王者らしからぬ3失点敗戦…ナポリ主将は危機感「インテルと非常に大きな差がある」

2023.12.04 19:20 Mon
Getty Images
ナポリのイタリア代表DFジョバンニ・ディ・ロレンツォがインテル戦を振り返った。
PR
ナポリは3日、セリエA第14節でインテルとのホームゲームを戦い、0-3と敗戦。スクデットに輝いた昨シーズンはどこへやら、ルチアーノ・スパレッティ監督の退任が引き金となったか、後任のルディ・ガルシア前監督は各方面から信任を得られず、低迷とまでは言い切れずも、昨季王者らしからぬ90分間を過ごすことが増えてしまっている。
結局、11月の段階でガルシア前監督からワルテル・マッツァーリ監督へと交代。新体制3試合目で迎えた首位インテルとの大一番だったわけだが、結果は前述の通り、0-3の敗戦…微妙な判定もスコアに影響した点は否めないが、主将ディ・ロレンツォは危機感を口にする。

「インテルと非常に大きな差がある。スクデットの可能性について話すのは無意味だ」

「たとえ良いパフォーマンスをしていたとしても、結果がこれでは満足できない。再び良いサッカーを取り戻している感覚はあるんだ。多くのチャンスを作ったけど、それを決めることはできなかった…とても残念だよ」
「1試合ずつ戦い、僕たちの現在地がどこなのかを正確に把握する必要がある。次節はユベントスとの対決だ。この一戦がファンにとって何を意味するかはよく理解している…可能な限り最善を尽くして準備するよ」

一方で、ナポリに10年ぶり再登板となったマッツァーリ監督については「彼はすでにナポリの街、クラブ、その雰囲気を熟知している。これは本当に助けになるし、選手全員を団結させようと努めてくれている」とし、信頼を寄せている様子を窺わせた。

現在ナポリは7勝3分け4敗の5位で、首位インテルとは勝ち点「11」差。大きな差がついてしまっているわけだが、決して追いつけない距離ではない。ひとたび勢いに乗った時のナポリの強さ…それはカルチョファンなら誰もが知っている。

PR
関連ニュース

「早く期待に応えないと…」焦るインシーニェ、自身ケガ続きで強豪トロントも昨年MLS東地区最下位

トロントFCの元イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(32)には焦りがある。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 2022年夏、少年時代から20年近く過ごした生まれ故郷のクラブ、ナポリを去ったインシーニェ。ひいては欧州でのキャリアにも一区切り、イタリア代表からのフェードアウトも覚悟のうえか、MLSはトロントへと加入した。 最後の代表戦は、今のところ、全国民が生気を失った、あの忌まわしき北マケドニア代表戦。大方の予想通り、代表キャリアに終止符が打たれたなか、ナポリ市民のアイドル・インシーニェはMLSのピッチで躍動しているだろうか。 否、インシーニェはトロント加入から約1年半で、公式戦通算34試合出場にとどまっている。 この34試合で11ゴール6アシストと、一定のインパクトを残していることは、この数字からも再確認できる。しかし、加入から断続的にケガを繰り返し、“計算しづらいエース”となってしまっているのだ。 25日には2024シーズンのMLS第1節が行われ、元日本代表FW久保裕也が所属するFCシンシナティ戦で先発出場。しかし、2シャドーの一角で輝きを放てず、62分に”技術的交代”でピッチを退場。チーム最初の交代カードとなり、結局トロントも0-0ドロー発進となった。 試合後、イタリア代表通算54キャップのスター選手は地元メディアに対し、「コーチ陣、ファン、MLS…僕に投資してくれた人たちの期待に、早く応えなくてはならない」と、焦りがあることを認める。 トロントは2017シーズンのMLS王者で、翌2018シーズンにはCONCACAFチャンピオンズリーグで準優勝も成し遂げている強豪だ。 インシーニェ獲得は、その時代にエースだったイタリア人FWセバスティアン・ジョビンコを重ねた格好だが、インシーニェが初めてフルシーズン戦った2023シーズン、イースタン・カンファレンス(東地区)でダントツ最下位という屈辱に。ナポリのバンディエラは、期待に見合う成果を与えられていないのだ。 2024.02.26 21:40 Mon

低調ナポリ、ラストプレー被弾で逃げ切り失敗… カリアリにドロー【セリエA】

ナポリは25日、セリエA第26節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節ジェノアに辛くもドローとした9位ナポリ(勝ち点36)はマッツァーリ監督を解任し、現スロバキア代表指揮官のカルツォーナ監督を招へい。そして4日前に行われたチャンピオンズリーグのバルセロナ戦ではオシムヘン弾でドローに持ち込んだ。そのナポリはオシムヘン、クワラツヘリア、ラスパドーリの3トップとする[4-3-3]で臨んだ。 19位カリアリ(勝ち点19)に対し、序盤の主導権争いを経てナポリは28分、ラスパドーリのミドルでGKを強襲した中、32分に失点しかける。FKをヘディングでクリアにかかったラフマニがオウンゴールを献上しかけたが、VARでオフサイドがあったと判定され助かった。 42分にはGKメレトが飛び出して無人となったゴールにルブンボのヘディングシュートでゴールに迫られるも枠を外れ、ゴールレスで前半を終えた。 枠内シュート1本、決定機なく迎えた後半もナポリは主導権を掴みきれない。 65分にようやくCKからオシムヘンがヘディングで枠内シュートを放ったナポリは、直後に先制する。敵陣でボールを奪ったラスパドーリの右クロスをオシムヘンがヘッドで押し込んだ。 一瞬の隙を突いてスコアを動かしたナポリは終盤、90分にポリターノ、追加タイム4分にシメオネに追加点のチャンスが訪れるも決めきれず。 するとラストプレーの追加タイム6分にまさかの被弾。ロングボールの目測をファン・ジェズスが誤ると、ルブンボに決められて同点とされてしまった。 このまま1-1でタイムアップ。勝ち点2を失っている。 2024.02.26 01:02 Mon

ナポリ初陣はいきなりのCLバルサ戦も引き分け 指揮官「まだ課題が多いが選手を祝福したい」

ナポリがチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグを1-1の引き分けに持ち込んだ。 21日にバルセロナとの1stマッチをホームで迎えたナポリ。60分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで先制を許したが、その15分後にビクター・オシムヘンが同点ゴールを決め、1-1のドローに終わった。 初陣がいきなりのCL、しかもバルセロナが相手だったが、引き分けに持ち込んだフランチェスコ・カルツォーナ監督は『UEFA.com』によると、選手の頑張りを労ったようだ。 「まだ課題が多いが、選手を祝福したい。戦ったし、後半は良かった。最後の15分間は素晴らしかったよ」 「スピリットにおいてはとても私好みだった。最後の方はこの試合を勝てるという自信があったんだ」 「序盤の30分間は苦しんだが、それからチームが反発してくれた。交代選手においてもとても満足だ」 バルセロナとのリターンレグは来月。12日に今度は敵地で行われる。 2024.02.22 09:55 Thu

「今季を象徴」 バルサが敵地で先制も引き分けに…チャビが語る欠如した部分とは?

バルセロナが21日に敵地でチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのナポリ戦に臨んだ。 0-0で折り返した試合を60分にロベルト・レヴァンドフスキのゴールで動かしたバルセロナだが、75分にビクター・オシムヘンの同点弾を被弾。昨季のセリエA王者との1stマッチは1-1に引き分けに終わり、12日にバルセロナのホームでリターンレグを迎える運びとなった。 『UEFA.com』によると、バルセロナを率いるチャビ・エルナンデス監督はこう振り返っている。 「我々はもっと値した。作戦はうまくいって、1-0でリードしたんだ。欠けたのはあのスコアラインの厳しい試合を落ち着いてコントロールする力だった」 「試合を眠らせなかった。これがCLであると忘れてはいけない。ボールを握り、相手陣内に運んでいくべきだった。全体的に良い戦いぶりではあったがね」 「チャンスはもっとあった。良いトランジションもできたし、この試合の大部分が我々のイメージどおり、計画どおりに進んだのには満足だよ」 「ファンの前で突破するために大きな一歩を踏み出すだろう」 追いつかれてのドローは悔やまれるが、指揮官も「そうだね。バルセロナに持ち帰るには良い結果じゃない。勝てるはずなのに勝てなかったというのは今季を象徴している」と話した。 一方で、「あのようなプレーをすれば、負けるよりも勝つ方がずっと多いだろう」とも。ラ・リーガの連覇も険しい道となり、このCLに力を注ぎたいバルセロナだが、次のラウンドに勝ち進めるか。 2024.02.22 09:30 Thu

レーティング:ナポリ 1-1 バルセロナ【CL】

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグ、ナポリvsバルセロナが21日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ナポリ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240221_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 メレト 6.5 好守を見せて1失点に凌いだ DF 22 ディ・ロレンツォ 5.5 レヴァンドフスキに付ききれず失点。カンセロとペドリの対応に苦戦 13 ラフマニ 5.5 失点場面ではペドリに吊り出された。それ以外はよく耐えていた 5 ファン・ジェズス 6.0 要所を締めた守備を続けた 17 オリベラ 5.5 前半はヤマルの対応に苦慮も徐々に封じていった MF 99 ザンボ・アンギサ 6.0 よくボールに絡んでロボツカと共にゲームを作る。オシムヘンのゴールをアシスト 68 ロボツカ 6.0 ポゼッションを取り戻す要因になっていた 24 カユステ 5.0 イマイチ持ち味がわからない (→ハメド・トラオレ 5.0) カユステと大差ない出来 FW 21 ポリターノ 5.5 前半半ば以降にボールを持てるようになって仕掛けた (→ラスパドーリ -) 9 オシムヘン 6.5 アフリカネーションズカップからようやく帰還。唯一の決定機を仕留めた (→シメオネ -) 77 クワラツヘリア 5.0 関心を寄せられているバルセロナ相手のプレー。見せ場は作れず (→リンドストローム 5.5) さほどボールに絡めずもゴールの起点にはなった 監督 カルツォーナ 6.0 就任間もない中、引き分けは御の字の結果 ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2024/get20240221_7_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 5.5 枠内シュート1本で1失点。ただ止められないシュートだった DF 23 クンデ 6.0 クワラツヘリアに何もさせず 4 アラウホ 6.0 オシムヘンとのフィジカルバトルで負けず 5 イニゴ・マルティネス 5.0 オシムヘンに対応できず失点に関与 2 カンセロ 6.0 ペドリと良い関係。攻撃にうまく絡んだ。守備もポリターノに我慢強く対応 MF 22 ギュンドアン 6.0 ゴール前への絡みでアクセントに 15 クリステンセン 6.0 シンプルにボールを捌いてリズムを作った (→ロメウ -) 21 F・デ・ヨング 6.0 攻守に存在感を見せた FW 27 ヤマル 6.0 前半は果敢な仕掛けからのシュートでアクセントに (→ハフィーニャ -) 9 レヴァンドフスキ 6.0 前半の決定機は決めきれずも後半に先制点を挙げ、仕事を果たした 8 ペドリ 6.5 中にポジションを取ってカンセロのオーバーラップを促す。レヴァンドフスキのゴールをアシスト (→フェリックス -) 監督 チャビ 6.0 勝ち切りたい内容だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! メレト(ナポリ) 前半半ばまでの劣勢を凌いで最終的に引き分けに持ち込めたのはメレトの好守があったからこそ。 ナポリ 1-1 バルセロナ 【ナポリ】 オシムヘン(後30) 【バルセロナ】 レヴァンドフスキ(後15) 2024.02.22 06:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly