反町体制7年目の松本が背番号発表! 復帰のMF岩上祐三は「47」、前田直輝は「25」、復帰のFW前田大然は「7」

2018.01.13 22:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽松本山雅FCは13日、2018シーズンの新体制、選手背番号を発表した。

▽昨シーズンは明治安田生命J2リーグを8位で終えた松本。反町康治監督が率いて7シーズン目を迎える今シーズンは、充実の補強を敢行した。

▽アルビレックス新潟からGK守田達弥、愛媛FCからDF浦田延尚、MF藤田息吹、サガン鳥栖からMF中美慶哉、湘南ベルマーレからMF安東輝、名古屋グランパスからFW永井龍を完全移籍で獲得。また、かつて松本でプレーした大宮アルディージャMF岩上祐三、横浜F・マリノスMF前田直輝も完全移籍で加入した。

▽その他、期限付き移籍しブレイクを果たしたFW前田大然が水戸ホーリーホックから、福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍していたMF志知孝明が復帰。さらに、MFパウリーニョがジェフユナイテッド千葉から完全移籍で加入した。

▽新加入選手の背番号は、守田が「1」、浦田が「2」、藤田が「6」、中美が「13」、前田が「25」、岩上が「47」を着用。また、復帰した前田が「7」、志知が「17」と以前とは背番号が変更されている。

◆2018シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.守田達弥☆←(アルビレックス新潟)※完全移籍
16.村山智彦
21.鈴木智幸
30.ゴ・ドンミン

DF
2.浦田延尚☆←(愛媛FC)※完全移籍
3.田中隼磨
4.飯田真輝
18.當間建文
22.星原健太
29.下川陽太☆←(大阪商業大学)※新加入
31.橋内優也
33.安川有
34.ジョ・ジヌ☆←(仁川南高校/韓国)※新加入
35.森本大貴☆←(関東学院大学)※新加入
36.武藤友樹☆←(法政大学)※新加入

MF
5.岩間雄大
6.藤田息吹☆←(愛媛FC)※完全移籍
8.セルジーニョ
10.工藤浩平
13.中美慶哉☆←(サガン鳥栖)※完全移籍
14.パウリーニョ(ジェフユナイテッド千葉)※期限付き移籍→完全移籍
17.志知孝明※期限付き移籍復帰/背番号変更
20.石原崇兆
23.岡本知剛
25.前田直輝☆←(横浜F・マリノス)※完全移籍
32.安東輝☆←(湘南ベルマーレ)※完全移籍
37.山田満夫☆←(仙台大学)※新加入
47.岩上祐三☆←(大宮アルディージャ)※完全移籍

FW
7.前田大然※期限付き移籍復帰/背番号変更
9.高崎寛之
11.三島康平
19.山本大貴
38.永井龍☆←(名古屋グランパス)※完全移籍

関連ニュース
thumb

7試合ぶり白星の松本が降格圏脱出、東京クラシックは町田が粘り勝ち【明治安田J2第31節】

明治安田生命J2リーグ第31節の4試合が、26日に各地で行われた。 勝ち点27で21位に沈む松本は18位北九州(勝ち点29)とのシックスポインターに臨んだ。伊藤の連続フィニッシュなどで攻勢に出たが、24分に手痛いミス。バックパスを受けたGK村山のコントロールが大きくなったところを前川にさらわれ、ゴールに流し込まれた。 先制した北九州は38分に新垣がカットインからシュート。これが橋内に当たってこぼれると、前川が詰めてネットを揺らす。副審はオフサイドのフラッグアップをしたが、主審は橋内の手に当たっていたとして北九州にPKを与える判定を下す。だが、佐藤亮の強烈な左足のシュートはバーを叩いた。 救われた松本はハーフタイムに2枚替え。前節殊勲の同点弾を挙げた榎本らを投入すると、52分には右サイドでのFKから橋内が蹴り込んで汚名返上の同点ゴール。さらに61分には自陣でのFKをGK村山が前線へ送ると、榎本の頭での落としから伊藤が流し込んで逆転に成功した。 終盤は選手交代も駆使して時計の針を進めた松本が7試合ぶりの勝利で18位に浮上し、降格圏を脱出した。一方、敗れた北九州は降格圏の19位に順位を下げた。 上位争いを演じる町田(勝ち点52)は東京Vの本拠地へと乗り込んだ。『セガサミーグループpresents東京クラシック~東京から世界へ~』と銘打たれたダービーマッチでは、大人気アクションパズルゲーム『ぷよぷよ』のメインキャラクター、アルルの声優を務める園崎未恵さんが選手紹介を務めた。 互いに多くのシュートシーンを作りながらゴールレスで折り返すと、後半開始早々に町田が試合を動かす。髙江が右サイドの深い位置へ浮き球のパスを送ると、後半の頭から投入された太田がワンタッチで福村をかわして折り返す。最後はゴール前で平戸が右足で合わせ、ネットを揺らした。 以降は東京Vがボールを保持して町田の守備ブロックを崩しにかかるも、前半とは異なりフィニッシュまで持ち込めるシーンが減少。サイドを起点に打開を試みるが、町田の守備陣に冷や汗をかかせる場面を作り出せない。 先制して以降はほぼ守備に時間を割かれたアウェイチームは、終盤に水本を投入して逃げ切りを図る。盤石の態勢でタイムアップを迎え、2試合ぶりの白星で上位戦線に踏みとどまった。 水戸と金沢の一戦は、40分に伊藤のPKで水戸が先制するも、セットプレーの二次攻撃から庄司が頭で合わせて試合を振り出しに。だが、ホームチームが意地を見せ、同点でタイムアップかと思われた後半のアディショナルタイムに途中出場の藤尾が値千金の決勝ゴール。3試合ぶりの勝利を収めている。 ホームで秋田と対戦した岡山は、14分に武のゴールで先制を許す。攻め込みながらも秋田の牙城を崩し切れなかったが、試合終了間際にセットプレー崩れから安部がネットを揺らし、土壇場で同点に。そのままタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合った。 ▽9/26(日) ファジアーノ岡山 1-1 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> ▽9/25(土) ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 SC相模原 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-0 栃木SC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジュビロ磐田 2</span>-0 FC琉球 レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 V・ファーレン長崎</span> 愛媛FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 モンテディオ山形</span> 2021.09.26 17:17 Sun
twitterfacebook
thumb

松本DF星キョーワァンが左ヒザ外側側副じん帯損傷で全治5週間

松本山雅FCは15日、DF星キョーワァンの負傷を発表した。 クラブの発表によると、星は4日に行われた明治安田生命J2リーグ第28節のジュビロ磐田戦で負傷したとのことだ。 松本市内の病院で検査を受けた結果、左ヒザ外側側副じん帯損傷と診断。全治5週間とのことだ。 星は横浜FCから期限付き移籍で今シーズン加入。今シーズンは明治安田J2で15試合に出場していた。 2021.09.15 12:40 Wed
twitterfacebook
thumb

降格圏脱出を目指す松本と首位奪還を狙う京都の一戦は2-2の引き分けに【明治安田J2第25節】

明治安田生命J2リーグ第25節、松本山雅FCvs京都サンガF.C.が7日にサンプロアルウィンで行われ、2-2の引き分けに終わった。 松本はリーグ戦3連敗中。その3試合はいずれも無得点に終わっており、攻守ともに改善が必要な状況だ。今節は上位チームとの一戦ではあるが、降格圏からの脱出を図りたいところ。 一方、京都は直近のヴァンフォーレ甲府戦で敗れ、ジュビロ磐田に首位の座を明け渡してしまった。それでも勝ち点差は「2」しかないため、勝利を挙げて首位の奪還を目指す。 開始11分、いきなり松本が先制。自陣左サイドでボールを受けたセルジーニョが、高い位置から積極的に奪いに来た京都のDFラインの裏にスルーパスを出す。これに抜け出した河合が、ボックスの外まで飛び出してきたGK若原をかわして冷静に無人のゴールに流し込んだ。 しかし、その10分後に京都がすぐに追いつく。敵陣左サイドからのFKは跳ね返されたものの、こぼれ球を繋いでボックス右から白井がクロスを上げる。このボールに宮吉がファーサイドで頭で合わせて、スコアを振り出しに戻した。 それでも再びホームチームが勝ち越し。33分、相手陣地の左サイドで得たFKの場面で、セルジーニョのキックは跳ね返されたものの、もう一度セルジーニョが左からクロスを上げると、ゴール前で合わせたのは伊藤。移籍後初ゴールは値千金の勝ち越し弾となった。 ハーフタイムを挟んだ後半開始早々、京都がゴールネットを揺らす。51分、左サイドでボールを受けた黒木がクロスを上げると、ボックス中央で頭で合わせたのは宮吉。今日2点目となるゴールを決めて、再び同点に追いついた。 その後はアウェイチームがボールを保持しようとするも、松本のアグレッシブな守備に手を焼き、なかなかシュートまで持っていけない。一方の松本も、京都のビルドアップを妨害してカウンターを幾度も発動したが、ゴールネットを揺らすまでには至らず。 結局、合計4ゴールの点の取り合いとなった一戦は、2-2の引き分けで幕を閉じた。 松本山雅FC 2-2 京都サンガF.C. 【松本】 河合秀人(前11) 伊藤翔(前33) 【京都】 宮吉拓実(前21) 宮吉拓実(後6) 2021.09.07 21:23 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田が松本に4発快勝、甲府に完敗の京都かわし首位奪還【明治安田J2第28節】

明治安田生命J2リーグ第28節の8試合が4日に各地で行われた。 サンプロアルウィンでは18位松本(勝ち点25)と2位磐田(勝ち点56)の対戦が行われた。試合は、首位を1ポイント差で追うアウェイの磐田が13分に先手を取る。大津が右サイドに侵入してクロスを上げると、一度は相手DFのクリアに遭うも、そのこぼれ球を拾った山本がミドルシュート。ボックス右手前から放たれた一撃は、相手DFに当たってゴール右に吸い込まれた。 後半に入っても主導権を握り続けた磐田は58分にもカウンターから決定機。前線へとボールを運んだ大森が中央にパスを送ると、走り込んだ大津がボックス手前から右足を振り抜く。グラウンダーのシュートがゴール左隅に決まり、2-0にリードを広げた。 さらに、74分にもアウェイチームに追加点。左サイドの深い位置でパスを受けた大森のグラウンダーの折り返しを、中央にいたルキアンがダイレクトで合わせ3点目を決めた。 磐田は試合終盤までペースを握る中、後半アディショナルタイムにも小川のボックス左からの折り返しに中央の金子が合わせ、4点目を奪取。試合はこのまま終了し、0-4で磐田が勝利した。敗れた松本は順位を19位に落とし、降格圏転落となった。 一方、首位の京都はアウェイで甲府と対戦。32分にリラにゴールを許し、1点のビハインドで試合を折り返すと、68分には宮崎に見事なミドルシュートを沈められ2-0に。さらに、79分には三平にダメ押しの追加点を決められた。試合はこのまま終了し、甲府が3-0で勝利。敗れた京都が首位陥落となり、磐田が2試合ぶりの首位に立った。 ▽9/4(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">SC相模原 1</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 3</span>-0 京都サンガF.C. 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ジュビロ磐田</span> アルビレックス新潟 0-0 ギラヴァンツ北九州 モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-1 FC琉球 ▽9/5(日) 《18:00》 栃木SC vs レノファ山口FC ファジアーノ岡山 vs 愛媛FC 《19:00》 大宮アルディージャ vs 東京ヴェルディ 2021.09.04 21:32 Sat
twitterfacebook
thumb

松本DF前貴之がトレーニング中に負傷、左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治6週間

松本山雅FCは28日、DF前貴之の負傷を発表した。 クラブの発表によると、前は19日のトレーニング中に負傷。松本市内の病院にて検査を受け左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのこと。全治は約6週間とのことだ。 前は横浜F・マリノスから2020年途中に松本へ期限付き移籍。今シーズンから完全移籍で加入した。 今シーズンの明治安田生命J2リーグでは24試合に出場し1得点を記録していた。 2021.08.28 17:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly