湘南MF齊藤のJ初ゴールがJ1通算21000ゴール目を記録!同試合でイニエスタがJリーグデビュー

2018.07.22 22:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽22日に明治安田生命J1リーグ第17節のヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレが行われ、0-3で湘南が勝利した。この試合で湘南のMF齊藤未月がチーム2点目となるゴールを記録。これがJ1通算21000ゴール目となった。

▽齊藤は1点リードで迎えた後半開始早々の48分、カウンターからチャンスを作ると、ボックス手前でボールを持った山崎がラストパスを右足でシュート。これがGKキム・スンギュ脇下を抜き、J1初ゴールを記録した。

▽また、この試合では今夏に神戸へ加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、59分からFW渡邉千真との交代でピッチに送られ、Jリーグデビューを飾った。

<div style="font-size:13px;">◆J1メモリアルゴール達成者
1ゴール:マイヤー(ヴェルディ川崎) vs横浜マリノス/1993年5月15日
500ゴール:水沼貴史(横浜マリノス) vs名古屋グランパス/1993年12月1日
1000ゴール:メディナベージョ(横浜マリノス) vs鹿島アントラーズ/1994年8月17日
1500ゴール:城彰二(ジェフユナイテッド市原) vs清水エスパルス/1995年4月5日
2000ゴール:エジソン(ベルマーレ平塚) vsヴェルディ川崎/1995年8月12日
2500ゴール:江尻篤彦(ジェフユナイテッド市原) vsベルマーレ平塚/1995年11月15日
3000ゴール:三浦泰年(ヴェルディ川崎) vsセレッソ大阪/1996年8月28日
3500ゴール:高木琢也(サンフレッチェ広島) vs京都パープルサンガ/1997年5月3日
4000ゴール:横山貴之(セレッソ大阪) vsガンバ大阪/1997年8月23日
4500ゴール:レディアコフ(横浜フリューゲルス) vsジェフユナイテッド市原/1998年4月25日
5000ゴール:バジーリオ(柏レイソル) vsコンサドーレ札幌/1998年9月23日
5500ゴール:佐藤一樹(横浜F・マリノス) vs鹿島アントラーズ/1999年4月24日
6000ゴール:鈴木秀人(ジュビロ磐田) vsサンフレッチェ広島/1999年11月7日
6500ゴール:長谷川祥之(鹿島アントラーズ) vs川崎フロンターレ/2000年7月1日
7000ゴール:久保竜彦(サンフレッチェ広島) vsセレッソ大阪/2001年5月12日
7500ゴール:久保山由清(清水エスパルス) vsジェフユナイテッド市原/2001年11月3日
8000ゴール:崔龍洙(ジェフユナイテッド市原) vs名古屋グランパス/2002年9月14日
8500ゴール:ヴァスティッチ(名古屋グランパス) vsベガルタ仙台/2003年5月18日
9000ゴール:斎藤大輔(ジェフユナイテッド市原) vsヴィッセル神戸/2004年3月13日
9500ゴール:安貞桓(横浜F・マリノス) vsヴィッセル神戸/2004年9月23日
10000ゴール:前田雅文(ガンバ大阪) vs名古屋グランパス/2005年5月8日
10500ゴール:今野泰幸(FC東京) vs鹿島アントラーズ/2005年11月12日
11000ゴール:アンドレ(京都パープルサンガ) vs清水エスパルス/2006年7月23日
11500ゴール:田中佑昌(アビスパ福岡) vs川崎フロンターレ/2006年11月18日
12000ゴール:ウェズレイ(サンフレッチェ広島) vsヴィッセル神戸/2007年6月23日
12500ゴール:マルキーニョス(鹿島アントラーズ) vs東京ヴェルディ/2008年3月16日
13000ゴール:巻誠一郎(ジェフユナイテッド千葉) vs東京ヴェルディ/2008年9月14日
13500ゴール:鄭大世(川崎フロンターレ) vs浦和レッズ/2009年5月10日
14000ゴール:中山博貴(京都パープルサンガ) vs浦和レッズ/2009年11月28日
14500ゴール:赤嶺真吾(ベガルタ仙台) vs大宮アルディージャ/2010年8月22日
15000ゴール:辻尾真二(清水エスパルス) vs大宮アルディージャ/2011年5月22日
15500ゴール:ラフィーニャ(ガンバ大阪) vs横浜F・マリノス/2011年9月18日
16000ゴール:藤田直之(サガン鳥栖) vsガンバ大阪/2012年5月25日
16500ゴール:永井謙佑(名古屋グランパス) vsジュビロ磐田/2012年11月17日
17000ゴール:鈴木大輔(柏レイソル) vs清水エスパルス/2013年7月17日
17500ゴール:家長昭博(大宮アルディージャ) vs川崎フロンターレ/2014年3月15日
18000ゴール:興梠慎三(浦和レッズ) vsアルビレックス新潟/2014年9月23日
18500ゴール:塩谷司(サンフレッチェ広島) vsアルビレックス新潟/2015年5月23日
19000ゴール:高山薫(湘南ベルマーレ) vsアルビレックス新潟/2015年11月7日
19500ゴール:遠藤康(鹿島アントラーズ) vsヴァンフォーレ甲府/2016年7月17日
20000ゴール:金子翔太(清水エスパルス) vs川崎フロンターレ/2017年4月21日

20500ゴール:エウシーニョ(川崎フロンターレ) vsセレッソ大阪/2017年9月30日

21000ゴール:齊藤未月(湘南ベルマーレ) vsヴィッセル神戸/2018年7月22日

スーパーゴール&プレー、蔵出し映像など
編集部厳選の貴重映像をチェック!

コメント
関連ニュース
thumb

10日から観客動員となるJリーグ、都内を中心に感染者増加も「政府見解をベースに」

Jリーグと日本野球機構(NPB)は6日、「第11回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 7月10日から観客動員を予定されているJリーグとプロ野球だが、その点を踏まえた議論がなされた。 東京都では7月に入って以降、1日の感染者が100名を超える日が続くなど、第2波と見られる状況が発生。その他の地域でも、都内から移動した人を中心に感染者が出ている状況となっている。 Jリーグとプロ野球は10日から観客を入場させる方針だが、村井満チェアマンは「再開のあり方に関しては、政府の見解をベースに、様々な専門家会議での結果を受けている。7月10日、8月1日に関しては政府の見解をベースに行っていく。変更があるかどうかは注視していく」とコメント。また、「今日にでも答申が1つ出るという話もあったので、それを考慮して準備を進めていく」とし、方針を変えることは現時点では考えていないとコメントした。 また、三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「実際は観客を入れるという方針自身は変えない。これは政府とも折衝が行われ、地域の保健所からも了解を得ている。8月から半数を迎えるということができるかどうか。細かく状況を見ていながら、決断をすべきだと思う」と見解を示した。 Jリーグでは、10日からは5000人、8月1日からはスタジアムの50%の入場が認められている。 東京都では感染者が確認されている現状について、賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「判断が難しい。今日も色々と話をさせていただいたのは、10日〜2週間の行動様式が今の結果に出ている。100名規模を下回らないかもしれない。状況をどういう風に判断するかというのは大切」とコメント。この先の感染者の状況をしっかりと判断する必要があるとしている。 2020.07.06 11:51 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪のU-20日本代表MF西川潤が左大腿四頭筋筋損傷で全治4週間

セレッソ大阪は5日、U-20日本代表MF西川潤の負傷を発表した。 クラブの発表によると、西川は3日のトレーニング中に負傷。左大腿四頭筋筋損傷と診断され、全治4週間とのことだ。 西川は、桐光学園高校から今シーズン加入。YBCルヴァンカップとJ1リーグ第1節ではベンチ入りしていたが出場はなかった。 2020.07.05 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

開始早々のジャーメイン良弾を守り切り仙台が湘南を下す! 湘南は2連敗に…《J1》

明治安田生命J1リーグ第2節、湘南ベルマーレvsベガルタ仙台が4日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-0で仙台が勝利した。 開幕戦では浦和レッズとの打ち合いの末、2-3で敗れた湘南はこの中断期間で守備面の修正に着手。初勝利を目指す今節の先発は、開幕戦から山田に代えて松田を起用した。 一方、仙台は開幕節で名古屋グランパスと1-1のドロー。こちらも初勝利を目指す中で、ケガから復活した長沢の他、GK小畑、石原崇兆、椎橋、関口、さらにこの中断期間中に加入した西村が先発に名を連ねた。 試合開始早々に動く。3分の仙台の攻撃。右サイドを駆け上がったジャーメイン良がループ性のクロスを送ると、これが風に乗りそのままゴールへ吸い込まれていった。 序盤は仙台が主導権を握っていたが、徐々に湘南が盛り返しを見せる。23分、鈴木のアーリークロスにボックス中央でタリクが頭で合わせるも枠を捉えられず。43分には岡本のクロスのこぼれ球をボックス右で収めた鈴木が左足で狙う。しかし、GK小畑の好セーブに阻まれて同点弾を生み出せず、試合を折り返す。 後半立ち上がりからリードを広げに掛かる仙台は53分、左CKのこぼれ球にボックス中央手前から石原崇兆が強烈なシュート。地を這う強烈なシュートだったが、惜しくもゴール左に逸れた。 膠着状態が続く中、湘南は交代カードを駆使して仙台ゴールを襲いかかる。59分の途中出場の茨田のミドルシュート、同じく途中投入の指宿のポストプレーを起点に攻撃を試みるも、なかなか決定機まで持ち込めない。後半アディショナルタイムには、左サイドからのFKをゴール前に蹴り込むもディフェンダーに弾き出され万事休す。 直後にタイムアップのホイッスルが鳴り、早々のゴールを守り切った仙台が1-0で勝利を飾った。 湘南ベルマーレ 0-1 ベガルタ仙台 【仙台】 ジャーメイン良(前3) 2020.07.04 22:20 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京がCKから渡辺剛の一撃、数的不利の柏を寄せ付けず開幕連勝《J1》

4日、明治安田生命J1リーグ第2節の柏レイソルvsFC東京が三協フロンテア柏スタジアムで行われ、0-1でFC東京が勝利した。 2月21日に開幕を迎えたJ1だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断。約4カ月が経過し、ついに再開となった。 J1に昇格したシーズンながら、開幕戦は北海道コンサドーレ札幌を相手に4ゴールを記録して勝利。スタメンは2人変更し、MF三原雅俊、FWクリスティアーノが外れ、MF大谷秀和、MFマテウス・サヴィオが入った。 対するFC東京は、清水エスパルス相手に3ゴールを記録し勝利。開幕から4人を変更し、DF中村帆高、MF橋本拳人、MF三田啓貴、FW田川亨介が外れ、DF小川諒也、MF安部柊斗、MF東慶悟、MFアダイウトンが起用された。 立ち上がりから、互いに主導権を握ろうとする展開を見せる中、[4-3-3]でスタートしたFC東京が、開始数分で[4-4-2]へとシステムを変更。柏の攻撃に対応していく。すると11分、すでにイエローカードをもらっているヒシャルジソンがディエゴ・オリヴェイラにアフタータックル。ディエゴ・オリヴェイラは右ヒザを痛め、一時ピッチ内が騒然となる。 徐々にFC東京がペースを掴む中25分、レアンドロの縦パスを受けたディエゴ・オリヴェイラがヒシャルジソンと染谷を相手にドリブルで突破。GKキム・スンギュとの一対一となるが、シュートをキム・スンギュがセーブし、得点を許さない。しかし28分、ディエゴ・オリヴェイラはヒシャルジソンのタックルを受けたヒザの痛みを訴え、田川と交代する。 ポゼッションは柏が握っているものの、なかなかFC東京ゴールへ迫ることができない。一方のFC東京は、中盤でしっかり守備対応するも、そこから攻撃にうまく移ることができない。 前半はゴールレスで終えた試合。後半は柏が立ち上がりから攻め込む展開となる。49分、右サイドから高橋がクロス。これを中央で江坂が浮かせるとオルンガが合わせに行くが、わずかに届かず決定機とならない。 50分、瀬川と高萩の頭部が空中で激突。互いにピッチに倒れ込むが、無事にプレーに戻る。 53分には右サイドでボールを持った室屋が見せる。ドリブルでカットインと見せかけて縦へと仕掛けると、対応にきたヒシャルジソンをかわしボックス内へ。倒れ込むも、そのままシュートを放ちCKを獲得。そのCKから最後はアダイウトンがボックス中央へドンピシャヘッド。しかし、GKキム・スンギュがビッグセーブを見せて得点を許さない。 柏は56分にチャンス。東の背中に当たったボールがオルンガに渡ると、オルンガ独走。森重がカバーに入るも、そのままオルンガがシュート。しかし、枠を外れる。57分には東京陣内で柏がパスを回すと、江坂のクロスをオルンガがヘッド。しかし、これも僅かに枠を外れる。 押し込む展開が続く柏だったが60分、ヒシャルジソンがアダイウトンを後ろから倒してしまい、2枚目のイエローカードをもらって退場に。このFKをレアンドロが直接狙うも、壁に当たりCKとなる。 このCKから小川がクロスを上げると、ファーサイドで森重が頭で折り返すし、最後は渡辺が飛び込んで押し込みFC東京が先制する。 先制を許した柏はマテウス・サヴィオに代えて戸嶋、大谷に代えて神谷を投入。すると74分にFKから神谷がGKとDFラインの間にクロス。これをオルンガが合わせに行くが、わずかに届かない。 FC東京はビッグチャンス。右サイドの室屋からのグラウンダーのクロスを田川が合わせたが、GKキム・スンギュが肩で止め、追加点を許さない。 その後もオルンガにボールを集めてゴールを目指す柏だったが、最後までFC東京の守備陣を崩せず。そのまま試合は終了し、0-1でFC東京が開幕から連勝を飾った。 柏レイソル 0-1 FC東京 【FC東京】 渡辺剛(後17) 2020.07.04 22:17 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がJ1通算400勝を達成! 相馬弾とOGで清水に逆転勝利 清水は連続逆転負けに…《J1》

新型コロナウイルスによる中断期間を経て4日、遂に明治安田生命J1リーグも再開。IAIスタジアム日本平で行われた第2節の清水エスパルスvs名古屋グランパスは、2-1で名古屋が勝利した。 ピーター・クラモフスキー監督の下、攻撃的サッカーへの転換を図る清水。FC東京との開幕節では先制するも1-3で逆転負け。今回はその試合から先発を大幅に変更し、GK梅田、金井、竹内、岡崎、鈴木、カルリーニョス・ジュニオの6名が入った。直近の4試合で全勝と相性の良い名古屋を迎え討つ。 対する名古屋は開幕節でベガルタ仙台と1-1のドロー。あと一押しが足りず、勝ち点1を得るにとどまった。中断期間中は金崎とランゲラックが新型コロナウイルス陽性反応の診断を受け、全体練習などに影響が出たが、前者はベンチ入り、後者は先発出場で試合に臨む。開幕節からのメンバー変更は米本に代えてジョアン・シミッチのみとなっている。 試合開始から清水がボールを支配。吉田の背後を突き右サイドから良い形を演出する。すると、18分にスコアを動かす。センターサークル付近で金子がボールを奪取し後藤へ。持ち上がった後藤は相手を引き付けて右に流すと、走り込んだ金子がワンタッチでボックス内へ侵入。右足のシュートでネットを揺らした。 名古屋はすぐさま反撃。32分、ボックス手前右でパスを受けたマテウスのクロスに合わせたジョアン・シミッチのヘディングシュートはGK梅田に阻まれ混戦に。シミッチの2度目のシュートも防がれたが、最後は相馬が押し込んで同点に追いついた。 試合を振り出しに戻し勢いに乗る名古屋は40分、右サイドを抜け出した前田のグラウンダーのクロスが、GK梅田とヴァウドの交錯を引き起こしオウンゴールを誘発。2-1と逆転して試合を折り返した。 迎えた後半、先に決定機を作ったのは名古屋。52分、FKのチャンスにマテウスが強烈なシュートを放つ。これはゴール右ポストに弾かれ得点とはならなかった。 追う清水もチャンスを迎える。56分、奥井のクロスのこぼれ球に反応した金子がシュート。66分にはクロスに途中出場のティーラシン・デーンダーが飛び込むも、両決定機ともにGKランゲラックに処理された。 リードする名古屋は96分に相馬がレッドカードで退場するも、このまま逃げ切りに成功。再開初戦に2-1で名古屋が逆転勝利を飾り、J1通算400勝を達成した。 2020.07.04 22:15 Sat
twitterfacebook
ニュース一覧へ戻る