「クラブを離れるのは論外」チェルシーが招へいに迫ったフロイント氏、オファーを喜ぶもザルツブルクに忠誠誓う

2022.09.21 09:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ザルツブルクへの残留が決定した敏腕スポーツ・ディレクター(SD)であるクリストフ・フロイント氏(45)が心境を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。

フロイント氏は2006年からザルツブルクにチームマネージャーとして加入。2015年7月からSDに就任した。

これまで、サディオ・マネ(バイエルン)のサウサンプトン移籍やナビ・ケイタのリバプール移籍、アーリング・ハーランド(マンチェスター・シティ)のドルトムント移籍や、南野拓実(モナコ)のリバプール移籍など、クラブにとっての重要な移籍に関連。有望な選手を見つけること、そしてビッグクラブに売却することなど、ザルツブルクの価値を高める存在だった。
そんな中、SDが不在のチェルシーが獲得に興味。今夏の移籍市場ではそれが響いて上手く立ち回れず、オーナーのトッド・ベーリー氏が暫定で務めていた形となっていた。

一部では条件面で合意し、チェルシーのSD就任が迫っているとされたが、20日にザルツブルクがフロイント氏の残留を正式に発表していた。

そのフロイント氏は、クラブを通じてチェルシーからのオファーがあったことを認めたが、ザルツブルクを離れる考えは無かったとした。

「すでにインタビューでも確認しているように、チェルシーから私個人に関して関心が寄せられた」

「このようなビッグクラブからの問い合わせは、私やザルツブルクの活動に敬意を表するだけでなく、もちろん個人的な配慮が必要な状況でもある」

「しかし、私はレッドブル・ザルツブルクは最高の場所であるという結論に達した。クラブを離れるのは論外だ」

「我々は今、非常に集中した局面にあり、オーストリア・ブンデスリーガ、カップ戦、チャンピオンズリーグと、やらなければいけない重要なタスクがある。それが私がフォーカスし、集中するものの全てだ」

関連ニュース
thumb

「泣ける」「1番グッときた」ザルツブルクが南野拓実&ファン・ヒチャンの敗退にメッセージ「私達の誇り」

レッドブル・ザルツブルクの投稿がファンの間で話題となっている。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16の2試合が行われた。 アジア勢の日本代表と韓国代表がそれぞれクロアチア代表、ブラジル代表と対戦した。 オーストラリア代表とともに、史上初となる3カ国がアジアからベスト16に残っていたが、日本はクロアチアにPK戦の末に敗戦。韓国は前半に4失点を喫し、ブラジルに完敗して敗退となった。 ラウンド16でアジア勢が全滅してしまったが、ザルツブルクの日本語公式ツイッターが1枚の写真をアップして話題だ。 その写真は3人の選手が抱き合っているもの。背中を見せているのは、18番のユニフォームを着た南野拓実と9番のユニフォームを着たファン・ヒチャンだ。 共に5日の試合に出場し、悔しい敗退を味わった中、「私達の誇り」として写真を投稿。2人と抱き合うのはハンガリー代表MFドミニク・ショボスライだ。 3人は2019-20シーズンはザルツブルクでチームメイトに。その後、南野はリバプール、フアン・ヒチャンはRBライプツィヒ、ショボスライも後にライプツィヒに移籍し、現在は誰も在籍はしていない。 この投稿には「泣ける」、「1番グッときた」、「ザルツブルクありがとう」とコメントが寄せられている。 アジア勢として、世界に一歩近づいた反面、まだまだ差があることも痛感させられた大会。4年後はどのような結果を残してくれるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ザルツブルクが日韓のクラブOBを称える「泣ける」1枚</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/hizxc98OC4">pic.twitter.com/hizxc98OC4</a></p>&mdash; FC Red Bull Salzburg JP (@FCRBS_jp) <a href="https://twitter.com/FCRBS_jp/status/1599893883218976768?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールがザルツブルクの若手FWに関心? クラブSDは来年1月の売却容認か

リバプールがレッドブル・ザルツブルクのスイス代表FWノア・オカフォー(22)獲得に関心を示しているようだ。 バーゼルの下部組織出身であるオカフォーは、2018年にファーストチームデビュー。その後、2020年1月にザルツブルクへ移籍すると、加入初年度から主軸に定着した。今季も公式戦22試合に出場して、10ゴール2アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)では、チェルシーやミランから得点を奪う活躍も見せた。 イギリス『リバプール・エコー』によると、成長著しいオカフォーに対してはリバプールが獲得に興味を示している模様だ。リバプールは今夏の移籍市場でFWサディオ・マネやFWディヴォク・オリジ、FW南野拓実が退団。FWジオゴ・ジョタやFWルイス・ディアスが負傷離脱したことで、前線の層の薄さが露呈していた。 リバプールは来年1月にも獲得に向けて動き出す可能性があるが、ザルツブルクのスポーツ・ディレクター(SD) を務めるクリストフ・フロイント氏も、オーストリア『スカイ』の取材を受けた際に金額次第では売却を容認する姿勢を示している。 「移籍市場ではここ数年と比べてもう少し動きがあると思っている。オカフォーは昨季本当に飛躍した選手だ。ワールドカップで良いプレーをすれば、市場での彼の株はとても興味深いことになるだろうと期待している。私はそれを否定するつもりはない」 なお、オカフォーにはリバプールのほかマンチェスター・シティやミランも関心を示していると報じられるが、果たして来年1月に動きはあるだろうか。 2022.11.16 11:41 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループE総括】チェルシー首位通過、ミラン2位通過の順当な結果に

グループEは順当な結果となった。チェルシーは開幕2試合こそ躓いたものの、グループ最大のライバルであったミラン相手に連勝を収め、勢いそのままに首位通過。そのミランもチェルシーに連敗を喫したわけだが、他の4試合で3勝1分けの成績を収め、2位で通過することになった。2大会連続の決勝トーナメント進出を目指したザルツブルクや、初のグループステージ突破が悲願だったディナモ・ザグレブは無念の敗退となった。 ■グループE順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.チェルシー[13/4/1/1/6] 2.ミラン[10/3/1/2/5] 3.ザルツブルク[6/1/3/2/-4] 4.ディナモ・ザグレブ[4/1/1/4/-7] ◆監督交代が転機に…後半4連勝で首位通過~チェルシー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> チェルシーは初戦のザグレブ戦と第2節のザルツブルク戦は監督交代を挟んだ過渡期にあり、1分け1敗のスロースタートに。だが、第3節でグループ最大のライバルと目されたミランからホームで3-0の快勝を収めると、続く第4節でも敵地で0-2の勝利。一気に首位に躍り出て、第5節のザルツブルク戦の勝利でグループ突破を決めた。そして、最終節では初戦で敗れたザグレブに借りを返すことに成功した。 やはり鍵となったのは監督交代。グループ初戦でザグレブに敗戦を喫した直後、新オーナーはトーマス・トゥヘル監督を解任し、グレアム・ポッター監督を招聘する博打に打って出ると、これが奏功。まだ攻守に課題の多いチームではあるものの、新たな風を取り入れたことが選手らの奮起に繋がり、第3節からの4連勝という結果となって表れた。 見事に首位突破を決めたことで、ラウンド16ではクラブ・ブルージュやフランクフルト、ライプツィヒといった比較的与し易い相手と当たる可能性が高まった。ただ、パリ・サンジェルマンやインテルなど、強豪も少なくない。 ◆イタリアの雄が9シーズンぶりの決勝トーナメントへ~ミラン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 11年ぶりのセリエA制覇という実績を携えて挑んだミラン。ザルツブルク、ザグレブとの開幕2試合で1勝1分けの成績を収め好スタートを切ったが、強敵チェルシーには2連敗。現状におけるセリエAとプレミアリーグの差を痛感する結果となった。 それでも、格下と見られたその他2クラブ相手にはほぼ取りこぼすことなく勝ち点を重ねた結果、最終的に勝ち点10を積み上げ2位通過。9シーズンぶりに決勝トーナメントへの切符を掴んだ。 キーマンとなったのは最後の2試合で3ゴールを挙げる活躍を披露したジルーだろう。衰え知らずの36歳は、今大会は全試合で先発出場し、4ゴールをマーク。古巣のチェルシー戦では遠慮がちだったが、とりわけ最終節のザルツブルクとの2位通過をかけた対決では2ゴール2アシストで全得点に絡んだ。 ◆新エース負傷で得点力が低下…ELで雪辱狙う~ザルツブルク~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループEで台風の目になったのはこのザルツブルク。国内9連覇中のオーストリアの絶対王者は、ミランとチェルシーとの開幕2試合を2分けで乗り切ると、第3節でザグレブに勝利し、好位置につけた。 ただ、2勝目が挙げられず迎えた最終節は、前述の通りミランとの2位突破をかけた直接対決に。しかし、第5節でチェルシーに惜敗し事切れたか、その最終節で4失点大敗。初めてCL決勝トーナメントに進んだ昨季から2年連続のベスト16入りを目指したが、今年はヨーロッパリーグに回ることになった。 ザルツブルクは新戦力のフェルナンドの活躍が期待されたが、リーグ戦7試合で4ゴール4アシストのマークしていた新ストライカーは、ケガで第2節以降欠場。今大会でチームが一度も複数得点が挙げられなかったのは、この男の不在が非常に大きかった。 ◆悲願の決勝T初進出は叶わず~ディナモ・ザグレブ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221104_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> クロアチアの絶対王者は今季も歯が立たずの結果に。チェルシーを破った初戦こそ期待が高まったが、続くミラン戦で敗れると、第2節以降は1分け4敗という成績に終わり、最下位でヨーロッパの舞台を後にすることになった。 その中で、チェルシーに土をつける一発を決めたオルシッチは一人気を吐く存在に。韓国のKリーグでも活躍した29歳はミラン戦でもネットを揺らしたが結果は伴わず。チームはまたしてもグループステージ敗退で、悲願の決勝トーナメント進出は叶わなかった。 2022.11.04 18:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官ピオリがGS突破で決意新たに 「次の相手がどこだろうと…」

ミランのステファノ・ピオリ監督がコメントした。 ミランはチャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節でレッドブル・ザルツブルクをホームに迎え撃ち、4-0と快勝。勝ち点1差のザルツブルクを直接叩き、首位確定済みのチェルシーに次ぐ2位で決勝トーナメント行きを決めた。 実に9季節ぶりの突破に導いたピオリ監督はイタリア『スカイ』で「どこと対戦するとなっても、チャレンジングで難しいものになる。だが、我々はイタリア王者であり、できる限り上を目指さないといけない」と話した。 「CLでは昨季よりも成長した姿を披露したかったし、このラウンドを突破するのは非常に重要だった。相手がどこだろうと、高い目標に向かうのを恐れず、野心的であるのは大切だ」 そんなミランだが、直近のセリエAではトリノに屈して、3ポイント差だった首位ナポリの背中が遠ざかる結果に。CLで第一関門突破から間もないが、カタール・ワールドカップ(CL)中断前のセリエA3試合に早くも目を向けた。 「今日は前半にたくさんのチャンスを作ったが、外しすぎた。いつだって危険な存在でありたいし、これからはセリエAのことを考える必要がある」 「目標はトリノでの敗北からリスタートを切り、ナポリを追いかけるために中断前のラスト3試合で良い結果を残すこと」 「CLでは(次に)どことあたっても、意欲と確信を持つミランを見せられるだろう。私にはまだもっとやれる強力な選手がいる」 2022.11.03 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランが9季ぶりの決勝T進出! ジルーが2G2Aの圧巻パフォーマンス《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループE最終節、ミランvsレッドブル・ザルツブルクが2日にサンシーロで行われ、ホームのミランが4-0で圧勝した。 ミラン(勝ち点7)は前節、ディナモ・ザグレブに4-0の快勝を収めグループ2位に浮上。これにより、ホームでの最終節では引き分け以上で9年ぶりの決勝トーナメント進出を決められる優位な状況に。ただ、直近のリーグ戦では格下トリノ相手に1-2で敗れ、公式戦の連勝が「3」でストップしており、難しい精神状態の中で運命の大一番に臨んだ。トリノ戦からは先発5人を変更。ケアー、ジルー、ベナセルといった主力を復帰させた。 一方、チェルシー相手に善戦を見せたものの1-2で競り負け、3位で最終節を迎えることになったザルツブルク(勝ち点6)。逆転での2位通過を目指すオーストリア王者は、オカフォーやスチッチ、ゼイワルドといった主力を起用している。 試合はアウェイチームがアグレッシブに入ったことで、立ち上がりからオープンな展開となる。 開始3分にテオ・エルナンデスが右ポスト直撃のシュートでいきなり決定機を作ると、ザルツブルクも10分過ぎに右サイド高い位置でのボール奪取からのショートカウンターでボックス内のケアーゴールに決定機も、ここは相手DFのブロックに阻まれる。 互いに一度ずつ決定機を作り合った中、14分にスコアが動く。ミランは左CKの場面でキッカーのトナーリが右足インスウィングの鋭いボールを入れると、ファーでポジション争いを制したジルーが頭で右隅に決めた。 この失点で逆転突破には2点が必要となったアウェイチームはすぐさま反撃を開始。アダムがボックス内で続けてシュートシーンを作り出すが、決め切ることができない。 一方、リスク管理を徹底しながら追加点がほしいミランは、左サイドに張るレオンの単騎突破、インナーラップで相手のアンカー脇のスペースを狙うテオを起点に縦へ速い攻めで幾度も決定機を創出。26分にはテオのミドルシュートのこぼれ球をジルーが押し込むが、ここは微妙なオフサイド判定でゴールは認められず。 前半終盤にかけても一進一退の攻防が続くと、よりリスクを冒して攻めるザルツブルクが積極的にシュートシーンを作り出す。だが、スチッチの際どい枠内シュートがGKタタルサヌの好守に遭うなど、前半の内に追いつくことはできなかった。 迎えた後半、試合巧者のミランが電光石火のゴールを奪う。立ち上がりの46分に右サイド深くでボールを持ったレビッチが浮き球のクロスを上げると、これをファーのジルーが冷静に頭で折り返すと、ゴール前のクルニッチがコースを狙ったヘディングシュートを左隅へ流し込んだ。 これで余裕の出てきたミランは早い時間帯に試合を決める。57分、左サイドでボールを持ったレオンがピッチを横断する見事なドリブルでボックス右まで持ち込んで多くのDFを引き付けて速いクロスを供給。ファーサイドでDFがクリアし切れなかったところに反応したジルーが冷静に左足のシュートを流し込んだ。 この3点目で試合の大勢が決した中、ミランは相手の攻撃を冷静に受け止めながらレオンらの個人技を生かしたカウンターで幾度も決定機を創出。70分を過ぎると、殊勲のレオンやテオら主力をベンチに下げてフレッシュな選手を次々にピッチへ送り込み、週末のリーグ戦を睨みつつ試合をクローズにかかる。 その後、試合終了間際にはジルーの見事なポストワークからのロングカウンターで途中出場のメシアスが右サイドを独走。そのままボックス付近まで運んで鋭いシュートを突き刺し、91分のダメ押しゴールとした。 そして、決勝トーナメント進出を懸けた大一番で圧勝のミランが9シーズンぶりのラウンド16進出を決めている。一方、敗れたザルツブルクだが、ディナモ・ザグレブの敗戦によって3位でのEL行きが決まった。 2022.11.03 07:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly