【Jリーグ出場停止情報】ルヴァン杯最終節は6名が出場停止、大阪ダービーは合わせて3名不在

2023.05.25 21:15 Thu
Getty Images
Jリーグは25日、出場停止選手を発表した。

24日に行われたYBCルヴァンカップを受けて、グループステージ最終節で欠場する6名が発表された。
最終節で出場停止となるのは、北海道コンサドーレ札幌のDF中村桐耶、湘南ベルマーレのDF舘幸希、ガンバ大阪のDF江川湧清、FW鈴木武蔵、セレッソ大阪のFWレオ・セアラ、サガン鳥栖のDFアンソニー・アクムとなる。

ルヴァンカップは第5節まで終了し、横浜F・マリノスと名古屋グランパスの2チームしか突破が決まっておらず、最終節は突破を懸けた大一番となる。

【JリーグYBCルヴァンカップ】
DF中村桐耶(北海道コンサドーレ札幌)
第6節 vsジュビロ磐田(6/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止
DF舘幸希(湘南ベルマーレ)
第6節 vs川崎フロンターレ(6/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DF江川湧清(ガンバ大阪)
第6節 vsセレッソ大阪(6/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

FW鈴木武蔵(ガンバ大阪)
第6節 vsセレッソ大阪(6/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

FWレオ・セアラ(セレッソ大阪)
第6節 vsガンバ大阪(6/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

DFアンソニー・アクム(サガン鳥栖)
第6節 vs横浜F・マリノス(6/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J1リーグ】
DF松原健(横浜F・マリノス)
第15節 vsアビスパ福岡(5/28)
今回の停止:1試合停止

FW宇佐美貴史(ガンバ大阪)
第15節 vsアルビレックス新潟(5/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J2リーグ】
DF袴田裕太郎(大宮アルディージャ)
第18節 vsヴァンフォーレ甲府(5/27)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF綱島悠斗(東京ヴェルディ)
第18節 vsいわきFC(5/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MFホナウド(清水エスパルス)
第18節 vsツエーゲン金沢(5/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

GK寺門陸(レノファ山口FC)
第18節 vs水戸ホーリーホック(5/28)
今回の停止:1試合停止

FW渡大生(徳島ヴォルティス)
第18節 vsFC町田ゼルビア(5/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MFカイオ・セザール(V・ファーレン長崎)
第18節 vsジュビロ磐田(5/27)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

MF宮城天(V・ファーレン長崎)
第18節 vsジュビロ磐田(5/27)
今回の停止:1試合停止

【明治安田生命J3リーグ】
FW野田隆之介(FC琉球)
第11節 vsSC相模原(5/28)
今回の停止:警告の累積による1試合停止
関連ニュース

【Jリーグ出場停止情報】開幕戦で退場の町田MF仙頭啓矢が1試合出場停止

Jリーグは26日、出場停止処分について発表した。 23日に2024シーズンの明治安田Jリーグが開幕。J1、J2、J3の30試合が行われた中、1名が退場した。 出場停止となるのはFC町田ゼルビアのMF仙頭啓矢。24日に行われた明治安田J1リーグ第1節のガンバ大阪戦で、2枚のイエローカードをもらい退場となっていた。 【明治安田生命J1リーグ】 MF仙頭啓矢(FC町田ゼルビア) 第2節 vs名古屋グランパス(3/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span class="paragraph-title">【動画】2度の警告で町田の仙頭啓矢が退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="DkqGCMkm_Qg";var video_start = 334;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 17:23 Mon

G大阪に新加入のFWウェルトンが1試合出場停止、前所属の未消化分を引き継ぎ

Jリーグは22日、ガンバ大阪に加入したFWウェルトンに関して、出場停止処分を下すことを発表した。 ウェルトンは、レフスキ・ソフィアから今シーズンG大阪に完全移籍で加入していた。 24日に開幕戦のFC町田ゼルビア戦を迎える中、Jリーグは前所属クラブでの出場停止を引き継ぐことを発表。1試合の出場停止となることを発表した。 ウェルトンは、レフスキ・ソフィア在籍中にブルガリア1部リーグ(ファースト・プロフェッショナル・フットボールリーグ)で1試合の出場停止処分を下されていた。 移籍はしたものの、国際サッカー連盟(FIFA)の規則に基づき、また、FIFA規律委員会の別段の決定により、移籍先の国・チームにて未消化の出場停止処分を消化するとされており、開幕戦が出場停止となった。 ウェルトンは22日にチームの全体練習に合流。ブラジル生まれで、両利きのサイドアタッカー。2022-23シーズンはブルガリア1部で30試合に出場。今シーズンも16試合で3ゴール4アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選では6試合2ゴールを記録していた。 2024.02.22 20:30 Thu

甲府戦には助っ人FWら3選手が出場停止…ACL浙江vsブリーラムの乱闘騒ぎで8名が処分

アジアサッカー連盟(AFC)は8日、11月29日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループH第5節、浙江FC(中国)vsブリーラム・ユナイテッド(タイ)で起きた乱闘騒ぎについての各処分を発表した。 同試合は3-2で浙江が勝利したが、試合中でも選手に計7枚のイエローカードが提示されるなど、荒れ模様。終了直後の口論をきっかけに、ピッチ上で両軍の選手やスタッフが入り乱れての乱闘騒ぎにまで発展していた。 AFCは両クラブの選手・スタッフを合わせて8名に懲罰を命じ、ブリーラムの3選手と浙江FCの4選手には、それぞれ6試合から8試合の出場停止が命じられた。 ブリーラムの対象選手は、DFチティパット・テンクラーン、MFレオン・ジェームズ、FWラミル・シェイダエフ。12日の第6節ヴァンフォーレ甲府戦には出場できない。 また、両クラブにはそれぞれ1万アメリカドル(約150万)の制裁金が科されている。 グループHは現在、甲府が勝ち点「8」で首位に立っており、得失点差で2位にメルボルン・シティ(オーストラリア)、3位には勝ち点「6」でブリーラム、同勝ち点の浙江FCとなっており、どのチームにもグループステージ突破のチャンスが残っている。 最終節のカードはブリーラムvs甲府、メルボルン・シティvs浙江FCで、いずれも12日の18:30キックオフで行われる。 <span class="paragraph-title">【動画】浙江vsブリーラムで起きた乱闘騒ぎ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">On November 29, at Hangzhou Huanglong Sports Center, after the 5th round of the AFC Champions League group stage, a fight broke out between the Zhejiang team and the Buriram United team of Thailand. It is known that the conflict originated from a dispute between reserve players… <a href="https://t.co/knJzb0OR1O">pic.twitter.com/knJzb0OR1O</a></p>&mdash; Spotlight on China (@spotlightoncn) <a href="https://twitter.com/spotlightoncn/status/1731308759606055328?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.12 16:05 Tue

相手にハイキックを見舞う形となったPSGの守護神ドンナルンマが2試合の出場停止に…

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに2試合の出場停止処分が科された。 ドンナルンマは、3日に行われたリーグ・アン第14節のル・アーヴル戦で、ディフェンスラインの背後へ抜け出した相手FWジョズエ・カシミールと交錯。エリア外に飛び出したところで遅れてハイキックを見舞う形となり、試合開始10分で退場していた。 これを受け、フランス・プロリーグ機構(LFP)はドンナルンマに2試合の出場停止処分を科すことを決定。ドンナルンマは9日のナント戦と17日のリール戦を欠場することとなる。 ル・アーヴル戦では、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスが負傷離脱していたこともあり、ドンナルンマの退場を受けスペイン人GKアルナウ・テナスがデビュー。ドンナルンマ不在の2試合でもゴールマウスに立つ可能性が高そうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】相手にハイキックを見舞う形となったドンナルンマが一発退場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>痛恨…<br>\<br><br>飛び出したドンナルンマ<br>エリア外でのハイキックにより退場に…<br><br>リーグアン第14節<br>ル・アーブル×PSG<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信 <a href="https://t.co/JtOXv5dNrG">pic.twitter.com/JtOXv5dNrG</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1731286009743061171?ref_src=twsrc%5Etfw">December 3, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.12.08 16:45 Fri

【Jリーグ出場停止情報】柏・ジエゴは天皇杯決勝が出場停止に、横浜FM・角田涼太朗はシーズン終了のため出場停止なし

Jリーグは4日、出場停止処分について発表した。 3日に2023年の明治安田生命J1リーグが終了。最終節で、横浜F・マリノスのDF角田涼太朗、柏レイソルのDFジエゴが退場処分を受けた。 角田は京都サンガF.C.戦で、19分に原大智をボックス手前で倒して一発退場となった。 Jリーグは「ペナルティーエリア外中央付近で、ドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当する」と判断し1試合の出場停止処分が下された。 ジエゴは名古屋グランパス戦の90分に退場。ハンドが取られるとVARとオンフィールド・レビューのチェック。ジエゴはこの判定に異議を唱え一発退場となった。 Jリーグは「自陣ペナルティーエリア内で、ゴールへ向かっているボールに右腕で触れて相手チームの得点を防ぎ、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当する」と判断。異議は関係なく、出場停止となった。 なお、角田は出場停止処分の対象となる同レベルの大会がないこと、また停止処分となる対象試合が1試合で翌シーズンへ繰り越さないことから、出場停止はなし。一方で、ジエゴはチームが天皇杯決勝が残っており、出場停止となる。 2023.12.04 21:10 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly