「フェアプレーあってのサッカー」「対応に拍手」物議醸した紳士協定違反、福岡・長谷部茂利監督の判断に称賛の声「素晴らしい着地点」

2022.09.04 09:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
なかなかお目にかかれないアクシデントへの対応が称賛を集めている。3日、明治安田生命J1リーグ第28節のアビスパ福岡vs名古屋グランパスは波乱続出の展開となった。

ともに連敗を避けたい試合、ホームの福岡は残留争いに巻き込まれている中、試合は開始2分になる手前、ロングボールを処理しようとした福岡のGK永石拓海がボックスを飛び出ると、バックステップでクリアしようとしたDF宮大樹と頭同士が激突。そのまま2人とも倒れ込むが、味方同士の接触でもあり、この流れでプレーは止まらず、名古屋が森下龍矢のゴールで先制する。
早々にアクシデントが起こり、異様な雰囲気が漂う中、20分に再びアクシデントが起きる。

20分に福岡のジョルディ・クルークスがタックルを受けるが、これは正当なチャージに。しかし、痛んで倒れていたため、名古屋のレオ・シルバがボールを外に蹴り出した。

クルークスは大事に至らずプレーは再開。福岡の前嶋洋太がスローインで名古屋のGKランゲラックに戻そうとしたところ、このボールを福岡のルキアンがカット。クロスを上げると、クルークスが蹴り込み、同点に追いついた。

しかし、このプレーに名古屋の選手たちが激怒。フェアプレーの観点から、相手選手が蹴り出したボールは返すというのが紳士協定として結ばれており、そのフェアプレーに拍手が送られるというのが通常。ただ、今回はその協定が破られることとなった。

怒りの収まらない名古屋は、長谷川健太監督が長谷部茂利監督のところへ。2人の話し合いの結果、福岡が無抵抗で1点を与えることとなり、キックオフから永井謙佑が1人で持ち込んでゴールを決めた。

試合後、名古屋の長谷川監督は「(ボールを)返すということを前嶋選手が言っており、長谷部監督も同じ指示を出していたが、ただそれが観客からの声もあり届かなかった」と状況を説明。「指示を出したが聞こえていなかったということで、名古屋に1点を献上しますと言っていました」と、長谷部監督も思っていたことと違う状況となったことで、ゴールを与えることになったと説明した。

なかなかお目にかかれないシーン。キックオフからのアクシデント続きで、熱くなっていた選手たちには「最低限のフェアプレー精神は保ってて欲しかった」と暗黙の了解であるフェアプレーを守るべきだったとコメント。ただ、しっかりと冷静に判断を下した長谷部監督には称賛の声が集まった。

「長谷部監督の決断は良い」、「対応に拍手」、「福岡の監督は素晴らしい人」、「素晴らしい着地点」、「フェアプレーあってのサッカー」、「リスペクトしかない」

チームが勝たなければいけない状況で、紳士協定を破った見返りを与える決断を下した指揮官。結果として2-3と1点差で敗れたわけだが、フェアプレー宣言を選手が行った試合での珍事を上手く収めたと言えるだろう。

1 2

関連ニュース
thumb

名古屋、MF和泉竜司が鹿島から4年ぶりに復帰!「タイトルを獲って共に喜びたい」

名古屋グランパスは8日、鹿島アントラーズよりMF和泉竜司(29)を完全移籍で獲得したと発表した。 和泉は三重県出身で、市立船橋高校サッカー部3年生時に全国高校サッカー選手権大会で優勝を経験。決勝戦では2ゴールを記録した。 卒業後は明治大学に進学し、2016年に名古屋へと入団。4シーズンにわたって主力として活躍し、2020年に鹿島へと移籍していた。 鹿島では3年間でJ1リーグ80試合に出場し5得点。来季より4年ぶりの名古屋復帰となる。 和泉は名古屋の公式サイトを通じてコメントを発表した。 「お久しぶりです。このたび、鹿島アントラーズから移籍加入することになりました和泉竜司です。3年前、名古屋を離れることを決め、覚悟を持って鹿島に移籍しましたが、タイトルも獲れず納得の行く結果を出すことは出来ませんでした。そんな中、再びオファーをいただき嬉しさの反面、結果も出せていないのに名古屋に戻ってもいいのかととても悩みました」 「ただ僕の中でやっぱりグランパスは特別なクラブです。このクラブのために戦いたい、グランパスファミリーの皆さんに多くの勝利を届け、タイトルを獲って共に喜びたい。その想いは変わっていません」 「また皆さんの前でプレー出来ることを嬉しく思います。タイトル獲得のため、自分に出来ることは全てやります。グランパスファミリーで闘いましょう。あらためてよろしくお願いします」 2022.12.08 15:29 Thu
twitterfacebook
thumb

J1残留の福岡、古巣帰還のMF田中達也と契約更新

アビスパ福岡は8日、MF田中達也(30)と2023シーズンの契約を更新したことを発表した。 田中は福岡の育成組織出身で、九州産業大学在学中にはロアッソ熊本の特別指定選手としてJ出場を飾った。正式加入後のFC岐阜への期限付き移籍を含め、J2では95試合11得点を記録。2019年にはガンバ大阪へ加わり、自身初のJ1挑戦を果たした。 以降は大分トリニータ、浦和レッズを経て2022年に"古巣"福岡へ復帰。今季はリーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯を含めた32試合に出場し2得点をマークしていた。 2022.12.08 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

J1残留の京都、DFアピアタウィア久、MF荒木大吾と契約更新

京都サンガF.C.は8日、DFアピアタウィア久(24)、MF荒木大吾(28)との契約更新を発表した。 アピアタウィアは、流通経済大学から2021年にベガルタ仙台に入団。今シーズンから京都に完全移籍し、明治安田生命J1リーグで17試合、YBCルヴァンカップで5試合、天皇杯で2試合に出場していた。 荒木は柏レイソルの下部組織育ちで、青山学院大学へと進学。2016年にジュビロ磐田に入団すると、2020年から京都でプレーしている。 今シーズンはJ1で15試合、ルヴァンカップで7試合、天皇杯で3試合に出場した。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DFアピアタウィア久 「夏以降怪我でなかなかプレーできず、チームが苦しい時に力になれず本当に申し訳ありませんでした」 「2023シーズン、京都サンガF.C.の勝利に貢献し、サポーターの方々と共にたくさんの喜びを分かち合えるよう全力で戦います。応援よろしくお願いします」 ◆MF荒木大吾 「今シーズンも応援ありがとうございました。2023シーズンは京都サンガF.C.をJ1で勝たせられる存在に、より進化した自分を魅せたいと思います!たくさんの勝利を掴み取りましょう!」 2022.12.08 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

広島のバンディエラ、MF青山敏弘が20年目のシーズンへ向け契約更新

サンフレッチェ広島は8日、元日本代表MF青山敏弘(36)との契約更新を発表した。 青山は岡山県出身で、作陽高校から2004年に広島に入団。クラブ一筋でここまでプレーを続けてきた。 チームのバンディエラとして、ここまでJ1通算436試合20得点、J2通算36試合4得点を記録。現在は日本代表を指揮する森保一監督の下で3度のJ1優勝を経験し、2015年にはJリーグMVPにも選ばれていた。 今シーズンは明治安田生命J1リーグで15試合、YBCルヴァンカップで8試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていたが、チーム悲願のリーグカップ制覇に貢献していた。 2022.12.08 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

山形が名古屋のU-21日本代表DF成瀬竣平を育成型期限付き移籍で獲得「J1昇格を目指し全力で闘いたい」

モンテディオ山形は8日、名古屋グランパスのU-21日本代表DF成瀬竣平(21)を育成型期限付き移籍で獲得することを発表した。 移籍期間は2024年1月31日まで。名古屋との公式戦には出場できない。 成瀬は名古屋の下部組織出身で、U-15、U-18と所属。2種登録時代にJ1デビューを果たすと、2019年に正式に昇格していた。 名古屋ではJ1で45試合に出場。リーグカップでも13試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンはシーズン途中にファジアーノ岡山へと期限付き移籍し、J2で31試合、天皇杯で1試合に出場していた。 新たに武者修行に出る成瀬は、3クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん、はじめまして。 育成型期限付き移籍で加入する成瀬竣平です。山形でプレーする機会を与えていただき、とても感謝しています。僕自身、今まで以上の覚悟と責任を持ち、このクラブの一員として、J1昇格を目指し全力で闘いたいと思います。そして、クラブに関わる全ての人と共に喜びあえるシーズンにしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「来シーズンはモンテディオ山形でプレーすることになりました。昨シーズンに引き続きこのチームを離れることにはなりますが、アカデミー時代からお世話になっている名古屋グランパスへの思いは変わりません。自分の活躍が皆さんの耳に届くよう、山形の地で頑張ってきたいと思います」 「そしてまたグランパスファミリーの皆さんの前でプレーできるその時を楽しみにしています。少しでも僕のことを気にかけていただけたら幸いです!」 ◆ファジアーノ岡山 「今シーズン途中加入という形で、チームに加わらせていただき、J1昇格を目指して日々精進してきました。僕自身、初めての移籍ということもあり、不慣れな部分も大いにありましたが、選手、スタッフ、サポーターの方達に支えられ、シーズンを通して戦うことができました」 「チームはプレーオフまでいったものの、J1昇格という形で終わることができず、とても悔しい気持ちでいっぱいです。これから自分自身もっとレベルアップした姿を皆さんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います」 「短い間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。またスタジアムで会えることを楽しみにしています」 2022.12.08 10:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly