栃木が松本戦でのラフプレーを謝罪、「監督が指示したという事実は一切ない」と一部噂を否定

2021.05.25 22:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは25日、松本山雅FC戦でのラフプレーについて謝罪した。

問題は23日に行われた明治安田生命J2リーグ第15節の栃木vs松本の一戦で起こっていたとのこと。この試合ではラフプレーが目立った中、1つのプレーが大きな話題となっていた。

問題のシーンは20分。栃木が1-0とリードした中、松本のDFのクリアボールがゴールへ向かう。これを松本GK村山智彦が飛び出してキャッチ。しかし、栃木MF山本廉が右足を振り抜き村山の頭部を蹴り上げる事態となっていた。

なお、このシーンでは村山が負傷したもの治療して復帰。山本にはイエローカードが提示されていた。

このシーンについて村山は、23日に自身のインスタグラムに危険さを主張。「下手したら死にます」と頭部への危ないプレーを訴えていた。

この件について栃木は静観を続けていたが、公式サイトを通じて謝罪。ラフプレーを認めながらも、「監督が指示したという事実は一切ない」と事実とは違う点についても言及している。

「5月23日(日)にカンセキスタジアム栃木で開催された明治安田生命J2リーグ第15節「栃木SC vs 松本山雅FC」は、両クラブ共に反スポーツ的な行為やラフプレーが多い試合となりました」

「そのなかでの弊クラブ所属選手のプレーに対して、起きた事実に対しては真摯に受け止め今後改善できるよう努めて参ります」

「危険なプレーは、一つ間違えれば選手生命に影響を及ぼしかねないものであり、試合終了後にマッチコミッショナーとの意見交換をはじめ、両クラブ間で話し合い、このようなプレーが再び起こらないようにしていくことを共有いたしました」

「また、試合後の松本山雅FC所属選手のSNS投稿で誤解を生んでおります、弊クラブ監督が指示したという事実は一切なく、選手のプレーも意図的なものではございません」

「なお、この投稿に関連して、クラブ・選手・監督ならびにその家族・関係者に対し事実に基づかない誹謗中傷が発生しています。このような誹謗中傷に対しましては、法的措置も辞さない体制で臨んでいきます」

「コロナ禍において様々な制限下でクラブを応援いただいている皆様と一緒にたくさんの感動を共有していけるよう、今後も相手をリスペクトする行動や言動を心がけていくとともに、Jリーグで掲げている「激しくて、フェアで、エキサイティングな試合」を繰り広げていけるよう努めてまいります。今後ともクラブへのご声援をよろしくお願い申し上げます」

なお、試合は栃木が3-0で勝利。今後の試合でのプレーぶりが大きく注目を集めることになりそうだ。



1 2
関連ニュース
thumb

大宮が今季初の連勝でついに降格圏を脱出、栃木はFW豊田陽平の2ゴールで残留争う山口との一戦を制す【明治安田J2第28節】

5日、明治安田生命J2リーグ第28節の3試合が行われた。 試合前の時点で最下位に位置する大宮アルディージャは、突然の監督交代となった東京ヴェルディをホームに迎えた。 前節は松本山雅FCにホームで5カ月ぶりに勝利した大宮が、立ち上がりから主導権を握って試合を進める。 まずは3分、大宮はボックス手前右でFKを獲得。これを馬渡が壁の外を巻いて直接狙ったが、GKマテウスが横っ飛びでセーブする。 高い位置からプレスをかける大宮に対し、東京Vはパスをつないでビルドアップを目指すが、微妙なパスのズレが目立ち、良い形で攻められない。 10分にも大宮がチャンス。大きなサイドチェンジから黒川が出したパスに反応した馬渡がボックス右からクロス。これに菊地が合わせに行くが、わずかに届かない。 それでも11分に大宮がスコアを動かす。左サイドを奥抜がドリブルで運ぶと、中央へパス。これをハーフスペースの菊地がスルーすると、ボックス中央でパスを受けた河田が落ち着いて蹴り込み、大宮が先制する。 19分には左サイドからの河面の低いクロスに、飛び込んだ河田がニアサイドで合わせるが、薄く当たりすぎてシュートは枠に飛ばない。 東京Vは推進力を持って大宮ゴールに迫る。左サイドバックの山口が積極的に攻め上がると、多くのCKを獲得。しかし、なかなか決定機を作ることができない。 さらに29分には大宮がビッグチャンス。河田がプレスバックでボールを奪うと、小島から左サイドの奥抜へ展開。その奥抜はドリブルを仕掛けてカットインからシュート。しかし、ブロックされる。東京Vはその後のプレーで積極性を見せていた山口にアクシデント。ハムストリングを痛めプレー続行不可能となる。 大宮は32分にもビッグチャンス。奥抜が左サイドから右足アウトサイドでクロス。これに対して黒川がファーサイドで飛び込むが、わずかに届かない。 東京Vは裏を狙ってゴールに迫る回数を増やす中、大宮はしっかりと対応。すると38分、右サイドでボールを持った黒川が小島へとパス。小島は絶妙なタイミングで裏に抜ける菊地へと浮き球のパスを通すと、菊地は巧みなトラップからシュート。GKマテウスはセーブするが、奥抜がこぼれ球を蹴り込み、大宮が追加点を奪う。 大宮の2点リードで迎えた後半。両チーム選手交代はないまま迎えたが、東京Vが先にスコアを動かす。48分、山下のダイレクトパスを受けた端戸がスルーパス。これに反応した梶川がパスを選択。フリーで走り込んだ杉本が蹴り込み、東京Vが1点を返す。 1点を返された大宮は52分にアクシデント。河面が足を痛めてピッチを去り、山田を起用する。東京Vも同点ゴールの杉本、アシストの梶川を下げ、小池と新井を投入。攻撃陣を入れ替え、同点ゴールを目指していく。 東京Vが終始押し込み続けて大宮ゴールに迫る展開が続く後半。大宮は守備を固め、サイドからのクロスに対してしっかりと対応していく。 長い時間押し込んでいく東京Vは、GKマテウスもハーフウェイライン付近まで上がって全員で攻撃。ラストプレーではボックス内左から新井がDFをかわしてシュート。これは枠に飛ぶが、クロスバーに嫌われてゴールならず。その流れから最後まで攻め込むがGK南がキャッチ。そのまま試合は終了し、大宮が2-1で勝利。今シーズン初の連勝で、降格圏を脱出した。 また17位の栃木SCはホームに14位のレノファ山口FCを迎えた一戦。この試合では、途中加入の元日本代表FW豊田陽平が躍動する。 立ち上がりからホームの栃木が攻め込むと4分に先制する。谷内田のスルーパスに反応した有馬がシュート。GK関が飛び出てセーブ。これがこぼれ球になると西谷が浮き球のボールを前線へ。これを豊田が無人のゴールにバックヘッドで決め、栃木が先制する。 なお、このプレーで痛めたGK関はその後プレーを再開するも、10分にプレー続行不可能となり、吉満と交代する。 先制を許した山口だったが、25分に1点を返す。石川からのロングフィードに反応した草野が背中でトラップ。これを蹴り込み、山口が同点に追いつく。 追いついた山口は48分、抜け出した草野がボックス内からシュート。しかし、これは枠を外れる。後半立ち上がりに押し込まれた栃木は55分、石川がカットインからクロスを上げると、ファーサイドで谷内田がヘディングシュート。これが決まり、栃木が勝ち越しに成功する。 さらに73分には柳が豪快なシュート。ロングスローの流れからこぼれ球を拾いボックス手前から右足一閃。これが右隅に決まり、リードを広げる。 山口は86分に相手の守備対応のミスを突いた河野が豪快に蹴り込み1点差に。しかし、山口の反撃はここまで。栃木が栃木が連勝を収めた。 12位のファジアーノ岡山と21位の愛媛FCは互いに決め手がなく0-0のゴールレスドローとなった。 ▽9/5(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">栃木SC 3</span>-1 レノファ山口FC ファジアーノ岡山 0-0 愛媛FC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">大宮アルディージャ 2</span>-1 東京ヴェルディ ▽9/4(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ブラウブリッツ秋田 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">SC相模原 1</span>-0 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 3</span>-0 京都サンガF.C. 松本山雅FC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 ジュビロ磐田</span> アルビレックス新潟 0-0 ギラヴァンツ北九州 モンテディオ山形 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 水戸ホーリーホック</span> ツエーゲン金沢 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 FC町田ゼルビア</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-1 FC琉球 2021.09.05 21:18 Sun
twitterfacebook
thumb

14日開催の栃木vs群馬が中止、群馬が保健所より3日間の活動停止を受け

Jリーグは13日、14日に予定されていた明治安田生命J2リーグ第25節の栃木SCvsザスパクサツ群馬が中止となったことを発表した。 今回の中止については、群馬のチーム内で選手3名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けていた。しかし、管轄の保健所より、濃厚接触者の特定に時間を要するため、15日までの3日間のチーム活動停止を求められたとのことだ。 これにより、チーム全員が試合実施要項に定めるエントリー要件を満たさないこととなり、エントリー下限人数を満たさないことが明らかであるとチェアマンが判断したため、試合中止の決定に至ったとのことだ。なお、代替日程に関しては決定次第発表されるとのことだ。 群馬は今後の対応として、15日に3選手以外の選手とスタッフがPCR検査を受けると発表。陰性が確認され次第活動を再開するとのことだ。 2021.08.13 18:52 Fri
twitterfacebook
thumb

千葉DF溝渕雄志が栃木に再びレンタル! 再開前の移籍で「申し訳ない」

栃木SCは2日、ジェフユナイテッド千葉からDF溝渕雄志(27)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日までで、同期間中における千葉との全公式戦出場不可。背番号「49」を着用する。 溝渕は慶應義塾大学から2017年に千葉入団を果たすと、松本山雅FCや栃木へのレンタルを経験。今季から千葉に戻ったが、明治安田生命J2リーグ3試合、天皇杯1試合の出番にとどまった。 昨季を過ごした栃木に復帰となる溝渕はクラブを通じて「この度、期限付き移籍にて栃木SCに加入することになりました、溝渕雄志です」と加入を報告するとともに、意気込みを語った。 「またこうして栃木SCのユニフォームを身に纏い、サポーターの皆さんと共に闘えることを嬉しく思います。常に向上心を忘れず、クラブの目標達成に向けて力の限りを尽くします。よろしくお願いします」 一方、千葉を通じては「リーグ戦再開に向け、全員が一丸となって取り組んでいるタイミングでの移籍になり、申し訳ないです」と侘びの言葉とともに、新天地での活躍を誓った。 「今シーズン、ジェフ千葉の力になるという強い意志を持って復帰しましたが、ピッチの上でそれを示す機会は多くはありませんでした。それでも心が折れたことは一度もありません。自分の置かれた立場で、チームのために何ができるかを考え、実行し続ける毎日でした」 「だからこそ成長できた面も多々あります。どのような状況でも向上心を持ち続けられたのは、日頃から応援してくださるサポーターの皆さんのおかげです。更には、チームを支えてくださるスポンサーの皆さん、クラブスタッフの皆さんのおかげです」 「そして何より、共にプレーしたチームメイトのおかげです。心から感謝しています。本当にありがとうございます。ここから先、まだまだ成長したいという僕の決断を後押ししてくださる皆さんに、少しでも恩返しができるよう、精一杯頑張ります。これからもよろしくお願いします」 2021.08.02 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

京都の高卒2年目、谷内田哲平が栃木にレンタル 「大変迷いましたが…」

栃木SCは29日、京都サンガF.C.からMF谷内田哲平(19)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日までで、同期間中における京都との全公式戦出場は不可。背番号は「44」を着用する。 帝京長岡高校出身の谷内田は2020年に京都でプロキャリアをスタートさせ、初年度から明治安田生命J2リーグ23試合に出場。だが、今季はここまでリーグ戦で出番がなく、天皇杯1試合の出場にとどまった。 谷内田は栃木を通じて「栃木SCの目標を達成できるように、そして自分自身が成長できるように努力していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さん、応援よろしくお願いします!」と意気込んだ。 一方、京都を通じては「ファン・サポーターの皆さんに期待していただきながらも試合に出られなかったため、この決断に至りました」と移籍経緯に触れつつ、レベルアップしての復帰を目指した。 「今年は、試合には出られませんでしたが、練習の中でレベルアップでき、自分にとってもすごく成長できた半年になったと思います」 「この決断をするまでには大変迷いましたが、自分が決断した時にはクラブも快く送り出してくれました。そのことに関してもクラブにはとても感謝しています」 「栃木SCで成長し、来年戻ってきて京都サンガF.C.で活躍することが、一番大切なことだと思っています。また、来年戻って来た時には、ご声援いただけるとありがたいです」 2021.07.29 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

苦渋も「自身を表現し続けていきたい」 鳥栖FW豊田陽平が栃木に電撃移籍!

栃木SCは5日、サガン鳥栖から元日本代表FW豊田陽平(36)の完全移籍加入を発表した。背番号は「31」を着用する。 石川県出身の豊田は地元の星稜高校から2004年に名古屋グランパスに入団後、モンテディオ山形、京都サンガF.C.を経て、2010年に当時J2リーグの鳥栖入りすると、2011年に23得点の活躍でクラブ初の得点王に輝き、J1リーグ昇格に貢献した。 その後、2018年にKリーグ1の蔚山現代FCに半年間のレンタルを経験。同年夏から鳥栖に戻ったが、徐々に出番が限られていき、鳥栖在籍12季目の今年もここまで明治安田生命J1リーグ3試合、JリーグYBCルヴァンカップ3試合の出場しかなかった。 6月30日に自身のツイッターに「後日大事なお話があります」と綴ったことが様々な憶測を駆り立てたなか、シーズン途中の栃木行きが発表された豊田。ここまでJ2リーグ4勝9分8敗の17位につける栃木移籍を受け、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「栃木SCを愛する皆様、サガン鳥栖より加入しました豊田陽平です。チームも私もまだまだ成長できると確信し、お世話になることを決めました。レンタルではなく、退路を断ち完全移籍という意味がまず、私が最初に皆様にみせる誠意です。これまでと変わらずチームを最優先に、自分にできる役割をしっかり果たし、クラブがより前進できるよう努力していく所存です。よろしくお願いいたします」 一方、鳥栖の公式サイトを通じては「いつもサガン鳥栖へ、どんな時でも熱い熱い応援をいただき、ありがとうございます。この度、豊田陽平は栃木SCへ完全移籍する決断をしましたことを報告させていただきます」と移籍決定を報告するとともに、ファンの長きにわたるサポートに感謝した。 「サガン鳥栖でプレーして12年。J2得点王、J1昇格、Jリーグベストイレブン、日本代表選出など多くの経験と成長がサガン鳥栖と共にありました。そしてサガン鳥栖で過ごした全ての時間が特別なものであり、どんな時も自分の背中をしっかりと押してくれたのはサガン鳥栖サポーター皆様の存在でした」 「サガン鳥栖サポーターの皆様と共に味わった感動の日々は、どんなに苦しい時でも正々堂々と真っ直ぐに進んで行きたい自分の気持ちに寄り添ってくれるものでした。そんな思いを背負ってプレーすることができた自分は本当に幸せでしたし、これからも皆様と共に喜びを分かち合っていきたいと思う気持ちは変わりません」 「ただ自分自身がその気持ちに応え、表現ができるのは、最後の最後までピッチの上で戦い続け、泥臭くても、勝負にこだわり続け、ゴールにこだわり続ける姿であるとも思っています。皆様に支えてもらった日々のことを考えるとこれまでにないくらい苦渋の決断ではありましたが、皆様の思いを感謝に変えて、プロの世界の中で戦い続けていきたい、自分自身を表現し続けていきたいと思い移籍を決意いたしました」 「本当に大きく大きく成長をさせてもらった皆様に感謝の気持ちしかありません。そしてまだまだ言いたいことも伝えたいこともたくさんあります。ですが、これからの自分自身の姿を見てもらうことで豊田陽平からの気持ちを受け止めていただければありがたいです。最後に、サガン鳥栖を愛してくださる皆様、本当にありがとうございました」 2021.07.05 18:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly