウェズレイ(サンフレッチェ広島) vsヴィッセル神戸/2007年6月23日
12500ゴール:マルキーニョス(鹿島アントラーズ) vs東京ヴェルディ/2008年3月16日
13000ゴール:巻誠一郎(ジェフユナイテッド千葉) vs東京ヴェルディ/2008年9月14日
13500ゴール:鄭大世(川崎フロンターレ) vs浦和レッズ/2009年5月10日
14000ゴール:中山博貴(京都パープルサンガ) vs浦和レッズ/2009年11月28日
14500ゴール:赤嶺真吾(ベガルタ仙台) vs大宮アルディージャ/2010年8月22日
15000ゴール:辻尾真二(清水エスパルス) vs大宮アルディージャ/2011年5月22日
15500ゴール:ラフィーニャ(ガンバ大阪) vs横浜F・マリノス/2011年9月18日
16000ゴール:藤田直之(サガン鳥栖) vsガンバ大阪/2012年5月25日
16500ゴール:永井謙佑(名古屋グランパス) vsジュビロ磐田/2012年11月17日
17000ゴール:鈴木大輔(柏レイソル) vs清水エスパルス/2013年7月17日
17500ゴール:家長昭博(大宮アルディージャ) vs川崎フロンターレ/2014年3月15日
18000ゴール:興梠慎三(浦和レッズ) vsアルビレックス新潟/2014年9月23日
18500ゴール:塩谷司(サンフレッチェ広島) vsアルビレックス新潟/2015年5月23日
19000ゴール:高山薫(湘南ベルマーレ) vsアルビレックス新潟/2015年11月7日
19500ゴール:遠藤康(鹿島アントラーズ) vsヴァンフォーレ甲府/2016年7月17日
20000ゴール:金子翔太(清水エスパルス) vs川崎フロンターレ/2017年4月21日

20500ゴール:エウシーニョ(川崎フロンターレ) vsセレッソ大阪/2017年9月30日

21000ゴール:齊藤未月(湘南ベルマーレ) vsヴィッセル神戸/2018年7月22日
コメント
関連ニュース
thumb

G大阪が総勢29選手のメンバーリストを公開! 「39」の宇佐美貴史が復活

ガンバ大阪は18日、2021シーズンに挑むメンバーと背番号を発表した。 昨季の明治安田生命J1リーグで宮本恒靖体制最高位の2位躍進を遂げたG大阪だが、天皇杯も準優勝に終わるなど、目前でタイトルを逃したシーズンに。10月にクラブ創設30周年を迎える今季、昨季の悔しさをバネに10個目の星を目指す。 そんなG大阪のメンバーは現時点で29選手。期待の新戦力であるFCソウルから加入の韓国代表MFチュ・セジョンは「6」に決まり、明治大学から入団のDF佐藤瑶大は「16」を着用する。 また、レンタルバック組だと、2019年から武者修行の旅に出て、満を持して復帰のFW一美和成は「20」に。レノファ山口FCから復帰のGK林瑞輝は以前にも背負った「23」に決定した。 既存メンバーだと、FW宇佐美貴史がFW渡邉千真の退団で空いた「39」に“復活”。そのほか、GK一森純、MF奥野耕平、FW白井陽斗も新シーズンからそれぞれ新たな番号が与えられた。 ◆選手背番号一覧 GK 1.東口順昭 22.一森純※背番号変更 23.林瑞輝←レノファ山口FC/復帰 25.石川慧 DF 3.昌子源 4.藤春廣輝 5.三浦弦太 13.菅沼駿哉 16.佐藤瑶大←明治大学/新加入 19.キム・ヨングォン 24.黒川圭介 27.髙尾瑠 40.シン・ウォノ MF 6.チュ・セジョン←FCソウル(韓国)/完全 8.小野瀬康介 10.倉田秋 14.福田湧矢 15.井手口陽介 17.奥野耕平※背番号変更 21.矢島慎也 29.山本悠樹 FW 11.小野裕二 18.パトリック 20.一美和成←横浜FC/復帰 30.塚元大 33.白井陽斗※背番号変更 34.川﨑修平 38.唐山翔自 39.宇佐美貴史※背番号変更 監督 宮本恒靖 2021.01.18 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖の選手8名が濃厚接触者と認定されるも全員陰性、2週間隔離

サガン鳥栖は18日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を発表した。 鳥栖では15日に選手2名が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したとのこと。保健所と連携の上、選手8名が濃厚接触者として認定されていた。 17日に当該の8名がPCR検査を受けていたが、その結果は全員陰性だったとのことだ。 なお、濃厚接触者として認定された8名だが、濃厚接触者も2週間の隔離が必要とな理、陽性反応者との最終接触美から2週間後に順次チームへ合流することになるようだ。 鳥栖は2020シーズンにチーム内でクラスターが発生したこともあり、新シーズンに向けたキャンプの前にクラスターにならなかったことは不幸中の幸いと言えるだろう。 2021.01.18 19:28 Mon
twitterfacebook
thumb

「俺は俺の責務を全うする!!」大分の新キャプテンはGK高木駿に決定

大分トリニータは18日、2021シーズンのキャプテンを発表した。 新シーズンのキャプテンに就任するのは、GK高木駿(31)に決定した。 大分はこれまでキャプテンを務めていたDF鈴木義宜が清水エスパルスへと移籍しており、キャプテン不在となっていた。 高木はキャプテン就任に関して、クラブを通じてコメントしている。 「片野坂監督よりキャプテンに任命されました高木駿です」 「チームがより強固に繋がり、より強くなるために、自分の持っているものを最大限に活かし、炎のように熱い心で取り組んでいきます。俺は俺の責務を全うする!!」 2021.01.18 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

中村俊輔が背番号10を着用! ストライカー大量補強の横浜FCが新体制発表

横浜FCは17日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 2020シーズンは、2007年以来13年ぶりにJ1の舞台を戦った横浜FC。降格がない特別なシーズンとなったが、明治安田J1で15位と残留圏でシーズンを終えていた。 下平隆宏監督が指揮を執る3年目のシーズンは、チームとして重要な1年に。J1残留を目指す戦いに向けて多くの選手を入れ替えた。 移籍組で新たに加わったのは10名。鹿島アントラーズのFW伊藤翔、ガンバ大阪のFW渡邉千真、ヴィッセル神戸のMF小川慶治朗、ジェフユナイテッド千葉のFWクレーべ、ベガルタ仙台のFWジャーメイン良と、課題である得点力強化に向けて実力者を獲得した。 また、サガン鳥栖の元日本代表MF高橋秀人や浦和レッズのDF岩武克弥、ヴァンフォーレ甲府のDF中塩大貴、ブラウブリッツ秋田のDF韓浩康と守備陣も補強。GKには柏レイソルから猿田遥己を期限付き移籍で獲得した。 その他、2020シーズンは期限付き移籍だったGK六反勇治、MF杉本竜士、MF手塚康平を完全移籍で獲得。また、DFマギーニョは引き続き期限付き移籍で残留することとなった。 また、背番号変更も行われMF中村俊輔が「46」から「10」に変更。またDF袴田裕太郎が「26」から「3」、MF齋藤功佑が「15」から「8」、MF安永玲央が「28」から「15」に変更となった。 ◆横浜FC登録選手一覧 GK 1.大内一生←Y.S.C.C.横浜/期限付き満了 18.南雄太 21.市川暉記 28.猿田遥己←柏レイソル/期限付き 44.六反勇治←清水エスパルス/期限付き→完全 DF 2.マギーニョ←川崎フロンターレ/期限付き延長※背番号変更「3」 3.袴田裕太郎※背番号変更「26」 4.高橋秀人←サガン鳥栖/完全 5.田代真一 19.伊野波雅彦 20.カルフィンヨンアピン 22.岩武克弥←浦和レッズ/完全 23.前嶋洋太←水戸ホーリーホック/期限付き満了 24.高木友也←法政大学/新加入 26.韓浩康←ブラウブリッツ秋田/完全 27.中塩大貴←ヴァンフォーレ甲府/完全 MF 6.瀬古樹 7.松浦拓弥 8.齋藤功佑※背番号変更「15」 10.中村俊輔※背番号変更「46」 13.小川慶治朗←ヴィッセル神戸/完全 15.安永玲央※背番号変更「28」 17.武田英二郎 30.手塚康平←柏レイソル/期限付き→完全 31.杉本竜士←横浜F・マリノス/期限付き→完全 32.古宿理久 37.松尾佑介 FW 9.クレーべ←ジェフユナイテッド千葉/完全 11.三浦知良 14.ジャーメイン良←ベガルタ仙台/完全 16.伊藤翔←鹿島アントラーズ/完全 39.渡邉千真←ガンバ大阪/完全 監督 下平隆宏 2021.01.17 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

震災から26年、神戸の主将・イニエスタが新シーズンへ意気込み「どこまでたどり着けるかは自分たち次第」

ヴィッセル神戸のキャプテンを務める元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと三浦淳寛監督が、新シーズンに意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 1997年に神戸を襲った阪神・淡路大震災から26年が経過した1月17日に、神戸は新シーズンに向けたメンバー、背番号、そしてスロータンを発表した。 2020シーズンはクラブ史上初のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)挑戦となったシーズン。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大もあり難しいシーズンとなったなか、そのACLでは11月から12月にかけての集中開催で勝ち上がりベスト4入り。一方で、明治安田J1では14位と大きく低迷。期待を裏切る形となってしまった。 新シーズンに向けて神戸はスローガンを「the No.1 Club in Asia ~一致団結~」年、2020シーズンから継続して掲げた。 来たるシーズンに向けて、三浦監督とイニエスタが意気込みのコメントを残している。 ◆三浦淳寛監督 「ヴィッセル神戸にとって27年目となる2021シーズンは、捲土重来を果たすべく、選手、スタッフをはじめファン、サポーターはもちろん、スポンサーさまなどすべてのチーム関係者の皆さまと一致団結して戦っていきます」 「昨シーズンはアジアNO.1を目指し、AFCアジアチャンピオンズリーグに挑戦しましたが、ベスト4という結果に終わりました。度重なる日程変更により、最終的にはカタール・ドーハでの集中開催となりましたが、遠く離れた日本から多くのご声援をいただき、改めて皆さまからの応援の力強さと気持ちをひとつにして戦うことの大切さを実感しました」 「リーグ戦は思うように結果がでず、ファン、サポーターの皆さまにも悔しい思いをさせてしまいましたが、再びアジアの舞台に戻るべく、リーグタイトルを目指して頑張ってまいります」 ◆キャプテン アンドレス・イニエスタ 「今年も大変な一年になると思いますが、ファンの皆さんがチームに誇りを感じられるように、また皆さんを幸せにするために全力を尽くします。十分な結果を残せなかった去年を踏まえて、今年は、いいシーズンにできるかどうかは自分たち次第だという思いで、チーム全体がステップアップする必要があると考えています」 「もちろん、毎シーズンのように、困難な瞬間もあれば、より良い瞬間もあるでしょう。どんな時にもファンは私たちの側にいてくれると信じていますし、皆さんから送ってもらうパワーが私たちにとっては不可欠です」 「個人的な目標はいつもと同じで、自分のベストを尽くし、チームが上位に食い込むことができるように最大限の貢献をすることです。チームの目標としては、まずは去年のACLで見せたメンタリティと競争心を持ってシーズンに挑みたいです。今は具体的な目標設定をするよりも、チーム全体がいい練習を重ね、週ごとに結果を残し、順位を上げていく、その覚悟で今シーズン開幕に挑むことがベストだと考えています」 「これまでも言ってきたように、このチームにはリーグの上位を目指すために十分な戦力があると思います。どこまでたどり着けるかは自分たち次第です。そして、その道中で、ファンの皆さんの応援がきっとヴィッセル神戸を遠くまで連れて行ってくれる手助けになると信じています」 2021.01.17 14:50 Sun
twitterfacebook
ニュース一覧へ戻る



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly