古橋亨梧は「スコットランドのラウタロ」、ラツィオ戦控える中イタリア人指導者が警戒

2023.11.28 13:10 Tue
今季はCLでここまで2ゴールの古橋亨梧
Getty Images
今季はCLでここまで2ゴールの古橋亨梧
チャンピオンズリーグ(CL)のラツィオ戦を控えているセルティック。イタリアでは日本代表FW古橋亨梧が警戒されている。
PR
今シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで14試合6ゴール。CLでも4試合で2ゴールを記録している。
そのセルティックは、第5節でラツィオと対戦。ホームでの試合ではゴールを決めており、ラツィオとしても警戒するところだ。

そんな中、イタリア『gianlucadimarzio.com』ではラツィオ戦を前に、スコティッシュ・プレミアシップのリヴィングストンで分析担当として働くイタリア人指導者のエウジェニオ・セナ氏にインタビュー。セルティックについて語る中、古橋を要注意人物に挙げた。

「1人目はストライカーの古橋だ。背が高くないにも関わらず、非常にテクニックに優れているが、チームの雰囲気にフィットしている」
「その右足で相手をとても悩ませる存在で、頭でもゴールを決めることができ、右も左も巧みだ。日本人はまるで『スコットランドのラウタロ』のようだ」

様々な形でゴールに襲いかかる古橋に対し、インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスを引き合いに出したセナ氏。そのほか、カラム・マクレガーマット・オライリーを注意すべきと語っていた。



PR
関連ニュース

日本人多数所属のセルティックなどスコットランドクラブがCL自動出場権を失う…チェコに抜かれ王者でもPOからの参加に

今シーズンも日本人選手が5名所属しているスコットランドの名門・セルティックにとっては、悲しい事実が確定してしまったようだ。 今シーズンはセルティックとレンジャーズが熾烈な優勝争いをしているスコティッシュ・プレミアシップ。王者は翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に自動的に出場できるレギュレーションとなっている。 しかし、2025-26シーズンのCLからは自動的に本大会出場の権利が無くなってしまったという。 このレギュレーションは欧州サッカー連盟(UEFA)が定めるUEFA係数ランキングによって決定。イギリス『ガーディアン』によれば、チェコがトップ10に入り、スコットランドが追い抜かれてしまったため、2024-25シーズンのスコティッシュ・プレミシップ王者はCLのプレーオフに回ることになることが決まったという。 最新のランキングでは、首位がイングランド、2位にスペイン、3位にイタリアと続き、ドイツ、フランス、オランダ、ポルトガル、ベルギー、トルコと並んでいる。10位にはチェコが入り、スコットランドは11位。スイス、オーストリア、ノルウェー、デンマークと続いている。 11日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)準々決勝1stレグで、チェコのビクトリア・プルゼニがフィオレンティーナとドロー。この結果、ランキングが変化したという。 なお、スコットランドのクラブは今シーズンのヨーロッパの大会から全て敗退。順位の変動が起こらないため、自動出場枠を失うこととなった。 2024.04.12 17:15 Fri

今夏のセルティックが最優先で補強したいポジションとは

今夏のセルティックが最優先で補強したいポジションとは。 前田大然や旗手怜央ら日本人選手5人が所属するセルティック。今季からブレンダン・ロジャーズ監督率いるスコットランドの雄は、9日時点でリーグ首位に立つも、勝ち点1差の2位レンジャーズより1試合消化が多く、昨季よりも不安定な戦いが続く。 イギリス『フットボール・インサイダー』によると、夏はGKとセンターバックを最優先で獲りにいくとのこと。 現在の守護神はイングランド代表通算75キャップを誇るGKジョー・ハート(36)。2021-22シーズンの加入から一貫して1番手を担ってきたが、今季限りでの現役引退を発表している。 年明けから獲得候補に挙がるはリバプールのアイルランド代表GKクィービーン・ケレハー(25)。アイリッシュクラブのセルティックにとって理想的な人材だが、本来リバプールの2番手GKながらも評価がすこぶる高く、獲得へのハードルも高そうだ。リバプールも安売りする気はないとされる。 センターバックについては、「アメリカ代表DFキャメロン・カーター=ヴィッカーズの新相棒」がテーマ。現相棒のアイルランド代表DFリアム・スケールズは今季アバディーンからレンタルバックも、首脳陣を満足させられていないという。 このようにGKとセンターバックを最優先で獲りにいくという今夏のセルティックだが、果たして。 2024.04.09 19:45 Tue

「これ、、、誰や?」銀髪に変化した前田大然が既に違和感? 3カ月前の自分の写真に突っ込んでファンが沸く「前の大然」「これだから推せる」「これが本物の大然」

セルティックの日本代表FW前田大然が写真にツッコミを入れている。 韋駄天ストライカーとして日本代表、そしてセルティックでも活躍する前田。7日に行われたレンジャーズとの“オールド・ファーム”では、開始21秒でスピードを活かしたゴールを決めて話題となっていた。 その前田は8日に自身のX(旧ツイッター/@M_daizen_1020)を更新。写真にツッコミを入れて話題を呼んでいる。 前田が投稿したのは日本代表の自身の写真。アジアカップ2023に臨んだ際のプロフィール写真だが、「これ、、、誰や??」とコメントを寄せていた。 前田は、スキンヘッドがトレードマークでもあった中、アジアカップ後に髪を伸ばし始めて話題に。「娘が嫌がる」という理由で髪を伸ばしていることを、3月の日本代表活動の際に明かしていた。 北朝鮮代表戦は髪が生えた前田が登場したが、試合前日に黒髪から金髪に変更。大きな話題を呼ぶと、先日はシルバーヘアにイメージチェンジし、再び話題をさらった。 前田のツッコミともボケとも取れる投稿にファンは「前の大然」、「お前田!」、「だから嫌いになれない」、「本人が言ってんのマジで面白い」、「どこのお坊さんかと」、「前大然」、「これだから大然推せる」、「これが本物の大然」、「もう恋しい」、「やっぱり大型アプデされてた」とコメントが寄せられている。 なお、娘のリクエストは日本代表の同僚でもある南野拓実。まだまだ先は長そうだが、どこまで髪を伸ばしていくのかも注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】前田大然がツッコミを入れた前田大然</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">これ、、、誰や?? <a href="https://t.co/NChKeX9ZnN">pic.twitter.com/NChKeX9ZnN</a></p>&mdash; 前田 大然 Daizen Maeda (@M_daizen_1020) <a href="https://twitter.com/M_daizen_1020/status/1777094498264179126?ref_src=twsrc%5Etfw">April 7, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.04.08 13:20 Mon

前田大然の21秒弾も後半AT失点で3-3のドロー、セルティック指揮官「残念。でも楽しかった」

セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督が、レンジャーズとのオールド・ファームを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 7日、スコティッシュ・プレミアシップ第32節でセルティックはアウェイでレンジャーズと対戦した。 勝ち点差「1」で首位を争う両者。セルティックはFW前田大然、FW古橋亨梧、MF旗手怜央、MF岩田智輝の日本人4名が先発出場した。 すると開始21秒、前田が得意のスプリントから電光石火のゴールを決めてセルティックが先制。34分にはマット・オライリーがPKを決めてリードを広げる。 しかし、後半に入り状況が一変。55分にPKで1点を返されると、86分には同点に追いつかれることに。それでも直後にFWアダム・イダーが勝ち越しゴール。貴重な勝利を挙げると思われた。 それでもアディショナルタイム3分に失点。打ち合いとなった試合は、3-3のドローに終わったが、セルティックはかろうじて首位をキープした。 試合後、ロジャーズ監督はダービーを振り返り、後半にPKを与えるところまでは良かったとコメント。ただ、PKの判定には少し不満があるとした。 「PKを与えるまでは我々の方がはるかに優れたチームだと思っていたのだが、勝てなかったのは残念だ。ただ、とても楽しかった」 「我々はサッカーをするチームであり、コントロールされ、前半のいくつかのプレーは際立っていたが、彼らのロングボールに対処していた」 「だから、ハーフタイムから後半のスタートまで、素晴らしい試合を見せていたと思う」 「ホームで戦うレンジャーズは何かを期待しているだろうし、PKで少しは有利になったと思った」 「私はあれがPKだとは思わない。フィールド上での出来事だと思う。アリスター・ジョンストンが見事なリカバリータックルを決めてボールを奪い、選手は倒れてシミュレーションのためにカードが出ると感じた。彼はPKを貰おうとしていたし、それは正しいと思う」 「しかし、彼らはPKを獲得して得点し、2-1の時点で少し勢いがついていた」 「ディフレクションによる2点目を奪い、少し幸運に恵まれ、そこからチャレンジが始まった。前に進み続ける心、願望、意志があるかどうか。選手たちはその点で素晴らしかった」 「彼らは戦い続け、我々は素晴らしい3点目を決め、勝ち切れるかと思われたが、最後に素晴らしいゴールを決められた」 「それでも強の我々にとって重要なことは、まだ手にしていることである」 「選手たちは勝利を逃して残念に思うだろう。我々は常に勝ちたいと思っているからだ。しかし、サポーターがいない厳しい環境で、本当に良いパフォーマンスを見せた。自分たちのチームと与えた全てのことを本当の誇りに思うだろう」 <span class="paragraph-title">【動画】時間も早いが足はもっと速い!前田大然がスピード生かして先制点</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YCaw2Z9ecIk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.08 12:10 Mon

前田大然が開始21秒弾も…日本人4選手先発セルティックは土壇場被弾で敵地でのオールドファームで厳しいドロー【スコティッシュ・プレミアシップ】

セルティックは7日、敵地アイブロックス・スタジアムで行われたスコティッシュ・プレミアシップ第32節でレンジャーズとのオールドファームに臨み、3-3のドローで試合を終えた。 前節、リヴィングストンとのアウェイゲームを3-0で快勝し、1試合消化試合が多い状況で1ポイント差の暫定首位で首位攻防のオールドファームを迎えたセルティック。 この試合ではFW古橋享梧、FW前田大然、MF岩田智輝、MF旗手怜央がスタメンを飾り、2試合連続で日本人4選手がスタートからピッチに立った。なお、DF小林友希は引き続きベンチ外となった。 完全アウェイの敵地アイブロックスでフープスの日本人ストライカーが電光石火の一撃を決める。 開始21秒、レンジャーズのキックオフの流れからGKハートが前線に大きく蹴り出したボールに反応した前田が背走するDFタヴァーニアにスプリントで迫ると、セーフティーにタッチへクリアしようとしたボールをうまく足を出してブロックすると、これが絶妙なグラウンダーシュートの形でゴール右隅に決まった。 前田のオールドファーム通算2点目となる今季リーグ戦5点目で早々にリードを手にしたセルティック。先制後は反撃を試みるレンジャーズの攻撃を冷静に撥ね返しながら、カウンターを起点にチャンスを窺う。13分には旗手、前田、古橋と日本人3選手の連携を見せるが、前田の左からの折り返しは古橋に合わない。 一進一退の攻防が続く中、前半半ば過ぎには前田、旗手、オライリーのボックス付近での連続シュートでアウェイチームが惜しい場面を作り出すと、再び前田がゴールに繋がる仕事を果たす。 31分、右CKの場面でクロスに反応した前田が頭で触ったボールがDFゴールドソンの右肘に直撃。一度プレーは流されたが、オンフィールド・レビューによってハンドでのPKが与えられる。これをキッカーのオライリーが冷静に真ん中へ決めた。 その後、ファビオ・シウバらの決定機を守護神ハートの好守で凌ぎ切ったセルティックが2点リードで前半を終えた。 後半はリスクを冒して前に出るホームチームに押し込まれたセルティックは、51分にボックス内でジョンストンがファビオ・シウバを倒してしまい痛恨のPK献上。これをタヴァーニアに決められて点差を縮められる。さらに、直後には相手のカウンターからデサースにゴールネットを揺らされるが、これは起点となったボール奪取の場面で岩田に対するファウルがあったとの判定でゴールは取り消しとなった。 何とか連続失点を回避したものの、流れが悪いセルティックは65分、旗手とキューンを下げてマクレガー、ヤン・ヒョンジュンを同時投入。さらに、69分には古橋を下げてイダーを投入する。 一連の交代で試合を落ち着かせたセルティックだったが、試合のクローズに入った終盤にミスから追いつかれる。86分、自陣での不用意な横パスをカットされてカウンターを受けると、マトンドのシュートのこぼれ球に反応したシマのシュートがゴール前のDFにディフレクトしてゴール右隅に決まった。 しかし、首位奪取へ素早いリアクションを見せると、失点直後の87分にはベルナルドの左サイドの仕掛けからボックス内で足元にパスを受けたイダーがDF2枚に囲まれながらも強引にシュートを放つと、これがGKバトランドの脇を抜いてゴールネットを揺らした。 これで再びリードを手にしたアウェイチームは今度こそ逃げ切り態勢に入るが、粘るレンジャーズの勢いを止められない。8分が加えられた後半アディショナルタイムの93分にボックス左で鋭いカットインを仕掛けたマトンドに見事な右足シュートをゴール右上隅に突き刺された。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、アウェイ開催のオールドファームを3-3のドローで終えたセルティックは、レンジャーズの未消化試合の結果次第で首位陥落となる。 レンジャーズ 3-3 セルティック 【レンジャーズ】 タヴァーニア(後10[PK]) シマ(後41) マトンド(後45+3) 【セルティック】 前田大然(前1) オライリー(前34[PK]) イダー(後42) <span class="paragraph-title">【動画】時間も早いが足はもっと速い!前田大然がスピード生かして先制点</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="YCaw2Z9ecIk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.07 22:06 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly