ユナイテッドがワン=ビサカをキープか、パレス&ウェストハムの打診拒否

2022.08.30 11:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドで重要度を下げるイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカ(24)だが、移籍の可能性が低くなっているようだ。

オーレ・グンナー・スールシャール元監督が退任後、右サイドバックのレギュラーを完全に失っているワン・ビサカ。その状況はエリク・テン・ハグ新監督の下でも変わらず、ポルトガル代表DFジオゴ・ダロトのプレーをベンチから見つめる日々が続く。

長い足を生かしてボールを刈り取る姿からスパイダーの異名もつく一方で、乏しい攻撃面から移籍が取り沙汰されたが、動きのないまま今季が開幕。イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、残留の線が強まっている模様だ。
ユナイテッドは選手の古巣であるクリスタル・パレスとウェストハムからアプローチを受けたが、売却も貸し出しも考えておらず、いずれも拒否。今夏の移籍市場も閉幕が迫る今、ワン=ビサカを手放すとなれば、代わりを探す必要性が生じるからだという。

なお、ユナイテッドの右サイドバック事情を巡ってはドルトムントのベルギー代表DFトーマス・ムニエとバルセロナのアメリカ代表DFセルジーニョ・デストと紐づく報道も。それらの動きが形になれば、ワン=ビサカの状況も一変しそうだが、果たして。

関連ニュース
thumb

「またJリーグでみれるの嬉しいよ」C大阪電撃復帰の香川真司は輝きを取り戻せるか!? 期待の一方でフィジカルを疑問視する声も「展開力はさすが」「運動量は減ったけど」

セレッソ大阪への復帰が決まった元日本代表MF香川真司。公開されたプレー集には期待と不安の入り混じった声が寄せられている。 1日、C大阪はシント=トロイデンから元日本代表MF香川真司の完全移籍加入を発表。12年半ぶりの古巣、そしてJリーグ復帰となる。 2006年にC大阪でプロ入りした香川は2010年夏のドルトムントへ移籍。以降はマンチェスター・ユナイテッド、ベシクタシュ、レアル・サラゴサ、PAOKテッサロニキ、シント=トロイデンと、欧州計6カ国でプレーしてきた。 ドイツやイングランドではタイトルを獲得してきた香川だったが、近年はパフォーマンスを上げることができず。ベルギーでも2年目の今季はジュピラー・プロ・リーグで12試合に出場して2得点と上々の滑り出しを切ったが、昨年11月には慢性的な痛みに悩まされる足の手術をし、カタール・ワールドカップ(W杯)明け後は出場がない。 『DAZN』はシント=トロイデン在籍時のプレー集を公開。種々の多数の声が寄せられた。 「またJリーグでみれるの嬉しいよ」 「シャドーのような動きは厳しくなったかもしれないけど創造性溢れるプレーで司令塔として洗練されてますね。3月で34歳。まだまだこれから」 「昔から定評があった展開力はさすがの世界水準」 「ターンや味方へのロングパスの精度の高さが健在で、かつてのワクワク感が感じ取れました」 「普通に上手い、運動量は減ったけどセンスは抜群」 「キレはなくなったけど、相変わらずうまいよね」 「期待しすぎないのが、一番だと思う。確実に今いるセレッソの中盤のほうが躍動感があって、見ていて楽しい」 Jリーグ復帰を喜ぶ声はもちろんのこと、視野に広さやキック精度といったゲームを作る部分には多数の賛辞が。一方で、フィジカルベースは逆説で結び、疑問視する声も聞こえてくる。 一大決心の下で日本復帰を決意した香川。大きな注目を集めるなか、観衆を魅了するプレーを披露することはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】12年半ぶりにJ復帰を決めた香川真司のプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iOd9Ks3qMys";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.02.01 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ザビッツァーの移籍は12時間足らずで決着か

マンチェスター・ユナイテッドはオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを獲得する動きを12時間足らずで完遂させたようだ。 今冬のデッドラインデイにバイエルンからザビッツァーのローン移籍を決めたユナイテッド。デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが最大5月上旬まで負傷離脱するのが今冬の移籍マーケット閉幕日にわかってから獲得に乗り出したわけだが、やはりかなりのスピードをもって決着に持っていった模様だ。 イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ユナイテッドがバイエルンとコンタクトを図ったのは今冬のデッドラインデイ当日だけ。それも朝遅くの問い合わせだったようだが、午前12時10分にバイエルンと話をつけ、午後11時の締め切り前にディールシートの提出を済ませたという。 こうしたユナイテッドの迅速な動きにザビッツァー本人の話を聞いてすぐの移籍意思も大きく、クラブのスカウト部門も選手のスタイルを熟知していたとも。移籍交渉は基本的に長い時間を要すほど複雑なものだが、すべての要素が合わさって28歳MFのスピーディーなユナイテッド行きを実現させたようだ。 2023.02.01 17:40 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールレジェンドがユナイテッド加入のザビッツァーを評価「活躍できる確信は持てない」

元ドイツ代表のディートマー・ハマン氏が、マンチェスター・ユナイテッドに加入したオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを評価している。イギリス『サン』がコメントを伝えた。 移籍市場の締め切りギリギリのところでユナイテッド入りが決まったザビツァー。同クラブでは主力のクリスティアン・エリクセンが足首の負傷で最大5月上旬まで離脱することになり、その穴埋めとしてバイエルンからレンタルで加入した格好だ。 買い取りオプションは付いていないが、即戦力としての活躍は十分に期待できる。リバプールのレジェンドはその確信は持てないとしながらも、可能性は秘めていると見込んでいる。 「彼はとてもエネルギッシュな選手で、優れたエンジンを持ち、ゴールを奪うことができる。思うに彼のベストポジションはもう少し高い位置だろう。守備的MFではないと思う」 「ただ、私はチェルシーやユナイテッドが彼に興味を持っていたことに非常に驚いている。彼が即戦力になると確信が持てないからだ。良い選手ではあるが、すぐにインパクトを残せるかどうかはわからない」 「彼はクリスティアン・エリクセン の代わりとなる選手ではない。ボックス・トゥ・ボックスの選手、良いエンジンを積んでおり、とても多才だ。センターバックをやったこともあるだろう」 「ユナイテッドにとってとても良い選手になる可能性はもちろんある」 2023.02.01 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

47年ぶりファイナルのニューカッスル監督「今の我々にはチームスピリットと一体感がある」

ニューカッスル・ユナイテッドのエディ・ハウ監督が喜びを言葉にした。 ニューカッスルは1月31日にサウサンプトンとのカラバオカップ準決勝2ndレグに臨み、2-1で勝利。MFシェーン・ロングスタッフの2発で2-1の勝利を収め、1stレグに続く白星で決勝進出を決めた。 プレミアリーグでトップ4争いを演じるなか、カラバオカップでも47年ぶりにファイナルの舞台に導いたハウ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で自軍を誇った。 「チームスピリットと一体感は長い道のりを乗り越える力だ。今の我々にはそれがある。それを守り、鼓舞し、高めるのが私の役目。ドレッシングルームには今季を通じてクラブを誇らしくさせるプロフェッショナルたちがいる」 殊勲のロングスタッフについても「彼はニューカッスル出身であり、非常に重要な存在。素晴らしい選手だし、彼がゴールを重ねると、周りも意識が高まる。称賛に値する選手だし、とても嬉しいよ」と語った。 また、レッドカードのMFブルーノ・ギマランイスについては「大きな痛手だし、受け入れるのに時間がかかる。すべてが彼を経由してだし、重要な選手。彼の不在は悲しい。でも、他の選手にはチャンスだ」と述べた。 なお、もう1つのカードであるマンチェスター・ユナイテッドとノッティンガム・フォレストの2ndレグは1日に開催。先の1stレグでは3-0でユナイテッドが先勝している。 2023.02.01 15:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドDFトゥアンゼベ、ストークに半年ローン 今季はケガの影響で出場ゼロ

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のストーク・シティは1日、マンチェスター・ユナイテッドからイングランド人DFアクセル・トゥアンゼベ(25)の獲得を発表した。今季終了までのレンタルとなる。 ユナイテッドアカデミー出身のトゥアンゼベ。2017年1月のトップチームデビューから、アストン・ビラや、ナポリでのローンも経験して、今季からユナイテッドに復帰した。 そんなトゥアンゼベだが、シーズン序盤からケガの影響により、ここまで出場なし。再起を期して、この後半戦からチャンピオンシップだが、ストークでプレーする運びとなった。 2023.02.01 12:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly