徳島、問題行為のサポーターに無期限入場禁止処分…湘南戦での追悼セレモニー中に心ない発言

2021.12.01 09:48 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
徳島ヴォルティスは1日、サポーターの行為に対する処分を発表した。

問題が起きたのは11月27日に行われた明治安田生命J1リーグ第37節の湘南ベルマーレvs徳島ヴォルティスの一戦。この試合では、11月23日に急逝した湘南のMFオリベイラ(23)を追悼するセレモニーがピッチで行われたが、その際に不適切な発言が確認された。

この行動に対し徳島は11月29日に岸田一宏 代表取締役社長名義で謝罪文を掲載「特定された行為者に対しては、厳正な対応をおこないます」としていたが、その処分が発表された。

徳島は、当該行為を行ったサポーターに対して、事実確認と処分内容を通告。対象者は1名であり、無期限の入場禁止処分を下すとともに、Jリーグや日本サッカー協会、その他Jクラブが主管する全ての試合への入場が禁止されることとなった。なお、応援団体登録を受理しているサポーター団体の登録者ではなかったとのことだ。

徳島は、岸田社長名義で改めて謝罪するとともに、サポーターへのマナー遵守徹底を管理していくとした。

「本日、11月27日の明治安田生命J1リーグ第37節湘南ベルマーレ戦にて「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に抵触するとともに、あまりにも敬意を欠いた不適切な発言をおこなった行為者への処分をご報告いたしました」

「この事象によりご不快な思いや多大なるご迷惑をおかけした湘南ベルマーレのファン・サポーターの皆さま、株式会社湘南ベルマーレ様、関係者の皆さまをはじめ、湘南ベルマーレに関わる全ての皆さまに対してあらためて心より深くお詫び申し上げます。そして、Jリーグを応援いただいております全ての皆さま、全ての関係者の皆さまに心より謝罪を申し上げます」

「ファン・サポーターをはじめとする多くの皆さまは、コロナ禍で生じた様々な制限や我慢の中でも「新しい観戦様式」に基づいてルールやマナーを守った上で観戦をしていただいております。そのような中で発生した今回の行為は誠に遺憾でなりません。クラブとして、一部の心無きサポーターが引き起こした本事象は決して許すことのできない行為であると重く受け止め、無期限の入場禁止という厳正な対応をさせていただきました」

「徳島ヴォルティスではこの度の事象を厳粛に受け止め、観戦マナーや観戦ルール(ヤジ・暴言含む)、 Jリーグ禁止事項(ホーム・アウェイに関わらず)などを遵守いただけない方には厳格な対応で臨み、今後の再発防止に向けて管理・監視の徹底を図ってまいります。何卒、ご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます」

今回の件は、試合後、湘南のホーム最終ゲームということもあり試合後にセレモニーが実施。キャプテンのDF岡本拓也がオリベイラの死を悼むスピーチとともに、ファン・サポーターへの挨拶。その後、山口智監督が挨拶。静まり返ったスタジアムで言葉に詰まりながらもオリベイラに向けた言葉に耳が傾けられる中、徳島サポーターから「湘南ありがとう。湘南バイバーイ」という声が聞こえる、あり得ない事態が起きていた。

また、徳島サポーターは11月20日に行われたFC東京戦ではブーイングの行為を行い、2週続けてサポーターの問題行動が確認されていた。



1 2

関連ニュース
thumb

J1返り咲きを期す徳島、元川崎F&清水のエウシーニョを獲得 「精一杯頑張りたい」

徳島ヴォルティスは28日、ブラジル人DFエウシーニョ(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「36」を着用する。 2015年から4シーズンを過ごした川崎フロンターレで高い攻撃性能を持つ右サイドバックとして2度のJ1優勝に貢献し、ベストイレブンにも2度輝いたエウシーニョ。2019年から清水エスパルス入りしたが、初年度からケガと付き合いながらのプレーを強いられ、昨季限りで退団した。 1年でのJ1復帰を目指す徳島にとって、実績十分の新戦力となるエウシーニョはクラブを通じて意気込みを語っている。 「徳島ヴォルティスに加入できたことを嬉しく思います。このチャンスを与えてくれた皆さんに感謝しています。皆さんと共にクラブの目標を達成できるように精一杯頑張りたいと思います」 「クラブに関わるすべての皆さんの期待に応えられるよう、ピッチで全力を尽くします。皆さんにお会いできることを楽しみにしています。これからよろしくお願いします!」 2022.04.28 13:17 Thu
twitterfacebook
thumb

広島が徳島に快勝し首位突破が決定! 名古屋は公式戦5試合ぶり勝利で2位浮上【ルヴァンカップ・グループB第5節】

YBCルヴァンカップのグループB第5節の2試合が23日に行われた。 エディオンスタジアムで行われたサンフレッチェ広島vs徳島ヴォルティスでは、引き分け以上でグループ突破が決まる広島が立ち上がりから猛攻を仕掛けた。 まずは4分、右サイドの東が森島からのパスでボックス右に侵入しグラウンダーで折り返すと、ニアの満田がハックヒールで巧みにシュート。これはGKに弾かれてしまうものの、こぼれ球を柏が押し込んで早々に先制した。 さらに12分には、前線から連動したプレスをかけて相手のパスミスを誘発。ボックス左でボールを奪ったジュニオール・サントスが折り返し、森島が流し込んで追加点を挙げた。 止まらない広島は22分にも、ジュニオール・サントスが今度は個人技で相手を圧倒。右サイドから相手の股を抜いてゴール前に侵入すると、足裏を使ったフェイントでDFとGKを躱してシュートを流し込んだ。 後半に入ると徳島は一挙3人交代。それでも流れは変わらず広島ペースで推移していく。49分にCKから佐々木がGK強襲のヘディングシュートを放てば、55分にもCKから今季2試合目の出場で初先発となった今津もドンピシャのヘディングシュート。完璧に頭で捉えたが、惜しくも枠の左に外れた。 徐々に勝利が近づいてきたホームチームは、今季2試合目の出場となる長沼や、1カ月半ぶり出場のドウグラス・ヴィエイラがピッチへ。その直後の82分にドウグラス・ヴィエイラの登場でポジションを逸列下げたジュニオール・サントスが強烈なシュートを放つが、これはクロスバーを直撃し、ゴールとはならなかった。 その後、徳島は川上が左足を痛めて続行不可能に。交代枠をすでに使い切っているため、残りの5分強を10人で戦うことになった。 そうなると流れは俄然広島に傾く。88分に途中出場の藤井が右サイドから折り返すと、ボックス中央で待ち構えていたジュニオール・サントスが自身2点目を決めて4-0に。 試合はこのまま終了し、快勝を収めた広島が最終節を残して首位でのグループステージ突破を決めた。 サンフレッチェ広島 4-0 徳島ヴォルティス 【広島】 柏好文(前4) 森島司(前12) ジュニオール・サントス(前22、後43) 一方、IAIスタジアム日本平で行われた清水エスパルスvs名古屋グランパスは、0-1でアウェイの名古屋が勝利した。 立ち上がりからチャンスを作ったのは清水。CKのシーンで競り合いに勝ったヴァウドがヘディングシュートを放つが、ここは惜しくもサイドネットに。36分にはチアゴ・サンタナがチャンスを迎えるも、決定的と思われたシュートは決死のスライディングブロックを見せた吉田豊に止められた。 続く38分には前半最大のチャンスが訪れる。CKから鈴木義宜がヘディングシュート。ゴール右を捉えたが、名古屋GKランゲラックにスーパーセーブを見せつけられた。 一方の名古屋は、前半のチャンスは26分の金崎のシュートにとどまったが、67分にボックス右に侵入した森下のクロスが対面した山原の腕に当たってPKを獲得。これを金崎が決めて先制した。 その後はセットプレーからシュートを重ねた名古屋は、清水にほとんどシュートシーンを作らせずシャットアウト。アウェイで0-1で勝利を収め、公式戦5試合ぶりの勝利を挙げた。順位も2位に浮上している。 清水エスパルス 0-1 名古屋グランパス 【名古屋】 金崎夢生(後22) ◆順位表 1:サンフレッチェ広島 12pt/+9 2:名古屋グランパス 7pt/0 3:清水エスパルス 5pt/-3 4:徳島ヴォルティス 4pt/-6 2022.04.23 16:09 Sat
twitterfacebook
thumb

U-21日本代表FW藤尾翔太がハット達成で徳島がホーム初勝利! 金沢はアウェイで大分を下す 【明治安田J2第11節】

20日、明治安田生命J2リーグ第11節の2試合が行われた。 徳島ヴォルティス(11pt/16位)vsいわてグルージャ盛岡(11pt/18位)が鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われ、5-0で徳島が圧勝を収めた。 前節は水戸ホーリーホックと1-1のドローに終わった徳島と、現在3連敗中途苦しむ岩手の一戦。ポゼッションする徳島とハイプレスからのショートカウンターを狙う岩手の構図となった。 まずは6分、徳島は杉森が左サイドをドリブルで仕掛けてボックス内に侵入。ライン側でマイナスに戻すと、フリーの新井がシュートも、DFがブロックする。押し気味に進める徳島は15分、ボックス手前でパスを受けたムシャガ・バケンガがシュートも、枠を捉えられない。 それでも19分に徳島がスコアを動かす。安部が後方から左足でゴール前にクロス。これをボックス内で藤尾がヘッドで合わせると、これが決まり、徳島が先制する。 先制を許した岩手だったが26分、右サイドを仕掛けた和田がグラウンダーのクロス。ニアに入った中村充がヒールで合わせたが、GKホセ・アウレリオ・スアレスがセーブして凌ぐ。金沢はCKから空中戦でゴールを狙っていくが、なかなかゴールを奪えない。 すると45分、安部がボックス左から仕掛けると、加々美に倒され徳島がPKを獲得。これを藤尾が蹴ると、左隅に決めてリードを2点に広げる。 2点ビハインドの岩手は後半頭からブレンネル、オタボー、ビスマルクを投入。さらに57分にはモレラトを投入し、外国人4名を起用して流れを変えに行く。 それでも徳島がペースを握り続けると70分、ドリブルで持ち込んだ杉森がシュート。これがDFに当たって跳ね返ると、藤尾がダイレクトでシュート。これが決まり徳島が3点リード。藤尾はハットトリックを記録した。 さらに72分、GKスアレスのパントキックを受けた渡井がドリブルで持ち込むとボックス内からシュート。これがゴール左に決まり、リードを4点とする。さらに徳島は、76分には投入されて1分の西谷もゴール。岩手を寄せ付けず、今季最多5得点で2勝目、ホーム初勝利を挙げた。 また、大分トリニータ(15pt/7位)vsツエーゲン金沢(13pt/11位)が昭和電工ドーム大分で行われ、1-3で金沢が勝利した。 現在2連勝中の大分と前節6試合ぶりに敗れた金沢の一戦。キックオフ直前にゴールネットに穴が空いているというアクシデントがあり、キックオフが遅れる珍事もあった。 そんな中3分、大分の呉屋がドリブルで持ち込み、やや離れた位置から左足シュート。鋭いシュートが枠を捉えるがGK白井がキャッチ。大分は9分にも左サイドから人数をかけて仕掛けると、最後は野村がシュートも力なく、GK白井が僅かに触ってゴールを許さない。 大分は20分にもチャンス。右サイドから伊東がクロス。これがファーサイドの長沢に通るが、胸トラップからのシュートは浮いてしまいゴールとはならない。 なかなか攻撃がハマらない金沢は28分、大分のビルドアップのミスを拾った嶋田のパスを受けた林がボックス手前からシュート。しかし、これはGK高木がキャッチする。さらに34分にはカウンターからビッグチャンス。小野原のスルーパスに抜け出した藤村が右サイドからマイナスのクロス。これを嶋田がシュートも、枠を捉えられない。 すると44分に大分がチャンス。香川の左からのクロスに対してニアに飛び込んだ呉屋がヘッド。しかし、これは右ポストに嫌われてしまう。 攻めながらもゴールを決められなかった大分だが、53分に金沢がワンチャンスを生かす。ボックス内からのビルドアップから、松田が自陣からロングスルーパス。これに反応した杉浦が抜け出すと前に出たGK高木をかわして無人のゴールへ決め、金沢が先制する。 さらに59分、金沢は香川からボールを奪った小野原がアーリークロス。これを林が打点の高いヘッドで合わせると、ゴール右に決まり金沢がリードを2点に広げる。 2点を奪われた大分だったが68分に反撃。右サイドの伊東に展開すると、グラウンダーのクロスを野村がボックス中央でダイレクトシュート。これがゴール左に決まり、大分が1点を返す。 この勢いで追いつきたい大分だったが、金沢が突き放す。78分、大谷が持ち上がり倒れ込みながら力安にスルーパス。グラウンダーのクロスを、走り込んだ平松がしっかり蹴り込み、リードを再び2点に広げる。 大分は同点を目指して攻め込んだが、手数を少なく効果的に金沢もゴールに迫り寄せ付けず。1-3で金沢が勝利を収め勝利。大分は3連勝はならなかった。 ◆第11節 ▽4/20(水) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 5</span>-0 いわてグルージャ盛岡 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> ▽4/22(金) 《19:00》 ロアッソ熊本 vs ファジアーノ岡山 ▽4/23(土) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs FC琉球 モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ 東京ヴェルディ vs ジェフユナイテッド千葉 ヴァンフォーレ甲府 vs FC町田ゼルビア アルビレックス新潟 vs V・ファーレン長崎 《16:00》 水戸ホーリーホック vs レノファ山口FC 栃木SC vs 横浜FC ▽4/24(日) 《17:00》 ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田 2022.04.20 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が育成型期限付き移籍中の徳島MF石田凌太郎の復帰を発表…今季はベンチ入りなし

名古屋グランパスは14日、徳島ヴォルティスへ育成型期限付き移籍していたMF石田凌太郎(20)が復帰することを発表した。 背番号は「46」となり、14日から合流するという。 石田は名古屋の下部組織出身。U-12、U-15、U-18と昇格。2018年に2種登録され天皇杯でデビュー。2019年にトップチームへ正式昇格した。 2020シーズンは明治安田生命J1リーグで7試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場したものの、2021シーズンは天皇杯の1試合に出場したのみ。プロ初ゴールを記録していた。 今シーズンは徳島へと期限付き移籍したものの、1試合もメンバー入りすることなく徳島での挑戦は終わった。 石田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「グランパスファミリーの皆さん!ただいま!石田凌太郎です。相当な覚悟をもって戻ってきました。日本一のファミリーの皆さんの前で、ぶっちぎってゴールまで突き進みます!!スタジアムで会いましょう!」 ◆徳島ヴォルティス 「皆さんの前でプレーしている姿は見せられませんでしたが、スタジアムで感じた徳島ヴォルティスの一体感は忘れることはありません。徳島にいた選手としてまた応援していただけるような選手になります。短い間でしたが、ありがとうございました」 2022.04.14 10:19 Thu
twitterfacebook
thumb

大分が琉球に4発快勝で今季初白星! 徳島vs秋田はゴールレスドロー【明治安田J2第6節】

23日、明治安田生命J2リーグ第6節の2試合が行われた。 大分トリニータvsFC琉球の一戦は昭和電工ドーム大分で行われ4-1で大分が今季初勝利を挙げた。 開幕戦がチームの活動停止になった影響で延期となり、11連戦となっている大分。前節からのスタメン変更は4名となっており、小出、坂、増山、中川が外れ、伊東、香川、伊佐、町田が起用された。 対する琉球は前節からのスタメン変更は6名。田口、李栄直、沼田、中野、富所、阿部が外れ、ダニエル・カルバハル、大森、池田、武沢、上里、野田を起用した。 ともに中3日で迎えた一戦。試合は大分ペースで進むと19分、右サイドを崩すとパスを受けた小林裕が横パス。これをボックス手前で小林成がダイレクトシュート。ゴール右に鋭いシュートが決まり、大分が先制する。 シーズン初勝利が欲しい大分は23分に追加点。カウンターからラインギリギリで追いついた香川がクロス。これを一度膨らんで戻った伊佐がヘッドで合わせ、大分がリードを2点とする。 リードを広げた大分だったが、琉球も反撃。37分、左サイドでFKを得ると、清武の入れたクロスが密集を抜けてゴールへ吸い込まれ、琉球が1点を返す。 大分の1点リードで迎えた後半。互いに先に1点が欲しい展開となるが、スコアを動かしたのは大分。57分、左CKを得ると下田が左足でクロス。これを直前に投入されたヘッドで叩き込み、3-1とする。 初勝利が近づく大分は70分にも追加点。渡邉がダイレクトパスを入れると、呉屋がトラップから反転シュート。これはGKがセーブするも、こぼれ球をDFが被ってクリアミス。渡邉が隙を見て蹴り込むと、これが狭いコースに決まり4-1。そのまま試合は終了し、大分が今シーズン初勝利を収めた。 もう1試合は前節初勝利を挙げた徳島ヴォルティスとブラウブリッツ秋田の一戦。徳島のホームで行われた試合は、堅い試合展開に。互いに決定期を迎えることがあまりない低調な試合展開となると、徐々に徳島が押し込むが、最後までゴールは生まれず。0-0のゴールレスドローに終わった。 ◆明治安田生命J2リーグ第6節 ▽3/23 徳島ヴォルティス 0-0 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大分トリニータ 4</span>-1 FC琉球 ▽3/26 《13:00》 いわてグルージャ盛岡 vs レノファ山口FC 大宮アルディージャ vs ファジアーノ岡山 《14:00》 ベガルタ仙台 vs FC町田ゼルビア モンテディオ山形 vs 東京ヴェルディ 水戸ホーリーホック vs ロアッソ熊本 栃木SC vs ジェフユナイテッド千葉 ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜FC アルビレックス新潟 vs ザスパクサツ群馬 V・ファーレン長崎 vs ツエーゲン金沢 2022.03.23 22:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly