栃木DF坂田良太が現役引退を発表「幸せな6年間をありがとうございました」

2019.12.20 18:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
栃木SCは20日、DF坂田良太(27)が今シーズンをもって現役引退することを発表した。

坂田は鹿屋体育大学時代の2013年にロアッソ熊本に特別指定選手に登録。同月17日にJリーグデビューを果たしたが、8月に特別指定選手を解除された。

その後、2014年に同大学を卒業後、栃木に入団。6年間を栃木で過ごし、今シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合、天皇杯に1試合に出場している。

キャリア通算での成績は、J2リーグに13試合、天皇杯に1試合出場し、J3リーグでは9試合1得点を記録した。

引退を決断した坂田は、クラブ公式サイトを通じてコメントしている。

「栃木SCを愛するすべての皆様へ」

「6年間、栃木SCに在籍でき本当に幸せでした。プロサッカー選手としてプレーさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。2017年、大ケガをしたとき皆さんの支えのおかげでもう一度サッカーをする事ができました。結果として試合に出てチームに貢献する事はできませんでしたが、栃木SCのエンブレムを背負ってプレーできたことは僕にとって財産であり、かけがえのない宝物となりました。今シーズンの成績は大変申し訳ない思いですが、最終戦の残留が決まった後の県民の歌、あの光景が今でも忘れられません」

「僕は今シーズンで選手を引退します。たくさんの葛藤がありましたが、6年間チームの為に全力で闘ったことに対して後悔はありません。それを最終戦で改めて感じ、引退を決意しました。僕は不器用でサッカーが下手くそです。だけど、毎日目標に向かって努力をし続けることで夢は叶い、素晴らしい経験と仲間ができることを知りました。

「22年間、サッカーを通して僕に携わってくださった全ての方々に感謝しております。改めて、サポーターの皆さん、ドクター、トレーナー、スポンサー、フロントスタッフ、選手、栃木SCを支えてくださった皆さん、幸せな6年間を本当にありがとうございました。またどこかで会える日を楽しみにしています」
コメント