浦和新加入選手6名が抱負…天皇杯決勝を戦ったマルティノスは欠席

2018.01.11 16:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽浦和レッズは11日に新体制発表会を開き、2018シーズンにおける各選手の背番号を発表した。

▽今シーズンから浦和に加入するのは、DF荻原拓也、DF橋岡大樹、DF岩波拓也、MF武富孝介、MFマルティノス、MF山田直輝、MF柴戸海の7名。元日に天皇杯決勝を戦った影響で欠席となったマルティノスを除く6名が出席した。共に登壇した山道守彦強化本部長からの紹介の後に、それぞれが質疑応答に応じ、抱負を語った。

◆山道守彦強化本部長(浦和レッズ)
(C)CWS Brains,LTD.
「山田直輝選手は3年間ベルマーレへのレンタル移籍の形を取りました。小さい頃から知っているので、直輝が埼スタで活躍することを心から願っていました」

「その逆算でどうしたらそうなるかというのを考えて相談しながらやってきたつもりです。埼スタで活躍するかどうかは本人次第なので頑張ってほしいです」

「岩波拓也選手は私が2年間ラブコールを送っていたので、来てくれて本当に嬉しく思っています。浦和レッズのみならず日本サッカーにとって守備、そしてボールをつなぐことができる稀で大切な選手です」

「そういう意味では代表を目指して欲しいですし、日本サッカーを引っ張っていくためにもこういう選手が浦和に来てくれて感謝しています」

「武富孝介選手はFC浦和で直輝と一緒にボールを蹴った仲間です。この2人が相乗効果で浦和レッズのプラスアルファになることを期待しています。攻撃力が高くオールラウンドで前線ではどこでもできる選手だと思っています」

「今年はワールドカップイヤーで特に前半戦がタイトなので、いろいろな面であっち行ったりこっち行ったりしてくれる選手で得点力・決定力があるので期待しています」

「柴戸海選手は早いうちに加入を決めてくれました。浦和が獲得を目指す選手はずっと最後まで決まらず、結局逃げられてしまうというのが多かったですけど、非常に早いタイミングで浦和レッズに対してリスペクトしてくれました」

「彼に求めたいのは、大学からJクラブに入る責任というか、大学サッカーを引っ張っていくためにもJリーグで活躍して欲しいと思っています。ボランチとして広い視野とパスセンスがあるので、レギュラーに食い込んで欲しいです」

「橋岡大樹と荻原拓也はユースからの昇格です。2人もU-18日本代表ですでに日の丸をつけている選手なので、その自覚と誇りを持ってプレーして欲しいです。大樹はディフェンスリーダーになるため、拓也は左のキックのスペシャリスト、アップダウンのできる運動量があるサイドバックを目指してもらいたいです」

──今オフでどのようなテーマを持って補強を進めてきたか
「まず来年は国内リーグに専念せざるを得ない中で、ワールドカップイヤーでもあります。5月辺りでかなりの試合数をこなさなくてはいけない状況ということからの判断がまずありました」

「4日に1試合ずつすることもあり、ルヴァンを含めたタイトルを目指していきたい、そういう中で外国人の体制も含めて安定したパフォーマンスを出せるにはどうしたらいいかを念頭にしました」

「一方でACLに対して強い思いが各クラブに出てきています。そういう面で急にオファーが来たというのも正直ありました。その難しさもありました。選手数27人で戦いますけどバランスが良くなったのではないかなと思います」

「ただ、予想外の移籍というのもありました。そこは事実です。それでも十分に戦える選手層だと思っていますし、中3日や中4日でも安定したパフォーマンスが出せる構成になったと思います」

◆MF山田直輝(浦和レッズ)
(C)CWS Brains,LTD.
「4年ぶりに浦和でプレーさせて頂けることになりました山田直輝です。3年間湘南さんにお世話になり、この浦和レッズというビッグチームを倒すために必死にやってきましたが、倒せずに買ってくる結果となりました」

「このチームで今度はタイトルを獲るために力になりたいと思いました。戦力に絶対になるという気持ちで帰ってきました。ピッチでこの3年間何をやってきたのか、僕の元気な姿を埼玉スタジアムで皆さんに見せられるように頑張るのでよろしくお願いします」

──これまで自分が居なかった浦和をどのように見ていたか、3年間で培ってきたものは「僕が湘南にいる間もレッズの試合はチェックしていました。僕が湘南に行った時に開幕戦で戦い、その時にこのチームはやはり偉大だなと感じました。そのチームでまた自分が活躍したいという気持ちが強くなりました」

「その中で自分が所属していなかったチームなので、湘南で上に行きたいという気持ちもありましたけど、その気持ちが叶わず、このチームに帰ってきました。勝つために何をしなければいけないか、そして27歳になったので先輩についていくだけでなく自分がチームを引っ張っていくような仕事をしないといけないという気持ちがあります。そういう部分をピッチで見せたいと思います」

──背番号が18になった経緯や思いは
「今までは背番号にこだわりを持って自分自身プレーしていました。ただ、サッカー選手としてそこにこだわるよりもピッチで示さなくてはいけないという気持ちが強くなりました」

「浦和に復帰する時に何番にするの?ってなった時にやっぱ34番でしょとか言われたこともありましたけど、僕は前に戻るのではなく、進んだ自分を見て欲しいという気持ちがあったので、逆に34番だけは絶対に嫌だと思っていました。自分は8番が好きなので8がつく18番にさせて頂きました」

◆DF岩波拓也(浦和レッズ)
(C)CWS Brains,LTD.
「今年から浦和レッズでプレーすることになりました岩波拓也です。昨シーズンにアジアチャンピオンとなった浦和でプレーできることを本当に嬉しく思います。僕自身プロに入ってまだタイトルを獲ったことがないので、今年は浦和レッズで国内のタイトルを獲れるようにそこに向けて全力でプレーして貢献したいと思います」

──背番号が31になった経緯や思いは
「僕はJ1で初めて先発で出場した時に着けていた番号が31番だったので選びました」

──今オフでは複数クラブからオファーを受けていたと思うが、浦和に決めた理由は
「一昨年も浦和レッズからお話を頂き、その時もすごく迷いました。もう一度挑戦したいという気持ちもありましたし、アジアチャンピオンズリーグ決勝を観てもレッズのファン・サポーターの皆さんやクラブの大きさを感じました。これから国内のタイトルを目指していく中で、自分が力になりたいなと思い決めました」

◆MF武富孝介(浦和レッズ)
(C)CWS Brains,LTD.
「柏レイソルからきました武富です。レッズというクラブは全てのタイトルを目指すクラブだと思うので、そこにしっかりと貢献できるようにしたいです。厳しい競争もあると思いますが、頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」

──柏でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に挑戦したいという気持ちもあったと思うが、移籍の決めては
「自分の中でもACLは大事にしている大会ですし、出場したいとは思っていました。ただ、本当に評価して頂き、オファーを頂いた中で考えた結果、浦和でACLに出場して優勝を目指したいと思い決断しました」

──背番号が7になった経緯や思いは
「自分は空いてる番号の中で、7番が空いていて責任がある番号ですけど、それを力に変えてプレーしたいと思ったので選びました」

◆MF柴戸海(浦和レッズ)
(C)CWS Brains,LTD.
「明治大学から加入しました柴戸海です。覚悟と責任を持ち、少しでも早く埼スタのピッチに立ってチームの勝利に貢献できるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」

──背番号が29になった経緯や思いは
「自分は阿部(勇樹)選手が着けていたということで、阿部選手を越えられるような選手になるという意味でもこの番号を選びました」

◆DF橋岡大樹(浦和レッズ)
(C)CWS Brains,LTD.
「今年からトップチームに昇格することになりました橋岡大樹です。1日でも早く埼スタのピッチに立てるように日々を大切にして頑張っていきます。チームのために体を張り、浦和レッズという大きいクラブでしっかりと活躍できるように頑張ります。よろしくお願いします」

──背番号が27になった経緯や思いは
「自分は元々27番と決まっていて…(笑) ただ、番号というのは自分が試合に出て、自分の番号にしていくことが大事だと思うので、27番で試合に出てそれを自分の番号にできたらと思います」

◆DF荻原拓也(浦和レッズ)
(C)CWS Brains,LTD.
「浦和レッズユースから昇格しました荻原拓也です。自分の持ち味である左足のキックやスピードを皆さんの前で早く見せられるように頑張りたいです。応援よろしくお願いします」

──背番号が26になった経緯や思いは
「僕も橋岡選手と同じで決まっていました。プロ1年目として試合に出て、思い出に残るような番号にしたいです」

関連ニュース
thumb

元浦和FWレオナルドがわずか半年で山東泰山を退団…河北足球倶楽部がレンタルでの獲得を発表

中国スーパーリーグに所属する河北足球倶楽部は30日、山東泰山からブラジル人FWレオナルド(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入すると明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王を獲得。さらに2019年に移籍したアルビレックス新潟でも、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和レッズへ活躍の場を移した。 浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、2桁得点をマークするなど一定の結果を残すと、今年2月に2026年までの5年契約で山東泰山へ電撃移籍。4月20日行われた開幕節の重慶力帆戦では、途中出場ながら移籍後初ゴールを記録したが、その後は出場した8試合で無得点に終わっていた。 そんな中、山東泰山は先日ブラジルのアトレチコ・パラナエンセからブラジル人DFジャジソンを獲得を発表。ジャジソンの加入により、レオナルドは外国人枠の関係で30日の第10節河南嵩山龍門戦でメンバー外となっており、中国の一部メディアでは、山東泰山からの退団が報じられていた。 (※写真は浦和レッズ在籍時のもの) 2021.07.30 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和の選手1名が新型コロナ陽性、埼玉では1日の過去最多感染者を記録

浦和レッズは28日、トップチーム選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は26日の夜に発熱と体調不良を訴えたとのこと。27日に病院受診してPCR検査を行い、28日に陽性判定と診断されたとのことだ。 23日のJリーグ公式検査を受けていた当該選手はチーム活動に参加。この検査の結果では陰性と判定されていた。しかし、26日の夜に38.5℃の発熱があると、27日朝も39.2℃の発熱があったが、昼以降は熱は下がっていた。 なお、28日のチームトレーニングは中止に。当該選手以外の全選手、チーム関係者にPCR検査を実施したところ、全員が陰性だったとのことだ。濃厚接触者に関しては、現在特定しているところだという。 このところ新型コロナウイルスの感染者が急増中。28日には東京都で過去最多の3177人が感染。埼玉県でも過去最多の870名、神奈川県も1051人と一気に蔓延している状況となっている。 2021.07.28 18:28 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す琉球が浦和MF武田英寿を育成型期限付き移籍で獲得、東京五輪代表のトレーニングパートナーにも

FC琉球は28日、浦和レッズのMF武田英寿(19)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2021年12月31日までとなり、今シーズンの浦和との公式戦には出場できない。背番号は「37」をつける。 武田はベガルタ仙台ジュニアから青森山田中学校に進学。そのまま青森山田高校に進学し、第97回全国高等学校サッカー選手権大会では、優勝に貢献すると共に、個人としても優秀選手に輝いた。 2020年に浦和に入団すると明治安田生命J1リーグで3試合に出場。YBCルヴァンカップで4試合に出場していた。 今シーズンもシーズン前は出場機会が増えるとみられ、ここまで明治安田J1で8試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場。しかし、徐々に出番が減り、直近の試合では出場機会がなかった。 また、U-18日本代表、日本高校選抜にも選出。東京オリンピックに臨むU-24日本代表のトレーニングパートナーにも選出されていた。 武田は両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC琉球 「このたび、期限付き移籍で加入することとなりました、武田英寿です。FC琉球のJ1昇格に貢献できるように全力でがんばりたいと思います。FC琉球のファン・サポーターのみなさんにスタジアムでお会いできるのを楽しみにしております」 ◆浦和レッズ 「このたび、FC琉球に期限付き移籍することとなりました。浦和レッズに加入してから新型コロナウィルスの影響で、満員の埼玉スタジアムでプレーすることができなかったことが、本当に残念です。1年半の期間、チームスタッフや、優しい先輩、ファン・サポーターのみなさんに支えられながらプレーすることができました。素晴らしい環境の中で、プロサッカー選手として様々なことを学ぶことができましたが、プレー面でまだまだ足らないと感じていました」 「埼スタのピッチで自分を表現できるようにしっかりとFC琉球で成長してきたいと思います。FC琉球で試合に出場し、チームの勝利に貢献するための結果を出してきます。そして、浦和レッズのエンブレムをつけて、満員の埼スタのピッチでゴールを決めて躍動する姿をみなさんに見せられるように、がんばってきます。熱く素晴らしいファン・サポーターのみなさんと一緒に、ゴールと勝利が喜べるのを楽しみにしています」 2021.07.28 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

これはお家芸!? 平川忠亮の引退試合でピッチ外から"猛抗議"の森脇良太にイエローカード! 会場からは笑いと拍手!

京都サンガF.C.の元日本代表DF森脇良太が持ち味を発揮した。 22日、三菱重工カップ、平川忠亮引退試合が浦和駒場スタジアムで行われた。 2018シーズンをもって現役を引退した平川忠亮(現浦和レッズコーチ)氏。2002年の入団以降、浦和一筋でプレーし、浦和が獲得してきた全てのタイトルに関わってきた。 メンバーには日本代表GK西川周作や元日本代表MF小野伸二といった現役選手に加え、OB勢からも元日本代表DF田中マルクス闘莉王や元日本代表FW岡野雅行らといった、超豪華な顔ぶれが集結した。 平川が14個目のタイトルを懸けて現役の浦和選手に挑むなか、この男が試合を盛り上げた。 前半途中、ファウルで試合が止まると、森脇がピッチ脇から手を広げて大声で「レフェリー!」と激しく抗議する。主審はそれに気づくと、ライン際まで猛然とスプリント。森脇は慌ててベンチへ退避するも当然警告が提示された。 一連の流れに会場は拍手と笑いに包まれ、ツイッターにも賛辞が殺到。「さすが盛り上げ役!」、「コントじゃん」、「永久保存版」といった意見に加え、「森脇さすがだが、空気読んだレフリーもさすが!」のように『お約束』に乗っかった主審にも温かいコメントが寄せられた。 レジェンドの引退試合でも自らの良さを発揮した森脇。お家芸の効果もあってか、試合はURAWA☆☆☆LEGENDS(ウラワスリースターレジェンズ)が3-2で浦和レッズを下し、平川に14個目のタイトルをもたらした。 <span class="paragraph-title">【動画】主審への"猛抗議"で警告を受ける森脇!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">前半途中、審判への執拗な抗議により <a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A3%AE%E8%84%87%E8%89%AF%E5%A4%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#森脇良太</a> に警告<br><br>三菱重工カップ <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B3%E5%B7%9D%E5%BF%A0%E4%BA%AE%E5%BC%95%E9%80%80%E8%A9%A6%E5%90%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#平川忠亮引退試合</a>は、オンラインにて配信中(有料)です<a href="https://t.co/4HyEzhD97z">https://t.co/4HyEzhD97z</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%B9%B3%E5%B7%9D%E5%BF%A0%E4%BA%AE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#平川忠亮</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/urawareds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#urawareds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/wearereds?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#wearereds</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E9%87%8D%E5%B7%A5?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#三菱重工</a> <a href="https://t.co/f4haU7PkMg">pic.twitter.com/f4haU7PkMg</a></p>&mdash; 浦和レッズオフィシャル (@REDSOFFICIAL) <a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL/status/1418131590220156929?ref_src=twsrc%5Etfw">July 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.07.23 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMが浦和FW杉本健勇を期限付き移籍で獲得! 海外移籍のオナイウ阿道の代役に期待

横浜F・マリノスは23日、浦和レッズの元日本代表FW杉本健勇(28)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。今季の浦和との公式戦には出場できない。背番号は「41」。 杉本はセレッソ大阪の下部組織出身で、2010年6月にプロ契約を結美、同年7月にトップチーム昇格を果たす。 2011年にトップチームデビューを果たすと、初ゴールはなんと横浜FM戦。2012年には、ロンドン・オリンピックの候補メンバーだったものの、出場機会を確保するために東京ヴェルディへと期限付き移籍。4カ月間という短期契約だったが、18試合に出場し5得点3アシストを記録すると、1チーム3人までという招集制限の結果、MF清武弘嗣、MF山口蛍、MF扇原貴宏と4名の選出となることも回避でき、東京Vの選手としてオリンピック出場を果たした。 その後C大阪に戻るも、2015年には川崎フロンターレへと完全移籍。しかし、1年でC大阪へと復帰すると、2019年に浦和へと完全移籍していた。 浦和では2シーズン半分で明治安田J1通算70試合に出場し6得点と、期待された得点での貢献はあまりできていなかった。また日本代表としても、2017年、2018年に8試合に出場し1得点を記録している。 杉本は両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「このたび、期限付き移籍で加入することとなりました、杉本健勇です。F・マリノスの掲げる目標を達成できるよう、チームに貢献したいと思います。ファン・サポーターの皆さんと、スタジアムでお会いできるのを楽しみにしています」 ◆浦和レッズ 「このたび、横浜F・マリノスに期限付き移籍することとなりました。2年半の期間でなかなか結果を出すことができずに本当に残念でした。この時期に移籍することについて考えましたが、自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強かったので、今回この決断をしました。マリノスが掲げる目標に少しでも貢献できるようにがんばってきます」 横浜FMはここまで12得点の日本代表FWオナイウ阿道がリーグ・ドゥ(フランス2部)のトゥールーズへと完全移籍していた。なお、今夏は杉本の他、元日本代表FW宮市亮を獲得している。 2021.07.23 09:10 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly