「高知県にJリーグを」目指すは来季のJ3参入!「残り4試合戦い抜きます」【JFL高知の歩み】

2023.11.03 21:00 Fri
「高知県から本気でJリーグ!」高知ユナイテッドSC
©kochi united sc
「高知県から本気でJリーグ!」高知ユナイテッドSC
2019年の地域CLで2位となり、翌2020年からJFLに舞台を移した高知ユナイテッドSC。クラブ名変更にライバルクラブとの統合を経て、ようやく辿り着いた全国リーグだが、目線は早くもその先へ。“Jなし県”脱却、来シーズンのJ3リーグ参入を目指し、今季も最後まで全力で戦う。【第3回/全3回|前編
中編

〜高知県から本気でJリーグ!~
2023年のJFLもいよいよ佳境。財務問題に端を発したFC神楽しまねの除名が開幕直前に決まり、従来の16チーム編成ではなく15チームとなったため、毎節1チームが試合なしとなっているが、あれよあれよという間に全チームが最低24試合(全28試合)を消化するところまで来た。

JFL4年目を迎えた高知ユナイテッドSCも24試合まで消化し、9勝6分け9敗の6位と健闘。過去3年は14位、13位、11位であり、この6位を最後までキープすれば初の1桁順位フィニッシュとなるが、かねてより「高知県から本気でJリーグ!」と掲げてきた高知の目標はあくまで「来季のJ3参入」だ。

しかし、クリアソン新宿とヴィアティン三重のJリーグ入会が条件付き(JFLで2位以内の確保が必須)で承認されている一方、高知は「継続審議」とされており、現状では今季のJFLで2位以内を確保しても、J3への自動昇格、もしくは入替戦行きを掴めるか不透明だ。
そんななか、10月29日には第26節で首位Honda FCと対戦。1-1のドロー決着となったこの一戦は本拠地・高知県立春野総合運動公園陸上競技場に「2156人」が来場し、今季のJFLホームゲームにおける最多の観客動員となった。

首位であり、JFLの“盟主”でもあるHonda相手に勝ち点「1」を掴み、観客動員でも大きな成果…しかし、残り4試合で2位ソニー仙台FCとの勝ち点差が「7」となり、J3参入の大前提である2位以内確保が難しくなった格好だ。

それでも高知の吉本岳史監督は試合後、「J3昇格の可能性がまだあるなか、(Hondaに)負けなかったことは選手たちが勝利に向かって走り続けてくれたから。1-1となってからもビッグチャンスがありましたし、勝ち点1を“もぎ取った”とは思いません。“積み上げ”ました」と選手を称える。

残り4試合に向けても「J3への切符を掴みたいと思っていますが、簡単ではない、そして現実的に難しいことも理解しています。だからこそ、この4試合をひたむきに決勝戦のように戦いたい」と前を向く。

選手からも続々とポジティブな言葉が。昨年までJ3のヴァンラーレ八戸に所属していたDF小林大智は「一戦必勝で目の前の試合に勝てば、その先に何かが見えてくる。そう信じたい。良い準備をします」とコメント。ゲームキャプテンを務めた24歳は真っ直ぐな目で答えてくれた。

また、22歳MF樋口叶はJ3参入の可能性を残す新宿や三重だけでなく「対戦する全チームがライバル」とし、「今日のような雰囲気は励みになりました」と今季最多の観客動員に触れる。高知は残り4試合中2試合がホームゲームだ。

地元・高知県出身のMF佐々木敦河も「今年でJ3に上がって、全国の方たちに『高知県にもJクラブがあるんだな』って知ってもらいたい。残りの4試合、頑張って戦い抜きます」と意欲を見せる。

「自分が高校生の時、高知県のクラブがこのレベル(JFL)で戦うチャンスはありませんでした。今この舞台にいることは素晴らしいことですし、ここからまた『高知県にJリーグを』という想いも強いです」

Jリーグを目指して歩みを進める高知ユナイテッドSC。佐々木が意気込んだように今季の残り4試合、最後まで「来季のJ3参入」を目指して戦い抜く。迷うなかれ、志高く一歩前へ。土佐藩が生んだ幕末の志士・坂本龍馬はこんな言葉を私たちの生きる後世に残したという。

「何の志も無きところに、ぐずぐずして日を送るは、実に大馬鹿者なり」

(完)
関連ニュース

JFL高知、元豪代表GKタンドゥ・ベラフィの引退 & 西村昭宏GMの退任を発表「あの光景を高知県のサッカーの未来に」

日本フットボールリーグ(JFL)の高知ユナイテッドSCは9日、元オーストラリア代表GKタンドゥ・ベラフィ(36)の現役引退および西村昭宏GM(65)の契約解除を発表した。 ベラフィは湘南ベルマーレでJ1通算5試合、母国オーストラリアではメルボルン・シティ、メルボルン・ビクトリーなどでAリーグ・メン通算88試合に出場した経験を持つ。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレーした。 世代別の豪代表としてプレー歴もあり、出場こそなかったがA代表歴も。JFL高知には2022シーズンから加入し、1年目こそリーグ戦全30試合にフルタイム出場も、昨季は4月30日の第7節・ミネベアミツミFC戦で右ヒザ靭帯を痛めて負傷交代し、これが現役ラストゲームとなった。 2024シーズンに向けても選手登録、体制発表時に名を連ねていたが、昨春からケガの治療に専念していたこともあり、キャリアに踏ん切りを付けたとも考えられる。引退に伴う選手本人からのコメントは、整い次第発表されるとのことだ。 ゼネラル・マネージャー(GM)の西村氏は、クラブを四国サッカーリーグのアイゴッソ高知時代から長年支えた功労者。現役時代は日本代表選手で、引退後はガンバ大阪、U-20日本代表、古巣セレッソ大阪、京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)を指導し、JFA入りを経て、2014年に南国高知へとやってきた。 高知ではGMとしてだけでなく、2016年、2020〜21年に指揮官としても辣腕。2度目の退任後はGMに専念した。退任に伴い、高知のサポーターらへ感謝を綴っている。 ◆西村昭宏GM 「高知に来てから10年間、あたたかく迎えてくださり、本当にありがとうございます。このチームの立ち上げから関われたことを幸せに思います」   「"高知からJリーグを目指す" 掲げる目標の道半ばではありますが、自分の中で、10年を一つの節目にとずっと考えていたこと、また、組織も一新され、新たなスタートを切ることから、私もまた、新たな道に進むことを決めました」 「まず、いつも応援してくださるサポーターの皆様、本当にありがとうございます。サポーターの声援がいつもチームに力を与えてくれました。そして、スポンサー企業様、クラブをサポートしてくださる全ての方に感謝申し上げます」 「高知から本気で、Jリーグ入りを目指してきました。それだけに、監督・GMという要職にありながら、その目標を達成できなかったことは本当に申し訳ないです。一方でこの10年を振り返れば、チームの練習環境は格段に向上しました。春野では毎日素晴らしい芝生のピッチで練習できるようになり、市内の室内練習場に、いつの間にかサッカーゴールを置いてもらえるようになりました」 「春野地区をはじめ、郡部で後援会を立ち上げ、応援してくれる人たちもいました」 「2023シーズン、リーグ戦チーム最高の7位・天皇杯でJ1クラブを連破・県勢国体初優勝を達成することができたのは、そうやってクラブにかかわってくださった皆様一人一人のエネルギーがあったこそです」 「J1川崎と戦った天皇杯4回戦。7000人を超える観客の声援のもと、日本最高峰を相手に熱戦を繰り広げ、おそらく高知中がサッカーに熱狂したであろうあの夜は、私のサッカー人生の中でも忘れられない試合の一つになりました」 「攻守にアグレッシブなサッカー」をテーマに、吉本監督の指揮のもと厳しい練習に励みピッチで体現してくれた選手たち、彼らを支えるコーチ・メディカルスタッフ・マネージャー・クラブの全スタッフを誇りに思います」 「あの日の光景が、高知県のサッカーの未来につながっていけば、これ以上幸せなことはありません。今後の高知ユナイテッドSCの発展、J3昇格を心から応援しています。10年間ほんとうにありがとうございました」 2024.02.10 13:00 Sat

悲願のJリーグ参入へ…昨季超えの1年に! JFL高知ユナイテッドが新体制発表

日本フットボールリーグ(JFL)の高知ユナイテッドSCは28日、2024シーズンの体制を発表した。 実り多き2023シーズンを送った高知。J3参入資格こそ継続審議止まりだったが、JFL4年目にして過去最高となる7位フィニッシュ、天皇杯で立て続けにJ1勢を撃破、かごしま国体(※1)で国体初優勝…ポジティブな1年となった。 (※1)サッカー競技・成年男子の高知県代表は高知ユナイテッドSCの単独チーム。決勝戦で鹿児島県代表に勝利して優勝を決めた ただシーズン後には、四国リーグ時代からチームをけん引してきたFW西村勇太(30)、昨季ゲーム主将も務めたFW金井冬土(26)、司令塔のMF栗原純弥(26)という主力3選手が現役引退。また、その他の主力選手を含めて計12名の退団が発表されている。 2024シーズンに向けての新戦力は28日時点で6名。昨季の1番手GK上田樹(22)が去ったゴールキーパー陣にはJ3福島を退団したGK大杉啓(27)、DF今井那生(26)がJ2山口へ移籍したセンターバック陣にはJ2水戸からの武者修行となる田辺陽太(21)ら2名を加えている。 ◆JFL第1節 ▽3月10日(日)13:00 高知ユナイテッドSC vs ヴィアティン三重 高知県立春野総合運動公園陸上競技場(高知市) ◆JFL第2節 ▽3月17日(日)13:00 高知ユナイテッドSC vs ラインメール青森 高知県立春野総合運動公園陸上競技場(高知市) ◆2024シーズン選手一覧(1月29日現在) ▽(年齢/昨季JFL成績・新加入選手は前所属) GKタンドゥ・ベラフィ(36/6試合3失点) GK大杉啓(27)←福島ユナイテッドFC(完全移籍) GK井上聖也(25/7試合3失点) DF小林大智(25/27試合2得点) DF中田永一(27/21試合1得点) DF福田玲央(23/2試合0得点) DF岩瀬蒼生(22)←金沢星稜大学(入団) DF田辺陽太(21)←水戸ホーリーホック(育成型期限付き移籍) DF橋本峻輝(25/24試合1得点) DF吉田知樹(25/25試合0得点)←いわきFC(完全移籍移行) MF横竹翔(34/11試合1得点) MF高野裕維(23/28試合0得点) MF田尻康晴(22/21試合0得点) MF佐々木敦河(25/28試合2得点) MF樋口叶(22/20試合3得点) MF金原朝陽(23/16試合0得点) MF上月翔聖(23)←FC大阪(完全移籍) MF児玉壮琉(22)←大阪商業大学(入団) MF宇田光史朗(19)←横浜FC(期限付き移籍) FW小林心(23/24試合7得点) FW新谷聖基(25/10試合2得点) FW東家聡樹(26/26試合2得点) FW原田烈志(23/4試合0得点) ◆コーチングスタッフ 監督:吉本岳史 ヘッドコーチ:立田将大 アシスタントコーチ:毛利雅志 アシスタントコーチ:濱田一希 トレーナー:茂木一樹 トレーナー:渡辺有羽 主務:安達星輝 ゼネラル・マネージャー(GM):西村昭宏 強化部:松山周平 2024.01.29 14:30 Mon

3月10日開幕のJFL、第1節&第2節の試合会場が発表!

日本フットボールリーグ(JFL)は26日、2024シーズン第1節・第2節の試合会場を発表した。 3月10日に全会場同時キックオフで幕を開ける2024シーズンのJFL。第1節の試合会場に目を向けると、J3参入へ向けて大型補強の滋賀がJリーグ基準をクリアした本拠地“HATOスタ”、昨季昇格組ながらも準優勝の浦安が“ゼットエー”(※1)、北嶋秀朗新監督率いる新宿は“駒沢陸上競技場"で戦う。 なお、青森のみホーム初戦が第6節[4月14日(日) vsヴィアティン三重/会場未定]に予定されている。 (※1)浦安は本拠地・ブリオベッカ浦安競技場(浦安市舞浜)が人工芝のためJFLで使用不可 ◆第1節 ▽3月10日(日) 全会場13:00キックオフ Honda FC vs ソニー仙台FC Honda都田サッカー場(浜松市) ブリオベッカ浦安 vs FCマルヤス岡崎 ゼットエーオリプリスタジアム(市原市) レイラック滋賀 vs 栃木シティ 平和堂HATOスタジアム(彦根市) ヴェルスパ大分 vs アトレチコ鈴鹿 レゾナックサッカー・ラグビー場Aコート(大分市) 高知ユナイテッドSC vs ヴィアティン三重 高知県立春野総合運動公園陸上競技場(高知市) クリアソン新宿 vs 沖縄SV 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場(世田谷区) FCティアモ枚方 vs 横河武蔵野FC たまゆら陸上競技場(枚方市) ミネベアミツミFC vs ラインメール青森 宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場(宮崎市) ◆第2節 ▽3月16日(土) 13:00キックオフ FCマルヤス岡崎 vs Honda FC マルヤス岡崎龍北スタジアム(岡崎市) 栃木シティ vs FCティアモ枚方 CITY FOOTBALL STATION(栃木市) ▽3月17日(日) 13:00キックオフ ソニー仙台FC vs ヴェルスパ大分 みやぎ生協めぐみのサッカー場Bグラウンド(利府町) 高知ユナイテッドSC vs ラインメール青森 高知県立春野総合運動公園陸上競技場(高知市) アトレチコ鈴鹿 vs レイラック滋賀 三重交通Gスポーツの杜鈴鹿サッカー・ラグビー場メイングラウンド(鈴鹿市) ヴィアティン三重 vs クリアソン新宿 LA・PITA東員スタジアム(東員町) 横河武蔵野FC vs ミネベアミツミFC 駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場(世田谷区) 沖縄SV vs ブリオベッカ浦安 タピック県総ひやごんスタジアム(沖縄市) 2024.01.26 17:05 Fri

名前は“ナイキ”、山口が高知退団のDF今井那生を完全移籍で獲得…Jリーグ初挑戦「力を全て出し切ります!」

レノファ山口FCは25日、高知ユナイテッドSCからDF今井那生(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「50」をつける。 今井は千葉県出身で、拓殖大学から鈴鹿ポイントゲッターズ(現:アトレチコ鈴鹿クラブ)に加入。その後高知でプレーしていた。 日本フットボールリーグ(JFL)でプレーを続けてきた中、2023シーズン限りで高知を退団。自身初のJリーグ挑戦が決定した。 今井は山口を通じてコメントしている。 「レノファ山口FCに関わる皆様。今シーズンより高知ユナイテッドSCから加入することになりました今井那生です!名前はナイキです!」 「クラブの目標そして勝利の為に、自分の持っている力を全て出し切ります!みなさん共に闘いましょう!今シーズンよろしくお願いします!」 2024.01.25 10:35 Thu

JFLの2024開幕カード決定! 王者Hondaがソニーと“門番”対決…浦安vsマルヤス、滋賀vs栃木C、高知vsV三重

12日、2024シーズンの日本フットボールリーグ(JFL)第1〜2節の対戦カードが発表された。 2023シーズンのJFLは“盟主”Honda FCが通算10回目の王者(※1)に輝き、準優勝は昇格1年目の都並敏史監督率いるブリオベッカ浦安。開幕9試合未勝利のダントツ最下位から16試合無敗という快進撃を披露し、Jリーグ参入を目指すどのクラブよりも高い順位で1年を終えた。 (※1)旧JFL時代を除く 2024シーズンからの“仲間入り”は栃木シティ。かつて栃木ウーヴァとしてJFLに在籍した彼らは、昨年の全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)を制し、実に7年ぶりのJFL返り咲きとなる。 今回発表されたのは第1〜2節の対戦カード。2023シーズンは15チーム編成のJFLだったが、2024シーズンからは従来の16チームに戻り、「毎節1チームが試合なし」という状況を回避している。また、ラインメール青森に関してはホーム初戦が4月14日(日)に行われる第6節のヴィアティン三重戦となることが発表されている。 なお、第1~2節の試合会場および未定日時については1月26日(金)、2024シーズンの全日程は2月9日(金)に発表されるとのことだ。 ◆第1節 ▽3月10日(日) [13:00] (左ホーム)Honda FC vs ソニー仙台FC(右アウェイ) レイラック滋賀 vs 栃木シティ ヴェルスパ大分 vs アトレチコ鈴鹿クラブ(※2) 高知ユナイテッドSC vs ヴィアティン三重 クリアソン新宿 vs 沖縄SV FCティアモ枚方 vs 横河武蔵野FC(※3) ミネベアミツミFC vs ラインメール青森 [開催日未定/3月9日or10日] ブリオベッカ浦安 vs FCマルヤス岡崎 (※2)昨年までの鈴鹿ポイントゲッターズ (※3)昨年までの東京武蔵野ユナイテッドFC ◆第2節 ▽3月16日(土) [13:00] FCマルヤス岡崎 vs Honda FC 栃木シティ vs FCティアモ枚方 ▽3月17日(日) [13:00] ソニー仙台FC vs ヴェルスパ大分 高知ユナイテッドSC vs ラインメール青森 アトレチコ鈴鹿 vs レイラック滋賀 ヴィアティン三重 vs クリアソン新宿 横河武蔵野FC vs ミネベアミツミFC 沖縄SV vs ブリオベッカ浦安 ◆2023シーズン順位 1位:Honda FC 2位:ブリオべッカ浦安 3位:レイラック滋賀 4位:ソニー仙台FC 5位:ラインメール青森 6位:ヴェルスパ大分 7位:高知ユナイテッドSC 8位:FCマルヤス岡崎 9位:アトレチコ鈴鹿 10位:ヴィアティン三重 11位:クリアソン新宿 12位:FCティアモ枚方 13位:横河武蔵野FC 14位:ミネベアミツミFC 15位:沖縄SV(入替戦を制してJFL残留) 2024.01.12 17:32 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly