フルアムがPSGで構想外のクルザワをレンタル! 「このチームでプレーするのが待ち切れない」

2022.09.02 00:48 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムは1日、パリ・サンジェルマン(PSG)から元フランス代表DFレイヴァン・クルザワ(29)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

自身初の国外挑戦となるクルザワは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。

「ここにいることができて、とても幸せを感じているよ。ここには家族のような空気があり、みんなとてもクールだね」
「今シーズン、フルアムのすべての試合を観てきたけど、このチームでプレーするのが待ち切れないよ」

クルザワは2015年夏からPSGでプレーし、在籍7年で公式戦153試合の出場14得点23アシストを記録。ただ、昨季はポルトガル代表DFヌーノ・メンデスが加入した影響もあり、リーグ戦やチャンピオンズリーグ(CL)では一度もプレー機会がなかった。さらに、今季から指揮を執るクリストフ・ガルティエ監督の構想にも含まれず、クラブは売却先を探していた。

なお、マルコ・シウバ監督はアメリカ代表DFアンソニー・ロビンソンとポジションを争える左サイドバック獲得を望んでおり、クルザワは同選手とのポジション争いに臨む。

関連ニュース
thumb

WBAがフルアムMFチャロバーを完全移籍で獲得、今季は出番激減

WBAは1月31日、フルアムの元イングランド代表MFナサニエル・チャロバー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年夏までの1年半となる。 チャロバーは、チェルシーの下部組織育ちで、ワトフォードやノッティンガム・フォレエスト、ミドルズブラ、バーンリー、レディング、ナポリへとレンタル移籍を繰り返した。 2017年7月にワトフォードに完全移籍すると、2021年8月にフルアムへと完全移籍する。 フルアムでは公式戦28試合に出場し2アシスト。今シーズンはプレミアリーグで4試合に出場もプレーしたのは12分。FAカップで1試合、EFLカップ(カラバオカップ)で1試合の出場に終わっていた。 チャロバーはクラブを通じてコメントしている。 「少し前にクラブが僕に関心を持っていると聞いていたので、ようやく契約を結ぶことができてうれしい。自分に興味があると聞いて以来、明らかにクラブの結果をより追いかけるようになった。最近たくさんの試合を見てきたけど、見た限りではかなり良かった」 「僕は間違いなく、このチームに多くの可能性を見出している。ここには才能のある選手が集まっていることが分かるし、僕はすべてにおいて役割を果たしたいと思っている」 WBAはチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦っており、現在10位。プレミアリーグの昇格の可能性を残しており、ここからの巻き返しの力になることが期待されている。 2023.02.01 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルのポルトガル代表DFセドリックがフルアムへレンタル移籍「本当に満足」

フルアムは1月31日、アーセナルのポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(31)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。移籍期間はシーズン終了までとなる。 セドリックはクラブを通じてコメントしている。 「良い気分だ。僕はこの取引が実現することを望んでいたので、みんな同じ方向に進んでいた」 「僕と僕の家族は、この移籍に本当に満足している。素晴らしい移籍になったし、スタートするのが待ちきれない」 セドリックはスポルティングCPの下部組織育ちで、ファーストチームでプレーした後サウサンプトンへと完全移籍。インテルでのプレーを経て、2020年1月にアーセナルへとレンタル移籍。同年7月に完全移籍で加入した。 左右のサイドバックでプレーが可能なセドリックは、貴重なバックアッパーとしてアーセナルで公式戦59試合に出場し2ゴール5アシストを記録している。 しかし、右サイドバックにはイングランド代表DFベン・ホワイト、左サイドバックにはウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコとスコットランド代表DFキーラン・ティアニーがおり、さらに日本代表DF冨安健洋が左右のサイドバックで起用されており、両サイドでも3番手の状態。今シーズンはベンチ入りこそするものの出番は激減し、ここまで公式戦4試合の出場に終わっていた。 なお、マルコ・シウバ監督は同じポルトガル人で、スポルティングの監督時代にセドリックを指導しており、よく知っている仲だ。 <span class="paragraph-title">【動画】セドリックがフルアムに到着!ユニフォーム姿も</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Ac%C3%A9dIt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AcédIt</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/FFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FFC</a> <a href="https://t.co/hwzCXeryhp">pic.twitter.com/hwzCXeryhp</a></p>&mdash; Fulham Football Club (@FulhamFC) <a href="https://twitter.com/FulhamFC/status/1620580564871925760?ref_src=twsrc%5Etfw">February 1, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 09:47 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアムがセルビア代表MFルキッチ獲得! パルチザンの先輩ミトロビッチとのホットラインに期待

フルアムは31日、トリノからセルビア代表MFサシャ・ルキッチ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの4年半となるが、さらに1年間の延長オプションが付帯している。 母国のパルチザン・ベオグラードでプロキャリアをスタートさせたルキッチは2016年にトリノへ加入。イタリアではなかなか真価を発揮できず、レバンテへのレンタルも経験したが、2019-20シーズンを境に徐々に主軸へと定着した。 豊富な運動量と優れたテクニックを武器に、中盤でのゲームメークとチャンスメークを担うプレーメーカーは、バルカン半島出身者らしく球際でもしっかりと戦える万能型のセントラルMF。 2018年にデビューを飾ったセルビア代表ではここまで35試合に出場し、先のカタール・ワールドカップでもグループリーグ全3試合に出場していた。 なお、フルアムではパルチザンの先輩であり、セルビア代表の同僚であるFWアレクサンダル・ミトロビッチがエースストライカーを務めており、早期のホットライン開通が期待されるところだ。 2023.02.01 06:09 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアムがオノマーと契約解消…加入初年度には主力としてプレミア昇格に貢献

フルアムは31日、イングランド人MFジョシュ・オノマー(25)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 トッテナムの下部組織出身であるオノマーは、2015年1月に17歳でプロデビュー。2017年に開催されたFIFAU-20ワールドカップでイングランドの初優勝に貢献し、注目を集めた185cmのセントラルMFは、アストン・ビラやシェフィールド・ウェンズデーへのレンタルを経て、2019年に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に属していたフルアムへ完全移籍。 加入初年度には主力としてプレミアリーグ昇格に貢献し、以降2シーズンは準主力としてプレー。ここまで通算76試合に出場していたが、今季ここまではプレミアリーグ2試合の出場のみと思うようにプレー機会を得られず。今冬のタイミングでクラブを離れることになった。 2023.02.01 00:52 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルDFセドリックがフルアムにレンタル移籍へ…両SBでプレー可能も冨安健洋に敗れ今季4試合の出場に終わる

アーセナルのポルトガル代表DFセドリック・ソアレス(31)が、フルアムへのレンタル移籍に近づいているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。 報道によれば、セドリックは今シーズン終了までのレンタル移籍となるようで、買い取り義務やオプションは付かないようだ。フルアムは週給10万ポンド(約1600万円)を支払うこととなる。 セドリックはスポルティングCPの下部組織育ちで、ファーストチームでプレーした後サウサンプトンへと完全移籍。インテルでのプレーを経て、2020年1月にアーセナルへとレンタル移籍。同年7月に完全移籍で加入した。 左右のサイドバックでプレーが可能なセドリックは、貴重なバックアッパーとしてアーセナルで公式戦59試合に出場し2ゴール5アシストを記録。しかし、右サイドバックにはイングランド代表DFベン・ホワイト、左サイドバックにはウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコとスコットランド代表DFキーラン・ティアニーがおり、さらに日本代表DF冨安健洋が左右のサイドバックで起用されており、両サイドでも3番手の状態。今シーズンはベンチ入りこそするものの出番は激減し、ここまで公式戦4試合の出場に終わっていた。 マルコ・シウバ監督は同じポルトガル人で、スポルティングの監督時代にセドリックを指導しており、よく知っている選手の1人だ。 2023.01.25 23:40 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly