首位清水が栃木に4発快勝! 19位藤枝は90+8分に逆転ツインシュート炸裂で14位まで浮上【明治安田J2第13節】

2024.05.03 18:07 Fri
3日、明治安田J2リーグ第13節の全10試合が各地で行われた。

清水エスパルス(1位)はホームで栃木SC(16位)から順当に勝利。5分、8分と矢島慎也ルーカス・ブラガの2得点で幸先よくゲームを滑り出し、前半のうちに1点を返されるも結果は4発快勝。
試合も終盤の79分に山原怜音の左足弾で追加点。締めくくりは87分、途中出場の松崎快カルリーニョス・ジュニオとのワン・ツーから抜け出し、右足弾を流し込んだ。4-1と勝利し、首位をキープだ。

その一方、清水と勝ち点1差のV・ファーレン長崎(2位)は手痛いドロー。

ホームでブラウブリッツ秋田(9位)と対戦したなか、0-1で迎えた73分にマルコス・ギリェルメが高速カウンターから抜け出し同点に。76分にはやはり速攻からエジガル・ジュニオの今季8点目で逆転に成功する。
ただ、ほどなくして追いつかれ、2-2ドローで勝ち点1止まりに。清水との勝ち点差が3に広がった。

ファジアーノ岡山(3位)も後半アディショナルタイムの被弾で足踏み。アウェイでモンテディオ山形(13位)に2-1とリードして迎えた90+4分、低くブロックを敷いた状態から、クロスからのヘディング弾で痛恨被弾…こちらも2-2ドローで勝ち点1に。今節は横浜FC(4位)が勝利したため、岡山は4位後退だ。

ベガルタ仙台(11位)はレノファ山口FC(6位)、藤枝MYFC(19位)はザスパクサツ群馬(20位)にそれぞれ後半AT弾で劇的勝利。裏天王山の藤枝vs群馬は1-1で迎えた90+8分、矢村健アンデルソンによる「ツインシュート」が炸裂。公式記録では矢村のゴールとなった。

藤枝はこれが実質的なラストプレーとなり、群馬に劇的逆転勝利。軒並み勝ち点3を詰めなかった他の下位陣を尻目に、一気に14位まで浮上だ。

◆第13節
徳島ヴォルティス 0-0 愛媛FC
ベガルタ仙台 2-1 レノファ山口FC
モンテディオ山形 2-2 ファジアーノ岡山
横浜FC 2-0 水戸ホーリーホック
ヴァンフォーレ甲府 1-2 大分トリニータ
清水エスパルス 4-1 栃木SC
藤枝MYFC 2-1 ザスパクサツ群馬
V・ファーレン長崎 2-2 ブラウブリッツ秋田
ロアッソ熊本 2-2 鹿児島ユナイテッドFC
いわきFC 1-0 ジェフユナイテッド千葉
関連ニュース
thumb

2位長崎がクラブ記録の連続無敗もさらに更新! 逆転勝利の4位横浜FCと共に2連勝【明治安田J2第17節】

25日、明治安田J2リーグ第17節の4試合が各地で行われた。 前節の勝利で直近14試合負けなしとクラブ記録を更新し、ミッドウィークに行われたYBCルヴァンカップでは浦和レッズ相手に金星を挙げた2位V・ファーレン長崎(勝ち点33)。8位のジェフユナイテッド千葉(勝ち点24)をホームに迎えると、試合が動いたのは前半アディショナルタイム。高い位置でのボール奪取からエジガル・ジュニオがコントロールショットを決めた。 長崎の1点リードで迎えた後半は、両チームともにゴールに迫るも、ネットは揺れないまま試合終了。千葉の終盤の猛攻も凌いだ長崎が、リーグ戦2連勝、15試合負けなしとした。 前節、首位清水エスパルスとの上位対決を制した4位の横浜FC(勝ち点28)は、9位ヴァンフォーレ甲府(勝ち点22)とのアウェイゲーム。ホームの甲府は10分、前線でボールを収めたピーター・ウタカが自らゴール前まで運ぶと、シュートのこぼれ球をアダイウトンが泥臭く押し込んで先制に成功。それでも3分後、左からのクロスをカプリーニが頭で叩き込み、すぐさま横浜FCが同点に追いつく。 1-1のまま折り返すと、58分にはアウェイチームが逆転。右からのカプリーニのクロスを中野嘉大が頭で押し込み、そのまま逃げ切り勝ち。横浜FCがリーグ戦2連勝とし、暫定3位に浮上した。 その他、12位愛媛FC(勝ち点21)は19位栃木SC(勝ち点12)をホームに迎えるもゴールレスドロー。13位藤枝MYFC(勝ち点20)と18位鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点13)の一戦は、鹿児島が野嶽寛也の後半アディショナルタイムのゴールで追いつき、1-1のドロー決着となった。 ◆明治安田J2第17節 ▽5/25(土) 愛媛FC 0-0 栃木SC 藤枝MYFC 1-1 鹿児島ユナイテッドFC V・ファーレン長崎 1-0 ジェフユナイテッド千葉 ヴァンフォーレ甲府 1-2 横浜FC ▽5/26(日) 《14:00》 大分トリニータ vs レノファ山口FC ベガルタ仙台 vs ファジアーノ岡山 いわきFC vs 徳島ヴォルティス 清水エスパルス vs 水戸ホーリーホック ロアッソ熊本 vs モンテディオ山形 ブラウブリッツ秋田 vs ザスパ群馬 2024.05.25 18:37 Sat

岡山が違反者の処分を発表…甲府戦後にごみ回収中のスタッフに投げつけ行為

ファジアーノ岡山は25日、違反者の処分を発表した。 当該者1名は19日のホームにヴァンフォーレ甲府戦を迎え撃っての明治安田J2リーグ第16節が終わった後、入退場ゲートでごみ回収中の運営スタッフにペットボトル等の投げつけ行為を働いたという。 岡山はその者をホーム戦2試合(6月9日に行われる第19節の鹿児島ユナイテッドFC戦、同22日に行われる第21節のザスパ群馬戦)の入場禁止(その間のアウェイ戦、カップ戦、天皇杯も含む)に処した。 クラブはまた、再発防止のセキュリティ強化などで「より一層、安全で快適なスタジアム作りを目指してまいります」とし、ファン・サポーターにも観戦のルールとマナーの遵守を呼びかけた。 2024.05.25 10:20 Sat

水戸生え抜きの19歳FW内田優晟がJFLの高知へ育成型期限付き移籍「高知からJへを達成するために闘います」

水戸ホーリーホックは24日、FW内田優晟(19)がJFLの高知ユナイテッドSCへ育成型期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2025年1月31日までとなり、水戸との公式戦には出場できない。 茨城県石岡市出身の内田は、ユースから水戸に所属。2022年に2種登録されると、2023年にトップチームに昇格した。 プロ1年目は明治安田生命J2リーグで1試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンは明治安田J2リーグで1試合に出場していた。 武者修行に出る内田は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆高知ユナイテッドSC 「高知ユナイテッドSCに関わる皆さん。初めまして、内田優晟です。JFL優勝、高知からJへを達成するために闘います。高知ユナイテッドSCの勝利のために全力を尽くします。ファン・サポーターの皆さん、熱い応援よろしくお願いします」 ◆水戸ホーリーホック 「この度、高知ユナイテッドSCに移籍することになりました。水戸ホーリーホックではユースから約四年半、たくさんの方々に支えられて素晴らしい経験ができました」 「プロ一年目から活躍してやろうという意気込みで挑みましたが、試合に絡めずプロの世界というものを痛感しました。そして二年目こそはと思いましたが、より悔しい時間が続きました。スタジアムやアツマーレでファン・サポーターの皆さんがかけてくれた言葉はとても力になり、もっともっと頑張ろうと思えました。ありがとうございます」 「自分自身を成長させたい、水戸で活躍したいと思い移籍を決めました。危機感と覚悟を持ち、今まで以上に全力でプレーしたいと思います。これまで支えてくれた方々に感謝して、ストライカーになってきます」 「水戸ホーリーホックファミリーの一員であることを忘れずに、誇りに思い新たな地で努力し、皆さんに成長した姿を見せることができるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願いします」 2024.05.24 17:10 Fri

清水が磐田との“静岡ダービー”でのチケット不正転売者の2名逮捕を報告…改めて注意喚起

清水エスパルスは24日、チケット不正転売に関する報告を行った。 事件は2023年10月7日に行われたジュビロ磐田戦で発生。チケットの不正転売問題があり、クラブは清水警察署に相談していた。 クラブは捜査に協力する中、「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律違反事件」に発展。被疑者2名が、「興行主であるエスパルスの同意なく、主管試合の電子入場券を高額で販売し、興行主等の特定興行入場券の販売価格を超える価格で不正転売したもの」として逮捕されたという。 清水は改めてファン・サポーターへ注意喚起。転売することはもちろん、正規販売ルート以外でのチケット購入をしないように呼びかけている。 「エスパルスは、試合運営規定、Jリーグチケット サービス利用規約において、主催者の許可なくチケットを転売する行為を禁止しております。また、エスパルスのホームゲームチケットは、購入者または入場資格者の氏名・連絡先を確認した上で販売し、チケット不正転売禁止法の対象となる「特定興行入場券」として販売を行っております」 「エスパルスファン・サポーターファミリーの皆さまにおかれましては、チケットのご購入は正規販売ルートをご利用いただき、このような転売サイトでのご購入は絶対におやめくださいますよう、あらためてお願いいたします」 なお、チケット不正転売禁止法では「1年以下の懲役もしくは百万円以下の罰金、またはその両方が科せられるという罰則」が設けられている。違反行為と判断した場合、チケット取得・購入者の照会を行い、必要な措置を講じるとのことだ。 2024.05.24 16:45 Fri

長崎が法政大学MF青木俊輔の来季加入内定を発表、今季は「36」を背負い特別指定選手として登録「夢や希望を与えられる選手に」

V・ファーレン長崎は24日、法政大学のMF青木俊輔(21)の2025シーズン加入内定を発表した。また、今シーズンは特別指定選手に承認され、背番号「36」をつけてプレーする。 25日に開催される明治安田J2リーグ第17節のジェフユナイテッド千葉戦からプレーが可能となる。 青木は熊本県出身で、東福岡高校から法政大学へと進学。今シーズンは関東大学サッカーリーグ2部を戦い、5試合で1得点を記録している。昨年度は1部でプレーし、16試合1得点1アシストだった。 青木はクラブを通じてコメントしている。 「2025年シーズンより V・ファーレン長崎に加入することになりました、法政大学の青木俊輔です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手としてのキャリアを V・ファーレン長崎という素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います」 「これまで多くの方々に支えていただき、今の自分があります。恩返しができるように感謝の気持ちを忘れずに、全力でプレーします。そして、V・ファーレン長崎の勝利のために自分の全てを懸けて闘い、多くの人に夢や希望を与えられる選手になれるように日々精進していきます」 「V・ファーレン長崎のファン・サポーターの皆様、1 日でも早く V・ファーレン長崎の勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【写真】来季からの加入が内定した青木俊輔</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><br><br>※なお、JFA・Jリーグ特別指定選手として申請し認定されましたのでお知らせします。<a href="https://twitter.com/hashtag/vvaren?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vvaren</a> <a href="https://t.co/5DUBYSpRrt">pic.twitter.com/5DUBYSpRrt</a></p>&mdash; V・ファーレン長崎【公式】 (@v_varenstaff) <a href="https://twitter.com/v_varenstaff/status/1793884640975147296?ref_src=twsrc%5Etfw">May 24, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.24 15:33 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly