ビジャレアルが早くもセティエン解任? 今節結果次第で5試合での更迭の可能性…

2022.11.09 22:52 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルが早くもキケ・セティエン監督(64)の解任を検討しているようだ。

今シーズン、ウナイ・エメリ監督の下で公式戦17試合を戦い、11勝3分け3敗の戦績を残していたビジャレアル。リーグ戦7位にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では4連勝で、2試合を残してグループステージ通過を果たしていた。

しかし、就任初年度にヨーロッパリーグ(EL)初制覇、昨季はチャンピオンズリーグ(CL)で史上最高位のベスト4進出に導いた智将は、スティーブン・ジェラード前監督を解任したアストン・ビラに引き抜かれることになった。
この電撃退任を受け、クラブはラス・パルマスとレアル・ベティスで確かな実績を残したセティエン監督を先月25日に1年半契約で招へいした。

2020年8月にバルセロナの監督を解任されて以降、約2年ぶりの現場復帰となったセティエン監督だが、就任以降の公式戦4試合では3敗1分けの未勝利と苦戦。就任直後のハポエル・ベエルシェバ戦(2-2のドロー)は準備期間の短さに消化試合という側面もあり致し方ない部分はあったが、直近のマジョルカ戦ではホームでの0-2の惨敗で公式戦3連敗に。前任者の下でソリッドさを売りとしていた堅守も崩壊気味で、新指揮官の手腕に大きな疑問符がついている。

スペイン『マルカ』によると、同監督は自身の戦術に選手たちが戸惑いを感じていることを受け、7日には2時間半にも渡るビデオ・セッションで戦術面の浸透を図ったようだが、反応はあまり芳しくないという。

また、スペイン『カデナ・コペ』によると、フェルナンド・ロイグ会長は9日に行われるエスパニョール戦でチームが結果、内容共に満足する戦いを見せられなかった場合、就任からわずか5試合目での解任を決断する可能性が十分にあると主張している。

仮に、早期解任となった場合、ロイグ会長を含むクラブ首脳陣の任命責任は避けられないところだが、クラブは2019年にもシーズン途中に招へいしたルイス・ガルシア・プラサ監督をわずか50日で解任するなど、有事に決断の早い対応で知られており、今回も同様の動きを見せる可能性はあるという。

関連ニュース
thumb

ダンジュマ移籍のビジャレアル、レスターのアヨセ・ペレス獲得へ! ベティス行き目前で進路変更か

ビジャレアルが、レスター・シティのスペイン人FWアヨセ・ペレス(29)の獲得に迫っているようだ。 ラ・リーガ18試合を消化した時点で、9勝4分け5敗の5位に位置するビジャレアル。10月のキケ・セティエン監督就任から調子を上げており、第14節から第18節にかけては4勝1分け無敗。第16節ではレアル・マドリーに土をつけた。 シーズン後半戦も好調を維持したいところだが、冬の移籍市場では先日、オランダ代表FWアルノー・ダンジュマがトッテナムへレンタル移籍。また、セネガル代表FWニコラス・ジャクソンもサウサンプトン行きが近づいている。 そこでイエローサブマリンは、かつてテネリフェに所属していたアヨセ・ペレスに注目。同選手は2014年にテネリフェからニューカッスルに移籍し、レスターには2019年夏に加入。初年度こそプレミアリーグで33試合8ゴールの成績を残したが、以降は尻すぼみ。今季はここまで8試合の出場で1アシストにとどまっている。 なお、スペイン『Relevo』によれば、この29歳はベティス行きで合意したと見られていたが、最後の手続きが滞っている隙にビジャレアルが介入。ベティスと同じ条件で手続きを済ませたようだ。 2023.01.26 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ビジャレアルのオランダ代表FWダンジュマをレンタル移籍で獲得!

トッテナムは25日、ビジャレアルに所属するオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(25)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘン、クラブ・ブルージュ、ボーンマスを渡り歩き、2021年の夏にビジャレアルに加入したダンジュマ。持ち前のドリブルスキルに得点力にも磨きをかけ、初年度から公式戦34試合で16得点4アシストと活躍した。 カタール・ワールドカップの出場こそ逃したが、代表にも復帰。今季もケガによる出遅れがありながら、ここまで公式戦17試合で6ゴールを記録していた。 スペインで輝きを放つダンジュマには、プレミアリーグで19位に沈むエバートンが関心を示すと、先週末にはメディカルチェック等を済ませるなど移籍目前となっていたが、土壇場でベルギー代表FWレアンドロ・トロサールの獲得に失敗したトッテナムが介入。強奪する形でダンジュマの獲得を成功させた。 2023.01.26 01:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルFWダンジュマ、トッテナム移籍に迫る! エバートン行きから一転

ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(25)がエバートン行きから一転してトッテナムに加わるようだ。 スペインでの輝きから、ボーンマス時代にさほどの活躍に終わったプレミアリーグでの再挑戦が噂のダンジュマ。その場はエバートンと目され、先週末にメディカルチェック等々を済ませたといわれる。 あとは契約書にサインするだけともされたが、移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、トッテナムが待ったをかけ、そのまま逆転で獲得の様相を呈しているという。 トッテナムはレンタルとともに買取オプションもビジャレアルと話し合って合意。エバートンでのメディア対応も済んだとされる選手だが、24日夜遅くにトッテナムのメディカルチェックを受けた模様だ。 ブライトン&ホーヴ・アルビオンから狙ったベルギー代表FWレアンドロ・トロサールをアーセナルに持っていかれてしまったトッテナムだが、ダンジュマでその穴埋めとなりそうだ。 2023.01.25 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ダンジュマのエバートン行きが迫る! ビジャレアルから買取OPなしのローン

ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(25)がエバートンに加わるようだ。 キャリアのいち時期をボーンマスで過ごした後、2021年夏からビジャレアルに活躍の場を移したダンジュマ。持ち前のドリブルスキルに得点力にも磨きをかけ、初年度から公式戦34試合で16得点4アシストと活躍した。 カタール・ワールドカップの出場こそ逃したが、代表にも復帰。今季もケガによる出遅れがありながら公式戦17試合で6ゴールだが、つい最近、ビジャレアル側が今冬の移籍を認め、練習欠席が許可されたと報じられる。 そんなドリブラーの行き先はプレミアリーグ19位に沈むエバートンになる模様。移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、買取オプションなしのローンで完全合意に達したという。 今季いっぱいの半年ローンになると推察されるダンジュマは21日の朝にもメディカルチェックを受ける見通し。エバートン移籍が決まれば、プレミアリーグ再挑戦となる。 2023.01.21 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル、U-21スペイン代表MFバエナとの契約を2028年まで延長

ビジャレアルは20日、U-21スペイン代表MFアレックス・バエナ(21)との契約延長を発表した。契約期間は2028年6月30日までとなる。 ビジャレアルの下部組織で育ったバエナは、2018年12月に行われたコパ・デル・レイ1回戦のコミージャス戦でトップチームデビュー。以降はBチームでのプレーが続いたが、2020年の夏にトップチームに昇格。同年7月20日に行われたレアル・ソシエダ戦でラ・リーガデビューを果たした。 昨季はセグンダ(スペイン2部)のジローナへ武者修行に出されると、主力として公式戦45試合の出場で5ゴール7アシストを記録し、4季ぶりとなるチームの昇格に大きく貢献した。 ビジャレアルへ復帰した今季は、開幕戦のバジャドリー戦で途中出場ながら2ゴールを記録するなど躍動。左ウィングを主戦場にここまで公式戦26試合で10ゴール4アシストをマークしている。 また、各年代のスペイン代表に選出されてきたバエナは、昨年3月にU-21スペイン代表デビュー。11月に行われたU-21日本代表との親善試合にも出場していた。 2023.01.21 00:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly