4点リードから2点差に迫られ… EL白星発進もラツィオ指揮官が不満 「4-0になって遊びすぎた」

2022.09.09 16:37 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督がヨーロッパリーグ(EL)の初戦を振り返った。イタリア『スカイ』が伝えている。

ラツィオは8日に行われたグループF第1節でフェイエノールトとホームで対戦。試合は開始早々の4分に元スペイン代表MFルイス・アルベルトのゴールで口火を切ると、その後も立て続けにネットを揺らし、前半だけで3点ものリードを確保した。

63分にはウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノがこの試合2ゴール目を決め、とうとう4-0に。だが、ここからフェイエノールトの反撃に遭う。69分にPKで1点を返され、88分にも失点。結果的に4-2で勝利したものの、少なからず課題を残すゲームとなった。
サッリ監督は試合後のインタビューで選手のパフォーマンスを称えつつ、大量リードでも気を緩めてはならないと力説している。

「素晴らしいパフォーマンスだった。だが、4-0の状況下で今日のようにリラックスしてはならない。私は次の試合に向けて選手たちのコンディションを把握し、どのチョイスがベストかを見極めなくてはいけない」

「ヨーロッパの舞台における試合は難しいもの。他国のチームは我々と異なるメンタリティを有しているからね。私の国では4-0でリラックスすることが多いが、他国はそうではない。これが現実であり、最後の20分間で今日のようなプレーをするべきではない」

「我々にはまだまだ改善の余地がある。今日の試合に対する全員の決意とアプローチは並外れたものだったが、4-0になって少し遊びすぎた。ヨーロッパでそれはとても危険なことだ。リーグ戦でも蒔いた種より収穫が少ないと感じているよ」

関連ニュース
thumb

ラツィオ、ふくらはぎのケガで離脱中のイタリア代表DFラッツァーリと2027年まで契約延長

ラツィオは22日、イタリア代表DFマヌエル・ラッツァーリ(28)との契約を2027年6月30日まで延長した。 2014年にレガ・プロ(セリエC)所属のSPALでプロデビューを飾ったラッツァーリは、2015-16、2016-17シーズンの連続昇格に大きく貢献。 セリエAの舞台でも持ち味のスピード、高精度の右足のクロスを武器に右ウイングバックを主戦場に印象的なパフォーマンスを披露すると、2019年の夏にラツィオへ完全移籍。 ラツィオでも加入直後から右サイドバックの主力としてプレーし、これまで4シーズンで公式戦134試合に出場し6ゴール14アシストを記録。今季もここまで公式戦16試合に出場しているが、直近のユベントス戦はふくらはぎのケガで欠場していた。 また、2018年9月に行われたポルトガル代表戦でイタリア代表を飾ったラッツァーリは、今年6月にはフィナリッシマ2022に臨むイタリア代表として1年3カ月ぶりに招集されると、右サイドバックとして後半からプレーした。 2022.11.23 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユベントスが来年1月のミリンコビッチ=サビッチ獲得に本腰、約72億円の移籍金提示か

ユベントスがラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(27)獲得に向けて、具体的なオファーを用意しているようだ。 ここ数年にわたり、ミリンコビッチ=サビッチへの関心を示し続けてきたユベントス。今夏の移籍市場でも獲得を狙ったが、ラツィオが最低でも6000万ユーロ(約87億円)という条件を譲らなかったことで、交渉はまとまらなかった。 それでも、ユベントスにミリンコビッチ=サビッチ獲得を諦めるつもりはない模様だ。イタリア『トゥットメルカート』によると、クラブ上層部は来年1月にミリンコビッチ=サビッチ獲得に再び動き出すことを決定。ラツィオに対して5000万ユーロ(約72億円)+ボーナスのオファーを提出する予定とのことだ。 一方で、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長は10月に「セルゲイには1億2000万ユーロ(約176億3000万円)の価値があり、今後も高騰するはずだ」と発言。ユベントスが予定しているオファー額はその半分にも満たないことから、交渉は難航が予想される。 ミリンコビッチ=サビッチは2015年にラツィオへ加入して以来、チームの不動の主軸として君臨。今季もここまで公式戦20試合に出場して5得点7アシストを記録するなど、存在感を示している。 2022.11.16 13:17 Wed
twitterfacebook
thumb

母国復帰を待ち焦がれるL・アルベルト、セビージャ行きが再燃

ラツィオの元スペイン代表MFルイス・アルベルト(30)に、セビージャ移籍の可能性が再燃しているようだ。 ルイス・アルベルトは2016年夏にリバプールからラツィオへ移籍。2018-19シーズンにコッパ・イタリア制覇に貢献したほか、翌季はセリエAで驚異の16アシストを叩き出すなど、近年のラツィオを代表する選手の1人となっている。 一方、かねてより母国スペインへの復帰希望を公言しており、今夏はプロデビュー時の古巣セビージャへの移籍を希望。その影響もあってか、今季はチーム内で序列が下がり、ベンチスタートが増えている状況だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ラ・リーガで降格圏の18位に低迷するセビージャは、以前にも増してルイス・アルベルトの獲得に熱心。来冬に向けて本腰を入れているという。 ただ、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長が設定した2000万ユーロ(約29億円)という条件を飲み込むことが困難と目されており、粘り強く交渉に臨む必要があるとされている。 2022.11.15 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

6連勝で3位浮上のユーベ、アッレグリ「シーズン前半に後悔はない」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督がシーズン前半戦を総括した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは13日に行われたセリエA第15節でラツィオとの上位対決。序盤からペースを握ると、43分にイタリア代表FWモイゼ・ケアンがループシュートを決めて先制する。試合を折り返して54分には再びケアンが追加点を記録し、89分にもポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクがダメ押しの3ゴール目。3-0で中断期間前の最終戦を制し、6連勝で3位に浮上した。 アッレグリ監督は試合後、「ここ数試合のユベントスは失点をしない。良い試合をしていた。今日も、もしゴールを奪われていたら、私は怒っていただろう」とコメント。ここ数戦でチームが見せている堅守を称賛した。 また、チャンピオンズリーグ(CL)でのグループステージ敗退など、苦しんだシーズン前半戦を振り返り、ポジティブな評価を下した。 「CLでは試合運びが悪く、失敗してしまった。その代わり、リーグ戦では結果が出た。今、チームは苦しみながらも、力を合わせ、勝利を重ねている」 「シーズン前半戦に後悔はない。我々は常にベストを尽くしてきたからだ。困難な瞬間はシーズン中に訪れた。我々は再び立ち上がらなければならないことを知って、共に戦った。しかし、すべてを解決したわけではなく、ただシーズンの前半が終わっただけだ」 2022.11.14 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ケアンがドッピエッタ、ユベントスがラツィオとの上位対決を快勝し6連勝《セリエA》

セリエA第15節、ユベントスvsラツィオが13日に行われ、3-0でユベントスが快勝した。 前節、最下位ヴェローナに大苦戦を強いられながらもウノゼロ勝利として5連勝とした4位ユベントス(勝ち点28)は、ヴェローナ戦のスタメンから2選手を変更。ボヌッチとGKペリンに代えてガッティとGKシュチェスニーを起用した。 一方、モンツァにこちらもウノゼロ勝利とした2位ラツィオ(勝ち点20)は、インモービレが再離脱となった中、前線はフェリペ・アンデルソン、ペドロ、ロメロの3トップで形成した。 良い入りを見せたユベントスは6分、ケアンがボックス内から際どいシュートを浴びせると、11分にはファジョーリが枠内シュートを放った。 さらに19分、ロングフィードを受けたミリクがミドルシュートでゴールに迫った中、前半半ば以降は膠着状態に。 そんな中43分、ユベントスに先制点が生まれる。ラビオのボール奪取から浮き球パスを前線に送ると、これを受けたケアンが飛び出したGKを見てループシュートを流し込んだ。 ユベントスが1点をリードして迎えた後半、開始3分にミリクのシュートでGKを強襲すると、54分にリードを広げた。コスティッチがボックス手前からミドルシュートを放つと、GKが弾いたルーズボールをケアンが押し込んだ。 ケアンのドッピエッタでリードを広げたユベントスは、自陣に引いてラツィオの攻撃を受け止めていく。 追うラツィオはL・アルベルトとベシーノを投入。すると61分、L・アルベルトが枠内シュートで牽制するも、その後は好機を生み出せず。 危なげないゲーム運びを見せたユベントスは89分、キエーザのアシストからミリクが決めて3-0の快勝。充実の6連勝で中断に入ることとなった。 2022.11.14 06:38 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly