終盤のPK弾で遠藤&伊藤先発のシュツットガルトが王者とドロー、浅野負傷のボーフムが6連敗…【ブンデスリーガ日本人選手】

2022.09.12 06:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第6節が週末にドイツ各所で行われた。

今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。

新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第6節では遠藤伊藤の所属するシュツットガルトが王者バイエルンと激突。また、吉田vs浅野の日本代表対決が行われた。
遠藤伊藤が先発したシュツットガルトは、立ち上がりからバイエルンに押し込まれると36分にボックス左深くまでえぐったアルフォンソ・デイビスのマイナスクロスをテルに流し込まれた。

1点のビハインドで後半を迎えたシュツットガルトは、52分にギラシーがネットを揺らすも、VARでその前でのプレーのファウルを取られ、ゴールは認められず。それでも57分、マヴロパノスのインターセプトからボックス右のヒューリッヒがシュートを決め、試合を振り出しに戻す。

しかし3分後、ボックス右で仕掛けたミュージアラが左足のコントロールシュートを流し込み、バイエルンがすかさず突き放す。

このまま試合終了かと思われたが、シュツットガルトは89分にPKを獲得すると、これをギラシーに決めて王者から貴重な勝ち点1を獲得した。

一方、リーグ戦未勝利同士のシャルケvsボーフムは、開始早々に相手選手との接触で右ヒザを痛めた浅野が4分に負傷交代となる。

その後は一進一退の展開が続いたが、38分にボックス左まで切り込んだバルターのシュートを相手GKが弾くと、こぼれ球をドレクスラーが押し込み、シャルケが先制。

ボーフムは51分にS・ツォラーのゴールで追いついたが、73分にセットプレーからマショビッチがオウンゴールを献上。さらに試合終了間際にもポルターにゴールネットを揺らされ、1-3でタイムアップ。

リーグ未勝利同士の一戦は、シャルケに軍配、一方のボーフムは開幕6連敗となった。

板倉滉[ボルシアMG]
▽9/11
フライブルク 0-0 ボルシアMG
◆出場停止のため欠場
結果ニュース

鎌田大地[フランクフルト]
▽9/10
フランクフルト 0-1 ヴォルフスブルク
◆65分までプレー

長谷部誠[フランクフルト]
▽9/10
フランクフルト 0-1 ヴォルフスブルク
◆ベンチ入りも出場せず
結果ニュース

堂安律[フライブルク]
▽9/11
フライブルク 0-0 ボルシアMG
◆81分までプレー
結果ニュース

吉田麻也[シャルケ]
▽9/10
シャルケ 3-1 ボーフム
◆フル出場
結果ニュース

原口元気[ウニオン・ベルリン]
▽9/11
ケルン 0-1 ウニオン・ベルリン
◆ベンチ入りせず

伊藤洋輝[シュツットガルト]
▽9/10
バイエルン 2-2 シュツットガルト
◆フル出場

遠藤航[シュツットガルト]
▽9/10
バイエルン 2-2 シュツットガルト
◆フル出場
結果ニュース

浅野拓磨[ボーフム]
▽9/10
シャルケ vs ボーフム
◆4分に負傷交代
結果ニュース

関連ニュース
thumb

元モロッコ代表DFベナティア、R16スペイン戦控える後輩らにエール 「勝利を確信」

元モロッコ代表DFメディ・ベナティア氏がスペイン代表戦に臨む母国の後輩選手らにエールを送った。 現役時代にバイエルンやユベントス、ローマなどで活躍し、世界でもトップクラスのDFとして知られたベナティア氏。モロッコ代表としては2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した経験を持つ。 現在、母国の後輩たちはカタールW杯でグループFを首位通過し、6日にはベスト8を懸け、決勝トーナメント1回戦で優勝候補の一角であるスペイン代表との対戦に。ベナティア氏はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』でモロッコの勝利を信じていると語っている。 「今回のW杯はすでに多くのサプライズが起こっているね。ここでまたひとつ、新たなサプライズがあるかも、と考えてみないか?」 「我々モロッコ人にとって、スペインは地理的にも近く、スペインとの試合はダービーマッチに通ずる部分がある。もちろん、モロッコの勝利を確信しているが、勝つには少し傲慢さも必要じゃないかな。このような試合では立ち上がりもとても重要だ」 「モロッコ代表は美しく、組織的だ。勝利は可能だよ」 2022.12.05 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ベイリーはバイエルン移籍の可能性もあった?「家にまで訪ねてきたが…」

アストン・ビラのジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、かつてバイエルン移籍に近づいていたようだ。 レバークーゼン時代に一躍脚光を浴び、現在はアストン・ビラで活躍するベイリー。自身のポッドキャストでバイエルンへの移籍に近づいていた時期があったと振り返った。 「過去に大きな後悔がある… 素晴らしい話が僕に来たんだ。あのバイエルンが僕を欲しがり、家にまで訪ねてきた。彼らはロッベンの後釜を欲していたが、レバークーゼンが僕を手放してくれなかった」 ドイツ『ビルト』いわく、その時期とは2019年の夏で、バイエルンはベイリー獲得に本腰を入れたものの、最終的に断念し、代わりにインテルからクロアチア代表MFイバン・ペリシッチ(現トッテナム)を獲得。2019-20シーズンのバイエルンは3冠を達成した。 バイエルン移籍が叶わなかったことを悔やんだ一方、古巣レバークーゼンに悪い印象を残しているわけではなく、アストン・ビラを選んで正解だったとも付け加えた。 「レバークーゼンはトップクラブ。周辺環境、施設、スタジアム、そこで働く人たちは本当に素晴らしい」 「もう一つ忘れてはいけないのは、多くのクラブが僕に興味を持ってくれた中、ビラという素晴らしい場所に来れたこと。僕自身も勉強し、人に話を聞き、自分に最も適したチームを考えた。見つけることができたよ!」 2022.11.30 18:19 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドいまやフリーも…バイエルンCEO「我々の哲学にそぐわない」 改めて否定

フリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)だが、バイエルンのユニフォームに袖を通す姿はやはりお目にかかれなさそうだ。 C・ロナウドは今夏の移籍騒動からマンチェスター・ユナイテッドで不穏さを醸すなか、カタール・ワールドカップ(W杯)開幕前にイギリスメディアでクラブのありとあらゆる方面に噛みついたインタビューが決定打となり、22日に契約解消。言わずもがな、スター選手だが、所属先なしでW杯参戦している。 今夏にも選手代理人のジョルジュ・メンデス氏が売り込みをかけたクラブの1つとして囁かれながら、「我々のフィロソフィーに沿わない」と話したバイエルン最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏はドイツ『スカイ』で「我々はこの件について、もう解を出した」と改めて獲得の可能性を否定した。 「我々にははっきりとしたアイデアがあり、どのようにしてチームを作っていくべきかという部分にも明確なフィロソフィーがある。彼を評価しているが、議論の余地なしさ。我々の誰もがクリスティアーノ・ロナウドのことを好いているが、哲学にそぐわない」 そんなC・ロナウドの去就を巡っては現時点でサウジアラビアの強豪アル・ナスルが高待遇のオファーを出したとの噂。今後の動向が注目される。 2022.11.30 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

来夏移籍金ゼロも… 1月にフランス代表FWテュラム争奪戦?

ボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラム(25)を巡り、争奪戦が繰り広げられる可能性があるようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のテュラム。ここまで2試合の途中出場で得点はないが、チームはグループ最終節を残して決勝トーナメント進出を決めたため、来月1日のチュニジア代表戦ではスタメン起用も考えられる。 所属するボルシアMGでは今季の公式戦19試合で13得点4アシストと大ブレイクを果たし、たちまちビッグクラブ注目の的に。契約は2023年6月までのため、フリーとなる来夏の争奪戦が予想されるが、現在では来年1月の移籍市場でステップアップするとの見方も強まりつつある。 候補に挙がるのはバイエルンやアトレティコ・マドリー、インテル、ドルトムント、ニューカッスル、アストン・ビラなど。中でもドイツ『ビルト』が特に熱心だと主張するのが、ラ・リーガで降格圏に低迷するセビージャだ。 セビージャはホルヘ・サンパオリ監督がストライカーの獲得を要望。ボルシアMGは想定外の活躍を披露したテュラムの慰留をすでに断念しており、来年1月にオファーが来た場合は移籍金3000万ユーロ(約42億9000万円)を要求するとされている。 財政状況が苦しいセビージャは、チーム内で重要な戦力と見なされない選手の譲渡を考慮。アルゼンチン代表MFパプ・ゴメス(34)や、同代表MFマルコス・アクーニャ(31)が候補に挙げられている。 2022.11.29 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

30歳目前でもメガクラブの触手減らず... トッテナム、W杯後にケインと話し合いへ

トッテナムが、イングランド代表FWハリー・ケイン(29)との話し合いの場を設けるつもりのようだ。 ケインは現在、イングランド代表としてカタールW杯に参戦中で、グループステージ2試合を終えて自身のゴールこそないものの、初戦のイラン代表戦では2アシストで勝利に貢献。31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる状況だ。 所属するトッテナムとの契約は2024年6月までだが、過去に何度もメガクラブ行きが噂され、マンチェスター・シティやユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなどから触手が。イギリス『Football Insider』によると、稀代の点取り屋に対し、現在はレアル・マドリーが関心を強めているという。 これを受け、トッテナムの幹部らはW杯からの帰国に合わせ、選手側とのミーティングを調整。アントニオ・コンテ監督の要望はもちろんのこと、幹部らとしても現役引退までクラブでプレーを続けてもらいたい考えだ。 一方、以前にはチェルシーのレジェンド、ジョン・テリー氏が「ケインはトロフィー獲得の野望を隠しておらず、スパーズではそれが不可能だと理解している」と発言。ケインは来年で30歳を迎えるが、その去就に注目が途切れることはしばらくはなさそうだ。 2022.11.28 16:44 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly