アルゼンチン代表、メンバー発表…新たに国内組5名を招集《国際親善試合》

2018.03.13 10:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチンサッカー協会(AFA)は12日、同国代表メンバー27名を発表した。

▽アルゼンチン代表を率いるホルヘ・サンパオリ監督は、既に公表の国外組に加えて、新たに国内組を招集。ラシン・クラブでプレーする有望株のFWラウタロ・マルティネスがメンバー入りを果たしている。

▽アルゼンチンは、この代表ウィーク中に2試合の国際親善試合を予定。イタリア代表(23日)と、スペイン代表(27日)と対戦する。
◆アルゼンチン代表メンバー
GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ウィルフレッド・カバジェロ(チェルシー/イングランド)
ナウエル・グスマン(ティグレス/メキシコ)
DF
ファブリシオ・ブストス(インディペンディエンテ)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ)
マルコス・アクーニャ(スポルティング/ポルトガル)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ/ポルトガル)
フェデリコ・ファシオ(ローマ/イタリア)
ラミロ・フネス・モリ(エバートン/イングランド)
マルコス・ロホ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン)
MF
マクシミリアーノ・メサ(インディペンディエンテ)
パブロ・ペレス(ボカ・ジュニアーズ)
ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏/中国)
レアンドロ・パレデス(ゼニト/ロシア)
ルーカス・ビリア(ミラン/イタリア)
マヌエル・ランシーニ(ウェストハム/イングランド)
エベル・バネガ(セビージャ/スペイン)
ジオバニ・ロ・セルソ(パリ・サンジェルマン/フランス)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)
FW
リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/イングランド)
ゴンサロ・イグアイン(ユベントス/イタリア)
ディエゴ・ペロッティ(ローマ/イタリア)
クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)
ラウタロ・マルティネス(ラシン・クラブ)

関連ニュース
thumb

アルゼンチンが前回対戦同様にオランダとのPK戦制す! 土壇場被弾で2点差追いつかれるも4強進出《カタールW杯》

カタール・ワールドカップ(W杯)の準々決勝、オランダ代表vsアルゼンチン代表が9日に行われ、2-2で120分の戦いが終了。その後、PK戦を3-4で制したアルゼンチンが準決勝進出を決めた。 グループA首位通過のオランダはラウンド16でアメリカ代表と対戦。ダンフリースの1ゴール2アシストの圧巻の活躍もあり、3-1のスコアで順当に8強入りを決めた。2大会前のリベンジを狙うファン・ハール率いるチームは、そのアメリカ戦から先発1人を変更。クラーセンに代えてベルフワインをデパイと共に2トップに置き、ガクポをトップ下に移した。 一方、グループCを首位通過したアルゼンチンは前ラウンドでオーストラリア代表と対戦。再三の決定機逸で思わぬ苦戦を強いられながらも、メッシとアルバレスのゴールを守り切って2-1の勝利を収め、決勝トーナメント初戦を突破した。難敵撃破を目指した中5日での一戦では先発1人を変更。パプ・ゴメスに代えてリサンドロ・マルティネスを起用し、オーストラリア戦終盤の[3-5-2]を採用した。 2014年ブラジル大会の準決勝以来の再戦となる両者のベスト4進出を懸けた大一番は、ミラーゲームの形となったことで、序盤から一進一退の攻防となる。 互いにビルドアップの局面ではそこまで強い制限をかけず、ブロックを組んで迎え撃つ対応が目立つ。そのため、両チーム共に要所で相手の守備網をかいくぐってフィニッシュに持ち込むが、なかなか相手GKを脅かすまでには至らず。 前半半ばを過ぎても睨み合いの状況が続く中、やはり均衡を破ったのはアルゼンチンが誇る絶対的エースの左足だった。 35分、相手陣内中央右でボールを持ったメッシが内側へドリブルで運びながら、右ウイングバックのポジションから斜めのランニングでボックス内へ走り込むモリーナへ針の穴を通すかのような絶妙なスルーパスを供給。DFを一瞬振り切ってゴール前に飛び出したモリーナがGKの寸前で右足のシュートをゴール左下隅へ流し込んだ。 メッシの超絶アシストから伏兵モリーナのゴールで先手を奪ったアルゼンチンは、これで受けに回ることなく2点目を目指す。40分にはボックス中央でアルバレスから足元にパスを受けたメッシが鮮やかな反転からシュートに持ち込むが、これは惜しくもGK正面。 一方、前半の内に攻撃の糸口を掴みたいオランダはセットプレーから幾度かチャンスを窺ったが、アルゼンチンの身体を張った守備を前に決定機まで持ち込むことができなかった。 迎えた後半、先に動いたのはビハインドを追うオランダ。ベルフワインとデ・ローンを下げてベルフハイス、コープマイネルスを同時投入し、前線の並びをガクポとデパイの2トップ+ベルフハイスのトップ下という形に変えた。 後半立ち上がりはオランダが勢いを持って入ったものの、前半同様に時間の経過と共に試合は膠着状態に陥る。それでも、攻守両面で集中力とプレー強度を維持するアルゼンチンがカウンターを軸により際どいシーンを作り出す。 そして、63分にはメッシの鋭い仕掛けで得たボックス手前左好位置のFKを名手メッシが直接狙うが、これはわずかにクロスバーの上を越える。 守備は粘るものの攻撃が停滞するオランダは64分にブリントを下げてターゲットマンのルーク・デ・ヨングを投入。攻撃的な[4-2-3-1]に並びを変えた。だが、この交代も攻撃の活性化とはならない。 一方、追加点を奪って試合を決めたいアルゼンチンは一瞬の隙を突いてビッグチャンスを作る。73分、左サイドのボックス付近で仕掛けたアクーニャが巧みな切り返しでダンフリースのファウルを誘ってPKを獲得。ここでキッカーを務めたメッシはポーランド戦での失敗を払しょくする見事なシュートをゴール右隅に突き刺し、W杯通算ゴール数を2桁の大台に乗せた。 これで勝利を確信したか、スカローニ監督はカードをもらっていたアクーニャとロメロに代えてタグリアフィコとペッセージャ、献身性が光ったアルバレスに代えてラウタロ・マルティネスを投入し、交代枠を使い切る。 対して崖っぷちのオランダはエースのデパイを下げてヴェグホルストを投入し、L・デ・ヨングとのツインタワーという力業に攻撃のアプローチを変えると、これが見事に嵌る。 83分、相手陣内右サイドのベルフハイスが早めのタイミングでクロスボールを入れると、ボックス中央にタイミング良く走り込んできたヴェグホルストがゴール左隅へ見事なヘディングシュートを流し込んだ。 このゴールで一気に分からなくなった試合は最終盤にかけてヒートアップ。パレデスのアケに対する危険なタックル、相手ベンチにボールを蹴り込む愚行によって両軍入り乱れる混乱も見受けられた中、オランダは10分が加えられたアディショナルタイムに決死のパワープレーを敢行していく。 すると、最後の最後に劇的ゴールが生まれる。後半アディショナルタイム11分、ボックス手前中央の好位置の場面でFKを得たオランダはこの土壇場でサインプレーを敢行。キッカーのコープマイネルスが壁の横に立っていたヴェグホルストの足元に意表を突くショートパスを送ると、DFを巧みにブロックした巨漢FWが反転からの左足シュートをゴール右隅に流し込んだ。 オランダの驚異の粘りによって2-2のイーブンで前後半の戦いを終えた両者は延長戦に突入。追いついてより勢いがあるオランダだが、前半のバランス重視の戦い方に戻す。これを受け、延長前半は再びアルゼンチンがボールを握って押し返す形となるが、メンバー変更の影響もあって決め手を欠く。 その後、勝負の延長後半ではアルゼンチンが負傷明けの切り札ディ・マリアを投入し、延長戦での決着を目指す気概を見せると、ここから完全にオランダを押し込む。その流れでボックス内のラウタロのダイレクトシュートやエンソ・フェルナンデスのミドルシュートで決定機を創出。だが、シュートがポストを叩くなど最後のところでオランダの守備を崩し切れない。 そして、前回対戦に続き試合の決着はPK戦に委ねられることになった。そのPK戦ではアルゼンチン守護神エミリアーノ・マルティネスが圧巻の活躍。先攻オランダの1人目ファン・ダイク、2人目ベルフハイスのシュートを完璧に読み切って連続セーブ。その後は互いに成功した中、アルゼンチンは4人目のエンソ・フェルナンデスが外して5人目までもつれ込むが、今大会を通じて決定機逸が目立つラウタロが名誉挽回の完璧なシュートを突き刺し、前回対戦に続きアルゼンチンがPK戦を制した。 なお、ベスト4進出を決めたアルゼンチンは13日に行われる準決勝でブラジル代表を破ったクロアチア代表と対戦する。 オランダ代表 2-2(PK:3-4) アルゼンチン代表 【オランダ】 ヴェグホルスト(後38) ヴェグホルスト(後56) 【アルゼンチン】 モリーナ(前35) メッシ(後28[PK]) 2022.12.10 07:06 Sat
twitterfacebook
thumb

衝撃のトラップ! 24年前のW杯準々決勝、アルゼンチンを土壇場で撃墜したオランダ代表FWベルカンプのスーパーゴールが再脚光

カタール・ワールドカップ(W杯)もいよいよ残すところ準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝となった。 残り約1週間となった今大会。ベスト8を目指した日本代表は残念ながら敗退となったが、残された8カ国はどこが優勝してもおかしくない実力国だ。 準々決勝の対戦カードもどちらが勝ってもおかしくない対決ばかり。その中で、これまで多くのレジェンドを輩出し、W杯で何度も対戦しているのがオランダ代表vsアルゼンチン代表だ。 最も直近では、2014年のブラジルW杯。準決勝で対戦すると、PK戦の末にアルゼンチンが勝利を収めていた。 当時を知るルイス・ファン・ハール監督が率い、ステファン・デ・フライやデイリー・ブリントは今大会もメンバーとしている。 W杯で見れば、1974年が最初の対戦に。続いて1978年、1998年、2006年と対戦し、今回がなんと6度目の対戦となる。 グループステージでの対戦は1974年と2006年の2回。それ以外は、ノックアウトステージでの対戦となり、アルゼンチンが勝ったのは1978年の延長戦と、2014年のPK戦のみという結果だ。 その中でも印象深いゴールは1998年の準々決勝での対戦ではないだろうか。 日本が初めて出場したフランスW杯。グループステージでも同居したアルゼンチンが戦った試合だが、この試合で決勝ゴールを決めたのがオランダ代表FWデニス・ベルカンプだ。 アヤックスやインテル、アーセナルでプレーしたベルカンプ。当時はアーセナルに所属していたが、1-1で迎えた中、延長戦に突入するかと思われた89分に衝撃のゴールを決める。 自陣でボールを持ったフランク・デ・ブールが前線にロングフィードを送ると、ボックス内に走り込んだベルカンプが後方からのボールをいとも簡単にトラップ。奪いにきたロベルト・アジャラをトラップの流れでかわし、ゴールに戦い込んだのだ。 デ・ブールの正確なロングフィードはもちろんのこと、後方からのボールwジャンプしながらトラップし、着地と同時に奪いに来たアジャラをボールを叩きつけてかわしてのシュート。今見えても技術の高さがわかるスーパーゴールだ。 なお、ここで勝利したオランダは、準決勝でブラジル代表にPK戦の末に敗れると、3位決定戦ではクロアチア代表に敗れて4位で大会を終えていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ベルカンプのテクニック光る!ロングフィードをジャンピングトラップから劇的決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cl5_q2yt7OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cl5_q2yt7OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cl5_q2yt7OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.09 22:30 Fri
twitterfacebook
thumb

8年越しのリベンジか再びの勝利か 14年大会はPK戦でアルゼンチンがオランダを撃破、当時もメッシがキャプテンでファン・ハール監督が指揮

8年前の対決を覚えているか。 9日、カタール・ワールドカップ(W杯)準々決勝のオランダ代表vsアルゼンチン代表が行われる。 悲願の初優勝を目指すオランダと、36年ぶり3度目の制覇を狙うアルゼンチン。両者は2014年のブラジル大会の準決勝でも顔を合わせている。 アリエン・ロッベンとロビン・ファン・ペルシをそろえたオランダだが、120分間ゴールを奪えずPK戦へ突入すると、アルビセレステのGKセルヒオ・ロメロが2本をストップ。4人目のマキシ・ロドリゲスが力強い一撃を沈め、PKスコア4-2でアルゼンチンが決勝へと駒を進めていた。 アルゼンチンは当時もリオネル・メッシがキャプテンを務め、オランダはルイス・ファン・ハール監督が指揮。ステファン・デ・フライやデイリー・ブリントもピッチへ立っていた。 今回はベスト4を懸けて相まみえる両国。8年越しのリベンジか、再び蹴散らすか。キックオフは28時を予定している。 <span class="paragraph-title">【動画】2014年大会、PK戦での決着となったオランダvsアルゼンチン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cl8CJSHN9j9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cl8CJSHN9j9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cl8CJSHN9j9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.09 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

オランダGKノペルト、メッシのPKを阻止できるか問われ「メッシだって…」

オランダ代表GKアンドリース・ノペルトが、対戦を控えるアルゼンチン代表の絶対的エース、リオネル・メッシに言及した。ポルトガル『A Bola』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)のグループAを首位通過し、決勝トーナメント1回戦ではアメリカ代表を3-1で下したオランダ代表。9日に行われる準々決勝ではベスト4を懸け、アルゼンチン代表と対戦する。 そんな同代表において、注目度が上昇している選手の1人がここまで全4試合に出場する28歳のGKノペルト。大会までに国際Aマッチの出場経験がなかったにも関わらず、4試合で2失点と、安定したパフォーマンスが高く評価されている。 そのノペルトはアルゼンチン代表戦を控えるなか、今大会の目標を問われ「W杯制覇」と断言。また、同代表のメッシにPKを与えてしまった場合、そのキックを阻止する自信があるかと問われると大きな自信をのぞかせた。 「メッシだって失敗することはあるさ。僕もみんなと同じようにカタールでの彼を見てきた。彼も他の人間と同じく、足でボールを扱い、足でシュートを放つ。いたって普通のことさ。(対戦時に)ペナルティの機会はあるかもしれない」 メッシはグループステージ第2戦のポーランド代表戦でPKを相手GKに阻止されており、ノペルトはそれを引き合いにした格好に。オランダ代表とアルゼンチン代表の注目の一戦は9日28時00分(日本時間)から行われる。 2022.12.08 20:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクが次戦への意気込みを語る「あらゆることに対処する準備ができている」

オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、アルゼンチン代表戦に向けた公式会見に臨んだ。 オランダは3日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で、グループBを2位で通過したアメリカ代表と対戦し3-1で勝利。準々決勝では、ラウンド16でオーストラリア代表を下したアルゼンチンと対戦する。 7日に公式会見に臨んだファン・ダイクは、強豪相手だが準備はできていると次戦への意気込みを語った。 「アルゼンチンは史上最高の選手を擁する強豪だが、我々はあらゆることに対処する準備ができている。我々はメッシと対戦するのではなく、チームと対戦する。もちろんメッシは、クリスティアーノ・ロナウドとともに過去15年間のサッカー界を代表する存在であり、その歴史に名を刻んでいる。僕たちは、メッシだけでなく他の選手に対しても、常に最大限の尊敬の念を抱いている。メッシと対戦できるのは光栄なことだ。だけど、オランダが対戦するのはメッシではなく、アルゼンチンであり、一人で勝てる試合はないのだ」 また、2014年ブラジルW杯でオランダが敗退した準決勝と同じ対戦カードになったことについて問われると、「僕にとっては過去の対戦成績は関係ありません。ただ、ワールドカップの準々決勝ということで特別な試合ですし、この舞台に立てること、準決勝に進出できる可能性があることを誇りに思っている。そして僕たちが常に抱いていた夢に近づくことができる。念願の優勝まではあと3試合だ」と語った。 2022.12.08 06:31 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly