「クソッタレ!」ストイコビッチ監督が興奮し問題発言、スイスとセルビアに起きた4年前の遺恨が再燃か「とても悪い振る舞い」

2022.12.04 11:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルビア代表のドラガン・ストイコビッチ監督の行為が物議を醸している。かつては名古屋グランパスで選手と監督として所属し、Jリーグでもレジェンドとして多くのファンに愛されているストイコビッチ監督。セルビアを率いて臨んだカタール・ワールドカップ(W杯)では、ブラジル代表、スイス代表、カメルーン代表とグループGで同居。1勝もできずに最下位で敗退していた。

そのストイコビッチ監督だが、2日に行われたグループステージ最終節のスイス戦の行為が問題視されているのだ。
セルビアはスイスと対戦し、2-3で敗戦。20分にジェルダン・シャキリに先制ゴールを許すが、26分にアレクサンダル・ミトロビッチ、35分にドゥシャン・ヴラホビッチがゴールを決めて逆転した。

しかし、44分にブリール・エンボロに同点ゴールを許すと、48分にはレモ・フロイラーに逆転ゴールを許すことに。そのまま2-3で敗れていた。

問題視されたのはヴラホビッチが逆転ゴールを決めた直後。中継のカメラはストイコビッチ監督のゴール後の反応を映し出していたが、そこで叫んだ言葉が良くなかった。

クロアチア『VI』によれば、ストイコビッチ監督の口の動きがハッキリとわかったとのこと。「思い知ったか! クソッタレめ!」と非常によろしくない言葉を発していた。

細かい発言はデリケートな言葉となっているが、内容としては非常に良くないもの。コソボ移民系の人々を侮辱する蔑称を用いており、「ジプシーの母」という言葉を使っていた。

スイスとは関係ないようにも思えるが、先制ゴールを決めたシャキリやキャプテンのMFグラニト・ジャカはアルバニア系の選手。ここに当てたものとされている。

というのも、4年前の2018年に行われたロシアW杯でもスイスとセルビアは同じグループに入り対戦。この試合では前述のジャカとシャキリがゴールを決めて1-2でスイスが勝利していたが、この時に2人がアルバニア国旗などにも示されている「双頭の鷲」のジェスチャーを見せ騒動となり、国際サッカー連盟(FIFA)は2人に罰金を科していた。

そのお返しというわけではないだろうが、4年越しにスイスを打ち負かすことができると思い、興奮して発された言葉だと思われるが、あまりにも良くない発言だった。

『VI』も「呪いの言葉は彼の唇からハッキリと識別でき、それが誰に当てられているかは簡単に結論付けられる」と、シャキリとジャカに向けての言葉だろうとし、「本当にとても悪い振る舞いを見せた。懲戒委員会もこの行為に対処する必要がある」と、なんらかの処分が下されるだろうとの見解を示した。

1 2

関連ニュース
thumb

主審小突いて一発レッドのミトロビッチ、ステップアップにも影響? 「チャンスを台無しにしたかも」

フルアムのセルビア代表FWアレクサンドル・ミトロビッチ(28)はステップアップのチャンスを損なってしまったかもしれない。 ミトロビッチは今季の公式戦25試合で12得点4アシストをマークするフルアムの絶対的エース。フルアムはプレミアリーグ復帰1年目にして来季の欧州の舞台も視野に入る9位につけているが、原動力となっているのは、最前線で猛威を振るうミトロビッチの存在だ。 しかし、19日に行われたFAカップ準々決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦において、ミトロビッチは自軍ペナルティエリアでハンドをとられたMFウィリアンへのレッドカード、そしてPK判定に猛抗議し、主審を小突いた挙句、自身も一発退場を命じられた。 結局、指揮官も抗議で退席処分に見舞われてしまったフルアムは1点リードからPKで追いつかれると、その後もあれよあれよという間に巻き返され、1-3で敗戦。ミトロビッチの退場さえなければ勝機もあったろうが、まさかの9人での戦いを余儀なくされ、崩壊した。 ミトロビッチについては重い処分が下るとされている一方、イギリス『デイリー・スター』によると、今夏に向け、対戦相手であったユナイテッドのほか、バルセロナ、チェルシー、トッテナムが獲得を検討しているという。 だが、今回の暴力行為が各クラブに悪い印象を与えた可能性は否めない模様。イギリス『ミラー』は「今夏ユナイテッドと契約するチャンスを台無しにしたかもしれない」と主張し、「移籍の希望を大きく損なうだけでなく、フルアムの欧州の野望をも妨げる」と厳しい言葉を投げかけている。 実際、ミトロビッチが長期の出場停止処分となれば、フルアムにとって大きすぎる痛手に。現段階では公式戦10試合の出場停止が予想されている。自身の心象を悪くしただけでなく、チームにも迷惑をかけてしまっている。 2023.03.26 19:24 Sun
twitterfacebook
thumb

財政難ユーベはヴラホビッチ売却不可! 今夏もビッグクラブを警戒すべし?

財政難に苦しむユベントスだが、セルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(23)は手放したくないようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 以前から財政難が続いているユベントス。一連の不正会計に手を染めたのは財政難が発端だったとされ、ペナルティとしてセリエAの勝ち点15を剥奪された結果、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できなければ、さらなる損失を被ることとなる。 また、多くの主力選手は今夏に退団するという噂が後を絶えず、契約満了が迫るアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(35)、コロンビア代表MFフアン・クアドラード(34)、フランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)などが挙げられている。 そんななか、昨年1月に総額8000万ユーロ(約115億5000万円)超えの移籍金を支払ってフィオレンティーナから獲得したヴラホビッチは売却不可。加入後の約1年間で公式戦45試合19得点6アシストとやや物足りなさを感じるが、投資に見合った成果を期待しているのだろう。 バイエルンやアーセナル、パリ・サンジェルマン(PSG)、最近だとチェルシーからの関心が伝えられたヴラホビッチだが、ユベントスは今夏に向けてビッグクラブからの接触に警戒を続けており、9000万ユーロ(約130億円)未満では断固として交渉に応じない方針だという。 2023.03.06 15:45 Mon
twitterfacebook
thumb

中国代表ヤンコビッチ暫定監督が正指揮官に就任、昨夏はE-1選手権を指揮

中国サッカー協会(CFA)は24日、中国代表の新監督にアレクサンダル・ヤンコビッチ氏(50)が就任したことを発表した。 ヤンコビッチ氏はセルビア国籍。現役時代はオーストラリアやフランス、アメリカでプレーするも、ヒザを痛めて28歳で引退し、2000年に母国の名門ツルヴェナ・ズヴェズダでアシスタントコーチとして指導者キャリアを開始した。 その後はツルヴェナ・ズヴェズダやU-21セルビア代表、スタンダール・リエージュなどで指揮官を務め、2018年から中国へ。世代別の中国代表を指導し、昨年からはA代表で暫定指揮を執っていた。 中国代表はカタール・ワールドカップ(W杯)のアジア最終予選でリー・シャオポン氏が指揮を執るも、5大会連続で本大会行きを逃すこととなり、解任の憂き目に。ヤンコビッチ暫定監督のもとで臨んだ昨年7月のEAFF E-1サッカー選手権大会2022でも、1勝1分け1敗の3位という結果に終わっていた。 2023.02.25 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

「移籍金の50%を受け取る」マドリーはヨビッチで儲けられるか? 今季のECL7試合6得点で得点ランクトップ

レアル・マドリーは、フィオレンティーナに放出したセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(25)の活躍を期待しているようだ。 ヨビッチは昨夏にマドリーとの契約を解消し、フィオレンティーナに完全移籍。現在もフランクフルト時代のトップフォームを取り戻したとは言えず、セリエA20試合でわずか3得点にとどまっている。 一方、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では7試合6得点を記録し、得点ランキングの単独トップに君臨。16日に行われたプレーオフ1stレグのブラガ戦ではスタメン出場から2得点を決め、4-0の大勝に貢献した。 スペイン『Relevo』はヨビッチの現状について、「マドリー加入前の状態からは程遠い上、スタメンと途中出場を交互に繰り返している」と厳しめに評価しつつ、フィオレンティーナの戦術が攻撃的ではないとも擁護している。 マドリーはヨビッチをフィオレンティーナに放出する際、将来のリセール時に移籍金の50%を得られる契約を締結。言い換えれば保有権の50%を持っているのと近い状態で、もしも買い戻すとしたら、低い移籍金で実現させることが可能となる。 2023.02.17 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「シニシャは永遠なり」昨年逝去ミハイロビッチ氏を追悼するコレオ… 古巣レッドスターサポが披露

ツルヴェナ・ズヴェズダのサポーターらが、クラブの英雄を追悼するコレオグラフィーを披露した。 東欧セルビアの名門として名高いツルヴェナ・ズヴェズダ。日本ではレッドスター・ベオグラードとして広く知られ、旧ユーゴスラビア時代の1990-91シーズンにはUEFAチャンピオンズカップを制覇している。 その時の優勝メンバーはドラガン・ストイコビッチ氏やデヤン・サビチェビッチ氏といった世界的スターたち。のちに黄金期のセリエAで長く活躍し、白血病闘病の末、昨年12月に53歳の若さでこの世を去ったシニシャ・ミハイロビッチ氏もその1人だ。 4日に行われたリーグ戦では、ゴール裏のサポーターらが若き日のミハイロビッチ氏を描いたコレオグラフィーとともに、「シニシャは永遠なり」という横断幕を披露。クラブの英雄に思いを馳せた。 また、試合前にはミハイロビッチ氏の息子2人がピッチに招かれ、現役時代の父親が着用していたユニフォームを掲げてスタジアムを一周。詰めかけたサポーターからは大きな拍手が贈られたとのことだ。 観る者全てを魅了した左足と一撃必殺のフリーキック。シニシャ・ミハイロビッチの名は後世にも語り継がれていくだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】「シニシャは永遠なり」 レッドスターサポーターがクラブの英雄に思いを馳せる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr">Mihajlović u večnost…<br><br>::::️<a href="https://twitter.com/hashtag/fkcz?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#fkcz</a> <a href="https://t.co/uZz1RUCLaz">pic.twitter.com/uZz1RUCLaz</a></p>&mdash; FK Crvena zvezda (@crvenazvezdafk) <a href="https://twitter.com/crvenazvezdafk/status/1621913927687749633?ref_src=twsrc%5Etfw">February 4, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 21:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly