大型補強も低迷のニース、ポチェッティーノ氏を指揮官に招聘へ?

2022.09.20 16:32 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マウリシオ・ポチェッティーノ氏(50)がニース指揮官に就任する可能性があるようだ。

エスパニョールに始まり、サウサンプトンやトッテナム、パリ・サンジェルマン(PSG)の指揮官を歴任してきたポチェッティーノ氏。昨季終了後にPSGを解任され、現在はフリーの身となっている。

ここ数日はマッシミリアーノ・アッレグリ監督の解任が噂されるユベントス行きも取り沙汰されたポチェッティーノだが、そんななか、フランス『フットメルカート』によると、ニースも同氏の招聘を検討しており、20日にも会談の場を設けるという。
ニースは今夏の移籍市場で、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルやコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺ、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーといった実力者を獲得するなど大型補強に成功した。

しかし、蓋を開けると今季のリーグ・アンで8試合を消化した段階で2勝2分4敗の13位に低迷。元ドルトムント指揮官でもあるルシアン・ファブレ監督を解任する可能性が高まっているとのことだ。

現時点でポチェッティーノ氏招聘の実現度は未知数のようだが、ニースには同氏のPSG時代に匹敵する年俸を支払うことが可能とみられている。

関連ニュース
thumb

ニース、アルジェリア代表MFブダウィとの契約を2027年まで延長

ニースは25日、アルジェリア代表MFヒチャム・ブダウィ(23)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたブダウィは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ニースでもっといい結果を残したいから契約延長にサインした。僕はニースで居心地よく過ごしているし、自分の立ち位置もわかっている。ここには成長し続けるために必要なものはすべて揃っているんだ」 「ニースでプレーを続けられることができて本当に幸せだよ。これからもチームとともに前進し、ファンの皆さんに喜んでいただけるよう、全力を尽くつもりだよ」 母国アルジェリアのパラドゥACで2018年にプロデビューしたブダウィは、2019年9月にニースに加入。加入初年度こそ出場機会に恵まれなかったが、2年目から主力に定着すると、在籍3年半で公式戦89試合に出場し8ゴール9アシストを記録していた。 アルジェリア代表としても10キャップを記録し、アルジェリア代表が優勝した2019年のアフリカネイションズカップにも出場していた。 2023.01.26 01:55 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドの33歳シュナイデルラン、オーストラリアAリーグ行きが濃厚に

かつてマンチェスター・ユナイテッドにも在籍した元フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(33)は、オーストラリア行きが濃厚のようだ。 シュナイデルランは2008年〜2015年にかけてサウサンプトンでプレーし、その間に2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)にも出場。2015年夏にユナイテッドへステップアップした。 残念ながらユナイテッドでは定位置を築けず、フランス代表からも徐々にフェードアウト。2017年1月にはエバートンへと放出され、2020年夏に現所属のニースへと辿り着いた。 ニースではプレミアリーグ通算200試合、国際Aマッチ通算15試合出場などの経験値を高く買われ、昨季まで主力としてプレーしていたが、今季はここまで出場ゼロ。フランス『フットメルカート』によると、Aリーグ・メンのウェスタン・シドニー・ワンダラーズへの移籍が濃厚になったとのことだ。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズは今季のリーグ戦で3位につけ、現在は元リヨンの元U-20ブラジル代表DFマルセロ(35)が在籍している。 2023.01.24 21:12 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャのエン=ネシリ、ニース移籍に迫る! 今季はリーグ戦いまだ無得点…

セビージャのモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリ(25)のニース移籍が近づいているようだ。スペイン『fichajes』が報じている。 2020年1月にレガネスから加入し、2020-21シーズンにはラ・リーガ38試合で18ゴールと大活躍を見せたエン=ネシリ。しかし、昨季は23試合で5ゴール、今季はここまで13試合でノーゴールと、すっかり以前の輝きは色褪せてしまっている。 先のカタール・ワールドカップでは2ゴールを記録し、母国の史上初のベスト4入りに貢献したものの、クラブではホルヘ・サンパオリ監督の信頼も損なってしまっている模様。現在はニースからオファーが届いているようだが、セビージャに抵抗するつもりはないようだ。 エン=ネシリもまたニース移籍を希望しているようで、三者は思惑は一致。1500万ユーロ程度の移籍金で決着すると見られている。 2023.01.22 14:05 Sun
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがガボン代表MFレミナをニースから完全移籍で獲得、ユベントスでも過去にプレー

ウォルバーハンプトンは13日、ニースのガボン代表MFマリオ・レミナ(29)が完全移籍で加入することを発表した。 契約期間は2年半となり、2025年夏までとなる。なお、1年間の延長オプションが含まれている。 レミナはフランスのロリアンの下部組織で育ち、2013年1月にファーストチームに昇格。同年9月にマルセイユへと完全移籍する。 マルセイユでは公式戦50試合に出場し2ゴールの成績を収めると、その後、ユベントスへのレンタル移籍を経て、2016年7月に完全移籍。ユベントスでは公式戦42試合で3ゴール1アシストを記録。2019年9月にガラタサライへレンタル移籍すると、2020年8月にはフルアムへレンタル移籍。2021年7月にニースへ完全移籍していた。 ニースでは公式戦58試合で3ゴール1アシスト。今シーズンはリーグ・アンで14試合、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で5試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 世代別はフランス代表としてプレーしていたが、A代表は自身のルーツでもあるガボン代表を選択。25試合で3ゴールを記録している。これまでボランチを主戦場にサイドでもプレーしてきた。 2023.01.14 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ウルブスがレミナ獲得へ! 1年半ぶりのプレミア復帰に

ウォルバーハンプトンが、ニースのガボン代表MFマリオ・レミナ(29)を獲得することが決定的となったようだ。 今シーズンもニースの主力として活躍するレミナだが、11日に行われたモンペリエ戦ではスタメン起用が予想された中、最後までベンチを温める形に。 フランス『フットメルカート』によると、ニースとウルブスはこの試合前に1000万ユーロ(約14億円)程度の金額でクラブ間合意に至り、すでに個人間でも合意していることから、負傷リスクを回避するため急遽の起用見送りとなったという。 今後、レミナはメディカルチェック受診のためにイングランドに渡り、正式にウルブスの一員となる見込みだ。 ロリアンの下部組織出身のレミナは、マルセイユやユベントス、ガラタサライといった名門でプレー。2021年夏にはサウサンプトンからニースに完全移籍。ここまで公式戦58試合に出場していた。 プレミアリーグではサウサンプトンに加え、2020-21シーズンにレンタル加入したフルアムでプレーしており、1年半ぶりのイングランドでのプレーも問題ないはずだ。 2023.01.12 23:24 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly