レアル・マドリーの新契約ラッシュにミリトンも続く! 今週中に発表か

2023.11.14 16:45 Tue
レアル・マドリーDFミリトンも新契約を結ぶ見通しに。
Getty Images
レアル・マドリーDFミリトンも新契約を結ぶ見通しに。
ブラジル代表DFエデル・ミリトン(25)もレアル・マドリーと契約延長するようだ。
PR
2019年夏にポルトから加わったミリトン。ラファエル・ヴァランセルヒオ・ラモスがいなくなってからの最終ラインで今や欠かせぬセンターバックとなり、通算出場数も143試合を数える。
一昨季、昨季と不動の地位を確立しての今季、ラ・リーガ開幕節で左ヒザの前十字じん帯を断裂する大ケガを負って、まだその1試合でしかプレーできていないが、契約延長に向かう模様だ。

スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ミリトンは契約延長で以前から合意済みだったとのことで、あとは正式発表を待つのみ。今週中にも2025年夏までの現行契約を更新するという。

新たな契約期間は2028年夏か、2029年夏まで。さらに、新契約締結により、リリース条項額も10億ユーロ(約1622億9000万円)に設定されるそうだ。
レアル・マドリーでは最近、ヴィニシウス・ジュニオールロドリゴ・ゴエスエドゥアルド・カマヴィンガフェデリコ・バルベルデが契約延長。その新契約ラッシュにミリトンも続くようだ。



PR
関連ニュース

クルトワが待望のチームトレーニング復帰! 21日のセッションで一部メニューこなす

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、トレーニング復帰を果たした。スペイン『Cope』が報じている。 クルトワは今シーズン開幕前のトレーニング中に左ヒザを負傷。その後、左ヒザ前十字じん帯断裂と診断され手術を受け、以降は長期間に渡るリハビリに励んでいた。 そして、手術から約半年を経た21日のトレーニングセッションでは待望のチームトレーニングに復帰し、一部メニューをチームメイトと共にこなしたという。 ただ、クルトワは先日のベルギー『sporza』のインタビューで「クラブは僕が100%回復することを望んでおり、決して早期に復帰しないことを明確にしている」、「ケガのせいで、いずれにせよ僕はユーロには出場できない。まずは100%完全に復帰する必要がある」と、ユーロ2024欠場の意向を明言している。 そのため、5月中の復帰を目標に掲げているものの、それ以上の早い段階での復帰を急ぐ可能性は低いようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】クルトワがトレーニングに復帰</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ÚLTIMA HORA | Courtois ha completado una parte del entrenamiento con el grupo en el <a href="https://twitter.com/realmadrid?ref_src=twsrc%5Etfw">@realmadrid</a> <br><br> Lleva lesionado desde principios de agosto<br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/PartidazoCOPE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PartidazoCOPE</a> <a href="https://t.co/fREVVcPTit">pic.twitter.com/fREVVcPTit</a></p>&mdash; El Partidazo de COPE (@partidazocope) <a href="https://twitter.com/partidazocope/status/1760349464210866507?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.02.22 08:00 Thu

モドリッチが引退&コーチングスタッフ入りを拒否、現役続行でマドリー退団へ

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(38)が今季終了後、契約満了をもって退団する可能性が高まっている。クロアチア『ノボスティ』が報じている。 同メディアによれば20日、カルロ・アンチェロッティ監督がモドリッチに対し、今季終了後に引退するならコーチングスタッフのポストを用意するとしたものの、モドリッチが断りを入れたとのこと。新天地はサウジアラビアからアメリカと見られている。 レアル・マドリーでラ・リーガを3度、チャンピオンズリーグを5度優勝に導いたレジェンドのモドリッチだが、今季は控えに回り、ラ・リーガ11試合の先発に留まっている。 2024.02.21 01:20 Wed

ムバッペがレアル行き合意、PSG会長が関係者に語ったか

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ()が、レアル・マドリーに行くことが決定したようだ。 今シーズン限りでPSGとの契約が満了するムバッペ。今夏のマドリー入りが噂される中、スペイン『アス』によれば、ナセル・アル・ケライフィ会長が、ムバッペのマドリー行きを認めたという。 アル・ケライフィ会長は週末にカタールに居たとのこと。数人の幹部と会談を行い、その中でマドリー移籍を認めたという。 以前もマドリー行きが迫ったタイミングがあったムバッペだが、2022年5月に2025年までの契約延長を発表。シーズン最後の発表となったが、マドリーはそのタイミングまで決断を引き延ばしにさせることはできないという。 問題はいつ公式発表されるか。ただ、両者ともにチャンピオンズリーグ(CL)で勝ち残っており、この先に対戦する可能性も残しているため、ムバッペの移籍が火種になる可能性が十分にあるという。 まだ公式には発表されていないが、公式発表も時間の問題と見られている。 2024.02.19 21:40 Mon

疲労困憊マドリーが新生ラージョ相手にドロー…途中出場カルバハルは最終盤に退場…【ラ・リーガ】

ラ・リーガ第25節、ラージョvsレアル・マドリーが18日にカンポ・デ・フトボル・デ・バジェカスで行われ、1-1のドローに終わった。 首位のマドリーは前節、2位のジローナとの首位攻防戦に4-0で完勝し、勝ち点差を「5」に広げた。その試合でベリンガムの負傷離脱というアクシデントに見舞われたが、直近のチャンピオンズリーグ(CL)のRBライプツィヒ戦では代役ブラヒム・ディアスの圧巻ゴラッソ、代役守護神ルニンがインパクトを残し、ウノセロ勝利を収めた。 フランシスコ監督を解任して36歳の青年指揮官イニゴ・ペレスを新指揮官に据えた14位のラージョとのマドリード自治州ダービーでは先発4人を変更。カルバハルとメンディの両サイドバックをルーカス・バスケス、フラン・ガルシアに入れ替えたほか、クロースとロドリゴに代えてモドリッチ、ホセルを起用した。 試合は新生ラージョの戦い方を確認する暇もなくアウェイのマドリーがいきなりゴールをこじ開ける。3分、自陣ボックス内で相手の攻撃を撥ね返した流れからブラヒム・ディアス、バルベルデが右サイドを破ると、最後はバルベルデの正確なグラウンダークロスに飛び込んだホセルが左足でうまく合わせてゴールネットへ流し込んだ。当初、この高速カウンターはホセルのオフサイドと判定されたが、VARの末にオンサイドでのゴールが認められた。 開始早々のゴールで勢いづくマドリーは、以降も動揺が見受けられる相手をいなしながらアタッキングサードではヴィニシウスを起点にサイドから幾度か良い仕掛けを見せて追加点に迫っていく。 一方、イニゴ・ペレス初陣で予想通りの厳しい展開を強いられたラージョだったが、前半半ば過ぎに思わぬ形から同点に追いつく。24分、左サイドでの良い崩しからオスカル・トレホがボックス中央で放ったシュートがカマヴィンガの手に当たると、オンフィールド・レビューの末にPKを獲得。これをキッカーのデ・トーマスがきっちり決めて27分の同点ゴールとした。 1-1の振り出しに戻った試合はホームチーム全体の強度が上がったこともあり、非常に拮抗した展開に。主導権自体はマドリーが握っていたものの、アタッキングサードでは相手の粘りの守備に遭い、決定機まであと一歩という状況が続いたまま前半を終えた。 イーブンで迎えた後半はラージョにいきなりの決定機。46分、最後尾のチュアメニに強い圧力をかけて奪い切ったアルバロ・ガルシアがそのままシュートに持ち込むが、ここはロストしたチュアメニが何とかブロックした。 冷や汗をかく入りとなったマドリーだったが、時間の経過と共にボールを握って押し込んでいく。そして、右のブラヒム・ディアスが起点となって幾度かフィニッシュまで持ち込んでいくが、ホセルの決定機はGKの好守に遭う。 ラージョが早めのタイミングの交代によって強度を維持し、後半もなかなかブロックを崩し切れないマドリー。これを受け、アンチェロッティ監督は70分、カマヴィンガとブラヒム・ディアスを下げてクロース、ロドリゴを同時投入。さらに、直後にはルーカス・バスケスに代えてカルバハルをピッチに送り込む。80分にはボックス手前中央の好位置で得たFKをキッカーのクロースが枠の右隅へ飛ばすが、これはGKディミトリエフスキのビッグセーブに阻まれた。 その後、後半最終盤にはモドリッチを下げてギュレルを最後の交代カードとして切ったマドリー。ここからクラブ伝統の土壇場での勝負強さに期待がかかる。 だが、6分が加えられた後半アディショナルタイムでは直前に抗議で1枚カードをもらっていたカルバハルがキケへのエルボーで2枚目のカードをもらって退場し、万事休す。試合はこのまま1-1でタイムアップを迎え、前回対戦に続きラージョと勝ち点1を分け合う形で公式連勝がストップした。 2024.02.19 00:07 Mon

3選手の連れ戻しをレアルが検討中…レンタル先で活躍のラファ・マリンら

レアル・マドリーが他クラブへ放出した選手の再加入を選択肢に考えているようだ。 現在ラ・リーガで首位を走り、チャンピオンズリーグ(CL)でも準々決勝進出が見えているマドリー。新戦力ではドルトムントから大金をはたいて獲得したイングランド代表MFジュード・ベリンガムが驚異的な活躍を見せている他、ミランからレンタルバックしたスペイン代表MFブラヒム・ディアスや、ラージョ・バジェカーノから買い戻したスペイン代表DFフラン・ガルシアなども戦力としてチームに貢献している。 周知の通り、マドリーは他クラブへ放出した選手でも手の届く範囲にとどめていることが多く、レアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英もその1人。50%の保有権があることから、今夏の買い戻しがにわかに囁かれていたが、最近2029年までの契約延長にサインしたこともあり、可能性はかなり低くなると考えられている。 しかし、スペイン『マルカ』によると、マドリーが今夏の再加入を検討しているのは久保ではなく、カンテラ出身の3選手とのこと。アラベスにレンタル移籍中のU-21スペイン代表DFラファ・マリン(21)、ラツィオのU-21スペイン代表DFマリオ・ヒラ(23)、ジローナのU-21スペイン代表DFミゲル・グティエレス(22)のようだ。 マリンは191cmのセンターバックで、昨夏アラベスへ武者修行。ここまで主力としてラ・リーガの21試合に出場し、来シーズンの復帰は確実とみられている。 同じくセンターバックのヒラは2022年夏にラツィオへ完全移籍したが、久保と同様にマドリーが保有権を50%残している形。昨年11月下旬あたりからレギュラーの座を勝ち取った今シーズンは、ここまでセリエAで11試合に出場している。 リーグ首位を争うジローナのグティエレスも2022年夏にマドリーから完全移籍。左サイドバックや左ウイングバックとしてチームの躍進を支えており、マドリーは安価での買い戻しが可能と言われている。 また、昨夏買い取りオプション付きのレンタルでミランへと移籍したスペイン人DFアレックス・ヒメネス(18)の動向も注視している模様。他にも多くの選手がマドリーの支配下にあり、さらなる成長が期待されている。 2024.02.18 23:00 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly