3年ぶり復帰のMFチョン・ウヨンは5番に決定、神戸が2018シーズン新体制発表会

2018.01.19 16:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽ヴィッセル神戸は19日、新体制発表会を開き、2018シーズンにおける選手背番号を発表した。

吉田孝行体制2シーズン目を迎える神戸は、新シーズンに向けて、FWウェリントンやMF三田啓貴、DF那須大亮が加わったほか、MFチョン・ウヨンが3シーズンぶりの復帰。コーチ陣に元浦和レッズ指揮官のゲルト・エンゲルス氏をヘッドコーチに招き、クラブ悲願のタイトル獲得に機運が高まる。背番号は、チョン・ウヨンが前所属時に着用した16番から5番に心機一転。ウェリントンが17番、三田が8番、那須が2番を着用することが決まった。

▽なお、クラブスローガンは「一致団結〜To become the No.1 Club in Asia〜」に決定。神戸という街と共に「サッカーを通じて地域社会に貢献すること」、「地域に密着したサッカーの技術向上」、「世界に誇れるスポーツクラブの創造」を目指していく。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態
GK
1.前川黛也
18.キム・スンギュ
28.吉丸絢梓
29.荻晃太☆←(名古屋グランパス)※完全移籍

DF
2.那須大亮☆←(浦和レッズ)※完全移籍
3.渡部博文
4.北本久仁衛
6.高橋峻希
15.宮大樹☆←(びわこ成蹊スポーツ大学)※新加入
22.橋本和
34.藤谷壮
39.伊野波雅彦

MF
5.チョン・ウヨン☆←(重慶力帆/中国)※完全移籍
8.三田啓貴☆←(ベガルタ仙台)※完全移籍
14.藤田直之
20.増山朝陽☆←(横浜FC)※期限付きから復帰
23.松下佳貴
24.三原雅俊
27.郷家友太☆←(青森山田高校)※新加入
36.野田樹☆←(FC今治)※期限付きから復帰
38.佐々木大樹☆←(ヴィッセル神戸U-18)※昇格

FW
9.ハーフナー・マイク
10.ルーカス・ポドルスキ
11.レアンドロ
13.小川慶治朗
17.ウェリントン☆←(アビスパ福岡)※完全移籍
19.渡邉千真
21.田中順也
33.大槻周平

関連ニュース
thumb

イニエスタが妻とともに「ピンクリボン運動」を応援「一緒になってこの病気と闘っていきましょう」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、「ピンクリボン運動」を呼び掛けている。 1980年代に乳がんで亡くなられた患者の家族が悲劇を繰り返さないようにとの願いを込めてピンクリボンを作り、啓発運動として始まった「ピンクリボン運動」。10月は乳がんの早期発見、早期治療を呼びかける「ピンクリボン月間」として知られている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響もあり、検診の受診者が減少しているとのこと。そんな中、サッカー界のスターでもあるイニエスタが、妻のアンナさんと共にSNSで呼びかけた。 「共に乳がんと立ち向かおう。みんなで、苦しんでいる全ての人々とその家族を応援しましょう」 「女性だけの問題ではなく、私たちも一緒になってこの病気と闘っていきましょう」 <span class="paragraph-title">【写真】イニエスタが妻のアンナさんと共に検診を呼びかけ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Juntos contra el cáncer de mama. Unidos para apoyar a todas aquellas mujeres que lo sufren y a sus familiares. No es un problema solo de ellas, todos sumamos para luchar contra esta enfermedad.<a href="https://twitter.com/hashtag/SacaPecho?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SacaPecho</a><a href="https://twitter.com/hashtag/D%C3%ADaMundialContraElC%C3%A1ncerDeMama?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DíaMundialContraElCáncerDeMama</a> <a href="https://t.co/95OIEbc8lM">pic.twitter.com/95OIEbc8lM</a></p>&mdash; Andrés Iniesta (@andresiniesta8) <a href="https://twitter.com/andresiniesta8/status/1450343906726400000?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「クールだ」神戸FWボージャンが四字熟語のタトゥーを披露!「めっちゃ好きになった」

ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが日本語のタトゥーを施した。 バルセロナのカンテラ出身のボージャンは、2007年9月にトップチームデビューを果たし、当時17歳19日でFWリオネル・メッシの最年少デビュー記録を塗り替えた。その後は、ローマ、ミラン、アヤックス、ストーク・シティ、マインツ、アラベスとクラブを転々とした後、2019年夏にモントリオール・インパクトへと新天地を求め、半年のフリー期間を経て、この夏に神戸に加入した。 神戸ではここまで5試合に出場し、2日の浦和レッズ戦では初ゴールをマーク。さらに、16日のアビスパ福岡戦では初先発を飾った。 日本に適応し始めているボージャンだが、文化の面でも日本の要素を取り入れようとしている。ボージャンは18日に自身のツイッターを更新。「新しいタトゥー」というコメントとともに「一期一会」と漢字で書かれたタトゥーを左腕に入れたことを報告した。 ボージャンは「一期一会は、過去や未来に囚われることなく、今という特別な瞬間に集中することを教えてくれる」とこの四字熟語を選んだ理由を明かしている。 このタトゥーに対してファンからは「クールだ」「かっこいい」「日本を気に入ってくれたのかな」「これは嬉しい」「めっちゃ好きになった」と好意的な声が続々と寄せられている。 <span class="paragraph-title">【写真】ボージャンの左腕に大きく刻まれた四字熟語タトゥー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> tattoo! <br>ichi-go ichi-e (一期一会) teaches us to focus on the unique present moment without allowing ourselves to worry about the past or the future. <a href="https://t.co/M8cN4IR38t">pic.twitter.com/M8cN4IR38t</a></p>&mdash; Bojan Krkic (@BoKrkic) <a href="https://twitter.com/BoKrkic/status/1450078452778950658?ref_src=twsrc%5Etfw">October 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.19 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸が看板を蹴り上げた初瀬亮の行動を謝罪…本人も反省「二度と行いません」

ヴィッセル神戸は18日、DF初瀬亮の行動について謝罪した。 クラブが謝罪した行動は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第32節のアビスパ福岡戦。0-0で推移する中、86分にFWドウグラスがゴールを決めて、神戸が先制。1-0で勝利した。 その得点直後、ドウグラスのゴールをアシストした神戸の初瀬がピッチ脇にあるスポンサーの看板を蹴り上げる暴挙に出ていた。 神戸はこの行為に対し、初瀬へ厳重注意を行ったと報告。「得点後の感情の高ぶりからやってはいけない行為をしてしまいました。二度と行いません」と、初瀬本人が反省していると報告した。 神戸は「日頃より支えていただいている関係者の皆様、サッカーファンの皆様に深くお詫び申し上げま」と謝罪。「今後同様な行為が繰り返されぬよう、指導及び教育を徹底し、スポーツマンシップに則った姿勢で取り組んでいく所存でございます」とした。 <span class="paragraph-title">【動画】ドウグラスが値千金のゴール! 神戸vs福岡ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19f6kidz0zv431ps61ma64yovf" async></script> 2021.10.18 12:58 Mon
twitterfacebook
thumb

途中出場ドウグラスが神戸の救世主に! 10試合ぶりのゴールで福岡下す【明治安田J1第32節】

明治安田生命J1リーグ第32節、ヴィッセル神戸vsアビスパ福岡が16日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-0で神戸が勝利を収めた。 3位の神戸(勝ち点57)と、8位の福岡(勝ち点46)による一戦。前節の神戸は浦和レッズにホームで5-1と大勝し、ここ4試合で3勝目を挙げた。一方の福岡は清水エスパルスに敗れ6試合ぶりの黒星を喫している。スタメンに関して、神戸は日本代表で負傷した大迫がメンバー外となった一方、ボージャンが初先発。福岡は好調の山岸とフアンマが2トップを組んだ。 試合は予想通り神戸がボールを保持する内容で推移。だが、[4-4-2]の連動したブロックを敷く福岡を前に、思うようにゴールまで運べない時間が続く。なかなか縦パスが入らないため、神戸は自ずとサイドを攻撃の起点に。しかし、高さで劣る前線にほとんど合わせることができない。 そんな中10分、敵陣中央の空いたスペースでパスを受けたボージャンがボックス手前左に運んで左足一閃。反り上がるような強烈なミドルシュートがゴール左上を捉えたが、福岡GK村上の好セーブに遭った。 その後はしばらく停滞気味に。神戸は攻撃の糸口を見つけることができず、カウンター狙いの福岡も単発的な攻撃に終始。共に相手ゴールを脅かすまでには至らない。 0-0で迎えた後半、立ち上がりに神戸は初瀬のブレ球ミドルシュートで福岡ゴールに迫るが、ここは冷静に弾き返したGK村上に軍配。依然として試合は無得点のまま進んでいく。 すると61分、神戸にここまでで最大の決定機が訪れる。厚みのある攻撃でこぼれ球を回収しながらボックス右に展開し、サンペールがマイナス方向へグラウンダーのクロス。フリーで待ち構えていたイニエスタがペナルティアーク内から狙いすました右足のシュートを放つが、惜しくも左ポストの外側。イニエスタも思わず頭を抱えた。 さらにその直後には、速攻から武藤にゴールチャンス。右サイドから左足でカットインし、ミドルシュートを試みたが、これはGKの正面に。64分にも初瀬のクロスから武藤が頭で合わせるも、今度は枠を捉えられず。 この辺りから互いに交代カードを切りながらテコ入れを図るが、なかなかすぐには効果は現れない。終盤に入り、神戸はイニエスタを下げて中坂を投入し、やや守備的な采配に出る。 そんな中迎えた86分、ついに試合が動いた。神戸は左サイドの初瀬が味方とのワンツーで深い位置を抉り、高い軌道のクロスを供給。これに飛び込んだ途中出場のドウグラスが打点の高いヘディングシュートをねじ込み、土壇場で勝ち越しに成功した。 ドウグラスの実に10試合ぶりのゴールで均衡を破った神戸。後半アディショナルタイムには、福岡のクルークスに決定的なシュートを許したが、酒井がゴール前でブロックするファインプレーを見せる。 そして、試合はそのまま1-0でホームの神戸が勝利。2連勝で勝ち点60に到達した。一方の福岡は、J1残留決定は次節以降に持ち越しとなった。 ヴィッセル神戸 1-0 アビスパ福岡 【神戸】 ドウグラス(後41) 2021.10.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.89】今こそ代表エースに定着した原点回帰を!エースの存在価値が問われる大一番/大迫勇也(ヴィッセル神戸/FW)

「(サウジアラビア戦も)チャンスはあったので。僕自身決めないといけないシーンはあると思います。そこを分かりつつ、後はチームとして得点のチャンスを増やすためにどうするかを話し合っています。勝てる確率を高くしていくのが僕らが今、やるべきことだと思うし、本当に最高の準備をしないといけない。いい切り替えをして試合にのぞまないといけないと思います」 2022年カタール・ワールドカップ(W杯)出場権獲得に向け、最終予選序盤戦で早くも2敗と崖っぷちに立たされている日本代表。12日のオーストラリア戦(埼玉)はその行方を大きく左右するだけなく、森保一監督体制続行の是非も問われる大一番となる。 「正直、(これだけのプレッシャーは)初めての経験。やっぱり簡単な試合はない」とW杯予選初参戦の古橋亨梧(セルティック)も異様なムードに驚きを隠せない様子だが、若い世代の大半がこの苦境をどう乗り切るか戸惑っているはず。だからこそ、過去の最終予選を知る面々が力強くチームをけん引しなければいけない。 大迫勇也も2014年ブラジルW杯最終予選こそ経験していないが、2018年ロシアW杯大会の時は苦境続きだった前半戦の山場である2016年11月のサウジアラビア戦(埼玉)から参戦。そこまでの1年半、代表から遠ざかってドイツで屈強かつ大柄なDF陣と対峙してきた経験値をいかんなく発揮し、2-0の勝利に貢献。そこから絶対的1トップの座を射止めた。 「やっぱドイツはゴール前の強さがすごくありますからね。自陣にしろ、相手陣内にしろ。そこでプレーする回数が増えて、点を重ねることができれば、それだけ自分も強くなるし、成長できるってこと。アジア予選はいつも通りやってれば大丈夫だと思ってたんで」と自信満々に話したように、急激な成長曲線を辿っていた当時の大迫は本当に頼もしかった。あれから5年が経過し、アジア最高峰FWになった今、その自信とチャレンジャー精神が少し欠けているのではないだろうか。 実際、大迫へのマークの厳しさは凄まじいものがある。9月の初戦・オマーン戦(吹田)では彼と鎌田大地(フランクフルト)のタテのホットラインを相手が徹底的に消してきて、仕事らしい仕事をさせてもらえなかった。続く中国戦(ドーハ)は伊東純也(ヘンク)の右サイドの鋭い突破からの折り返しを右足で決めきったが、前回のサウジアラビア戦(ジェッダ)でも大迫は封じられてしまった。鎌田からのタテパスに抜け出した決定機もゴールにつなげられず、どこか波に乗り切れない部分を本人も感じているはずだが、そういう時こそ原点回帰を図るべき。絶対的1トップに定着した頃のギラギラ感や野獣のような目線を取り戻せば、必ず壁を破れるに違いない。 オーストラリアという強敵は、むしろ弾みをつける意味で絶好の相手と言っていい。前回最終予選にも参戦していた守護神・ライアン(レアル・ソシエダ)は健在だし、セインズベリー(コルトレイク)とソウター(ストーク・シティ)の2センターバックも高さと強さを兼ね備えている分、巧みな駆け引きが必要になってくる。簡単にクロスを上げても跳ね返されるだけ。大迫自身が囮になって別のアタッカーがペナルティエリア内に侵入したり、自ら2次攻撃・3次攻撃を仕掛けるなど、これまで以上の連携と意思疎通、そして泥臭さが求められるのだ。 「個人でもいろいろとイメージはしているし、プラス、チームとしてどう相手にプレッシャーをかけるか、どう相手に対して崩しに行けるかは距離感等を含め、いろいろコミュニケーションを取りながらやっている感じです。真ん中を閉めるチームが多くなったという印象ですけど、その分、サイドが空いている。うまく対応していかないといけない」と彼自身の中ではゴールへの道筋は明確に描けている様子だ。 あとはそれを実行に移すだけ。ここまで追い込まれた以上、前を向いてアグレッシブにぶつかるしかない。そういう割り切りを大迫は持てるタイプ。本田圭佑(スドゥーヴァ)や岡崎慎司(カルタヘナ)、香川真司(PAOK)といった日本攻撃陣をけん引してきた先輩たちが去り、背負うものが大きくなったのは確かだが、ここはいったん全ての重荷を横に置いて、彼らしさを前面に出すことに集中してほしい。そうすれば、ロシア切符を手中にした2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)の再現は叶うはずだ。 ボール支配に徹してくる相手をタイトなマークで封じ、井手口陽介(G大阪)と浅野拓磨(ボーフム)の2発で勝ち切ったあの名勝負とは「必ずしも同じイメージというわけではない」と大迫は言う。ただ「先手を取りたい」と熱望していた。 そのためにも、彼自身が前からプレスをかけてパスコースを消し、高い位置でボール奪取できるように仕向けるべき。それができれば、似たような展開と結果になる可能性は十分ある。日本中が歓喜したオーストラリア撃破の瞬間を大迫本人も決して忘れてはいないはず。その再現を12日の埼玉で見せてくれることを強く祈りたい。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.10.12 12:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly