堂安先発のフライブルク、板倉出場停止のボルシアMGにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

2022.09.12 02:23 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第6節、フライブルクvsボルシアMGが11日に行われ、0-0で引き分けた。フライブルクのMF堂安律は81分までプレー、ボルシアMGのDF板倉滉は欠場している。

フライブルクは前節レバークーゼン戦を堂安の決勝弾で3-2と打ち勝って4勝1敗スタート。首位に立った中、3日前のヨーロッパリーグ初戦も制した。そのカラバフ戦でもゴールを挙げて好調が続く堂安が[4-2-3-1]の右MFでスタートした。

前節の一発退場により出場停止で板倉不在のボルシアMGに対し、開始2分に堂安のコントロールシュートでゴールに迫ったフライブルク。
しかしボルシアMGもすかさず5分にノイハウスがGK強襲のシュートを浴びせて応戦。オープンな展開で立ち上がると、14分にはテュラムが独走してGK強襲のシュートを放った。

引かないフライブルクは16分、グリフォのスルーパスに抜け出したチェレがGKと一対一に。しかしシュートはゾンマーにセーブされた。さらに24分、堂安のパスからグレゴリッチュが枠内シュートを浴びせた。

打ち合いの様相の中、34分にヒザを負傷したノイハウスがプレー続行不可能となったボルシアMG。ハーフタイムにかけては一転して膠着状態に陥り、ゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半、一進一退の展開で立ち上がった中、59分にボルシアMGにビッグチャンス。高い位置でボールを奪った流れからボックス左に侵入したシュティンドルが決定的なシュートを放ったが、わずかに枠の右に外れた。

対するフライブルクは76分、途中出場のチョン・ウヨンがボックス中央からオンターゲットのシュートを放つも、GKゾンマーの好守に阻まれる。

終盤にかけては互いに決め手を欠いてゴールレスのままタイムアップ。勝ち点1を分け合った。

関連ニュース
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】上月がブンデス初弾もシャルケは6失点で惨敗… 堂安vs鎌田の日本代表対決はドロー

ブンデスリーガ第17節がミッドウィークにドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第17節では板倉、伊藤、遠藤、鎌田、堂安、原口、吉田、上月、浅野が先発出場した。 吉田と上月壮一郎が所属する最下位シャルケ(勝ち点9)は、ホームでライプツィヒと対戦。前半で4失点を喫したシャルケは、56分に上月が魅せる。フライのクサビのパスを中央で受けた上月はファーストタッチでDF2人の間をすり抜けてボックス内へ。GKとの一対一の局面を作り、見事にシュートを決めきった。 上月にブンデス初ゴールが生まれて勢いを取り戻しかけたシャルケだったが、80分に上月がピッチを後にした中、83分にダニ・オルモに巧みなループシュートを決められて5失点目。さらに90分にもY・ポウルセンにゴールを許したシャルケは6失点惨敗した。 また、堂安の所属するフライブルクと鎌田、長谷部の所属するフランクフルトによる日本代表対決は、42分にフランクフルトがコロ・ムアニのゴールで先制するも、後半開始早々にフライブルクがギンターのゴールで追いつき、1-1の引き分けに終わった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/25 アウグスブルク 1-0 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆64分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆ベンチ入りも出場せず ★堂安律[フライブルク] ▽1/25 フライブルク 1-1 フランクフルト ◆91分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/25 ウニオン・ベルリン 1-2 ホッフェンハイム ◆73分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/24 シャルケ 1-6 ライプツィヒ ◆80分までプレー、56分にゴールを記録 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/24 ホッフェンハイイム 2-2 シュツットガルト ◆フル出場、77分にゴールを記録 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/25 レバークーゼン 2-0 ボーフム ◆70分までプレー 2023.01.26 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安と鎌田が先発、上位対決はフライブルク優勢もフランクフルトがコロ・ムアニの一撃でドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第17節、フライブルクvsフランクフルトが25日に行われ、1-1で引き分けた。フライブルクのMF堂安律は後半追加タイム1分までプレー、フランクフルトのMF鎌田大地は64分までプレー、DF長谷部誠はベンチ入りも出場しなかった。 前節ヴォルフスブルクにまさかの6失点惨敗を喫して4位に後退したフライブルク(勝ち点30)は堂安が[3-4-2-1]の右シャドーでスタメンとなった。 一方、シャルケに3-0と勝利して2位に浮上したフランクフルト(勝ち点30)は鎌田が[3-4-2-1]の右ボランチでスタメンとなった。 日本代表対決となった上位決戦。フライブルクが攻勢の入りとなった中、21分にボックス中央からホーラーの放ったボレーがGKを強襲した。 さらに28分、堂安に好機。左サイドからのグレゴリッチュのクロスに堂安が飛び込んだがシュートは枠を捉えきれなかった。 しかし42分、劣勢のフランクフルトがワンチャンスで先制する。ゲッツェのクロスを受けたボックス中央のコロ・ムアニがDFに対応されながらもシュートコースを一瞬作って右足を一閃。正確なシュートがゴール左に決まった。 ワンチャンスで先制されたフライブルクは迎えた後半、開始2分に追いつく。CKの流れからギュンターのクロスをギンターがヘディングで押し込んだ。 追いついたフライブルクが押し込む流れで推移する中、グレゴリッチュに好機が訪れるも逆転弾は生まれない。 64分に鎌田がピッチを後にした中、ここからフランクフルトが盛り返していくもこちらも決定打は生まれず。上位対決は1-1の引き分けに終わった。 2023.01.26 06:36 Thu
twitterfacebook
thumb

【ブンデスリーガ日本人選手】鎌田、長谷部vs吉田、上月の日本人対決はフランクフルトが3発快勝!

ブンデスリーガ第16節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第16節では板倉、伊藤、遠藤、鎌田、堂安、原口、吉田、上月が先発出場、浅野が途中出場した。 鎌田、長谷部の所属するフランクフルトと吉田、上月の所属するシャルケによる日本人対決は、22分にコロ・ムアニのポストプレーを受けたリンドストロームが右サイドを持ち上がってDFをかわしボックス内へ。そのままシュートを決めきった。 先制を許したシャルケは、32分に上月がボックス右からポスト直撃のシュートを浴びせて牽制。さらに後半立ち上がりの47分にも上月がヘディングシュートでゴールに迫ったが、ここもGKトラップのファインセーブに阻まれた。 その後、74分に上月が、81分に鎌田がピッチを後にした中、フランクフルトは84分にリンドストロームが吉田をかわしてゴールネットを揺らした。さらに追加タイムには、ブタにもゴールが生まれたフランクフルトが3-0で勝利している。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/22 ボルシアMG 2-3 レバークーゼン ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435823">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/21 フランクフルト 3-0 シャルケ ◆81分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/21 フランクフルト 3-0 シャルケ ◆ベンチ入りも出場せず <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435762">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽1/21 ヴォルフスブルク 6-0 フライブルク ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435763">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/21 ウニオン・ベルリン 3-1 ホッフェンハイム ◆64分までプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/21 フランクフルト 3-0 シャルケ ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/21 フランクフルト 3-0 シャルケ ◆74分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435762">結果ニュース</a> ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/21 シュツットガルト 2-0 マインツ ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/21 シュツットガルト 2-0 マインツ ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=435768">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/21 アウグスブルク 3-1 ボーフム ◆72分からプレー 2023.01.23 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安フル出場のフライブルク、ヴォルフスブルクに屈辱6失点惨敗《ブンデスリーガ》

フライブルクは21日、ブンデスリーガ第16節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-6で惨敗した。フライブルクのMF堂安律はフル出場している。 首位バイエルンを4ポイント差で追う2位フライブルク(勝ち点30)は、カタール・ワールドカップで大活躍した堂安が[4-3-3]の右ウイングでスタメンとなった。 7位ヴォルフスブルク(勝ち点23)に対し、開始2分にヴィマーのゴールを許したフライブルクは17分に同点のチャンス。CKの流れからヘフラーのボレーがGKを強襲した。 しかし29分、ヴィマーのポストプレーからゴール前に詰めたヴィントにゴールを許してリードを広げられる。さらに37分、FKの流れから再びヴィントにゴールを決められ0-3で前半を終えた。 迎えた後半もヴォルフスブルクに主導権を握られると、ゲルハルト、バク、ワルドシュミットにゴールを許してフライブルクは6失点惨敗。フル出場の堂安は見せ場を作れなかった。 2023.01.22 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

上田綺世のセルクル・ブルージュにフライブルクから右SBが加入

セルクル・ブルージュは14日、フライブルクからU-21ベルギー代表DFウーゴ・シケ(20)をレンタルしたことを発表した。契約は今季までだが、1年間の延長オプションがつく。 シケはベルギーの名門スタンダール・リエージュ出身。セルクル・ブルージュには昨年1月に450万ユーロの移籍金で加入したが、昨季はリザーブチームが主戦場となり、トップチームでの出場は1試合にとどまった。 今季もここまでリーグ戦では2試合、ヨーロッパリーグで1試合となかなか出番がもらえず、シーズン後半は母国に戻って経験値を積むことに。セルクル・ブルージュは現在、ジュピラー・プロ・リーグで10位に位置しており、日本代表FW上田綺世も活躍中だ。 なお、同クラブではウーゴ・シケの叔父にあたるティエリ・シケ氏が現役時代に1991年から1997年の間在籍し、公式戦151試合に出場した。 2023.01.14 22:10 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly