スパーズで構想外ウィンクスがセリエA移籍へ! サンプTDが合意明かす

2022.08.29 07:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムの元イングランド代表MFハリー・ウィンクス(26)のサンプドリア移籍が決定的となった。

幼少期からトッテナムのアカデミーに在籍するウィンクスは2014年にトップチームデビューを果たすと、ここまで公式戦203試合に出場。マウリシオ・ポチェッティーノ体制では中盤のバランサーとして主力を担った。

しかし、以降は細かい負傷離脱やパフォーマンスの問題もあり、序列が低下。昨シーズン途中に就任したアントニオ・コンテ監督の下ではMFロドリゴ・ベンタンクール加入後に出場機会が激減。さらに、今夏にクラブがMFイヴ・ビスマを獲得したことで、完全に構想外となった。
今夏の移籍市場ではサウサンプトンやニューカッスル、エバートンといった国内クラブへの移籍が取り沙汰されたが、2500万ポンド(約40億3000万円)程度と言われる移籍金を支払ってまで獲得に動くクラブはなかった。

選手本人は国内でのキャリア継続を希望していたが、移籍市場閉幕が迫る中、以前からオファーが届いていたサンプドリアへの移籍を受け入れる形となった。

移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、サンプドリアでテクニカルディレクターを務めるカルロ・オスティ氏は、「トッテナムからハリー・ウィンクスを獲得することで合意に達した。近々契約書にサインするつもりだ」と、同選手の獲得を認めた。

なお、ウィンクスは29日にジェノヴァ入りし、メディカルチェックを受診予定。移籍形態に関しては、買い取りオプションの有無は不明だが、1年間のレンタル移籍に。また、サラリーの大部分をトッテナムが負担する形になるという。

関連ニュース
thumb

レンタル移籍中のビジャールがモウリーニョ監督を非難 「彼の到着で僕の冒険は中断された」

ローマからヘタフェに期限付き移籍中のスペイン代表MFゴンサロ・ビジャールがジョゼ・モウリーニョ監督を批判した。 ビジャールは2020年1月にローマへ完全移籍。2020-21シーズンはセリエAで33試合に出場するなど、主力の1人として活躍した。 しかし、昨シーズンにモウリーニョ監督が就任すると、序列が低下。2021-22シーズン後半には出場機会を求めてヘタフェへ期限付き移籍した。 迎えた今シーズンもローマでの立ち位置は変わらず、昨夏にサンプドリアへレンタル加入。だが、同クラブの厳しい財政事情からレンタル先の変更を余儀なくされ、13日に再びのヘタフェ行きが決まった。 落ち着かない日々を送るビジャールはスペイン『COPE』の取材に応じた際、名前こそ出さなかったものの、暗にモウリーニョ監督を非難。指揮官による冷遇がキャリアを狂わせたと語った。 「ローマではとても素晴らしい経験ができたと思う。僕たち全員が知っている人物がやってくるまではね」 「僕は彼について話しいとは思わないよ。何かについて喋るより、静かにしていることを好むからね。でも、彼が到着した後で、僕のローマでの冒険は中断された。それによって、いくつかの困難な状況に陥ってしまったんだ」 また、ビジャールは約半年を過ごしたサンプドリアについても言及。長期間にわたって給料未払いがあったとし、選手を困難な状況に追い込んでいると断じた。 「僕はサンプドリアでそれなりにプレーができたが、あそこの財政状況は複雑だった。数カ月にわたって、給料は支払われていなかったからね。これは僕がプロのフットボール界で経験した、もっとも困難な状況だったと思う」 2023.01.18 11:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマMFビジャールがヘタフェへ再レンタル、今季はサンプドリアでプレー

ヘタフェは13日、ローマのスペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。レンタル期間は今季終了までとなっている。 エルチェとバレンシアの下部組織で育ったセントラルMFのビジャールは、2020年1月にエルチェからローマに移籍。2020-21シーズンは主力としてセリエA33試合に出場したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2021-22シーズンは出場機会に恵まれず、シーズン後半にヘタフェへレンタル移籍していた。そのヘタフェではラ・リーガ10試合に出場していた。 そして今季もサンプドリアへレンタル。セリエA15試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2023.01.13 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和が狙うギリシャ代表FWギアクマキス、サンプドリア行き合意と報道…フランスではボルドーがオファーとも

浦和レッズが獲得を狙っているとされるセルティックのギリシャ代表FWギオルゴス・ギアクマキス(28)だが、サンプドリアへの移籍で合意したという報道が出ている。 ギアクマキスは、これまでAEKアテネやグルーニク・ザブジェ(ポーランド)、VVVフェンロ(オランダ)などでプレー。2021年8月にセルティックに加入すると、2021-22シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで16試合9得点。プレーオフでは5試合で4ゴールとチームの優勝に貢献。今シーズンもここまでリーグ戦19試合で6ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)でも6試合で1ゴールを記録している。 引く手数多の状態で多くのクラブが興味を示す中、浦和が400万ポンド(約6億4200万円)の移籍金を提示していると報道。最も獲得に近づいているとされていた。 しかし、移籍市場に精通しているイタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏はサンプドリアが移籍先として有力だと報道。買い取り義務が付くレンタル移籍になるとしている。 ストライカーを確保したい浦和にとっては、この報道が事実であればかなりの痛手となる。 一方で、フランス『レキップ』はリーグ・ドゥ(フランス2部)のボルドーがギアクマキス獲得に向けてセルティックにオファーを出したと報道。250万〜300万ユーロ(約3億5000万〜4億2000万円)のオファーを出したという。 報道を見れば、浦和が出しているとされるオファーが最も好条件だが、ギアクマキスがヨーロッパに残りたいと考える可能性はゼロではない。その他、マインツやフェレンツ・ヴァーロシュ、ガラタサライなども興味を持っている状況であり、決着がつくにはまだ時間がかかりそうだ。 2023.01.12 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス好調!だけど余裕はなし… 出場わずか4試合ルガーニへのオファー拒否

ユベントスが、元イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(28)へのオファーを退けたようだ。 2015年夏からユベントスに在籍するルガーニ。控えが常ながらも安定したプレータイムを得ていたが、それもここ数年は減少し、今季は公式戦4試合349分間の出場にとどまっている。 対してユベントスは好調そのもの。序盤戦は見るに堪えない絶不調が続き、チャンピオンズリーグ(CL)で早期敗退を喫するも、中断期間を挟んでセリエA8試合連続無失点&8連勝と波に乗る。 だが、余裕があるわけではない模様。センターバックも頭数が揃っているとは言えず、レオナルド・ボヌッチとグレイソン・ブレーメルはケガを抱える状態。ルガーニを手放せる状況ではないようだ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、幹部らはサンプドリアから届いた、シーズン終了までの半年レンタルのオファーを拒否。ルガーニを残す方針で一致したという。 2023.01.11 20:57 Wed
twitterfacebook
thumb

経営難サンプドリア、ウィンクスの給与負担引き下げをトッテナムに願い出…

サンプドリアにとって、元イングランド代表MFハリー・ウィンクス(26)が悩ましい存在となっているようだ。 ウィンクスはトッテナムの下部組織出身で、2016年8月にプレミアリーグデビュー。安定したプレータイムを得る時期もあったが、2021年11月に就任したアントニオ・コンテ監督からは冷遇された。 昨夏に1年レンタルでサンプドリアへ。イングランド代表経験もあるセントラルハーフとあって期待が大きかったが、当初から足首のケガで離脱。現在までに1度もピッチに立てていない。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ケガの状態は概ね改善されており、12日に行われるコッパ・イタリアのラウンド16、フィオレンティーナ戦でデビューする可能性があるとのことだ。 一方、経営陣はウィンクスを巡ってトッテナムと協議に。かねてより深刻な経営難下において借りてきた選手が全くもって稼働していないという事情か、給与負担の引き下げを願い出ているという。 何はともあれ、戦列復帰が近づくウィンクスには、セリエA19位に沈むサンプドリアを浮上へと導く活躍に期待したい。 2023.01.11 20:14 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly