ECLで実現した日本人2ショットに喜びの声「素敵で整ったおふたり」「勝敗を超えた喜び」

2023.11.10 19:45 Fri
Getty Images
日本人対決は実現ならずも日本人2ショットが実現している。カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第4節が9日に欧州各地で行われた。
創設3年目を迎えるチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティションにはAZのDF菅原由勢やフランクフルトのMF長谷部誠、クラブ・ブルージュのMF本間至恩、ヘントのDF渡辺剛、ディナモ・ザグレブのMF金子拓郎、ヘルシンキのMF田中亜土夢ら日本人6選手が参戦している。

グループGでは、長谷部の所属するフランクフルトと田中が所属するヘルシンキが同居。9日の第4節でも対戦した。

長谷部と田中はそれぞれベンチ入りも出番はなく、試合はアウェイのフランクフルトが0-1で勝利を収めてグループ2位に。一方のヘルシンキは2試合を残してグループステージ敗退が決まった。
第3節では2人がピッチに立ち日本人対決が実現したものの、今回は実現せず。それでも試合後に田中が自身のX(旧ツイッター)を更新。「kiitos(フィンランド語でありがとう)」の言葉を添えて長谷部との2ショットを投稿している。

欧州で戦うベテラン2人の2ショットには、ファンも「素敵で整ったおふたり」、「勝敗を超えて、喜びがありますね!」とコメント。中々見られない2人の共演に喜びの声が上がっていた。


1 2
関連ニュース

本間至恩が2ゴール演出!熊田直紀の前で先制&決勝点アシストし、"先輩"の貫録見せる

クラブ・ブルージュのMF本間至恩が結果を残し続けている。 現在はクラブ・ブルージュのセカンドチーム、チャレンジャー・プロ・リーグ(ベルギー2部)に属するClub NXTを中心にプレーが続いている本間だが、2月24日の第23節KVオーステンデ戦では先発フル出場し、ゴールを決めた。 1日の第24節、熊田直紀を擁するヨンク・ヘンク戦でも先発し、先制点と決勝点をアシスト。2-1の勝利に貢献した。 まずは5分、マーカーがボールウオッチャーとなったのを見逃さず、左サイドのスペースを突いてパスを引き出すと、内側へコースを取りながら相手を引き付け、絶妙なタイミングでスルーパスを供給。前節本間の得点をアシストした、ケムズダイン・タルビのゴールをお膳立てした。 14分にClub NXTは同点とされたが、数的優位となって迎えた87分、相手を押し込んだ状態からボックス手前で受けた本間が、今度は相手守備陣3人の目線を引きつけてのラストパス。セム・アウドールの決勝点を導いた。 今季もトップチーム出場はあったが、出場時間はわずか。ベルギー2部の枠ではもったいないと思わせる活躍を続けている。 <span class="paragraph-title">【動画】本間至恩の1アシスト目、裏取りからスルーパスのタイミングまで理想的</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr"> | Een actie recht vanuit l̷a̷ ̷M̷a̷s̷i̷a̷ The Nest! <a href="https://twitter.com/hashtag/NXTGNK?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NXTGNK</a> <a href="https://t.co/oL2nd0K5Lc">pic.twitter.com/oL2nd0K5Lc</a></p>&mdash; Eleven Belgium (NL) (@ElevenBeNL) <a href="https://twitter.com/ElevenBeNL/status/1763648900160708854?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】本間至恩の2アシスト目、シュートの選択肢もあるが、周囲がよく見えていた</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">FT | Sem Audoor verlost Club NXT op de valreep! <a href="https://twitter.com/hashtag/NXTGNK?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NXTGNK</a> <a href="https://t.co/IumrjhNfuQ">pic.twitter.com/IumrjhNfuQ</a></p>&mdash; Eleven Belgium (NL) (@ElevenBeNL) <a href="https://twitter.com/ElevenBeNL/status/1763670642098852088?ref_src=twsrc%5Etfw">March 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.03.02 14:40 Sat

FAカップ欠場の遠藤航、今週末出場は…? クロップ監督が負傷者情報を共有

リバプールのユルゲン・クロップ監督が日本代表MF遠藤航の現状に言及した。 先のカラバオカップ決勝では120分の奮闘で今季1つ目のタイトルを呼び込み、評価が高まるばかりの遠藤。だが、試合後に松葉杖姿が目撃され、その3日後に行われたサウサンプトン戦とのFAカップ5回戦ではメンバーから外れた。 評価高まるばかりの遠藤が欠場したのはアジアカップ参戦による一時離脱の期間を除くと、公式戦で13試合ぶりのことに。2日に行われるプレミアリーグ第27節のノッティンガム・フォレスト戦では出場となるのだろうか。 イギリスの地元メディア『Liverpool Echo』によれば、ドイツ人指揮官は今週末の試合に先立った会見で、負傷者情報を共有。まずはダルウィン・ヌニェス、ドミニク・ソボスライ、モハメド・サラーについて触れた。 「ダルウィンとドム(ソボスライ)は昨日、ともにトレーニングをした。彼らはいい表情だったし、どんな反応があるかを見極める必要がある」 「モーはそんなに遠くないと思うが、明日は出られない。残念だが、モーに関してはこの状況がもう少し続く。来週のどこかで戻ってくると思うがね」 また、遠藤とアンドリュー・ロバートソンについては1日のトレーニングから復帰予定ではあるものの、状態を確認してみる必要があるという。 「ワタルとロボ(ロバートソン)は(昨日の)トレーニングをしなかったが、今日から参加する予定だ。そういう感じだが、本当にそうなるかを確認しないといけない」 2024.03.02 12:55 Sat

南野拓実はフル出場でいくつか見せ場! 前後半で主導権入れ替わったモナコとPSGの上位対決は痛み分け【リーグ・アン】

リーグ・アン第24節、モナコvsパリ・サンジェルマン(PSG)が1日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、0-0のドローに終わった。なお、モナコのFW南野拓実はフル出場した。 前節、南野の2点に絡む活躍によってRCランスに3-2で競り勝った3位のモナコ。今節は首位を快走する“パリの巨人”相手の上位対決で勝利を狙った。南野はこの大一番で[4-4-2]の左サイドハーフで先発した。 一方、前節はスタッド・レンヌに土壇場PK弾で辛くも1-1のドローに持ち込んだPSG。週明けにレアル・ソシエダとのチャンピオンズリーグ(CL)のアウェイゲームを控えるなか、モナコとの上位対決で2試合ぶりの白星を目指した。レンヌ戦からは先発5人を変更。ダニーロやバルコラ、デンベレに代わってムキエレ、アセンシオ、ゴンサロ・ラモスが起用された。 首位チームに対して攻撃的な布陣で臨んだモナコが立ち上がりからアグレッシブにゴールを目指していく。開始5分にはアクリウシュの中盤でのパスカットからベン・イェデルのスルーパスに反応したバログンがボックス右に持ち込んで強烈なシュートを放つ。だが、これはGKドンナルンマの好守に遭う。 以降も攻勢を継続するホームチームでは16分に南野に見せ場。左CKの二次攻撃からペナルティアーク右でアクリウシュの横パスを受けた南野が右足のミドルシュートを狙うと、これがゴール右上隅を捉えるも、ここは再びPSG守護神のビッグセーブに阻まれる。 前半半ばを過ぎると、PSGもロングボールを使った背後への抜け出しやカウンターを起点に押し返していく。そこからボックス付近で足を振っていくが、決定機まであと一歩という状況。そういったなか、ハムストリングを気にしていたアセンシオがプレー続行不可能となり、39分にバルコラのスクランブル投入を余儀なくされた。 前半終盤にかけては再びギアを上げたモナコがショートカウンター、人数をかけた攻撃で続けてチャンスを作ったが、ボックス内でのベン・イェデル、アクリウシュの決定的なシュートはいずれもGKドンナルンマのビッグセーブに阻まれ、前半のうちにリードを奪うことはできなかった。 迎えた後半、先に動きを見せたのは劣勢のPSG。ムバッペをベンチに下げてコロ・ムアニをハーフタイム明けに投入。今季限りでの退団が決定的なムバッペはかつての本拠地を懐かしむようにピッチの外を歩いて周回し、ベンチではなく家族と共にスタンドから観戦するという異例の振る舞いを見せた。 ただ、後半もモナコペースは変わらず、良い形の崩しからベン・イェデルや南野らが再三ボックス内へ侵入し、フィニッシュの場面を作り出す。 流れを変えたいルイス・エンリケ監督は60分、ゴンサロ・ラモス、リュカを下げてデンベレ、ヌーノ・メンデスを同時投入。この交代と相手の運動量低下によって徐々に押し込む時間帯を増やしていくが、コロ・ムアニやバルコラの再三のシュートはGKマイェッキの好守に阻まれる。 時間の経過と共に守勢を強いられるモナコは70分にアクリウシュを下げてベン・セギルを投入。この交代で南野は右にポジションを移した。この交代で好転させたいホームチームだったが、押し込まれる展開を脱せず。それでも、75分にはヴィティーニャの決定的なシュートをGKマイェッキのビッグセーブで凌ぐ。 その後、最終盤はモナコも盛り返して一進一退の攻防となったが、互いに相手の集中した守備を前に決勝点を奪うことはできなかった。この結果、前半モナコ、後半PSGと拮抗した上位対決は痛み分けのドローに終わった。 2024.03.02 06:58 Sat

華麗ゴール計4発、バイエルン一時逆転も堂安先発フライブルクに追いつかれドロー【ブンデスリーガ】

ブンデスリーガ第24節、フライブルクvsバイエルンが1日に行われ、2-2で引き分けた。フライブルクのMF堂安律は77分までプレーしている。 前節アウグスブルクに逆転負けし、5試合勝利のない9位フライブルク(勝ち点29)は、堂安がフラットな[4-4-2]の右MFでスタメンとなった。 一方、ケインの劇的ドッペルパックで前節ライプツィヒを下し、公式戦連敗を3で止めた2位バイエルン(勝ち点53)は、4日後にチャンピオンズリーグのラツィオ戦を控える中、主力を起用。負傷欠場のサネに代わってテルが[4-2-3-1]の右MFでスタメンとなった。 主導権争いの序盤を経て12分、フライブルクが先制する。堂安のサイドチェンジを受けたグリフォの左クロスからサライがヘディングシュート。これはGKノイアーのビッグセーブに阻まれた中、ルーズボールを再びサライがバイシクルシュート。今度はバーに直撃したものの、二次攻撃でボックス手前のギュンターのミドルボレーが見事ゴールに決まった。 さらに16分、ボックス左に侵入したギュンターがフィニッシュに持ち込んで追加点に迫ったフライブルクは、続く22分にもショートカウンターからグリフォが際どいシュートを浴びせて主導権を握っていった。 しかし35分、バイエルンがワンチャンスで追いつく。CKの流れからルーズボールをボックス左角のテルが見事なコントロールシュートで決めきった。 追いついたバイエルンがハーフタイムにかけては押し込むと、39分にゴレツカがオンターゲットのミドルで牽制。1-1で前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で推移した中71分にバイエルンに決定機。遅攻の流れからバイタルエリアでパスを引き出したミュラーがスルーパス。ボックス中央に侵入したムシアラがシュートに持ち込むもGKアトゥボルの好守に阻まれた。 直後のCKからケインのヘディングシュートでゴールに迫ったバイエルンは、75分に押し切る。ボックス左で仕掛けたムシアラがDFに囲まれながらも圧巻のカットインシュートを決めきった。 失点後、堂安に代えてグレゴリッチュを投入したフライブルクに対し、バイエルンは殊勲のムシアラに代えてウパメカノを投入。5バックとして逃げ切りを図ったが、87分にフライブルクが追いつく。 ロングスローの流れからグレゴリッチュの落としをホーラーが見事な左足ボレーで流し込んだ。このまま2-2で決着。華麗な4ゴールが生まれた一戦は引き分け決着となった。 2024.03.02 06:31 Sat

KNVBカップ決勝で上田綺世と佐野航大&小川航基の日本人対決実現も? フェイエノールトが逆転でNEC待つファイナルへ

日本代表FW上田綺世が所属するフェイエノールトはKNVBカップで決勝進出を果たした。 2017-18シーズン以来の優勝を目指すフェイエノールトは2月29日の準決勝でフローニンヘン(オランダ2部)と対戦。上田に先発チャンスが巡った試合となるなか、先制を許したが、後半の2ゴールでひっくり返し、2-1で勝利した。 31分にバイタルエリア中央から許したミドルがベーレンにあたり、不運な形で先制点を献上したフェイエノールトは0-2で後半に入るが、61分にバイタルエリア右からのクロスにハンツコが合わせ、追いつく。 上田は80分にピッチを後にしたが、その交代で出場したリングルがその3分後に左サイドからのクロスにゴール前を押し込み、これが形勢逆転の決勝弾。4月21日に行われるファイナルに駒を進めている。 決勝の相手は佐野航大&小川航基を擁するNECナイメヘン。タイトルマッチでの日本人対決実現も注目される。 2024.03.01 18:45 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly