アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス、来冬にMLS行きも? 久保裕也と同僚になる可能性

2022.11.24 14:54 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャのアルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)に、メジャーリーグ・サッカー(MLS)行きの可能性があるようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。

アルゼンチン代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のパプ・ゴメス。22日に行われたグループステージ初戦のサウジアラビア代表戦では先発出場も、チームは1-2で衝撃的な逆転負けを喫し、厳しい船出となってしまった。

今季は所属するセビージャでも苦戦気味。10月には同胞のホルヘ・サンパオリ監督が就任するも、公式戦17試合でゴールなしと一向にパフォーマンスが上向かず、W杯前から退団の噂が飛び交うように。選手本人も来年1月の移籍市場に意識を傾けつつあるようだ。
イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、アタランタ時代に目覚しい活躍を披露したパプ・ゴメスに対し、現在セリエAで最下位に沈むエラス・ヴェローナが関心。さらに、元日本代表FW久保裕也が所属するMLSのFCシンナシティ行きの可能性もあるとのことだ。

パプ・ゴメスはセビージャとの契約を2024年6月まで残すものの、来年2月には35歳に。年齢を考慮すれば、アメリカ行きという選択肢も悪くないのかもしれない。

関連ニュース
thumb

鮮やかなフィニッシュで久保が約2年ぶりのゴール! MLSのシンシナティでプレー、今季も23試合に出場

FCシンシナティに所属するFW久保裕也がおよそ2年ぶりにゴールを決めた。 11日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)第34節でシンシナティはホームにサンノゼ・アースクウェイクスを迎えた。 久保はこの試合はベンチスタート。3-0となって迎えた73分にピッチに立つと、4分で結果を残す。 ハーフウェイライン付近でシンシナティがボールを奪うと、縦パス。これを敵陣で受けたブレンネルがタイミングを見計らってスルーパスを送る。 DF3人の間を抜くパスに対し、走り出していた久保が追いつくと、ボックス際からダイレクトでシュート。左足から放たれたシュートは、ゴール右に決まり、GKは一歩も動けず。戻ったDFもあと一歩及ばなかった。 このゴールは久保にとっておよそ2年ぶりのゴールとなった。 京都サンガF.C.の下部組織出身の久保は、その後トップチームに昇格。2013年7月にスイスのヤング・ボーイズへと完全移籍すると、2017年1月にはベルギーのヘントへと完全移籍。2018年8月からはニュルンベルクへのレンタル移籍も経験した。 ヤング・ボーイズでは公式戦137試合で39ゴール15アシスト、ヘントでも公式戦73試合で25ゴール6アシストと結果を残すと、日本代表にも選出。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に招集されて2016年11月にデビューを果たすと、ロシア・ワールドカップ予選で2ゴール2アシストを記録するなど活躍した。 しかし、W杯直前で監督が交代となるとそれ以降は一度も代表に呼ばれず。また、その後に移籍したニュルンベルクでは結果を残せず、2020年1月にシンシナティへ完全移籍していた。 アメリカでの挑戦を始めてからは、デビュー2試合目のアトランタ・ユナイテッド戦で初ゴールを記録。幸先良いスタートを切り、試合にも出続けていた中、ゴールから遠ざか流ことに。2020年10月のコロンバス・クルー戦で7カ月ぶりにMLSでゴールを決めると、その後は出番をもらいながらも結果を残せず。また、従来のストライカーからポジションが変わり、ボランチを務めることも増えていった。 今シーズンも開幕から中盤でプレー。5月以降はベンチスタートが増え、出場時間も減少していたが、久々のゴールを決めることに成功した。なお、チームも6-0で圧勝していた。 <span class="paragraph-title">【動画】鮮やかなフィニッシュ!2年ぶりにゴールを決めた久保裕也</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="zXPxJ9jgBKM";var video_start = 276;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.11 22:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドのレジェンドDFが久保裕也所属のMLSクラブの監督就任か?

元オランダ代表のレジェンドが、MLS(メジャーリーグ・サッカー)クラブの指揮官に就任するかもしれない。『ESPN』が伝えた。 今回話題に挙がっているのは、アヤックスやマンチェスター・ユナイテッドなどでプレーしたヤープ・スタム氏。FW久保裕也が所属するMLSのFCシンシナティの監督に就任する可能性があるようだ。 FCシンシナティでは、今シーズンの開幕1週間前にチームの選手に人種差別的な言葉を発したという疑惑を受けて、ロン・ヤンス氏が辞任。ヨアン・ダモット氏が暫定監督を務めていた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0QjBlRFVoSiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> しかし、その後は新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてMLSも1カ月間の中断を発表。さらに感染者が増加したことを受け、現在も中断したままとなっている。 新監督候補に浮上しているスタム氏は、現役時代にズヴォレやPSVなどオランダで複数のクラブでプレーした後、1998年7月にユナイテッドへ移籍。守備の要として3度のプレミアリーグ制覇と1998-99シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献した同クラブのレジェンドだ。 監督としては、前職であるフェイエノールトの他に、レディングや、日本代表DF中山雄太が所属するズヴォレを率いた経験を持っている。ズヴォレ時代の上司であるジェラール・ナイカンプ氏は現在FCシンシナティでゼネラルマネージャーを務めており、この縁でスタム氏に白羽の矢が立ったようだ。 正式監督が不在のFCシンティナティは、スタム氏以外の候補として、サンノゼ・アースクエイクスなどを率いた経験を持つドミニク・キニアー氏も挙がっている。 2020.04.13 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「凄く気持ちよかった」久保裕也が豪快ミドルでMLS初ゴールを記録も、チームは開幕から連敗…《MLS》

久保裕也がアメリカ初ゴールを記録した。 FCシンシナティは7日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の第2節でアトランタ・ユナイテッドと対戦。久保は開幕戦に続いて先発出場を果たした。 試合はアトランタ・ユナイテッドがエセキエル・バルコのゴールで先制すると、後半にもエマーソン・ハインドマンがネットを揺らし、リードを広げる。 それでも2-0で迎えた64分、久保が圧巻のゴールを記録する。 ボックス手前で味方から横パスを受けた久保は、そのまま右足一閃。鋭いシュートは相手GKの逆を突いて、そのままゴール右に突き刺さった。 <div id="cws_ad"> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Quite the way to score your first <a href="https://twitter.com/MLS?ref_src=twsrc%5Etfw">@MLS</a> goal! <a href="https://twitter.com/kuboyuya31?ref_src=twsrc%5Etfw">@kuboyuya31</a> makes it <a href="https://twitter.com/hashtag/ATLUTD?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ATLUTD</a> 2 - <a href="https://twitter.com/hashtag/FCCincy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FCCincy</a> 1<a href="https://twitter.com/hashtag/ATLvCIN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ATLvCIN</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/AllForCincy?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllForCincy</a> <a href="https://t.co/NED5TiHfa6">pic.twitter.com/NED5TiHfa6</a></p>&mdash; FC Cincinnati (@fccincinnati) <a href="https://twitter.com/fccincinnati/status/1236467077936005120?ref_src=twsrc%5Etfw">March 8, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> なお、試合はそのまま終了。FCシンシナティは連敗スタートとなった。 試合後、久保は初ゴールについて「最初のシーズンで最初のゴールを取れたのは良かったですけど、もっとチームに貢献できるようにアシストやゴールをしていきたいです」とコメント。「凄く気持ちよかったですけど、2-1え負けていたのですぐ切り替えて、次のゴールを狙いに行きました」とチームの勝利を目指し切り替えたと語った。 また、開幕から2試合を終えたチーム状態については「かなり良くなりました。ディフェンスのところは失点はしましたが、全体的にやりたいことはやれたので、先週よりは良くなっていると思います」と語り、改善されていることも明かしている。 アトランタ・ユナイテッド 2-1 FCシンシナティ 【アトランタ】 エセキエル・バルコ(前21) エマーソン・ハインドマン(後10) 【シンシナティ】 久保裕也(後19) 2020.03.08 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

久保裕也がスタメンでMLSデビュー! チャンスメイクもチームはNYレッドブルズに敗戦《MLS》

1日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)の第1節が行われ、ニューヨーク・レッドブルズvsFCシンシナティの一戦は3-2で、ニューヨーク・レッドブルズが勝利した。 久保裕也のMLSデビュー戦となったこの試合。[4-1-4-1]のシステムで2列目の左サイドで起用された。 試合は16分、ボックス手前中央でパスを受けたフロリアン・バロットが右サイドへ展開。すると、広大なスペースへ右サイドバックのカイル・ダンカンが走り込む。これには久保もなんとかブロックに入るが、そのままシュートを決められ、ニューヨーク・レッドブルズが先制する。 さらに23分には、GKからのフィードがルーズになると、相手に奪われカウンター。クリスティアン・カセレス・ジュニアがグラウンダーのクロスを送ると、最後はカクが冷静に蹴り込み、ニューヨーク・レッドブルズが追加点を奪う。 FCシンシナティが2点ビハインドで迎えた後半、46分にいきなりゴール。浮き球のパスに抜け出したブランドン・バスケスがドリブルで持ち込むと、最後はクロスをアラン・クルスが合わせて1点を返す。 それでも70分、ニューヨーク・レッドブルズがカウンターを仕掛けると、最後はダニエル・ロイヤーがドリブルを仕掛け、3点目を奪い切る。 シンシナティは74分、自陣でパスを受けた久保が浮き球のパス。これに反応したユルゲン・ロカディアがボックス手前からシュートを放つも、わずかに枠を越えていく。それでも83分抜け出したロカディアが押し込み1点差に。しかし、そのまま試合は終了し3-2でニューヨーク・レッドブルズが勝利した。 なお、今シーズンから加入した元日本代表FW久保裕也は先発出場。79分までプレーしていた。 ニューヨーク・レッドブルズ 3-2 FCシンシナティ 【NYレッドブルズ】 カイル・ダンカン(前16) カク(前27) ダニー・ロイヤー(後25) 【シンシナティ】 アラン・クルス(後1) ユルゲン・ロカディア(後38) 2020.03.02 10:58 Mon
twitterfacebook
thumb

S・デ・ヨングがアメリカへ! 久保裕也のFCシンシナティに移籍

元日本代表FW久保裕也が移籍したメジャーリーグ・サッカー(MLS)のFCシンシナティに強力なタレントが加わった。FCシンシナティは20日、元オランダ代表MFシーム・デ・ヨング(31)の獲得を発表。フリートランスファーでの加入となる。 セビージャに所属するオランダ代表FWルーク・デ・ヨングを弟に持つS・デ・ヨングは、アヤックスの下部組織育ちで、2007年にプロデビュー。ニューカッスル、PSVを経て、2017年夏にアヤックス復帰を果たした。2018年夏から1年間のレンタルでシドニーFCに移り、昨夏にアヤックス復帰。公式戦9試合3得点を記録した。 代表通算6試合2得点のS・デ・ヨングは「FCシンシナティに来て、クラブとしてどういう成長をしていき、どんなチームを作り上げていきたいのかという計画を教えてもらったとき、僕にとって、本当に良い経験になるという好感があった。このクラブとここの選手をできる限り手助けしていければ」とコメントしている。 2020.02.21 08:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly